大きいハンバーガーの食べ方!本場アメリカの食べ方やマナーは?

ハンバーガーといえばやはりアメリカですよね。しかし本場のハンバーガーって日本人から見てとても大きいので食べ方に悩む方多くないでしょうか。また大きく口を開けるのもマナー的にもよくないし、かといってナイフでどうやって食べるのか食べ方が分からないですよね。

大きいハンバーガーの食べ方!本場アメリカの食べ方やマナーは?

目次

  1. 最近本場アメリカのハンバーガー専門店が増えている
  2. 大きいハンバーガーの食べ方ってどうやって食べている
  3. 本場アメリカでの大きいハンバーガーの食べ方とは
  4. 口を大きく開けてハンバーガーを食べる食べ方はマナーがよくない
  5. ナイフやフォークを使って食べる大きいハンバーガーの食べ方
  6. 大きいハンバーガーの食べ方にマナーは必要
  7. ハンバーガーの食べ方は一通りではない
  8. 大きいハンバーガーは日本の店も出しているけど食べ方が分からない
  9. ハンバーガーの食べ方実はアメリカでは間違っている
  10. 食べ方は十人十色マナーにあまり強くこだわらない

最近本場アメリカのハンバーガー専門店が増えている

近年日本でも見かける様になった本場アメリカのハンバーガー専門店が増えてきていますよね。本場のアメリカのハンバーガーは日本人から見るととても大きくて、食べきれるかわからないサイズです。そんなハンバーガーでもやはり本場の味となると食べてみたくなりませんか。しかしどうやって食べたらいいのか、毎回食べ方に悩みむ人も多くないはずです。

そもそも日本で売られているハンバーガーは日本人サイズに合わされている為に食べやすくなっていますが、本場アメリカのハンバーガーは違います。中にはナイフやフォークを使って食べている人もいますがそれでも綺麗に食べれなかったりしてマナー的にもよくないと思う人も多いのではないでしょうか。そこでどうやって食べて行くのか少しアドバイスをします。

Thumbミルフィーユの上手な食べ方を紹介!きれいに食べる基本マナーとは?

大きいハンバーガーの食べ方ってどうやって食べている

大きいとはいってもアメリカの人はよく食べるのでこじんまりしたサイズでは物足りない事が多いのです。またハンバーガーは見た目を綺麗にして食べるという食べ物ではありません。そこにはアメリカの食歴史が絡んでいます。昔インディアンを追い出して開拓する為に手軽で食べやすいのが欲しいことで産まれた食べ物でもあります。見た目よりは食べやすさで生まれたものです。

だからこそハンバーガーは大きく口を開けて食べるのが本場の食べ方であり、マナーでもあります。綺麗に食べようとするのは日本人独特のマナーの教育の影響であり、本場は料理の味を楽しむことが一つのマナーでもあります。やはりどうしても大きいとどうやって食べようか悩みますよね。では本場ではどうやって食べるかというのは次で簡単にですがお話をしたいと思います。

本場アメリカでの大きいハンバーガーの食べ方とは

本場アメリカ流のハンバーガーの食べ方マナーとはどういったものなのでしょうか。映画等で見ていると本当にアメリカ人の食べ方が綺麗に見えて「あんなふうに食べたい」と思う日本人も多いようです。ですが、実際真似をしてみようとするとうまく食べれないのが現実ですよね。あくまで映画の中で食べ方は映画だけの話ですよ。

こちらのハンバーガーの動画を見てもらって分かる通り、大きいと思うならば潰して食べようというのが本場アメリカのやり方です。中には潰したら味が台無しになるのではないか?と疑問に思う方もいますよね。しかし、アメリカでは食べ方よりも料理を楽しむことが大事なのです。それよりも丁寧に食べようとする日本人のマナーの厳しさに驚いています。

口を大きく開けてハンバーガーを食べる食べ方はマナーがよくない

ところでアメリカでハンバーガー食べた事ある人は知っているかと思いますが、アメリカの人は結構大口で食べていますよね。ところが日本ではなぜか食べようとすると零れるから困る。わからないから誰か教えて。という疑問をSNSを使ってまで聞く人が多いです。そもそも日本のハンバーガーを食べている時は口を開けているのにそれが大きくなっただけでこうなるのは何故でしょう。

そこの原因としてやはり日本は昔から教えられている躾教育の一環もあります。また和食文化も大きな影響は与えています。公共の場はもちろん、家族の前でも丁寧にきれいに食べなさいと教えられていませんか。日本のマナーに対して厳しいと思う外国人の方もたくさんいるようです。どうしても周りの目ばかりを気にして、本来のハンバーガーの味を楽しめてないのもあります。

ナイフやフォークを使って食べる大きいハンバーガーの食べ方

そこでそんな日本人の為に日本にあるハンバーガーの専門店は八割近くある物を添えています。ナイフとフォークです。アメリカ式の食べ方が嫌だというならば、もうナイフとフォーク切り分けて食べていくしか方法がありません。しかしまたそのナイフとフォークの使い方をどうすればいいのかわからないという人も多いのも現実です。ならば見た目も大丈夫な食べ方をお伝えします。

何もパンから切る必要はないのです。ハンバーガー自体が手で掴んで食べる食べ物です。だからこそ大きいハンバーガーの店に行くとお皿に乗って出てくるのはその為です。見た目ではないのです。お皿に乗っていると上から潰した時に出た具はお皿の上に落ちますし、それをフォークで食べてしまえば何も汚れることがないからです。ちゃんとした礼儀のある食べ方がありますよ。

大きいハンバーガーの食べ方にマナーは必要

何度も同じ話題を出して申し訳ないですが、そもそもハンバーガーにマナーはありません。本場アメリカではあくまで料理として楽しんでいる姿を多く目にします。ただ一つ勘違いしてはいけないのはマナーや食べ方、意味の捉え方は間違えてはいけないという事です。ひと口は人それぞれ異なり、入るサイズもそれぞれ違うんです。

ハンバーガーの食べ方はどうであれとも最小限のマナーは大事

食べ方は人それぞれ違いますよね。自分が食べるひと口の大きさは、テレビで綺麗な食べ方をしていた人のひと口とは違います。食べた時に、形が崩れるのは綺麗な食べ方を真似しようとしているからかもしれません。綺麗に食べようという事を意識するのなら、自分の口にはいるひと口のサイズをしっかり分かっている事が大事です。

大きいハンバーガーは食べ方に困るなどという発言がSNSでよくアップされています。大きくてもハンバーガーはかぶりついて食べるもので、ナイフやフォークはもしかぶりついた時に具材が飛び出しても後から食べれるように添えつけられている物です。せっかくのハンバーガーは思いっきりかぶりついて食べてみましょう。それでも、見た目を気にする人はフォークとナイフを使いながら食べるのがいいですよね。

ハンバーガーの食べ方は一通りではない

先ほど紹介したナイフとフォークを使った食べ方がありますが、そもそもアメリカではハンバーガーの食べ方が違うのです。それについてはのちほど話します。日本人から見て大きいハンバーガーはどうしても食べ方に悩むのが多いです。おいしいと分かっているからなおさら丁寧に食べたいという日本人らしい作った人への謙虚な心はすばらしいです。

上の画像はナイフとフォークを使って食べる食べ方の形なのですが、お皿で来る時点で「ちょっとばらして食べてもいいんじゃないか」という発想が浮かびませんか。「ハンバーガーをばらして食べる理由があるの!?」と思いますが、一番汚れずに、尚且つパンにソースにつけて食べる事ができるので効率がいい食べ方ですよね。この食べ方はフランス料理で正式にある食べ方の一つで美味しいものを、上手に食べられるととても嬉しくなりますよね。

大きいハンバーガーは日本の店も出しているけど食べ方が分からない

また現在日本にある有名ハンバーガーチェーン店もいろんなメガという名前でアメリカ本場サイズのハンバーガーを期間限定などとして販売されています。だけどそういう店ほど実は食べ方のマナーなど気にせずに食べて欲しいと思います。そもそもアメリカではチェーン店のハンバーガーで大きいサイズのハンバーガーは皆アメリカ流で食べています。

見た目やマナーを気にせずに食べるならば豪快にがぶりついて食べる!まさしく一番おいしいハンバーガーの食べ方ではないでしょうか。人目を気にして食べようとするならば食べない方がいいです。ハンバーガーはそもそも手で持ってかぶりついて食べるからこそハンバーガーなのです。所で実際アメリカでは日本の食べ方についてどう思われているのか知っていますか。

ハンバーガーの食べ方実はアメリカでは間違っている

実際アメリカ人がみた日本人の食べ方は正しいのでしょうか。本場の人の食べ方を知りたい、本場の食べ方をするべきという日本人の生真面目な国民性がありますが実際日本人の大きいハンバーガーの食べ方をYouTubeで公開した所驚かれています。何が正しいとがいうのではなくどうして周りを気にして食べるのかが不思議なようです。

実際アメリカンの方の話では、アメリカではハンバーガーを先に食べずに添え付けのポテトや頼んだポテトを先に食べるそうです。出来立てを先に味わう事が料理を楽しむことであるというアメリカの料理の食べ方だそうですね。食べ方よりも料理をしっかり味わうという所は見習うべきところではないでしょうか。マナーを優先しがちな日本人が忘れている事かもしれませんね。

食べ方は十人十色マナーにあまり強くこだわらない

食べ方は十人十色です。その人がこの食べ方がいいと思えばその食べ方で食べればいいんです。何よりも料理の味をしっかり味わうからこそ作ってくれた人に対しての礼儀があるのではないでしょうか。もし食べ方に迷った時はアメリカのパンを軽く押してから、はみ出た具材は後でフォークで食べるという事を覚えていればそれだけで十分礼儀があった食べ方です。おいしく楽しく食べてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-15 時点

新着一覧