仕事のプレッシャー克服法を紹介!不安・ストレスを解消する方法まとめ

仕事をしていると時に大きなプレッシャーを感じる時があります。失敗したらどうしよう、まわりに迷惑をかけてしまったらどうしようと、不安になることもあるでしょう。仕事でのプレッシャーは乗り越えることで、自分自身の成長につながります。まずはしっかりと克服しましょう!

仕事のプレッシャー克服法を紹介!不安・ストレスを解消する方法まとめ

目次

  1. 仕事のプレッシャーがつらい!
  2. まずはプレッシャーの原因を知ろう!
  3. 仕事で期待されるのがプレッシャーでつらい
  4. 失敗は許されない!その仕事プレッシャーは自分に厳しい人
  5. 考え方の転換でプレッシャーを吹き飛ばそう!
  6. ほどよい緊張感は仕事の成功をよぶ
  7. マイナス思考は自分を苦しめる
  8. 仕事への自己評価をしてみよう!
  9. 自分を信じることが仕事の成功への一歩
  10. 仕事に完璧は求めないという考え方
  11. 大げさに物事を捉えないようにしよう
  12. プレッシャーに負けない仕事の時のルーティンを作る
  13. ストレス解消法を見つけておこう!
  14. 何をやってもダメ?転職もひとつの選択肢
  15. プレッシャーを克服すれば新しい自分になれる!

仕事のプレッシャーがつらい!

仕事をするうえで、ある程度のプレッシャーは、緊張感をもたらし仕事の質を上げるために必要です。しかし、あまりのプレッシャーに過度な緊張や不安を感じるようになってしまう場合があります。何をしていても仕事の事が頭から離れなくなると、お休みの日でも緊張状態が続き疲れがとれないだけでなく、大きなストレスになります。

プレッシャーに押しつぶされてしまいそうになると、仕事に行くのもツライ状態になってしまうかもしれません。精神的にもよくありません。そうなってしまう前に、仕事のプレッシャーを克服し、ストレスを上手に解消する術を身につけましょう。

まずはプレッシャーの原因を知ろう!

プレッシャーの原因を探れば解消方法が見えてくる!

プレッシャーに耐えられないと感じた時は、まず自分は何に対してプレッシャーを感じているのかを考えてみましょう。プレッシャーが大きい時は、何もかもが不安に感じてしまいます。しかし、自分のおかれている状況を客観的に見れば、どこにプレッシャーを感じているのかが分かるはずです。

例えば、お客様の反応が不安なのか、自分の知識不足が不安なのかなどです。原因が分かれば、その部分を徹底的に追及して不安をなくせばいいのです。一つ一つ不安材料を解消することで、仕事のプレッシャーも軽くなるはずです。いっぱいいっぱいになってしまう時ほど、冷静に考えるようにしてみましょう。

Thumbプレッシャー世代とは?「優秀」といわれる世代の年齢と特徴の関係!

仕事で期待されるのがプレッシャーでつらい

まわりの期待に応えるために頑張るまじめな人

仕事で人に期待されるのは悪い事ではありません。むしろ喜ばしいことなのですが、それが過剰になってくると「ちょっと待ってよ」と感じてしまいます。「あなたなら大丈夫」と言われることによって、まわりに弱音を吐くこともできなくなります。

期待に応えようと努力して、仕事の目標を達成し、ホッと一安心するのも束の間で、次はもっと大きな期待がかけられます。プレッシャーはどんどん大きくなります。そんな周りの期待に、きちんと向き合って応えようとする真面目な人ほど、無理をしてしまい大きなストレスを抱えることになる可能性があります。

失敗は許されない!その仕事プレッシャーは自分に厳しい人

完璧にやり遂げようとする自分に厳しい人

大きな仕事を任されたり、重要な役目を任されることは、それだけ信頼されている証拠です。しかし、失敗できないと思えば思うほどプレッシャーになり、逃げだしたくなるものです。大事な場面では誰でも多少なりともプレッシャーを感じるものです。とくに自信がない状態だと不安はどんどん大きくなり、仕事の本来の実力を発揮できなくなります。

大役を任されたことで、自信を持ち、仕事にやる気が出ればいいのですが、逆に重圧に耐えられなくなる時もあります。完璧にやらなければいけないと、自分にさらに追い打ちをかけることになりかねません。仕事の失敗を恐れるあまり、悪い事ばかりが頭をよぎるなど、ストレスがたまるでしょう。あまり自分に厳しくしないで、時には人に頼ることも大切です。

考え方の転換でプレッシャーを吹き飛ばそう!

仕事のプレッシャーをプラスに考える克服法

仕事でミスしてはいけないと思えば思うほど、ミスしやすいものです。プレッシャーの克服法で大事なのは、考え方です。自分はできる!とプラスにイメージしましょう。もちろんそう思うだけの努力は必要です。しかし、やれるだけやったらあとは、「失敗してもいいや」と開き直りましょう。完璧な人間なんていないと思えば、肩の力も少しは抜けてプレッシャーも解消されるでしょう。

プレッシャーは自分の考え方次第で、仕事へのモチベーションを上げることもできますし、不安と重圧でストレスになる場合もあります。とくにネガティブな思考はどんどんと自分自身を追い込んでいくことになります。同じやるなら少しでも前向きに捉えて、プレッシャーを乗り越えてみませんか。そうすることで自信がつき、仕事でもワンランクアップすることができるのです。

Thumbうまくいかない時の対処法!仕事や恋愛・人生など立ち直り方まとめ

ほどよい緊張感は仕事の成功をよぶ

適度なプレッシャーは人を成長させる

仕事では適度な緊張感は必要です。緊張感があることで、仕事に集中したり、慎重になったり綿密な計画を立てたりできるのです。そうなれば仕事上のミスも減らすことができ、効率よく仕事をすすめることが可能です。

また、仕事での課題を達成した時の緊張からの解放は、なんとも言えないほど充実していることでしょう。こういった経験を繰り返すことで、仕事のプレッシャーにも強くなることができるでしょう。

また仕事のプレッシャーの克服法として、本番さながらの緊張感を持つように訓練することも有効です。なぜならプレッシャーは経験を重ねることが重要な克服法だからです。いつもの仕事でも、大事なミスを許されない仕事として、完ぺきを目指しましょう。緊張感があることで仕事にも真剣に取り組むことができ、いざという時にも自信につながります。

マイナス思考は自分を苦しめる

仕事のプレッシャーを克服するには能天気になれ

プレッシャーをマイナスに捉える人は、どんどんとツライ苦しい状態に陥ってしまいます。仕事で失敗したらどうしよう、自分には無理なのかもしれない、など不安が大きくなります。まわりの人の言動が気になり、ますますプレッシャーになるかもしれません。このようにマイナス思考に囚われていると、頭の中では失敗したイメージしか浮かんできません。

悪い事ばかりを一つ一つ拾い上げてしまい、成功するポイントを見失います。思考のクセはそう簡単には治りませんが、せめて大事な仕事の時は、無理矢理でも前向きにイメージするようにしましょう。失敗の事ではなく成功する根拠を見つけていきましょう。

ネガティブな性格を自分のマイナスポイントとして捉える人も多いのですが、実は仕事ではネガティブな人の方が向いている場合があります。ネガティブな人は、慎重なうえに、これでいいのか?と何度も思い直します。失敗を避けるための細かい配慮ができます。大事な仕事を任せるのには、慎重に物事を進めてくれるネガティブ思考の人がいいのです。自信をもって、自分の仕事に取り組んでみてください。

Thumb仕事が怖い!会社に不安で行きたくない人の原因や対処法まとめ

仕事への自己評価をしてみよう!

プレッシャーに勝つために自分の力を評価してみよう

周囲からの評価が高ければ高いほど、プレッシャーを感じることがあります。それは、自分に対しての自己評価が低いからです。自分の実力と周りの評価にギャップがあると、プレッシャーを感じて苦しくなります。そこで、あらためて自己評価をしてみましょう。周りの人はなぜ、自分を評価してくれているのでしょうか?できるだけ第三者の目になって自分のいいところをピックアップしてみてください。

さらにノートなどに書き出してみましょう。自分の事を客観的に見ることで「じつは結構仕事ができる人間だった」と気づくはずです。まわりの人は、本当にダメな人に大事な仕事を任せたりしないでしょう。もっと自信を持ってもいいのです。プレッシャー克服法は自己評価を高くすることです。そうすると気持ち的に楽になり、仕事への不安が解消されることでしょう。

自分を信じることが仕事の成功への一歩

自信をもつことがプレッシャー克服法

プレッシャーを感じる時は、自分に自信がなく不安な時です。慣れたルーティンの仕事なら特にプレッシャーを感じることは無いでしょう。しかし、新しい仕事、重要な仕事などには不安が付きまといます。でも、新しいことにチャレンジしたり難しい仕事に挑むことは、自分自身の成長につながります。ステップアップをする時には、必ず期待と不安が入り混じりプレッシャーを感じるものなのです。

でも、そこまで頑張ってきた自分がいるから、新しい段階へ行けるのです。今までやってきたことは、そのプレッシャーに耐えるには十分だと自信を持ちましょう。今までやってきた仕事にムダなことは何もないのです。誰でも不安や重圧を感じながら成長していきます。自分を信じてみてください。それこそがプレッシャー克服法です。

仕事に完璧は求めないという考え方

プレッシャー克服法は適当な完璧主義

仕事に対して完璧を求めると、自分を追い込むことになります。もちろん、適当に仕事をされては困りますが、自分が想定する完璧な仕事が本当に100パーセント必要でしょうか?理想通りに仕事をすすめようとすると、何かひとつ上手くいかないことがあっただけで、マイナスの事態として考えてしまいます。100点満点からは、マイナスにしかならないのです。

また、理想通りに仕事が進まないだけでイライラとしたり、不安になったりとネガティブになる可能性があります。プレッシャーが大きくなってしまい、ストレスを感じることになるでしょう。無理に100点満点を目指すことはありません。

仕事をするうえで、本当に理想的なのは、少しずつ得点を重ねて最終的に100点に近づける方法です。自分にとっての完璧を追求することもいいのですが、仕事として成功させるためには、ある程度の適当さも必要なのです。余裕をもって仕事に取り組んだ方が、結果的は成功するということです。

大げさに物事を捉えないようにしよう

自分が思うほど周りは気にしてないことに気付けば仕事は楽になる

プレッシャーに弱い人に共通するのが、物事を過剰に捉えることです。周りの人のうわさ話や、評価が気になったり、ちょっとしたことでも、先回りして心配してしまったりなどです。こういった感情は自分に自信がなく、自己評価が低い場合に起こりがちです。過去の失敗がトラウマになっている場合もあります。

よく周りを見てみましょう。自分が思うほど周りは他人の事なんか気にしていません。仕事だって結果だけを見て判断する人がほとんどでしょう。そこに至るまでの手順ややり方などどうでもいいのです。ましてや、プレッシャーに耐えて頑張ったなんて評価もないに等しいのです。だとしたら、何もかも完璧にお手本になる必要はないと思いませんか?そう考えれば仕事のプレッシャーも解消するでしょう。

Thumbもう仕事したくない時は病気?それとも鬱?原因と対処法まとめ!

プレッシャーに負けない仕事の時のルーティンを作る

自分なりのルーティンで集中力アップ

おまじないとまでは言いませんが、仕事での自分なりのルーティンを決めておくことは、プレッシャーの克服法におすすめです。よくスポーツ選手などが、ここ一番の時に、独自のポーズをとったりして集中力を高めています。それと同じように、自分にもルーティンを決めることで、落ち着きを取り戻し、仕事に集中できるようになります。

朝、必ず瞑想する時間を作る、本番前に深呼吸する、勝負服の色を決めておくなど、何でもいいのです。仕事で成功した時の体験と同じ行動をするのもいいでしょう。プレッシャーに負けそうなときに、気持ちの切り替えをしてくれる大切な役割もあります。ルーティンは心のスイッチのようなものなのです。不安を解消できれば本来の力をだすことができます。

Thumbルーティンワークの意味を解説!仕事効率や集中力のメリット・デメリット

ストレス解消法を見つけておこう!

仕事でストレスだらけになってしまう前に

仕事のプレッシャーは大きなストレスになります。仕事の事が頭から離れない、休日も仕事が気になり疲れがとれない、夜眠れない、など無理をすれば精神的にも参ってしまう場合もあります。プレッシャーを感じるのは仕事だけにするようにして、上手に切り替えるのが大切です。ストレスをうまく発散する方法を探しましょう。

ストレスでいっぱいいっぱいになった時は、心からのSOSです。きちんと自分と向き合ってみましょう。ストレスの原因はどこにあるのか探ることが大事です。思いつくことをノートなどに書き出してみると、自分を客観的に見ることができます。それだけでも頭の中が整理できて、ストレスを軽減させる効果もあります。

ストレスの原因を取り除くことが一番の解消方法なのですが、仕事がまだ途中の段階だったりしてスッキリと片付かない場合は、頭の切り替えを上手にするしかありません。休日は、仕事の事は忘れて自分の好きなことをしたり、体を動かすのもストレス解消になります。また、ひたすら眠るのもいいでしょう。日頃の大きなプレッシャーから、自分を開放してあげることで、また新たなやる気がわいてくるものです。

何をやってもダメ?転職もひとつの選択肢

自分が壊れる前にやるべき事

プレッシャーは仕事をしていれば、少なからず誰もが感じるものです。ただ、それがプラスに作用するかマイナスに作用するかで結果は大きく変わってきます。どんなに色々な克服方法を試しても、どうしてもダメな場合もあるのです。とくに仕事は、毎日の事です。毎日、苦痛と戦うことはそれだけでツライことです。

社会生活では「誰もがストレスやプレッシャーと戦いながら生活しているものだ」との前提で、プレッシャーに弱い人をダメな人間と捉える傾向があります。当然、自分自身をダメだと思い込み、ますます追いつめてしまうのです。精神的にも病んでしまうことも珍しくありません。

そうなる前に、逃げ出してしまうのも克服法のひとつです。無責任なイメージがありますが、それでもいいのです。仕事で病んでしまってからでは遅いのです。誰のために、何のために仕事をしているのか考えてみましょう。自分を犠牲にしてまでやるべき仕事など、あるのでしょうか?

転職と簡単に言っても、新しい仕事に就くのは、やはりプレッシャーがかかります。どこまで行っても、ストレスやプレッシャーがなくなることは無いと考えましょう。ただ、自分が乗り越えられるなら、それは一つのステップアップになります。まずは、自分の出来る一歩からはじめてみましょう。

Thumb仕事に向いてないと思ったら?辞めるかどうかの判断基準や対処策は?

プレッシャーを克服すれば新しい自分になれる!

色々な仕事のプレッシャー克服法がありますが、プレッシャーは乗り越えれば自分自身の成長につながります。苦しくて長い道のりなら、それだけ大きな成長もできると考えましょう。仕事とプライベートでしっかりと切り替えをして、時には思い切りストレス解消をしながら、一歩ずつ新しい自分になれるよう頑張ってみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-12 時点

新着一覧