スマホが充電できない!原因や修理に出す前に試したい対処法を紹介

スマホが突然充電できない状態になってしまったときに、どういった原因があると考えられるでしょうか。すぐ修理に出したいところですが、その前に確認したい対処法などもあります。今回は、スマホが充電できない時の原因や対処法などをまとめました。

スマホが充電できない!原因や修理に出す前に試したい対処法を紹介

目次

  1. 困った!スマホが充電できない
  2. スマホが充電できない時の原因
  3. ともかく一度スマホを再起動してみよう
  4. 充電できない時はスマホのバッテリーを確認!
  5. 充電器は故障していない?当然ながらスマホも充電できない!
  6. 充電できないのは充電ケーブルの接触が悪い?
  7. スマホのバッテリーの寿命で充電できない時は
  8. スマホのバッテリーが寿命を迎えたらどうするの?
  9. 完全放電させれば充電できないのが直るかも?
  10. まとめ:スマホが充電できない原因はたくさん!

困った!スマホが充電できない

毎日の生活に活用するため必要不可欠となりつつあるスマホ。いつものように充電を使用としたときに、突然充電ができなくなってしまったという経験はございませんでしょうか。充電できないままでは、親しい人との連絡を撮ることも難しくなってしまうので、早いうちに解決をしたいところですね。

スマホが充電できない状態を早く解決しようと思ったら、すぐに修理に出すという手段を思いつくかもしれません。ですが、修理に出す前にもできることはあります。原因はケーブルの接触不良なのか、スマホ本体にあるのか。今回は、スマホが充電できない時の修理前に確認したい原因や対処法などをまとめました。

スマホが充電できない時の原因

今までは何の問題もなく充電ができていたのに、いきなり充電できないとなってしまったときには、複数の原因が考えられます。大まかに分けてみると、「スマホ側のシステム上に不具合がある」、「スマホが放電している状態になっている」、「充電器の故障やケーブルの接触不良」、「バッテリーの寿命」などです。

このように、スマホが充電できない時の原因はいくつも考えられるので、面倒かもしれませんが何が原因か分からないうちは一つずつ怪しいところを潰して、問題は何なのかを浮き彫りにする必要があります。その過程で原因が分かればそれでよし、分からない場合は別の原因が考えられます。

ともかく一度スマホを再起動してみよう

充電できないのはOSが原因かも?

ではまず、スマホ側に原因が考えられるときの対処法をご紹介していきます。まず1つ目の原因として「スマホ側のシステム上に不具合がある」というものがあるとご紹介しましたが、起動している状態で充電できないのならば、一度そのスマホを再起動させることをおすすめします。

もしスマホの内部にあるOSのシステムがエラーを起こしているときには、再起動をさせることでそれが直ってくれる可能性があります。iPhoneの場合は、電源ボタンとホームボタンを同時に10秒以上押し、Appleのロゴマークが表示されてから指を離せば、再起動が完了します。

Androidスマホの場合の再起動は、まず電源ボタンと音量を上げるボタンを同時に3秒ほど押します。そうするとスマホが振動して電源がオフになりますので、そのあと通常通りの方法で電源を入れれば完了します。

もしもスマホが充電できないのが再起動で解決するのであれば、OSやアプリが不具合を起こしている可能性があります。そのスマホがアップデートをされていない状態であるならば、すぐに最新のOSにアップデートをするようにすると同じようなことはなくなるでしょう。

充電できない時はスマホのバッテリーを確認!

スマホの充電容量が元々ゼロの状態や残量が残り少なかった場合には、再起動の対処法を実行することはできませんね。そういった状態で充電をしようとすると、いつも通り使用することができるようになるまでいつも以上に時間がかかってしまうことになります。

特に数日間にわたってスマホのバッテリーがゼロのまま放置されていると、完全放電といって充電しようと思って充電器につないでも、充電が無い状態でも表示はされていた充電中の表示がされないことがあります。こういった原因の場合は単に時間がいつもよりかかるだけなので、根気よく待っていましょう。

Thumbスマホの充電がすぐなくなるのは何故?充電時間が長いのがトラブルの原因!

充電器は故障していない?当然ながらスマホも充電できない!

スマホ側に問題があって充電ができない時の原因をご紹介しました。続いては、充電器やケーブルに原因があるときの対処法をご紹介します。もし使用しているスマホの純正の充電器ではない、部外品のものを使用していたりすると、アンペアが少ないなどが原因となってスマホが充電できない時があるようです。

もしも充電器が破損、故障していれば、当然ながらスマホも充電ができないままです。充電器が正常かどうかは、主に「充電器と接続したスマホに充電中のマークが表示されるか」、「電源ランプのある充電器の電源はついているか」の2点を確認してみてください。どちらかに異常があると、充電器の破損が考えられます。

また、パソコンなどとUSBケーブルで経由して充電をしているという時には充電できないということはなくても、充電するのが遅いこともよくあります。思うように充電ができないという時には一度ちゃんとした充電器で充電をしてみてください。

充電できないのは充電ケーブルの接触が悪い?

スマホ自体が問題ではなく、充電器に原因が無いかを確認していきましょう。充電器側に原因が無いかを確認する方法としては、上記のようにスマホがしっかり充電がされているか、充電器本体が通常通りに使えるかのほかに、スマホの充電器のケーブルの接触不良も見ておきたいとことです。

具体的に確認する方法は、「別の充電ケーブルに変えて試す」、「ケーブルを無造作に動かして接触を正す」、「アダプターの差込口が破損したりしていないかを確認する」、「同じく差込口に埃などが無いか確認する」などがあります。

スマホの充電ケーブルの接触が原因の際の一番手っ取り早い対処法は、別の充電ケーブルを使って充電してみるという方法なのではないでしょうか。スマホ用の充電ケーブルだけなら百均などでも手軽に手に入れることができるので、もしケーブルの接触が原因ならば試してみることをおすすめします。

Thumbスマホの充電が遅いのはなぜ?ケーブルなどの原因や対策・対処法まとめ

スマホのバッテリーの寿命で充電できない時は

充電器の故障やケーブルの接触が原因ではないとわかった場合には、大体の場合がスマホのバッテリーが寿命を迎えているために充電できないことになっているようです。スマホのバッテリーには寿命が存在しており、これは年数などではなく充電をした回数によって変わってきます。

スマホを普通に充電させていれば大抵2年前後はもってくれるようですが、同じスマホをそれ以上の期間使用し続けているといった場合にはそのバッテリーが寿命を迎えている可能性が高いと考えられます。スマホの使い方によっては、従来より早くバッテリーが寿命を迎えることもあるようです。

例えば、充電しながらスマホを使っていたという場合は寿命がどんどん短くなってしまいます。充電をしっぱなしでも寿命を迎えるのが早くなってしまうそうです。また、スマホの充電をせずにずっと放置していた状態だと過放電状態ということになり、充電ができなくなってしまうこともあるのだそうです。

Thumbスマホの充電のタイミングはいつ?バッテリー寿命を長持ちさせる方法まとめ

スマホのバッテリーが寿命を迎えたらどうするの?

スマホのバッテリーが寿命を迎えた場合は、交換をする必要が出てきます。バッテリーを交換するには主に、新らしく購入する方法と、修理に出す方法があります。基本的に、新しく購入できるのはバッテリーを自分で取り外せる機種、修理が必要なものはバッテリーが内蔵されている機種の場合になります。

まずバッテリーを購入するという場合は、どの携帯のキャリアであってもお店かオンラインショップで手に入れることが可能です。値段は千円から四千円程度と様々となっており、機種ごとに値段が違ってきますが詳しい値段はホームページなどで確認できます。

これに対して修理に出す必要があるものは、そのスマホのキャリアに申請することになります。交換が完了するのは大体1,2週間ほどとなっているようで、修理の料金はこれも機種によって異なっていますがキャリアの公式サイトからある程度は知ることができるようです。

完全放電させれば充電できないのが直るかも?

上記のバッテリーの寿命を迎えた場合の対処法でご紹介したように、電池パックが取り外すことのできるスマホの場合は本体からそれを取り外して1時間程度放置し「完全放電」させた状態にすることで、充電できないのが直ることもあるのだそうです。

ただ、最近のスマホではバッテリーを取り外すことができるものは少なくなってきています。それにもし外してしまうとスマホにかかる保障の対象外になってしまったり、機種交換をする時買取ショップに買い取ってもらうことを考えている方は、買い取りをしてもらえなくなってしまうので無理には実行しない方がよいでしょう。

まとめ:スマホが充電できない原因はたくさん!

スマホが充電できない時に考えられる原因と対処法などをご紹介しました。スマホが充電できない時にはたくさんの原因が考えられるので、すぐに何が原因であると特定するのは少々難しいのではないでしょうか。それを突き止めるためにはいろいろと確認をする必要が出てきます。

また、ご紹介したようにバッテリーや充電器が問題になっているのではなく、スマホ本体が物理的に故障しているのも原因となりえますので、分かった段階で早めにショップなどに修理をお願いした方が、代金も結果的には安く済む可能性が高くなります。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-06-22 時点

新着一覧