フェルトの縫い方の種類まとめ!手作り好きなら知っておきたい豆知識!

ハンドメイドが好きな方なら知っておきたいフェルトの縫い方。いくつか種類があるので作りたい作品によって縫い方を変えるのが上手に作るコツになります。そこでフェルトを合わせる縫い方やステッチの仕方をまとめてみました。作品に合った縫い方で可愛い小物を作ってみては?

フェルトの縫い方の種類まとめ!手作り好きなら知っておきたい豆知識!

目次

  1. フェルトってどんなもの?
  2. フェルトの種類と豆知識
  3. フェルト作品に使える縫い方は?
  4. 一番簡単な縫い方は「並み縫い」
  5. 2枚のフェルトをしっかり合わせる縫い方「かがり縫い」
  6. キレイな見た目に出来る縫い方「たてまつり」
  7. フェルトの見た目も強度もバッチリな縫い方「ブランケットステッチ」
  8. ミシンのようにキレイに見えるフェルトの縫い方「バックステッチ」
  9. フェルト刺繍におすすめの縫い方「フレンチノットステッチ」
  10. フェルトのマスコットやワッペンに役立つ縫い方「フライステッチ」
  11. 文字やフェルトの絵をおしゃれに見せる縫い方「サテンステッチ」
  12. フェルトで作れるおすすめのアイテム
  13. 簡単に出来るフェルトワッペン
  14. 様々な縫い方を駆使!可愛いフェルトマスコット
  15. フェルトの縫い方は様々!作るものによって縫い方を変えよう!

フェルトってどんなもの?

フェルトとは動物の毛を板状に薄く圧縮したシート状の製品のことで、断熱や保温、クッション性に優れた素材としてハンドメイドによく使われています。しっかりと圧縮されているので切りっぱなしっでも繊維が解けることがなく端の始末をしなくても使えるので初心者や子供でも扱いやすい素材です。

ワッペンやマスコットなどの小物に使われることが多いですが、最近ではバッグやポーチなどの日常的に使うことが出来る生活用品にも多く取り入れられ、フェルトの魅力が再注目されつつあります。そこで今回はたてまつりやブランケットステッチなどのフェルトの縫い方の種類と手作りのフェルト作品を作るなら知っておきたい豆知識を紹介していきます。

フェルトの種類と豆知識

手作りのフェルト作品を作るにあたってまずはフェルトの種類を知る必要があります。一言でフェルトと言っても動物の毛で作られて物だけではなく化学繊維で作られたものや樹脂加工が施された少し硬めのフェルト、洗うことが出来る柔らかいウォッシャブルフェルトやアイロンで接着できるフェルトがあり、デザインもシンプルなものからパステルカラー、ラメ入り、キャラクターや文字がプリントされたものなどたくさんの種類があります。

手作りする作品によってフェルトの種類を変えれば扱いやすく思い通りの作品を作ることが出来ます。例えばワッペンを作る際には硬めにプレスされた化学繊維のフェルトがおすすめですし、逆にマスコットやぬいぐるみを作る際には柔らかい羊毛フェルトや洗うことが出来るウォッシャブルフェルトを使うのがおすすめです。フェルトの種類によって出来る作品の風合いや雰囲気も変わってくるので作りたい作品に合ったフェルトを選択してみてください。

Thumbフェルトで小物を簡単に手作り!子供用にぴったりなポーチの作り方は?

フェルト作品に使える縫い方は?

フェルトの種類について紹介しましたが、その種類だけではなく作品の形状や使い道によって縫い方を変えるのもフェルト作品を作る上では重要になってきます。上記でも少し触れましたがフェルトは切りっぱなしでも端が解けることはないので2枚のフェルトを縫い合わせる時でもしっかりと縫う必要もなくざっくりとした縫い方で袋状に閉じることが可能です。

ただし、ワッペンなどのデザインを活かした作品やマスコットなどの中に綿を入れる場合などにはしっかりと縫い合わせる必要もあるのでそれぞれの作品に合った縫い方をこれから紹介していきます。ブランケットステッチなどの強度のある縫い方やたてまつりなどの見た目がキレイに見える縫い方もあるので参考にしてみてください。

Thumb【裁縫】縫い方の種類&初心者でも出来る基本の縫い方まとめ!ボタンの付け方も紹介

一番簡単な縫い方は「並み縫い」

フェルト作品を作るにあたって一番簡単に出来るのは並み縫い(ぐし縫い)です。2枚のフェルトを合わせて針を交互に刺していく方法で、フェルトだけではなく布の縫い方としても一般的で簡単な縫い方になります。慣れてくると一針一針縫わなくてもフェルトや布を寄りながら縫うことが出来るのでスピードも速くすぐに作品を仕上げることが出来ます。

簡単に出来る一方で、フェルトの端に沿ってきちんと縫い代を合わせないと糸が斜めになって見た目が悪くなってしまったり、合わせたフェルトを袋状にして使う場合には少し強度が足りずすぐに糸がほどけてしまったりすることもあります。ハンドメイド初心者の方や簡単な小物作品を作る場合にはおすすめの縫い方です。

2枚のフェルトをしっかり合わせる縫い方「かがり縫い」

フェルト同士をしっかりと縫い合わせたい時にはかがり縫いがおすすめです。合わせたフェルトの先端を巻くようにして前後で針を入れていく縫い方で、厚さのあるフェルトだからこそ出来る強度のある方法です。羊毛フェルトやウォッシャブルフェルトなどの柔らかいフェルトの際に端に強度を持たせたい時などにはおすすめです。

強度が高くフェルトをしっかりと縫い合わせることが出来ますが、その一方で縫い糸が目立ちやすいので針を入れる位置が布端に並行で均一でないと少し縫い糸が目立ってしまうのが難点です。さらには合わせたフェルトを開いて使う際には糸と糸との間に隙間が出来やすいのでマスコットなどの綿を入れる作品には向いていません。前後のフェルトのカラーを変えたり強度を上げるために縫い合わせるのにはおすすめの縫い方です。

キレイな見た目に出来る縫い方「たてまつり」

ワッペンなどのデザインを縫い付けるのにおすすめなのがたてまつりという縫い方です。同じ形のフェルトを合わせるのではなく大きなフェルトの上に小さなフェルトを縫い合わせていくという作品が一般的で、縫い方はかがり縫いと同じように針を前後に入れていく方法になります。

たてまつりの縫い方は同じ大きさのフェルトを合わせるわけではないので縫い付ける位置や針の指し方に注意が必要ですが、縫い方によってはふくらみのあるワッペンを作ることも出来るのでおすすめです。たてまつりはたくさんのカラーのフェルトを縫い付けても糸が目立ちにくいので見た目もキレイに仕上げることが出来る縫い方になっています。ポケットを付ける時やズボンの裾上げなどにもおすすめです。

たてまつりの縫い方

こちらがたてまつりの縫い方動画です。表に見える部分の糸を極力少なくすればキレイに縫うことが出来ます。真っ直ぐに針を入れる場合はたてまつり、斜めに針を入れる場合は流しまつりとも言います。土台となるフェルトにワッペンよりも少し小さめに針を入れて行けばふくらみのあるワッペンを作ることが出来るのでおすすめです。

フェルトの見た目も強度もバッチリな縫い方「ブランケットステッチ」

フェルトの強度を上げるだけでなく見た目もキレイに見せるにはブランケットステッチという縫い方がおすすめです。ブランケットステッチとはその名の通りブランケットの縁取りによく使われている縫い方で、布の端をしっかりと縁取って強度を上げる方法になります。ブランケットステッチはかがり縫いと似ていますが、縫い進めていくときに糸を一本編み込むようにして縫っていくのでフェルトを開いて作るマスコットなどにも向いている縫い方になります。

ブランケットステッチは2枚とも同じ形状のフェルトを重ねる時にだけ使える縫い方になりますが強度はかなり強く、1本糸を絡ませることによってかがり縫いよりも見た目もキレイに見えます。ただし針を刺す幅を均等にしないと絡ませた1本の糸の長さが変わって少しバランスが悪くなるので注意も必要です。マスコットを作る際にかがり縫いでは綿がはみ出てしまう時でもブランケットステッチならしっかりとフェルト同士を閉じているので安心して綿を入れることが出来ます。

ブランケットステッチの縫い方

こちらがブランケットステッチの縫い方です。かがり縫いと似ていますが針を最後まで引く前に糸を絡ませる必要があるので時間は掛かりますがキレイな見た目としっかりとした強度を作ることが出来ます。

ミシンのようにキレイに見えるフェルトの縫い方「バックステッチ」

フェルトの端を縫い合わせる方法ではなく、並み縫いに似た縫い方で使用出来るのがバッグステッチです。な未遂よりも手間は掛かりますがまるでミシンで縫ったかのようなキレイな見た目に仕上がりますし、しっかりとフェルト同士を縫い合わせることが出来るのでおすすめの方法です。針を入れたところから一つ戻って縫い合わせるような方法で、2マス進んで1マス戻るというような動作を繰り返します。

並み縫いは裏表交互に縫うので隙間が出来ますが、バックステッチは表面に隙間が出来ることなく一直線に糸が見えるので真っ直ぐ縫いやすくキレイな仕上がりになります。ただし表面がキレイな分、裏面は糸が重なってしまうので見た目も悪くなるので裏面が表に出ない作品を作る際におすすめの縫い方になります。

フェルト刺繍におすすめの縫い方「フレンチノットステッチ」

フェルト同士を縫い合わせる方法について紹介しましたが、フェルト刺繍に使える縫い方もたくさんあります。一番よく使わせるのがフレンチノットステッチ。玉結びのような丸い点を付けることが出来る縫い方で、マスコットの目や鼻、刺繍のお花などによく使われる方法になります。

縫い方もとても簡単で玉結び同様に針に糸を巻き付けます。そのまま針を抜けば玉結びになりますが、針を抜かずに糸が出ているのと同じ場所に針を刺せばフレンチノットステッチの完成です。フェルトは造形のあるものを作るだけではなく刺繍をするにも向いている素材なのでオリジナルのフェルト刺繍を作るのにもおすすめです。

フェルトのマスコットやワッペンに役立つ縫い方「フライステッチ」

上記と同じくフェルトの刺繍やワッペン、マスコットに役立つ縫い方としておすすめなのがフライステッチ。横一直線に刺した糸を下に引っ張って3点で作るステッチのことで山形の模様を作っりたいときにおすすめの縫い方です。フェルトマスコットの口やフェルト刺繍のお花に使われる方法で、一本だけでなく何本も並行して糸を重ねることで強度のある使い方をすることも出来ます。

鳥が飛んでいるような形のフライが語源になっているとも言われていますが、最後に刺す針の位置でアルファベットのYにもVにもなります。いくつも組み合わせてお花や雪の結晶の形を作ったり、色の違う糸を重ねて縫うことで編み込みのような模様を作ることも出来ます。

文字やフェルトの絵をおしゃれに見せる縫い方「サテンステッチ」

フェルト刺繍はもちろんフェルトの強度を上げるのにもおすすめなのがサテンステッチです。同じ幅で何本も糸を通して横に広げていく縫い方で、糸の消費と体力は必要ですがしっかりとした強度のある文字やデザインを作ることが出来るのでおすすめです。フェルトワッペンの布端をすべてサテンステッチで処理することで強度を増す方法もありますし、作ったフェルト作品に名前を入れたりする際にも使われます。

普通の布でサテンステッチをすると布がヨレたりして布の方の強度が足りず破けてしまうことがありますが、頑丈なフェルトならサテンステッチをしてもしっかりとした強度を保つことが出来ますし、キレイなデザインを作ることが出来るのでおすすめです。

フェルトで作れるおすすめのアイテム

フェルトに使うことが出来る縫い方の種類を紹介しましたが、ではフェルトで作ることが出来る先作品にはどのようなものがあるのでしょうか。そこで上記で紹介したフェルトの種類やフェルトの縫い方を踏まえたうえでのフェルトで作れるおすすめのアイテムをいくつか紹介していきます。

簡単に出来る初心者向けのアイテムからまるで市販品のようなキレイなフェルト作品までたくさんの種類のものがあるので是非お気に入りの作品を見つけて挑戦してみてください。オリジナルのデザインや好きなキャラクターに応用すれば自分だけのフェルト作品を作ることが出来るのでおすすめです。

簡単に出来るフェルトワッペン

初心者にもおすすめで簡単に出来るのがフェルトのワッペンです。フェルトワッペンに使うフェルトは少し硬めのものを選ぶのがおすすめで、あまり柔らかい種類のフェルトを選択すると型紙を切り抜く際やたてまつりで縫い合わせる際に端がヨレてしまうので注意が必要です。フェルトはカラー展開が豊富なのでちょっとした色の違いや風合いの違うものがたくさんあるので作りたいワッペンのキャラクターの色を忠実に再現することも出来ます。

フェルトは洗うことがない作品の場合には手芸用ボンドでも簡単に付けることが出来ますし、アイロン接着のフェルトを使っても構いません。どうしてもボンドだけでは不安な細かいパーツや細い所などだけたてまつりで処理をしてもかまわないので簡単にワッペンを作ることが出来ます。子供のお稽古バッグや体操着入れなどにオリジナルの「ワンポイントワッペンを付けるのもおすすめです。

様々な縫い方を駆使!可愛いフェルトマスコット

上記で紹介したフェルトの種類や縫い方のすべてを使って作ることが出来るのがフェルトマスコットです。マスコットは柔らかい羊毛フェルトでも硬めの化学繊維のフェルトでも作ることが出来ますし、どちらで作っても風合いの違うマスコットが出来上がるので好みに合わせて作ることが出来ます。

マスコットの縫い方も縫い糸を活かしたブランケットステッチやかがり縫いなどもおすすめですし、マスコットの顔や細かい模様などを表現するのにたてまつりやフレンチノットステッチなどを使うことも出来ます。様々な縫い方を駆使しておしゃれなマスコットを作ることが出来るので市販品にも劣らないオリジナルの作品を作ってみてください。

Thumbぬいぐるみの作り方まとめ!くまやうさぎをフェルトで簡単に作る方法とは?

フェルトの縫い方は様々!作るものによって縫い方を変えよう!

フェルトの種類や作品によっておすすめの縫い方などフェルトを使った手作りの方法について紹介してきましたが、一概にどのフェルトが正解でどの縫い方が一番だとは言い切れません。作る作品によってももちろん違いますし、オリジナルのデザインでフェルト作品を作りたいなら、ワッペンにブランケットステッチを使ってもいいですし、マスコットにたてまつりを使うのもおかしくはありません。

フェルトで作ることが出来る作品は小物だけではなくバッグやポーチ、子供用の靴などにも使われているので強度や素材を考えておしゃれなフェルト作品を作ってみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-25 時点

新着一覧