ブロッコリーの冷凍保存でベストな方法は?おすすめの解凍のコツも紹介

ブロッコリーの冷凍保存のベストな方法や解凍方法についてまとめました。ブロッコリーを美味しく食べるにはベストな冷凍保存と解凍方法を知っておくのがおすすめ。どういった冷凍保存方法がベストなのか、ブロッコリーの解凍方法も含めてチェックしていきましょう。

ブロッコリーの冷凍保存でベストな方法は?おすすめの解凍のコツも紹介

目次

  1. ブロッコリーのベストな冷凍保存方法を知りたい
  2. どうしてブロッコリーの冷凍保存がおすすめ?
  3. 生のブロッコリーのベストな冷凍保存方法
  4. 茹でた後にブロッコリーを冷凍保存するベストな方法
  5. レンジで加熱してからブロッコリーを冷凍保存する方法もある
  6. 美味しくブロッコリーを冷凍保存するためのベストなポイント
  7. 簡単にできる冷凍ブロッコリーの解凍方法は?
  8. 解凍せずにそのままブロッコリーを使うことも可能
  9. 加熱後に冷凍保存したブロッコリーは自然解凍も可能
  10. たくさんブロッコリーを消費するならサラダがぴったり
  11. お弁当にも最適なブロッコリーのチーズ焼き
  12. ランチにもぴったりなブロッコリーパスタにアレンジ
  13. ブロッコリーペーストにしてから冷凍保存するのもおすすめ
  14. いろいろな料理で使えるブロッコリーペースト
  15. ベストな冷凍&解凍方法でブロッコリーを保存しよう

ブロッコリーのベストな冷凍保存方法を知りたい

冷凍保存しておくと便利なブロッコリー

茹でたり、炒めたりといろいろな料理で使うことができるブロッコリー。日常的にブロッコリーを活用したいときに便利なのが冷凍保存です。ブロッコリーを冷凍保存しておけば、使いたいときにすぐに取り出すことができるので普段の食生活に役立つのではないでしょうか。とても簡単な方法で冷凍保存できるので、ブロッコリーを購入したときに取り入れてみてはいかがですか。

ブロッコリーはお弁当や食卓の彩りに使うことができるのも嬉しいポイント。お弁当に色味が足りないときや、食卓が全体的に茶系統にまとまってしまったときにブロッコリーを入れると華やぎます。そういった意味でもブロッコリーを冷凍保存してストックしておくのがおすすめ。ブロッコリーのベストな冷凍保存方法をチェックしていきましょう。

冷凍&解凍方法をチェックしてブロッコリーを保存しよう

「ブロッコリーを冷凍保存するのにベストな方法とは?」「冷凍保存したブロッコリーの解凍方法も知りたい」といった場合に役立つブロッコリーの冷凍保存方法についてまとめました。簡単な方法でブロッコリーを冷凍保存できるので、ブロッコリーをたくさん購入したときはぜひ取り入れてみてはいかがですか。普段の食卓で冷凍保存したブロッコリーを活用してみましょう。

Thumbブロッコリーに黄色の花が咲いても食べられる?美味しい活用レシピも紹介

どうしてブロッコリーの冷凍保存がおすすめ?

冷蔵保存だと2〜3日で栄養価が落ちやすくなる

それでは、ブロッコリーを冷凍保存するメリットについて見ていきましょう。通常、ブロッコリーを購入したら野菜室で冷凍保存することがほとんど。冷蔵保存したブロッコリーを早めに食べきることができでば良いですが、ブロッコリーをそのまま長期間冷蔵庫に入れておくと変色して風味が落ちるなどの異変が出やすくなってしまいます。

ブロッコリーを冷蔵保存する場合、ベストな状態を保つことができるのは2〜3日ほど。それ以上冷蔵保存していると風味が落ちる場合があるほか、ブロッコリーに含まれる栄養価も落ちてしまうと言われています。ブロッコリーはビタミンCをはじめとした栄養が豊富な野菜。せっかくブロッコリーを購入したのであれば、栄養や風味を落とさず食べたいのが本音です。

下処理して冷凍保存しておけばすぐに使えて便利

ブロッコリーの保存方法に悩んだときにおすすめなのが冷凍保存方法。ブロッコリーを冷凍保存することで風味や栄養価をキープし、美味しい状態で食べやすくなります。長期保存が可能になるのでブロッコリーをたくさん手に入れた場合も安心。ブロッコリーを下処理してから冷凍保存しておけば食卓やお弁当にプラスしたいときにすぐ使えるのも嬉しいポイントです。

生のブロッコリーのベストな冷凍保存方法

小房に切り分けてラップで包んでから密閉

それでは、ブロッコリーの冷凍保存方法について見ていきましょう。まずは生の状態のブロッコリーを冷凍保存する場合の方法です。ブロッコリーは食べやすい大きさになるように小房に切り分けてください。小房に切り分けたら、1個ずつラップで包みます。

ラップで包むことでブロッコリーが空気に触れる面積を減らすのがポイントです。ラップで包んだブロッコリーはジッパー付きの保存袋に入れて空気を抜きましょう。密閉することができたら冷凍庫に入れて保存完了です。

冷凍保存期間は1ヶ月

ブロッコリーを冷凍保存した場合、保存期間は1ヶ月ほど。ブロッコリーを冷蔵保存した場合は2〜3日で風味が落ちることを考えると冷凍保存したほうがより長くブロッコリーの美味しさをキープすることができるのがわかります。いつ冷凍保存したかわかるようにブロッコリーの保存袋には保存日を記入しましょう。それを目安にして冷凍ブロッコリーを食べきってください。

茹でた後にブロッコリーを冷凍保存するベストな方法

ブロッコリーを固ゆでしてから冷ます

ブロッコリーは加熱してから冷凍保存することも可能です。鍋にお湯をわかしたら塩をひとつまみ加え、ブロッコリーを茹でましょう。30秒ほど固ゆでにすればOK。30秒が経過したらザルにあげて熱を冷まします。熱が冷めたらしっかりと水気を拭き取ってラップで小分けにしましょう。ラップで小分けにしたブロッコリーを保存袋に密閉します。冷凍庫に入れたら作業の完了。

茹でた後のブロッコリーも1ヶ月冷凍保存可能

茹でた場合のブロッコリーも生の場合と同じように1ヶ月ほど日持ちさせることができます。加熱した後のブロッコリーであれば、取り出して解凍すればすぐに使うことができるのが魅力。普段のブロッコリー調理の手間を減らしたいときにぜひ取り入れてみてはいかがですか。

レンジで加熱してからブロッコリーを冷凍保存する方法もある

ビタミンCの流出を防げる電子レンジ

ブロッコリーを加熱して冷凍保存する場合は、電子レンジで加熱をしてもOKです。電子レンジを使って加熱するメリットは、ビタミンCの流出を防げるということ。ビタミンCは水溶性ビタミンなので水やお湯に溶けやすい性質があります。ブロッコリーを茹でることでビタミンCが流出する可能性があるため、それを防ぎたいときは電子レンジが最適。

ただし、電子レンジを使って加熱をすると水分が奪われやすいのでブロッコリーの食感がパサつく可能性があります。そうならないように電子レンジで加熱しすぎないことも重要なポイント。

100gあたり600Wで1分加熱してから冷凍保存

ブロッコリーを電子レンジで加熱する場合は100gあたり600wの電子レンジで1分ほど加熱します。電子レンジによって加熱時間は異なるので様子を見ながら加熱しておきましょう。加熱をし終えたブロッコリーは粗熱を冷まし、水気も拭き取ります。ラップで小分けにしてから保存袋に入れて密閉。冷凍庫に入れて保存をしたら完了となります。

Thumbブロッコリーの栄養&効果がすごい!効能を逃がさない食べ方・調理法も紹介

美味しくブロッコリーを冷凍保存するためのベストなポイント

アルミトレイやアルミホイルを使って急速冷凍

ブロッコリーを美味しく冷凍保存するためには急速冷凍するのも大切なポイント。冷凍する時間が早ければ早いほどブロッコリーの劣化を防ぐことができると言われています。ブロッコリーを急速冷凍する場合はアルミトレイやアルミホイルを使うのがおすすめ。アルミは熱伝導率が良いので素早く素材を冷凍するのに適しています。

保存袋に密閉したブロッコリーをアルミホイルやアルミトレイの上にのせて冷凍庫に入れましょう。これだけで冷凍時間が早まるのでぜひ試してみてはいかがですか。

水気をしっかり拭き取る

ブロッコリーを冷凍保存する場合は水分をよく拭き取ることも大切になります。水分が残っている状態で冷凍すると内部で細菌が繁殖しやすくなるのが注意が必要。水分は細菌の温床になりやすいため、冷凍保存するときも気をつけましょう。特に加熱した後のブロッコリーには水滴が付いていることが多いのでしっかりと拭き取るようにしてください。

また、加熱後のブロッコリーの熱を冷ましておくことも大切です。熱が冷めてないうちにラップで包んで保存袋に入れると内部で蒸気がたまり、水滴として残ってしまうので気をつけ下さい。基本のポイントさえおさえておけばブロッコリーの冷凍保存は簡単にできるので気軽に取り入れていきましょう。

簡単にできる冷凍ブロッコリーの解凍方法は?

30秒ほど茹でて解凍完了

ブロッコリーの解凍方法もとても簡単です。素早く解凍させたいときにはブロッコリーを茹でましょう。冷凍ブロッコリーを取り出したら、そのままの状態で熱湯に入れて30秒ほど茹でます。生の状態で冷凍保存したブロッコリーもこの方法で解凍すればそのまま食べることが可能。解凍したブロッコリーは料理の彩りに添えるなど、いろいろな方法で活用できます。

500Wの電子レンジで40秒加熱して解凍することもできる

冷凍ブロッコリーは電子レンジで加熱して解凍することもできます。500Wの電子レンジで40秒ほど加熱するのが目安。お手持ちの電子レンジに合わせて解凍時間は調整しましょう。加熱しすぎるとパサパサになる可能性があります。解凍したブロッコリーは調味料と和えて食べても美味しくいただけるので、副菜として何か一品欲しいときに活用してみてはいかがですか。

解凍せずにそのままブロッコリーを使うことも可能

煮込み料理などにそのまま入れて

調理方法によっては茹でたり電子レンジで加熱したりしなくても冷凍ブロッコリーを使うことができます。スープなどの煮込み料理に使う場合はそのまま鍋に入れて加熱しましょう。鍋に入れている間に解凍され、調理することができます。ブロッコリーを使ったポタージュやシチューなど、加熱調理に使う場合はそのままの状態で使ってみてください。

炒め物にプラス

炒め物に入れる場合もブロッコリーをそのまま入れてOKです。冷凍したブロッコリーをフライパンに入れ、炒めていきましょう。フライパンに蓋をして蒸し焼きにすればしっかりと解凍することができます。このように、ブロッコリーの調理方法に合わせて解凍方法を選ぶのがおすすめ。和え物やサラダといった料理以外の加熱調理に使う場合はそのまま活用してみてはいかがですか。

加熱後に冷凍保存したブロッコリーは自然解凍も可能

お弁当箱に入れてそのまま自然解凍してもOK

下ゆでしてあるブロッコリーを冷凍保存した場合は自然解凍してそのまま食べることができます。この方法はお弁当に使うと、とても便利。冷凍ブロッコリーをお弁当箱の中に入れておけばお昼時には解凍されて食べることができるようになっています。冷凍したブロッコリーは保冷剤代わりにもなるので、そういった意味でもお弁当に最適ではないでしょうか。

時短調理に役立つ

おべんとの彩りに活用することができるブロッコリーですが、毎回小房に分けて茹でて冷ますといった調理をするのは意外と手間です。加熱済みの冷凍ブロッコリーをストックしておけば、そういった手間を減らすことができるので時短調理になるのではないでしょうか。お弁当の隙間を埋めるのにぴったりな冷凍ブロッコリーを活用してみましょう。

Thumbお弁当にブロッコリーで彩りと栄養を!簡単に作れる最適レシピ!

たくさんブロッコリーを消費するならサラダがぴったり

卵と組み合わせてまろやかに

冷凍保存したブロッコリーはいろいろな方法で活用できます。たくさん消費したいときにぴったりなのがブロッコリーサラダ。軽く茹でるなどして解凍したブロッコリーに刻んだ卵やブロッコリー、酢、塩胡椒を和えればまろやかで美味しいブロッコリーサラダになります。

きのこと一緒にドレッシングで和えて

解凍したブロッコリーはきのこと組み合わせてヘルシーなサラダにするのもおすすめ。ソテーしたきのことブロッコリー、ごま油、酢、醤油、塩胡椒で味付けをすれば風味豊かなサラダに仕上がります。ブロッコリーの彩りが引き立つのも嬉しいポイント。

Thumbブロッコリーは糖質制限中に食べて大丈夫?気になるカロリーや人気レシピ集

お弁当にも最適なブロッコリーのチーズ焼き

アルミカップに入れて焼くだけ

お弁当にもぴったりなブロッコリーのチーズ焼きも作ってみてはいかがですか。アルミカップに冷凍ブロッコリーを入れたらとろけるチーズをのせ、こんがりするまでトースターで焼いたらできあがり。そのままお弁当に入れられます。耐熱容器に入れて食卓にのせるのもおすすめ。

ベーコンなどを入れても美味しい

ボリュームを出したいときはスライスしたベーコンやソーセージなどを入れても美味しく仕上げることができます。カットしたミニトマトも相性が良いので試してみましょう。簡単な副菜に役立ちます。

ランチにもぴったりなブロッコリーパスタにアレンジ

ペペロンチーノ風にしてシンプルに

冷凍ブロッコリーはパスタに活用するのもおすすめの方法です。フライパンにオリーブオイルをしいたらニンニクを炒め、冷凍ブロッコリーも加えましょう。軽く炒め合わせたら蓋をして蒸し焼きにし、熱を通します。茹で上がったパスタを加えて塩胡椒で味付けをしたらブロッコリーパスタのできあがり。ベーコンなどを入れても美味しく仕上がります。

ブロッコリーをたくさん入れればヘルシー

ブロッコリーをたくさん入れればパスタの量が少なくても満足感のある1品になります。ヘルシーなパスタを作りたいときに活用してみてはいかがですか。ブロッコリーの他にパプリカやきのこなどの野菜を加えても美味しいので、いろいろな具材を入れてみましょう。

ブロッコリーペーストにしてから冷凍保存するのもおすすめ

ブロッコリーを茹でてニンニクや塩胡椒で風味付け

ブロッコリーを冷凍保存する場合はペースト状にするのも人気の方法です。ブロッコリーが柔らかくなるまで茹でましょう。フラパンにオリーブオイルをしき、スライスしたニンニクや鷹の爪を炒めます。香りが出てからブロッコリーを加え、潰しながら炒めましょう。ペースト状にしてから粉チーズや塩胡椒で味を整えたらブロッコリーペーストの完成です。

冷ましてから小分けにして冷凍保存

ブロッコリーペーストは冷ましてからラップで小分けにします。保存袋に密閉して冷凍庫で保存しましょう。いろいろな料理で使うことができるのでとても便利です。

いろいろな料理で使えるブロッコリーペースト

パスタに絡めてベノジェーベ風

ブロッコリーペーストを使った方法としておすすめなのがパスタ。電子レンジで解凍したブロッコリーペーストをパスタに絡め、お好みで塩胡椒やバジルで味を整えたらジェノベーゼ風のパスタになります。見た目も鮮やかなのが嬉しいポイント。

ブルスケッタに加えて

こんがりと焼いたバゲットの上にのせてブルスケッタにすればおしゃれな前菜になります。ミニトマトなどと組み合わせて美味しいブルスケッタを作ってみてはいかがですか。この他にグリルした魚や肉の上にのせたり、蒸したジャガイモと和えるなど、いろいろな方法で使うことができます。お好みの方法で使ってみましょう。

ベストな冷凍&解凍方法でブロッコリーを保存しよう

ブロッコリーは冷凍保存しておくことによって、気軽に使いやすくなります。毎回小房に分けるのが面倒と感じている場合も、まとめて小房にして冷凍保存しておけば手間を一気に省けるのではないでしょうか。ブロッコリーの調理方法に合わせて解凍すれば、さまざまなブロッコリー料理に活用することができます。

ブロッコリーはお好みでペースト状にして保存しても美味しくいただくことができます。栄養豊富で彩りを加えるのにも役立つブロッコリーを冷凍保存して役立ててみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-23 時点

新着一覧