塩のおすすめランキング!天然・国産から海外の人気商品まで厳選紹介

料理などをする際に塩の種類について気にされたことはありますか?塩の種類や使い方で料理に大きな変化を与える事ができます。今回はそんな料理などにおすすめな塩についてご紹介していきます。自分に合ったおすすめな塩を見つけてみましょう!

塩のおすすめランキング!天然・国産から海外の人気商品まで厳選紹介

目次

  1. 自分におすすめな塩の種類を選ぶには?
  2. おすすめな塩を選ぶ時は原材料に注目!
  3. 塩を選ぶ時は製作工程を気にする事がおすすめ?
  4. 塩は日常の使い方で選ぶ事がおすすめ!
  5. 国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキングを発表!
  6. 10位:希少性のある海塩「ゲランドの塩 海の果実」
  7. 9位:国産で安心!粉のような口どけの海塩「パラダイスプラン 雪塩」
  8. 8位:日本の化学研究者によって生まれた塩「沖縄海塩研究所 粟國の塩」
  9. 7位:天然の力でミネラルを70種類以上配合した塩「皇帝塩本舗 無添加良品 皇帝塩」
  10. 6位:コスパも味も最強!「エフアール 天然ヒマラヤレッド岩塩」
  11. 5位:おにぎりにも大活躍なカルシウム豊富な岩塩「ズードザルツ アルペンザルツ」
  12. 4位:料理の味が変わるほど美味しい?!「青い海 沖縄の海水塩」
  13. 3位:海外から絶大な人気!粒子の細かいパウダー塩「ヌチマース ぬちまーす」
  14. 2位:にがりを使わない天然の塩「波動法製造 酵素塩」
  15. 1位:昔から不動の安定感!コスパも量も最強の国産塩「伯方の塩 粗塩」
  16. まとめ:自分に合った塩を見つけ使い分けよう!

自分におすすめな塩の種類を選ぶには?

最近では海外からもたくさんのおすすめな塩が流通しており、塩の種類が自分では違いがわからないほど増えています。塩の選び方は決まりはないのですが、自分自身の求めている味付け等によって、塩を使い分ける事がおすすめです。自分に合っているおすすめの塩をすぐには、見つけることはできませんが、塩の知識を持っておくと料理の幅もグッと広がるのでおすすめです。

昔であれば国産のものが安全品質が高いという理由で、人気を集めていましたが現在では日本に流通している、海外の塩であっても安全性はとても高いです。岩塩などはやはり日本の気候柄いいものが取りにくいので、海外の塩を購入する事がおすすめです。今回は国内外様々な塩の特徴や、おすすめの塩をランキングでご紹介していきます。

おすすめな塩を選ぶ時は原材料に注目!

塩の原材料をしっかりと確認する事で、その塩の持っている特徴を理解しやすくなるのでおすすめです。塩は大きく二分すると「海塩」と「岩塩」の種類に分かれます。海外などでは、「塩の湖」などから取れる「湖塩」もありますが日本では、気候柄作る事が難しい為知っている方は少ないでしょう。日本の塩を見極める場合まずは、岩塩か海塩かを見る事がおすすめです。

「海塩」の特徴とは?

「海塩」は岩塩よりもミネラルが豊富という特徴を持っています。海塩の作り方としては、海水を天日干しします。この時天日干しは何回も何回も手間をかけて行われます。その後しっかりと水分を飛ばす為に、煮詰めます。最初の工程でしっかりと海水の水分と塩を分けつつも、ミネラルを塩に吸わせ閉じ込める事を行なっている為、海塩はミネラルが多いのです。

「岩塩」の特徴とは?

「岩塩」は海水よりも尖った塩味を感じる事ができます。岩塩の作り方としては、長い年月をかけて海水が地層になって岩に変化している部分を採取します。その後岩を加熱して、塩を結晶化させ取り出す方法が岩塩の作り方です。岩塩のほとんどの成分がナトリウムが占めている為、塩辛く感じるのです。他にも採取できる場所によっては、鉄分を含みピンク色になっている岩塩も存在しています。

塩を選ぶ時は製作工程を気にする事がおすすめ?

塩の成分以外にも、工程をしっかりと確認しておく事がおすすめです。塩を作る工程はそれぞれ三つあります。「精製塩」「加工塩」「天日塩」の三つです。この三つの違いは、それぞれに含まれている成分が全く違う事が特徴です。商品の見分け方としては、成分表を見る事でその作り方の違いが、はっきりとわかるのでおすすめです。

「精製塩」の成分とは?

「精製塩」とは天日塩を、高濃度の海水でしっかりと洗い流し、塩に残っている残留ミネラルを精製して取り除かれた塩のことです。作られる間に成分の調整などをする事がごく一般的なので、100パーセントに近い数字で塩化ナトリウムが主な主成分になっています。塩の製法の中でも、最も栄養価が低いので健康志向の方にはおすすめできません。

「加工塩」の成分とは?

「加工塩」とは海外からの原塩や、イオンの力を利用して海水から採取した海塩を、加熱し溶かして作られる塩のことです。加工する工程でニガリなどのミネラルを後から加え、成分調整をかけている事が特徴です。見分けける特徴としては、塩のパッケージの裏を見ると作り方が「平釜式」や「縦釜式」などと記載されている部分で判断する事ができます。

「天日塩」の成分とは?

「天日塩」は三つの製造工程の中でも一番栄養価が高くおすすめです。製造方法としては、海からくみ上げた海水をそのまま、自然の力である太陽や風を利用して余分な水分を乾燥させ、結晶化させる方法です。熱を加える事なく作成されているので、それによってミネラルを破壊する事なく、塩にとどめておく事ができるおすすめな方法です。健康志向の方であれば、天日塩がおすすめです。

塩は日常の使い方で選ぶ事がおすすめ!

和食や中華の調理法でよく使うおすすめな塩「海塩」

海塩は素朴な味や、素材本来の味を引き出したい時に使用する事がおすすめです。日本人の舌は海外の人よりも、味覚の域値が一つ多いのです。海外の人間には「旨味」を感知する部分が備わっていません。日本人はその部分をしっかりと感じ、調味料を使い分ける事ができるので「一番出汁」、「二番出汁」という文化があるのです。

その味覚の使用用途にあっているのが、海塩です。使い方としては甘味を引き立てる為に、塩味を利用する「隠し塩」の文化があります。これはおはぎやスイカなどに使われる方法です。他にも海外では食べられないきゅうりを、美味しく食べる為に浸透圧で水分抜きをして、日持ちする食材に変えたり、変色の防止や、魚の化粧塩など様々な場面で使用できるので日本人にはおすすめです。

洋食におすすめ!味にメリハリの為に使う塩「岩塩」

海外の文化では、塩は味付けの基本になるベース調味料です。日本では塩を大豆と合わせて、醤油にしたりみりんや酒と煮詰め、照りにしたり様々な用途に使用しています。文化の違いで海外では、塩をそのまま食べる習慣があります。ですので塩は調味料の脇役ではなく、料理を楽しむためのスパイスのような存在なのです。そのため塩味が尖っています。

塩を使った美容法の活用におすすめ「天然塩」

天然塩は肌のマッサージや、浴槽に入れることによって老廃物を外に出したり、血行を促進してくれる効果を持っています。最近では美容のマッサージスクラブなどが販売されており、そちらを使っても同じ効果が得られます。コスパを意識するのであれば、何も加工されていない天然塩を選ぶ事がおすすめです。

Thumb塩風呂のデトックス効果がすごい!やり方や美容・健康への効能を紹介

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキングを発表!

上記では自分に合っている塩を選ぶための方法や、塩が持っている特徴についてご紹介しました。塩に関して違いをしっかりと理解していれば、万が一普段使っている塩が無くなっても家の近くのスーパーから、製法や味が似ている塩を見つける事ができるかもしれません。それでは、国産・海外・天然の人気おすすめ塩ランキングをご紹介していきます。ぜひ塩を選ぶ時の参考にしてみてください。

10位:希少性のある海塩「ゲランドの塩 海の果実」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング10位

フランスのアクアメール社が制作している「クアメール フリュードメールドゲランド」という海塩です。おすすめの理由をご紹介します。海水がたまっている塩田で採取される塩なのですが、塩の結晶が塩田に自然と浮き上がってくるので、それを手作業で収穫していることからかなり希少な塩という事がわかります。製造方法も天日塩に分類されるので、ミネラルも豊富です。

後味に甘味があり一流のフランスのシェフたちも愛用している海塩です。雑味が少なくどの料理にも、合わせる事ができるのでおすすめです。塩には珍しいボックス入りの容器になっているので、贈り物としても見栄えがいい塩なのでおすすめです。

9位:国産で安心!粉のような口どけの海塩「パラダイスプラン 雪塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング9位

国産で宮古島で作られている塩なのですが、その口どけとパウダーのように軽い塩に驚く人も多いおすすめな塩です。独自の製法でミネラルを残した状態で、パウダーにしているので甘味の塩味のバランスがとてもよく、料理に関しては何にでも使用できる万能塩です。最近では万能なのでバスソルトや、マッサージソルトとしても使用されているおすすめな塩です。

サラダや刺身などの少しだけ塩味を聞かせたいときに、優しくふりかけると簡単に味に締まりを、持たせる事ができるのでおすすめです。粉のようにふわっとしている口どけなので、スイカなどに使ってもおすすめですが、思っているよりも塩味がしっかりしているので、あらかじめかける量を手に取っておくとかけすぎる事ないのでおすすめです。

8位:日本の化学研究者によって生まれた塩「沖縄海塩研究所 粟國の塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング8位

この塩は原材料から国産のものを使用しています。沖縄県粟国島近海の海水を100パーセント使用しており、三人の沖縄の科学者が塩の本来の姿を目指して、研究を重ね作られた塩がこの塩です。海水を一度凝縮して、そのあとに脱水や乾燥を丁寧に繰り返し約一ヶ月かけて作られたのがこの塩です。料理だけでなく、加工品などにも幅広く使う事ができるおすすめな塩になります。

7位:天然の力でミネラルを70種類以上配合した塩「皇帝塩本舗 無添加良品 皇帝塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング7位

名前にインパクトがある塩ですが、昔中国の歴代皇帝たちが健康を維持する為に食べていたとも言われているこちらの塩。海水を天日干しして煮詰める事なく作られているので、ミネラルが豊富に含まれています。原産国が中国のため懸念される方も多いでしょう。しかし日本食品分析センターによって、しっかりと安全解析をされたと日本に入ってきているので、安全に食べる事ができるおすすめな塩です。

この塩のおすすめな理由としてはミネラルの量が、他の塩には比べ物にならないほどの量が含まれています。天然の調味料にこだわりつつ、栄養価を確保したい方におすすめな塩です。この塩を使って美味しすぎることから、他の塩が使えなくなったという声も上がっているほどおすすめな塩なのです。

6位:コスパも味も最強!「エフアール 天然ヒマラヤレッド岩塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング6位

この岩塩はヒマラヤで取れるものです。天然のヒマラヤ岩塩の中でも特に栄養価が高いと言われている、天然ヒマラヤレッド岩塩です。ネットショッピングでは売り上げランキング1位を獲得したこともあり、何よりも1キロあたり840円というコスパの良さを誇っています。レッド岩塩なので、鉄分も豊富に含んでおり健康志向の方にはおすすめな塩です。

さらっとしている使い心地で、後味などもミネラルのえぐみもなく万能に使う事ができるおすすめな塩です。岩塩を使う事をおすすめする理由としては、ガラス瓶などに密封して入れておけば保存しつつも、可愛くディスプレイできるのでそう行った部分からも岩塩はおすすめです。

5位:おにぎりにも大活躍なカルシウム豊富な岩塩「ズードザルツ アルペンザルツ」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング5位

こちらのおすすめな塩は、ドイツアルプス山脈の足元の岩塩層で作られた天然の岩塩です。癖がなく柔らかい味わいから、どの料理にも使う事ができ日本料理でいうならば、天ぷらやおにぎりなどにも使う事ができるので、日本人の舌にもあうおすすめな塩です。岩塩の風味を程よく料理に乗せる事ができるので、アクセントにおすすめです。

このおすすめしている岩塩は、カルシウムの含有量が他の塩と比べ物にならない量を含んでいます。100gの塩の中に481㎎ものカルシウムを含んでいるので、おにぎりを握る時に手のひらに軽くつけても美味しく作る事ができますので、子供のいる家庭であればおすすめな岩塩です。

4位:料理の味が変わるほど美味しい?!「青い海 沖縄の海水塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング4位

沖縄の海水を使って作られた天然塩です。精製されて塩辛いだけの塩とは全く違い、舐めただけでもその美味しさを理解する事ができるというおすすめな塩になります。普段の料理に対しても、何にでも使用する事でき魚料理や野菜の漬物など様々な場面で使用する事ができる塩になります。最近流行っている塩麹などにも、おすすめな天然塩です。

3位:海外から絶大な人気!粒子の細かいパウダー塩「ヌチマース ぬちまーす」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング3位

名前が独特ですが、様々な賞を受賞しているほどのすごい天然塩になります。沖縄県宮城島沖のサンゴ礁先からくみ上げた海水を使用しており、塩の粒子がとても細かくそれによってえぐみが少ないので、なんの料理にも適しています。「発明功労賞」など様々な賞を受賞しているおすすめな塩になります。

世界初の常温瞬間空中製塩法によって、本来であればパウダーにする際に粒子の大きいミネラルがなくなってしまうのですが、独自の製法でそのミネラルを失う事なく塩に含ませているので、健康的で美味しいおすすめな塩です。健康志向の方は一度試して欲しいおすすめな塩になります。

2位:にがりを使わない天然の塩「波動法製造 酵素塩」

国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング2位

自然本来の塩の味を生かすように製造されているおすすめな塩になります。この塩は酵素塩と言われており、幅広いジャンルに使用できる塩です。マッサージする為に使ってもいいですし、塩麹や味噌作り、野菜のアク抜きなど様々な主婦の調理場面でも役に立ちます。何十年もこの塩しか使っていないという方も多いほど、根強い人気を誇っているおすすめな塩です。

化学調味料を使っていないので、体にも優しく減塩食を意識している方などは、少ない塩で体にいいものを求めていると思いますので、酵素塩のような塩がおすすめです。コスパも良く量もしっかりとしているので、一つ家にあると楽なのでおすすめです。

1位:昔から不動の安定感!コスパも量も最強の国産塩「伯方の塩 粗塩」

1位:国産・海外・天然人気おすすめ塩ランキング1位

日本人であれば知らない人はいないのではないか?と言われるほど有名な伯方の塩です。昔から有名なので安心感もあり、なおかつ味も日本人の舌に馴染みやすいように作られている塩です。漬物やお吸い物など様々な用途で使用できるおすすめ万能塩です。

値段も安いのに、量もしっかりと含まれており主婦の味方です。メキシコやオーストラリアの塩を日本の海水で再度溶かし、ミネラルが程よく残るように調整されて作られているので、安定して美味しい味を出す事ができるのです。量が多いので気にせず料理の下処理に使えるのでおすすめです。

まとめ:自分に合った塩を見つけ使い分けよう!

塩の使い方と一言に行ってもかなり色々な用途があります。料理自体の味付けをする上でも、重要な役割を担っている塩ですが塩の種類や違いを理解しておくと、料理などをより美味しく作る事ができるのでおすすめです。最近ではやっと日本にも、岩塩という文化が馴染んできているので美味しくおすすめな岩塩なども海外からたくさん輸入されいます。

今回のご紹介したランキングの中にも、岩塩などのおすすめな塩の種類がいくつか入っています。あまり塩の種類を意識して料理していない方であれば、ぜひ今回ご紹介したようなおすすめな塩の種類を意識してみてください。塩を変えるだけで料理の味に大きな変化が出て、料理などが楽しくなります。この機会にぜひ自分に合った、おすすめな塩を探してみてください。

塩に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb塩には賞味期限があるの?開封後・未開封の上手な保存方法まとめ
Thumb塩まじないの効果がすごいと話題!正しいやり方や期間・書き方のコツを解説

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧