冷やし中華のカロリー・糖質を調査!ダイエット中の太らない食べ方は?

冷やし中華のカロリーや糖質、太らない食べ方をまとめました。カロリーや糖質が高いイメージがある冷やし中華は食べ方を工夫することで太らないようにのは可能です。冷やし中華のカロリーと糖質を把握し、太らない可能性が高い食べ方を取り入れていきましょう。

冷やし中華のカロリー・糖質を調査!ダイエット中の太らない食べ方は?

目次

  1. 冷やし中華のカロリーや太らない食べ方を知りたい
  2. どのくらいのカロリーが冷やし中華には含まれている?
  3. 実は冷やし中華のタレのカロリーは高い?
  4. カロリー以外に冷やし中華の糖質も気になる
  5. 太らないように冷やし中華を楽しむには食べ方を工夫しよう
  6. 冷やし中華の麺を減らしてもやしでカサ増しする
  7. たれを少なくしてカロリーを抑える
  8. キムチをトッピングして脂肪燃焼効果を出す
  9. 麺の種類を変えて冷やし中華をカロリーダウン
  10. 太らない食べ方で冷やし中華を満喫しよう

冷やし中華のカロリーや太らない食べ方を知りたい

カロリーや糖質が高いイメージがある冷やし中華

暑い時に食べたくなる冷やし中華ですが「カロリーが高いのでは?」と心配になることがあるのではないでしょうか。特にダイエット中はカロリーが気になってなかなか冷やし中華を食べられないという人も多くいそうです。事前に冷やし中華のカロリーや糖質量を把握しておけば、食べる時に工夫をすることでダイエット中も冷やし中華を食べることが可能。

冷やし中華のカロリーや糖質を抑える工夫はいろいろあるので、カロリー制限をしている時はお好みの方法で冷やし中華をカロリーダウンしていきましょう。カロリーダウンするだけでなく、トッピングを工夫するなど冷やし中華の太らない食べ方はバラエティ豊か。冷やし中華のカロリーや糖質が気になる時に取り入れてみてはいかがですか。

太らない食べ方でカロリーを抑えながら冷やし中華を楽しもう

「冷やし中華のカロリーや糖質について知りたい!」「冷やし中華をカロリーダウンさせて食べるにはどうすれば良い?」といった場合にぴったりな冷やし中華のカロリーの情報についてまとめました。カロリーや糖質を控えめにすればダイエット中でも安心して冷やし中華を食べることができます。冷やし中華のカロリー量を把握してバランスをとるようにしていきましょう。

Thumb夜ご飯のダイエット中におすすめメニュー!太らない食べ方ってある?

どのくらいのカロリーが冷やし中華には含まれている?

冷やし中華単体のカロリーは200kcalほど

冷やし中華のカロリーについて詳しく見ていきましょう。冷やし中華の麺とたれだけのカロリーであれば、300kcal〜400kcalほどになります。冷やし中華単体で見ると、カロリーはそこまで高いようには見えません。

冷やし中華に使用されている麺は一般的に中華麺である場合がほとんどです。中華麺と他の麺類のカロリーを比べてみると、そばやうどんは270kcal、そうめんは120kcal、パスタは150kcal。そばやうどんと比べると冷やし中華の麺のほうがカロリーが低いことがわかります。一方で、そうめんやパスタといった乾麺よりはカロリーが高いのが比較からわかるのではないでしょうか。

トッピングも加えることでカロリーは500〜600kcalくらいになる

冷やし中華の中華麺単体であればカロリーは控えめに見えますが、冷やし中華には麺以外にもさまざまなトッピングをするのでその分だけカロリーは高くなります。冷やし中華の定番のトッピングといえば錦糸卵、きゅうり、ハム、トマト、もやしといったトッピング。これらの冷やし中華のトッピングをしてタレをかけた場合、冷やし中華のカロリーは500kcal〜600kcalになります。

成人女性が1日に摂取するカロリーの目安は2000kcalとされているので、冷やし中華のカロリーは1食分のカロリーとしてはちょうど良いのではないでしょうか。トッピングや食べ方を工夫することによってさらにカロリーをダウンさせることができるので、ダイエット中は工夫を加えてカロリーを落としていきましょう。

実は冷やし中華のタレのカロリーは高い?

油分を多く含むタレはカロリーが高い場合がある

冷やし中華のカロリーを考える上で意外と重要になってくるのが冷やし中華のタレ。冷やし中華のタレはさっぱりとした風味が特徴的ですが、油分も多く含まれているためタレをたくさんかけることによって冷やし中華のカロリーが高くなる可能性があります。そのため、冷やし中華を食べる時はタレのカロリーにも注意しておくことが大切なポイント。

ゴマだれのほうがカロリーが高い

タレの種類にもよりますが、冷やし中華のタレのカロリーは30〜100kcalほどになります。タレによって知らない間にカロリーを多めに摂取している場合もあるので気をつけていきましょう。

また、冷やし中華には大きく分けて醤油タレとゴマだれの2種類がありますがゴマだれの方がカロリーが高いのが特徴。ダイエット中でカロリーを減らしたい場合はゴマだれではなく醤油タレを使うのがおすすめです。

カロリー以外に冷やし中華の糖質も気になる

摂取しすぎると脂肪になりやすい糖質

ダイエット中はカロリーだけでなく糖質も気にしたおくことが必要になります。糖質は体のエネルギー源となる栄養ですが、摂取しすぎることによって脂肪として蓄積されやすくなってしまうのが問題。糖質を食べ過ぎたことによってエネルギーとして消費することができず、結果として脂肪になってしまいます。そのため、ダイエット中は糖質の量も注意していきましょう。

冷やし中華の糖質は70gほどと高い

冷やし中華の糖質は1食あたり70gほどとされています。ダイエット中は1食あたりの糖質の量を40gほどにしておくと良いとされているため、冷やし中華の糖質量は明らかに糖質オーバー。糖質制限のダイエットをしている場合は冷やし中華の糖質に要注意です。

このように冷やし中華はカロリーの面から見ると問題なさそうですが、糖質量を見てみるとダイエットの妨げになる場合があります。そうならないようにカロリーや糖質量のバランスをとることが大切なポイント。

Thumbダイエット中の夕食レシピは?太らない食べ方や食事メニューを徹底解説

太らないように冷やし中華を楽しむには食べ方を工夫しよう

ちょっとした工夫で太らないように冷やし中華を食べることは可能

ここまで冷やし中華のカロリーや糖質を見てきましたが「これだとダイエット中は冷やし中華は食べられないのでは……」と思ってしまうのではないでしょうか。ダイエット中だからといって食べたいものを我慢し続けるとストレスがたまるので、工夫をして冷やし中華を食べられるようにしていきましょう。ちょっとした工夫で冷やし中華のカロリーや糖質は減らすことができます。

おすすめの食べ方で太らないようにしよう

さっぱりとして食べやすい冷やし中華は夏はもちろんのこと、いろいろな場面で食べたくなるのではないでしょうか。簡単に作れるので気軽なランチなどにもぴったり。そんな冷やし中華をダイエット中でも食べられるようにお好みの方法でアレンジしていきましょう。太らない食べ方を取り入れることで冷やし中華を安心して楽しむことができます。

冷やし中華の麺を減らしてもやしでカサ増しする

低カロリーなもやしはダイエットの強い味方

冷やし中華のカロリーや糖質を下げたい時におすすめなのがもやし。冷やし中華のトッピングとしても定番のもやしを活用していきましょう。もやしは低カロリーな食材として知られているのでダイエット中に取り入れるのに最適。また、リーズナブルな価格で購入できるため、経済的な面から見てもおすすめです。

麺を半分にしてもやしを増やす

もやしの活用の仕方はとても簡単。冷やし中華の面の分量を半分にして、その分を茹でたもやしで補填します。もやしを冷やし中華の面に見立てて食べていきましょう。麺にもやしを混ぜ合わせておけば、満足感がありながらもカロリーや糖質をぐっと抑えることができるようになります。

たれを少なくしてカロリーを抑える

カロリーが高いたれは全部使わない

冷やし中華のタレや意外とカロリーが高く、糖質量も多い場合があるので控えめにするのがおすすめの食べ方。冷やし中華のタレは全部かけるのではなく、半分くらいにおさえておきましょう。半分でも十分に冷やし中華に味付けすることができるのでタレをかける時は分量に注意してみてください。

だしを加えるなど工夫をすればたれが少なくても満足感がある

「冷やし中華のタレの量が少ないと物足りない……」という場合はタレに工夫を加えましょう。タレに和風だしの素を加えれば風味がアップして、少量でも冷やし中華の味を楽しむことができます。また、酢を加えて酸味をアップさせるのもおすすめの方法。黒酢など脂肪燃焼効果の高い酢を活用してみましょう。

Thumb太らない食事&食べ方って?方法・量・時間で変わる?【ダイエット】

キムチをトッピングして脂肪燃焼効果を出す

カプサイシンが脂肪燃焼効果を発揮するキムチ

冷やし中華のトッピングとしておすすめなのがキムチ。キムチに含まれる唐辛子は脂肪燃焼効果があるとされているのでダイエット中に食べるのに良いのではないでしょうか。また、キムチを加えることでタレが少なくてもしっかりと味をつけることができます。

乳酸菌が豊富で腸内環境も整える

キムチは発酵食品なので乳酸菌が豊富なのも嬉しいポイント。乳酸菌が腸内に定着することによって腸の働きを促進し、便秘を解消しやすくなります。便秘は代謝のダウンにつながるため、なるべく早めに対策しておくことが大切。腸内環境を整えるという意味でもキムチを冷やし中華にトッピングしてみましょう。

麺の種類を変えて冷やし中華をカロリーダウン

糖質0の麺を使う

冷やし中華に使う麺を変えるのも効果的です。糖質0の麺を使えば糖質をカットできるのでダイエット中も安心。普通の冷やし中華と同じように美味しく食べられます。

冷やし中華用の糖質0の麺も発売されているので、ダイエット中はぜひ取り入れてみてはいかがですか。糖質が0であれば罪悪感を抱くことなく冷やし中華を食べられそうです。

麺を白滝に置き換える

冷やし中華の麺を白滝にするのもダイエット中に人気のアレンジ。白滝は下ゆでをしてくさみをとってから冷水で締め、食べやすい大きさにカットします。あとはお好みでトッピングをすれば完成。白滝には食物繊維も豊富なので便秘対策をしたい時にも最適です。

Thumb太らない食べ物で夜の空腹を満たす!コンビニで気軽に買える商品は?

太らない食べ方で冷やし中華を満喫しよう

冷やし中華のカロリーや糖質を把握しておけば、どういった方法でダイエット中に対策していけば良いのか見えてきます。タレの量を控えたり、麺の種類を変えるなどしてダイエット中も冷やし中華を満喫していきましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-09-18 時点

新着一覧