ブロッコリーの栽培・育て方のコツ!種まきや苗植え・収穫の注意点は?

可愛い見た目と味と栄養の詰まったブロッコリー。一見難しそうに見えるブロッコリーの栽培方法や育て方は、実はとても簡単です。家庭でブロッコリーを栽培するには、コツをしっかりと抑えておきましょう。ブロッコリーの育て方や失敗しないコツを詳しくご紹介していきます。

ブロッコリーの栽培・育て方のコツ!種まきや苗植え・収穫の注意点は?

目次

  1. ブロッコリーの育て方は実は簡単!栽培にチャレンジしてみよう
  2. 栽培の前にブロッコリーの基礎知識を付けておこう
  3. 栽培スケジュールを立てておこう
  4. 種まきと苗の育て方を知ろう!
  5. ブロッコリーの育て方に適した土作りをしよう!
  6. 栽培した苗を植え付けてブロッコリーの育て方に移ろう
  7. ブロッコリーの栽培中の水やり
  8. 栽培中のブロッコリーに与える肥料は?
  9. ブロッコリーの収穫の目安と方法
  10. 栽培したブロッコリーの2回目の収穫!1回目の収穫以降の育て方
  11. 育て方のコツと栽培中注意したいブロッコリーの事
  12. 育て方に注意!ブロッコリーの栽培中に起こるトラブル
  13. ブロッコリーの栽培中に付きやすい害虫と育て方での回避法
  14. ブロッコリーの栽培中に遭いやすい病気と育て方での回避法
  15. 栄養豊富な野菜は採れたてを楽しもう

ブロッコリーの育て方は実は簡単!栽培にチャレンジしてみよう

お弁当の隙間に入れたり、サラダやグラタンに入れたりと便利なブロッコリー。茹でたてにマヨネーズを付けてそのまま食べるのも美味しいくらい、栄養と旨味の詰まった野菜です。同じような野菜でカリフラワーがありますが、定番になるほど食卓に浸透しているのはブロッコリーの方です。値段もあまり変動が無く、よく買われる定番野菜でもあります。

そんなブロッコリーですが、最近人気の家庭菜園での野菜の栽培にはあまり見かけません。見た目が独特な事から、ブロッコリーの育て方は難しそうと感じている人も多いようです。しかし、意外にもブロッコリーの育て方は簡単な物なのです。コツさえしっかり抑えておけば、プランターでも栽培する事が出来て初心者でも始める事が出来るのです。

そこで今回は、ブロッコリーの育て方について詳しく見ていきましょう。ブロッコリーの栽培は、地植えでもプランターでも好きな育て方を選んで始める事が出来ます。種まきから苗を育てる方法など、様々なシチュエーションにあった育て方で見ていきましょう。コツをしっかりと抑えていれば栽培に失敗もなく、採れたてのブロッコリーを食べる事が出来ます。

栽培の前にブロッコリーの基礎知識を付けておこう

まずは栽培を始める前にブロッコリーについて詳しく見ていきましょう。ブロッコリーは、アブラナ科の緑黄色野菜に分類される野菜です。キャベツの仲間でもあり、ブロッコリーは地中海沿岸が原産とされています。ブロッコリーに似た見た目のカリフラワーは、実はブロッコリーの変種です。カリフラワーについては未だに不明な点が多々残されています。

私たちが普段食べているブロッコリーは、花蕾と茎です。収穫せずにそのまま栽培して放置していると、肥大化して可愛い花を咲かせます。また、発芽したてのブロッコリーの苗はブロッコリースプラウトとして最近注目を集めています。ブロッコリーに含まれる栄養の他にも、発芽する為の栄養を蓄えたブロッコリースプラウトはスーパーフードとして注目されています。

ブロッコリーに含まれる栄養は、ビタミンやミネラルがほとんどです。ビタミンBやC、カロテンや鉄分を豊富に含んでいる事から、特に女性に人気があります。日本では茹でてから食べるのが一般的ですが、アメリカでは生食されています。ブロッコリーに含まれるビタミンやミネラルは、加熱によって損失してしまうので栽培して採れたての柔らかいうちに生食しましょう。

栽培スケジュールを立てておこう

まずはブロッコリーの栽培スケジュールを確認しておきましょう。ブロッコリーの栽培は、種まきの時期が春蒔きと夏蒔きの2回あります。春蒔きでは、2月に種まきを行い3月に植え付けを、収穫は4月下旬から6月初旬までです。秋蒔きは、7月に種まきを行い8に植え付けを、収穫は10月から翌年の2月までです。初めて栽培する場合には夏蒔きから初めてみましょう。

また、ブロッコリーは種まきから栽培を始める方法と苗を購入して植え付けから育てる方法があります。それぞれにあったスケジュールを立てておきます。植え付け時期は2回あります。育て方に慣れてきたら、時期をずらして種まきを行えば、収穫をより長く楽しむ事も可能なので試してみましょう。春蒔きは温度の管理に慣れて来てからの栽培をおすすめします。

種まきと苗の育て方を知ろう!

ブロッコリーの栽培準備①種まきと苗の育て方

まずはブロッコリーの種まきを行って苗を育てていきましょう。ブロッコリーの苗を購入してきて、苗から始める場合にはこの作業を飛ばして植え付けから行います。種まきは、地植えで直接蒔いても構いませんが今回は育苗ポットを使用した方法でご紹介していきます。まずは、9㎝程度の直径の育成ポットに土を入れ、1㎝くらいの深さの穴を指で空けます。

そこにブロッコリーの種を3~4粒程度種まきし、軽く土をかぶせましょう。発芽までは、土が乾いてから水やりをしましょう。2~3日で発芽してくるので、葉が触れ合う部分を間引いていきます。本葉が2~3枚になってきたら、育ちの良い苗を2本残して間引き、本葉が4~5枚になるまで苗を育てていきましょう。苗は、なるべく暖かい場所で育てて行きます。

ブロッコリーの育て方に適した土作りをしよう!

栽培準備②土づくりの基本

種まきが終わり、苗が育ったら植え付けをしていきます。まずは、植え付けの2週間くらい前に、ブロッコリーを栽培していく土作りをしておきましょう。プランターや鉢でもブロッコリーは栽培出来ます。鉢の場合は1株、プランターの場合は25L程度の物で2株栽培出来ます。鉢やプランターの場合には、市販の野菜用の培養土に苦土石灰を混ぜておきましょう。

地植えの場合、堆肥と苦土石灰を混ぜ込んで耕し、植え付けの1週間前になったら化学肥料を加えておきます。畝を立てる必要があるので、幅は40~120㎝程度になるように少し高めに畝を作っておきましょう。アブラナ科の植物を栽培していた場所では、連作障害が発生する可能性があるので別の場所に作りましょう。ブロッコリーの土の酸性度は、6.0~6.5が適正です。

栽培した苗を植え付けてブロッコリーの育て方に移ろう

ブロッコリーの苗の本葉が4~5枚になったら植え付けていきます。ブロッコリーは、根張りの良い植物です。なるべくブロッコリーの苗の間隔をしっかりと取って植え付けていきましょう。プランターでは40㎝程度、地植えでは50㎝くらい株間を確保してあげるのが理想です。鉢で栽培する場合には、1つに対して1株しか栽培出来ないので注意しましょう。

まずは、植え付けの前に用意しておいた土に水やりを済ませておきます。そこに、株間をしっかりと保って植え付け用の穴を掘っておき、ポットから外したブロッコリーの苗を植え付けていきます。ブロッコリーの苗は、根の定着に少し時間がかかるので、土をかぶせてから軽く手で抑えて土を馴染ませてあげましょう。植え付けたら、たっぷり水やりをします。

ブロッコリーの栽培中の水やり

ブロッコリーの育て方①水やり

ここからは、ブロッコリーの基本の育て方を行っていきます。まずは、育て方の中でも重要な水やりです。ブロッコリーの水やりは、コツがあります。それは、あまりあげすぎないと言う事です。ブロッコリーは根腐れを起こしやすいので、頻繫に水やりをするのは向いていません。たっぷりと水やりを行うのは、植え付けが終わってすぐに与える1回のみにします。

その後の水やりは、土の表面が乾燥してきてから適量のみ与えます。地植えの場合、湿度を管理しにくくなってしまうので水はけの良い場所を選んでおくようにしましょう。また、梅雨の時期などには水やりを行わなくても大丈夫です。逆に、日照りなどで土の表面が乾燥しやすい状況の場合には、土が乾燥し過ぎないようにも注意するようにしましょう。

栽培中のブロッコリーに与える肥料は?

ブロッコリーの育て方②肥料の与え方

ブロッコリーの育て方の中には、追肥と言う作業があります。ブロッコリーの追肥は、土寄せと一緒に行いましょう。土寄せは1回、追肥は2回行います。1回目の追肥は、ブロッコリーの本葉が7~8枚まで増えた頃に行います。ブロッコリーの株間に、化学肥料を混ぜた土を土寄せしながら与えましょう。2回目は、本葉が15枚程度の時に土寄せはせずに行います。

ブロッコリーは、肥料を与えすぎても病気などの原因になってしまいます。あまり肥料を与えすぎないように注意しましょう。頂花蕾が出来てからは、追肥は行わないで下さい。収穫できるブロッコリーの質が悪くなってしまう原因になってしまいます。注意しましょう。液肥を使用しても構いませんが、500倍程度に薄めてから水やりを兼ねて与えましょう。

ブロッコリーの収穫の目安と方法

ブロッコリーの育て方③収穫の目安

育て方をしっかりとしていれば、収穫時期には立派なブロッコリーを収穫出来るようになっています。ブロッコリーの収穫の目安について見ていきましょう。ブロッコリーの収穫は、頂花蕾と言う普段見慣れたブロッコリーの部分の大きさを確認します。直径が10㎝以上になっていれば収穫出来ます。大きくなりすぎると、花を咲かせてしまうので15㎝までに収穫しましょう。

ブロッコリーの蕾の部分から10~15㎝程度下の部分を、清潔なナイフなどで切り取って収穫をします。真っ直ぐに切り取っても構いませんが、収穫をしてからまた育ってくる茎があるので、なるべく斜めに、コツは太陽が当たる方を向くように切り取りましょう。収穫したブロッコリーは、あまり日持ちがしないのでなるべく新鮮なうちに食べきるようにしましょう。

栽培したブロッコリーの2回目の収穫!1回目の収穫以降の育て方

寒くなる前に1回目の収穫を行えば、脇芽が伸びてきて2回目の収穫を行う事が出来ます。2回目も楽しむ場合には、なるべく頂花蕾からすぐ下を切り取るようにしましょう。これで、2回目も側花蕾が多く出来て収穫出来ます。また、2回目も脇芽から収穫を予定している場合には、1回目の収穫の後に追肥を行いましょう。脇芽を出す栄養を与える事が出来ます。

また、収穫の時期に寒くなってくるとブロッコリーの色が変色してしまいます。寒さに当たったブロッコリーは、紫になる傾向があります。これは、アントシアニンを身を守る為にブロッコリーが出すからです。体にもいい成分なのと、加熱すると緑に戻るのでそのまま収穫しても問題ありません。寒さに当たると、甘味も増すので食べ比べても面白いです。

育て方のコツと栽培中注意したいブロッコリーの事

ブロッコリーの育て方のコツ①注意点

ブロッコリーの育て方のコツは、害虫を防いで外葉を大きく育てる事です。その為にも、植え付けてから寒冷紗や防虫ネットなどをトンネル掛けをすると、害虫の被害を防いでくれます。また、ブロッコリーは冷涼な気候を好む野菜です。初めてブロッコリーを栽培する場合には、収穫時期も長く温度管理も簡単な夏蒔きで育てて慣れてから春蒔きに挑戦しましょう。

注意したい点は、育て方にもあった水やりと肥料についてです。水やりをし過ぎると、病気になってしまいます。コツは、土作りの時に水はけの良い土にしておく事です。また、肥料についてはあげすぎると病気や害虫の被害に遭いやすくなってしまいますが、足りないとブロッコリーの質が悪くなります。適量を適したタイミングで与えるのがコツです。

育て方に注意!ブロッコリーの栽培中に起こるトラブル

ブロッコリーの育て方のコツ②栽培中のトラブル

ブロッコリーの栽培中に起きるトラブルがあります。これらは育て方によって予防する事が出来るので注意しましょう。まずは、花茎空洞症です。これは、ブロッコリーの茎の中心が空洞になります。水やりや窒素を含む肥料が多すぎたり、水はけが悪いと起こりやすくなってしまいます。育ちが良いブロッコリーに起こりやすいので注意しましょう。

また、ブロッコリーの栽培中に高温が続くとリーフィやヒュージーを起こします。花蕾に毛羽立ちや小さな葉が育ってくるのが特徴です。逆に、低温が続くとボトニングを起こします。これは、苗が小さいうちに低温が続くため生育不良となって小さく育ってしまいます。ブロッコリーの栽培中には、なるべく温度管理に気を付けておくようにしましょう。

ブロッコリーの栽培中に付きやすい害虫と育て方での回避法

ブロッコリーの栽培中に付きやすい害虫について見ていきましょう。ブロッコリーの栽培中に特に被害に遭いやすいのが、アブラムシとアオムシです。アブラナ科に付きやすい害虫なので、ブロッコリーも注意が必要です。ウイルスを媒介している場合もあるので、見つけたら手で駆除するか薬剤で駆除しましょう。防虫ネットや寒冷紗をかけた育て方で予防出来ます。

他にも、コナガやネキリ虫、ハイマダラノメイガ、タマナギンウワバやハスモンヨトウなどの幼虫が付く場合もあります。これらは、アオムシのように幼虫なので見つけやすいです。土作りの際に土にいるようであれば取り除き、栽培中に付いているようであれば取り除きましょう。葉の裏側や、茎近くの土に潜んでいる物もあるので注意深く観察しましょう。

ブロッコリーの栽培中に遭いやすい病気と育て方での回避法

ブロッコリーの栽培中に被害に遭いやすい病気についても見ていきましょう。まずは、発生率の高い病気が軟腐病や根コブ病です。軟腐病は、水っぽく腐って行くのが特徴で異臭があります。根コブ病は、しおれてこぶが出来るのが特徴です。水のあげすぎや肥料をあげすぎる事で起こりやすくなってしまいます。適量を与える事で予防出来ます。

他にも、ピシウム腐敗病やベト病、モザイク病にかかる場合もあります。これらは、葉や茎に斑点が出るなどの症状があります。カビやウイルス性の物なので、かかっている株を見つけたらすぐに取り除きましょう。また、土壌を洗浄する必要がある場合もあります。早期発見で、他の株を守る事が出来るのでなるべく早く発見出来る様に観察しておきましょう。

栄養豊富な野菜は採れたてを楽しもう

栄養が豊富なブロッコリーは、日持ちしない野菜でもあるので採れたてで味わいましょう。ブロッコリーの栄養をそのまま食べるのには、採れたての柔らかいうちに生食で食べて見てください。採れたての美味しさだけでなく、ブロッコリーの栄養を余すことなく摂取する事が出来ます。

一緒に読みたい野菜の栽培に関したおすすめの記事

Thumb長ネギの栽培方法・時期まとめ!簡単な育て方のコツや土寄せのポイントは?
Thumbごぼうの栽培方法のコツ!種まきや収穫の時期・育て方のポイントは?
Thumbそら豆の栽培方法・育て方まとめ!手入れのポイントや収穫の時期は?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-12 時点

新着一覧