落ち着く方法を紹介!不安や緊張など心を落ち着かせる簡単なやり方は?

皆さんは、不安や緊張で心が押しつぶされそうになったりした経験はありませんか?今回は、そんな経験をしてしまうという方のために心が落ち着く簡単な方法を特集していきます。心が落ち着く方法には、いくつかの方法があります。是非チェックしながら実践していきましょう。

落ち着く方法を紹介!不安や緊張など心を落ち着かせる簡単なやり方は?

目次

  1. 不安や緊張を感じる!心が落ち着く方法を解説!
  2. 心が落ち着く方法の前に知りたい!落ち着かない原因は?
  3. 心が落ち着く状態と落ち着かない状態の違いは?
  4. 落ち着く方法の実践のポイントとは?
  5. 【自分の好きなこと】をして落ち着く方法
  6. すぐ出来る落ち着く方法は【深呼吸】
  7. 落ち着く方法の簡単な第一歩!?【立ち止まる】
  8. 簡単に出来る落ち着く方法は【気分転換をする】
  9. 【お風呂】で心が落ち着く方法とは?
  10. 寝る前におすすめ!【温かい物を飲む】心が落ち着く方法
  11. 【アロマキャンドル】を焚いて心が落ち着く方法に活用しよう!
  12. 心が落ち着く方法には【音楽】も欠かせない!
  13. 【身体を動かす】ことも心が落ち着く方法の1つ!
  14. 夜の習慣【ノートを付ける】ことも心が落ち着く方法
  15. 心が落ち着く方法で自分の心をコントロールしよう!

不安や緊張を感じる!心が落ち着く方法を解説!

何にでもプラスとマイナス、表と裏があるように私たちの心にも幸せな気持ち、嬉しい気持ちがあれば、不安や緊張などのマイナスだと言われる感情も持っています。全てのものがプラスの面だけでは、成り立たない事も多くあります。今回は、そんな不安や緊張を抱えてしまった心を落ち着かせる簡単な方法をいくつかご紹介していきます。

心が落ち着く方法の前に知りたい!落ち着かない原因は?

まず始めにお話ししていくのは、心が落ち着く方法の前に心が落ち着かない原因や不安や緊張などについてです。自分がどんな心情を抱えているかを知る事で、解決の方法が見えて来る事があります。最初は、心が落ち着かない原因をいくつかご紹介します。

原因①緊張

心が落ち着かない原因の1つめは、緊張感です。緊張とは、心が強ばって身体と心が張りつめたりしている状態ことを指します。緊張している状態で何かしようとすると失敗に繋がってしまったり、動きが鈍くなったりする事があります。

原因②不安

心が落ち着かない2つめの原因は、不安感です。不安とは、対象のない物事に対して心が高ぶってドキドキしたり、息が苦しくなったり、胸がしめつけられるように苦しくなったりする状態の事を指します。この「こうなったらどうしよう」という不安感から緊張に繋がる場合があります。

原因③心配

心が落ち着かない3つめの原因には、心配があります。心配とは、漢字で「心を配る」と書きます。一見、不安と似た言葉のような印象を受けますが、実は、不安と心配には違いがあります。不安は、形のない物に対して抱く感情ですし、心配は具体的な対象がいる時に活用します。

心が落ち着く状態と落ち着かない状態の違いは?

先ほどご紹介した原因の中で、緊張、不安、心配の3つの原因をご紹介しました。全てに共通しているのが、全て心から来る感情だと言う事です。そのため、緊張や不安、心配事を抱えている心が落ち着く方法を実践する必要があります。果たして、心が落ち着く状態と落ち着かない状態にはどんな違いがあるのでしょうか?

心が落ち着かない状態とは?

神経は、色々な種類に分ける事が出来ます。神経の下には、全神経のコントロールセンターとなっている中枢神経と脳と脊髄から枝分かれしている末梢神経があります。その末梢神経の中の1つが意志と無関係に身体の機能を調節する自律神経になります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、人は、交感神経が優位になっている時に、不安や緊張などを感じやくて、心が落ち着かない状態になっていると言われています。

心が落ち着く状態とは?

心が落ち着く状態とは、先ほどお話しした不安や緊張感などを感じておらず、リラックスしている状態の事です。リラックしている心は、副交感神経が優位になっている状態です。今回ご紹介する心が落ち着く方法を実践する事で、心をリラックスした状態に導いていく目的があります。

落ち着く方法の実践のポイントとは?

ここからは、心が落ち着く方法をいくつかご紹介していくのですが、それを実践していく上で覚えていて欲しい事がありますので、お話ししていきます。心が落ち着く方法を試しながら、今からご紹介する事を頭の隅に置きつつ実行してみましょう。

ポイント①自分に合った方法を見つける

落ち着く方法を実践するための1つめのポイントは、自分に合った方法を見つける事です。今からいくつかの方法をご紹介していきます。人によっては、中々緊張や不安が取れないという方もいるかもしれません。人によって感じ方が違うので、色々試す中で自分が「コレ」と思った方法を見つけていくことが大切です。

ポイント②また前の状態に戻っても大丈夫

落ち着く方法を実践するための2つめのポイントは、実践していく上で、また元の心の状態に戻っても大丈夫だと許しておきましょう。例え、落ち着く方法を試してもすぐには緊張感や不安感が取れず、自分を責めたり、抑制したりすることがあるかもしれません。

最初にもお話ししたように人は表と裏の両面を持ち合わせていることでバランスが取れます。そのため、不安や緊張が出て来るのはダメなことではないということを知っておきましょう。

ポイント③楽しみながら実践する

心が落ち着く方法の実践ポイントの3つめは、楽しみながら挑戦してみる事です。あまり難しく考えすぎずに、自分が試したいと思う方法を試したり、その方法自体を楽しみながら実践しましょう。心が落ち着く方法は、継続して習慣化していく事が大切です。

【自分の好きなこと】をして落ち着く方法

ここからは、具体的に自分の心が落ち着く方法をご紹介します。簡単な方法ももちろんありますが、もしかしたら時間が必要な方法も中にはあるかもしれません。先ほどもお伝えしたように、落ち着く方法を自分の心で選択して取り入れてみましょう。1つめの心が落ち着く方法は、「自分の好きな事をする」ことです。

あなたの好きなことは何ですか?

心が落ち着かない状態というのは、不安や緊張などで心が強ばっている状態です。まずは、この心の状態を柔らかく解いて挙げる必要があります。

自分の好きなことをすることで、心の緊張がほぐれて楽しい気持ちやワクワクする気持ちなどのプラスの気持ちが生まれますし、夢中になれるので、不安や緊張などの気持ちを忘れさせてくれる可能性があります。

すぐ出来る落ち着く方法は【深呼吸】

続いては、2つめの心が落ち着く方法です。それは、「深呼吸」です。運動した後や鼓動が早くなっている時に行う深呼吸ですが、この深呼吸には、一体どんな心を落ち着かせる効果があるのでしょうか?

深呼吸の効果って?

深呼吸は、息を吸って吐く事で成り立ちます。深呼吸が心を落ち着かせる鍵を握っているのは、「吐く時」です。先ほどもお伝えしたように心を落ち着かせるためには、自律神経の副交感神経を優位にする必要があります。深呼吸の吐くという行為をすることで、副交感神経が強く働き、リラックスの方向へと導いてくれるそうです。

深呼吸で心が落ち着く方法

心が落ち着く方法の深呼吸は、「4・7・8深呼吸法」です。リラックス出来る体勢で座って、4つ数える間に息を吸ったら、7つ数える間は息を止めて、8つ数える間に息を吐きましょう。この3つの行動を4サイクル繰り返すだけです。無理は禁物です。自分の息づかいを感じながら行いましょう。

落ち着く方法の簡単な第一歩!?【立ち止まる】

3つめにご紹介する心が落ち着く方法は、「立ち止まる」です。「どういうこと?」と思う方もいると思いますが、心が落ち着く方法を実践するにあたって意外にこれが重要だったりする事があります。その理由も含めてお話ししていきましょう。

立ち止まって今を客観視しよう!

心が落ち着かずに高ぶっている状態は、不安や緊張感と共に「焦り」がある時があります。その心に気づいたら「あっ、今私心が高ぶってる」ということを受け入れて、立ち止まり、自分を客観的に見てあげるようにします。

一度我に返って状況を見極める事で、良いアイデアが浮かんだり、急に大丈夫と自信がついたり、新しい道が見えたりすることもあります。簡単なようで意外に気づきにくい方法かも知れません。

簡単に出来る落ち着く方法は【気分転換をする】

特に道具を使わず簡単に出来る落ち着く方法は、「気分転換をする」ことです。気分転換をする方法には、色々あります。気分転換をするとどうして心を落ち着かせる事が出来るのでしょうか?

おすすめの気分転換法とは?

気分転換をして心を落ち着かせる方法には、色々ありますし、簡単に出来ます。ポイントは、今の不安や近状している状況から一度離れるということです。例えば、外に出て公園を散歩してみたり、その部屋から廊下やトイレに出てみたり、飲み物を飲んだりと気分転換する方法は、簡単なものが多くあります。

【お風呂】で心が落ち着く方法とは?

次にご紹介する心が落ち着く方法は、「お風呂」です。お風呂には、心を落ち着かせるいくつかのポイントがあります。その効果と共に心が落ち着く方法をご紹介していきます。

効果①温熱効果

お風呂が心を落ち着かせる1つめの効果は、温熱効果です。言葉通り、身体を温めてくれる効果です。身体が温まると血管が拡張するので血流が良くなります。血流が良くなるという事は、新陳代謝が良くなることで身体に溜まった老廃物が排出されやすくなるそうです。

効果②静水圧効果

お風呂が心を落ち着かせる2つめの効果は、静水圧効果です。湯船に浸かると微弱ですが、身体に水圧がかかります。この水圧により、マッサージのような効果があって、血液が心臓に向かって押し戻される事で血液の循環が良くなります。

さらに、肺に水圧がかかることで肺の容量が小さくなるためより大きく膨らもうとするので、心肺機能の向上にもつながるようです。

効果③浮力効果

お風呂が心を落ち着かせる3つめの効果は、浮力効果です。私たちは、お風呂に入ると浮力の影響で、約1/9になるそうです。その浮力効果によって筋肉が緩くなり、大きなリラックス効果が得られるそうです。

入浴で心が落ち着く方法

お風呂にお湯を溜めて38〜40度以下の温度になるようにしましょう。お風呂に浸かる時間は、20分ほどがおすすめです。入浴をする時は、入浴剤を加えたり、アロマキャンドルを焚いたりするなど自分だけの入浴時間を演出しましょう。時間をかけてゆっくり入浴する際は、のぼせたりしないように水分を取りながら浸かることがGOODです。

Thumb湯船に浸かると女子力アップ!嬉しい美容効果・メリットや正しい入浴法は?

寝る前におすすめ!【温かい物を飲む】心が落ち着く方法

次にご紹介する心が落ち着く方法は、「温かい物を飲む」という方法です。温かい飲み物には、色々な効果がありますが、いくつかの注意点もあります。心を落ち着かせる時におすすめの飲み物と共に効果もお届けします。

温かい飲み物の効果とは?

温かい飲み物は、身体を温める効果があります。温かい飲み物を飲む事で身体を中から温めてくれます。身体の温度が上がり、血行が良くなります。血行が良くなれば、血流が上がるため老廃物などが外に排出されやすくなるそうです。温度が上がるとリラックス効果をもたらしてくれるので、心を落ち着かせてくれます。

おすすめの温かい飲み物は?

身体を温める飲み物には、おすすめの飲み物がいくつかあります。おすすめの飲み物は、紅茶や生姜湯、ココア、ホットワイン、お茶などがあります。例えば、紅茶は、茶葉を発酵させて作りますが、発酵させる事で酵素が生まれ、この酵素により、体温を維持してくれる効果があるそうです。

生姜湯には、生姜が使われており、それが身体を温める効果に繋がったり、ココアは、デオプロミンの効果で血管を拡張する効果があるため、身体を温めてくれる作用に繋がっていきます。

Thumb温かい飲み物の人気レシピ!冷えに効果的な種類や飲み方は?

【アロマキャンドル】を焚いて心が落ち着く方法に活用しよう!

次にご紹介する心が落ち着く方法は、「アロマキャンドル」などのアロマアイテムです。特にアロマキャンドルは、香りだけでなく、キャンドル自体にもさまざまな癒しの効果が得られます。簡単に出来るので、毎日の習慣にするのもおすすめです。

効果①1/fのゆらぎ

1つめの効果は、「1/fのゆらぎ」です。これはリズムの単位で、自然界に存在する規則性と不規則性を両方をバランス良く持っているリズムの単位です。例えば、心臓の音や葉っぱが擦れる音、川のせせらぎ、鳥の鳴き声などがあります。ロウソクの動きにもこのゆらぎのリズムの効果があります。

効果②マイナスイオンの効果

アロマキャンドルの2つめの効果は、マイナスイオンです。アロマキャンドルは、森林などよりも約4倍のマイナスイオンが発生すると言われています。目に見えるものではありませんが、アロマキャンドルを灯す事で心を落ち着かせるリラックス効果があるそうです。

効果③消臭効果になる

3つめのアロマキャンドルの効果は、消臭効果です。お部屋内でキャンドルを焚く事により、空気中の嫌な臭いの微粒子を燃焼してくれる効果があり、室内の嫌な臭いを消してくれると言われています。

心が落ち着く方法には【音楽】も欠かせない!

続いてご紹介する心が落ち着かせる方法は、「音楽」です。音楽にも色んなジャンルがありますが、音楽選びにもいくつかのポイントがあります。それでは、早速ご紹介していきましょう。

心を落ち着かせるおすすめの音楽は?

心を落ち着かせるおすすめの音楽は、自然界の中にある音です。先ほども少し触れたように森林の中の音や川のせせらぎなどの音楽が心を落ち着かせる効果があると言われています。音楽には、周波数があり、それが副交感神経に作用してリラックス効果をもたらしてくれるそうです。

【身体を動かす】ことも心が落ち着く方法の1つ!

次にご紹介するのは、「身体を動かす」ことです。身体を動かすことの効果やおすすめの運動方法をいくつかご紹介していきましょう。

身体を動かす効果とは?

身体を動かすと血液の循環が良くなり、ホルモンの分泌が盛んになります。脳もスッキリさせてくれる効果があるので、不安感や緊張感など悩んでいた事が嘘みたいにすっきりすることもあります。さらに、副交感神経が活発になりやすいということもあり、心を落ち着かせる効果があると言われています。

心を落ち着かせる運動とは?

おすすめの運動は、適度な有酸素運動です。ジョギングやウォーキングを取り入れるようにしましょう。さらに、夜は筋肉が柔らかくなっているお風呂上がりに軽いストレッチなどをしながらゆっくり身体を動かして、筋肉を伸ばしす運動も簡単に出来るのでGOODです。

夜の習慣【ノートを付ける】ことも心が落ち着く方法

最後にご紹介するのは、「ノートや日記をつける」方法です。ノートや日記を付ける時の「書く」という行為には、自分の頭や心の中を整理して落ち着かせてくれる効果があると言われています。それを効率的に活用したのが、ノートや日記を付けることです。

ノートを付けるコツは?

日記やノートを付けるコツは、自分のありのままの気持ちを綴る事です。さらに、ノートや日記を付ける時のシチュエーションも大切になります。

お風呂に入った後、お部屋で大好きなアロマを焚いたり、大好きな飲み物を飲んだりしながらリラックス出来る場所で書くようにしましょう。気持ちを書き出す事で、自分が考えていることや本当の気持ちが見えるため、心を落ち着ける効果があると言われています。

Thumb日記を書く効果とメリットまとめ!書き続けることによる利点とは?

心が落ち着く方法で自分の心をコントロールしよう!

心が落ち着く方法は、今回ご紹介した方法以外にもまだまだあります。人によってどれが自分の心の癒しになるかが違いますが、心を落ち着かせる方法の中で、自分だけの方法を見つけて不安や緊張している気持ちを癒してあげましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧