キーマカレーとドラカレーの違いは?基本的な作り方やアレンジレシピも紹介

キーマカレーとドライカレーって一見、似ていて何が違うの?と疑問に思った事ありませんか。今回はキーマカレーとドライカレーの違いについてご紹介いたします。実は、この二つのカレーには大きな違いがあるのです。違いを知れば、よりおいしく食べられますよ。

キーマカレーとドラカレーの違いは?基本的な作り方やアレンジレシピも紹介

目次

  1. 人気絶大のカレーライス
  2. キーマカレーとドライカレーに違いはあるの?
  3. インドの料理!キーマカレーとは?
  4. 発祥は日本!?ドライカレーとは?
  5. チーズがとろける!スパゲッティーグラタン
  6. カレー風味がおいしい!ライスコロッケ
  7. 卵との相性抜群!オムライス
  8. カリカリもちもち!カレーパン
  9. ライスだけじゃない!ナンもおすすめ
  10. キーマカレードライカレーの違いについてのまとめ

人気絶大のカレーライス

カレーライスというと、お子様から大人の方まで、誰もが大好きなメニューですよね。カレーライスの日にはご飯を何杯も食べたりした方も多いはずです。そんなカレーライスには、ビーフカレーやポークカレー、チキンカレー、野菜カレー、キーマカレー、ドライカレーなど、さまざまな種類があります。

どれも美味しく大好きなカレーですが、キーマカレーとドライカレーの違いはご存じでしょうか。見た目も材料も味もほどんど変わらないカレーなのに、どうして名前が違うのか、気になりますよね。今回は、キーマカレーとドライカレーの違いについてご紹介いたします。

キーマカレーとドライカレーに違いはあるの?

カレーライスの中でも、特にキーマカレーとドライカレーは見た目も材料も似ていますよね。そんなキーマカレーとドライカレーの違いは、一体何なのでしょうか。それぞれの違い、発祥、具材、作り方をご紹介いたします。

インドの料理!キーマカレーとは?

キーマカレーの発祥

キーマカレーは、カレー発祥の地であるインドの料理です。「キーマ」というのは、発祥の地であるインドの言葉のヒンディー語で「ひき肉」という意味で、名前の通り、ひき肉を使ったカレーなのです。

ひき肉と言ってもインドは宗教上、豚肉や牛肉は食べられないので、鶏ミンチを使います。インドでのキーマカレーはひき肉を使って作るカレーのことで、他の具材は特に決まってはいないようです。

キーマカレーの具材

元々インド料理であるキーマカレーは日本へと伝わり、日本でも食べられる人気料理になりました。そんなキーマカレーに使われる具材は何でしょうか。ご紹介いたします。

インドと同様に、日本でもやはりキーマカレーには「ひき肉」を使います。インドでは宗教上、鶏ミンチが使われてますが、日本のキーマカレーには、牛ミンチ、豚ミンチ、牛豚合挽きミンチを使用することが多いです。ひき肉の他には、タマネギ、ニンジン、なす、ピーマンなどをみじん切りにして作ります。

お好みでトマト缶などを入れると、さっぱりしたキーマカレーになりますよ。インド同様、具材はこれという決まりはないので、お好みでお好きな具材を入れて作ってみてくださいね。

キーマカレーの基本的な作り方

日本で食べられているキーマカレーの基本的な作り方をご紹介いたします。基本的な具材は、牛、豚、合挽きなどのひき肉400g、タマネギ一個、ニンジン一本、なすび一本、市販のカレールルウ1/2箱、カットトマト缶一個、水200㏄、ケチャップ適量、ウスターソース適量です。

まず、タマネギ、ニンジン、なすびを粗めのみじんにします。熱したフライパンにひき肉を入れ、色が変わるまで炒めます。次に、カットした全ての具材をいれ、柔らかくなるまで炒めます。全てに火が通ったら、カットトマト缶を入れ、軽く混ぜ合わせ、水200㏄入れます。沸騰したら、火を弱め、カレールウを入れます。

カレールウが溶けたら、ケチャップとウスターソースで味を付けてできあがりです。水の量は野菜の水分で変わるので調節してくださいね。アツアツご飯がどんどん進むのでおすすめです。ぜひこの基本的な作り方ででキーマカレーを作ってみてくださいね。

Thumbキーマカレーおすすめの作り方!基本からアレンジまで簡単美味しいレシピ集

発祥は日本!?ドライカレーとは?

ドライカレーの発祥

ドライカレーの発祥は、キーマカレーとは違い、実は日本なのです。ドライのカレー、つまり「水分量が少ないカレー」という意味で日本オリジナルとして作られています。

ドライカレーは、具材にかかわらず、水分量が少なければドライカレーになるので、「カレーチャーハン」や「カレーピラフ」もドライカレーというのです。

ドライカレーの具材

ドライカレーの具材もキーマカレーと同様特に決まりはありません。基本的な具材として、キーマカレー同様ひき肉、タマネギ、ニンジン、なすびなどを使って作るドライカレーが一般的なので、キーマカレーと見た目も味も同じ似たようなカレーになっているのかもしれませんね。

ドライカレーの基本的な作り方

ドライカレーは、ひき肉を使ったカレーもあれば、カレーチャーハンもあります。どちらのドライカレーの基本的な作り方をご紹介いたします。

ひき肉を使ったドライカレーの基本的な材料は、牛、豚、合挽きなどのひき肉300g、たまねぎ一個、ニンジン一本、、カレールウ2かけ、水100㏄、ケチャップ適量、ウスターソース適量です。まず、たまねぎ、ニンジンは粗めのみじんぎりにしておきます。次に、フライパンに油をひき、ひき肉を炒め、ひき肉の色が変わったら、野菜を入れます。

野菜に火が通ったら、水とカレールウを入れ、味を見ながらケチャップとウスターソースを入れればできあがりです。とても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね。

次に、カレーチャーハンのドライカレーの基本的な作り方をご紹介いたします。具材は、ひき肉、たまねぎ、ニンジン、カレールウ1かけ、塩コショウ、ウスターソースです。まず、たまねぎ、ニンジンをみじん切りしておきます。熱したフライパンにひき肉を炒め、色が変わったら、たまねぎとにんじんを加えさらに炒めます。

全てに火が通ったら、ご飯を入れます。ご飯を崩すように木べらで素早く炒めます。最後にカレールウ、塩コショウ、ウスターソースで味を整えたらできあがりです。

Thumbドライカレーのレシピ人気特集!簡単で美味しいおすすめの作り方は?

チーズがとろける!スパゲッティーグラタン

キーマカレーのアレンジレシピ①

キーマカレーのアレンジレシピとしてグラタンやドリアを作る方も多いですよね。そんな中、今回キーマカレーのスパゲティーグラタンをご紹介いたします。

まず、パスタを茹でます。茹でたパスタをドライカレーと混ぜ合わせ、上にチーズをのせてオーブンで焼き上げればとても簡単なスパゲティーグラタンのできあがりです。お好みで、ゆで卵をのせたり、するともっとおいしくなりますよ。

カレー風味がおいしい!ライスコロッケ

キーマカレーのアレンジレシピ②

カラッと揚げると、別の料理に早変わり!おすすめアレンジレシピのライスコロッケをご紹介いたします。まず、キーマカレーにご飯を混ぜます。カレーよりご飯が多めが握りやすいです。次に、二口サイズに握ります。

小麦粉→卵→パン粉の順につけていき、油で揚げれば、あっという間にカラッとおいしいキーマカレーのライスコロッケのできあがりです。お好みで中に、とろけるチーズを入れるとまた一段とおいしくなりますよ。ぜひ試してみてくださいね。

卵との相性抜群!オムライス

ドライカレーのアレンジレシピ①

オムライスというとチキンライスをふわふわ卵に包んでケチャップを付けて食べますよね。そのケチャップをカレーに変えるだけで、また一味違ったオムライスになるのです。おすすめオムライスなのでぜひ、作ってみてくださいね。

まず、フライパンに油とみじん切りにしたニンニクを入れて炒めます。ニンニクの香りがしてきたら、ご飯を入れて、パラパラになるまで炒めます。ご飯がパラパラになったら、バターを入れて、ご飯に混ぜ合わせます。

次に、たっぷり卵を使って半熟のふわふわたまごを作ります。最後にできたてのアツアツガーリックライスに乗せて、ドライカレーをたっぷりかければ、絶品のドライカレーオムライスのできあがりです。熱いうちにお召し上がりくださいね。

Thumbドライカレーのアレンジレシピ!簡単美味しい人気のリメイク術は?

カリカリもちもち!カレーパン

ドライカレーのアレンジレシピ②

パンの中でも絶大の人気を誇るカレーパン。カレーを食べると無性に食べたくなりますよね。わざわざカレーを残しておいてカレーパンを作る方も多いはずです。そんなカレーパンをドライカレーで作る作り方をご紹介いたします。発酵時間なしなのでとても簡単です。ぜひ作ってみてくださいね。

あらかじめ、作っておいたドライカレーを容器に入れて冷ましておきましょう。まず、強力粉、砂糖、塩、バター、ドライイーストをボウルに入れ、45度のぬるま湯をドライイーストを目がけ入れます。次に、ボウルの中でひとまとまりになるようにこねます。

まとまってきたら、ボウルの外へ出して叩いたり、転がしたりしてよくこねます。粉っぽさがなくなったら、お好きなサイズに分割し、一つずつ手のひらに広げます。広げたら、冷ましておいたドライカレーを入れ、カレーが見えないようにしっかりと包みます。ドライカレーが多すぎるとはみ出てしまうので注意しましょう。

全て包み終わったら、パンに直接パン粉を付けます。最後に、熱した油でこんがり揚げれば、モチモチパンのカレーパンのできあがりです。カレーと一緒にチーズを入れて包むと、まろやかになり、さらにおいしくなりますよ。ぜひお試しください。

Thumbカレーピラフの簡単レシピ!炊飯器と残りご飯を使ったおいしい作り方

ライスだけじゃない!ナンもおすすめ

カレーは、カレーライスというほど、ご飯と一緒に食べずにはいられず、ご飯がとても進むメニューですよね。しかし、ご飯だけじゃなくナンとも相性抜群なんです。

ナンは、カレー発祥の地であるインドの方がされているインドカレー屋さんで食べるイメージがありますが、実は自宅で簡単に作ることができるのです。

材料は、強力粉、薄力粉、塩、はちみつ、油、ドライイースト、45度のぬるま湯です。まず、ボウルに強力粉、薄力粉、塩、を入れ軽く混ぜ合わせます。

次に、はちみつ、油、ぬるま湯を入れ、ヘラで混ぜ合わせます。大まかに混ざったら、手でこねます。ボウルから出して、叩いたり転がしたりしてしっかりこねます。

お好きなサイズ、形に成形して、油を敷いたフライパンで焼き上げれば出来上がりです。たったこれだけで、モチモチなんができるのです。キーマカレーやドライカレーにつけて、食べてみてくださいね。

キーマカレードライカレーの違いについてのまとめ

一見、同じ料理に見えるキーマカレーとドライカレーですが、実は、発祥、具材、作り方に違いがありました。といってもどんなカレーでも美味しく食べることが一番ですよね。お好みの作り方や具材を入れたカレーを見つけて、ぜひ作ってみてくださいね。。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-19 時点

新着一覧