天然塩と精製塩の違いはなに?見分け方や市販のおすすめ商品を紹介

天然塩と精製塩の見分け方について悩んだ事がある人もいらっしゃるでしょう。見分ける方法としては様々なものがありますが、一体どう行った部分に注目すればいいのでしょうか?市販で販売されているおすすめな、天然塩を紹介しながらご紹介します。

天然塩と精製塩の違いはなに?見分け方や市販のおすすめ商品を紹介

目次

  1. 天然塩と精製塩の塩の違いを理解して料理に生かそう!
  2. 天然塩の違いとは?
  3. 精製塩の違いとは?
  4. 天然塩と精製塩は見分けることができるの?
  5. 味の違いが大きい?!精製塩と天然塩の味の見分け方とは?
  6. 精製塩よりも天然塩の方が体にいい?メリットとは?
  7. ミネラルが70種類以上含まれている天然塩「皇帝塩」
  8. 粒子が細かく使いやすい!天然塩「真生塩」
  9. 結晶が大きく甘味が強い!天然塩「海の晶 ほししお」
  10. 違いを理解して精製塩と天然塩を上手に使ってみよう!

天然塩と精製塩の塩の違いを理解して料理に生かそう!

天然塩と精製塩の違いについてご存知でしょうか?実は塩は同じ塩でも味や成分が大きく異なります。見た目も違うものも多いのですが、塩は結晶の大きさでしか把握できない場合、見分けることは難しいでしょう。しかし味の部分でいうと、かなり大きな違いがあります。成分が大きく違うので、食べればその違いに誰もが気づくでしょう。

天然塩と精製塩の違いについて理解しておくと、料理などにもかなり利用することができます。何かのアクセントなどに付け加えたり、塩を単体で使用して味付けをすることもできます。そういった塩が主役となる食べ方をするときに、天然塩の方が精製塩に比べ味の複雑性が増しています。その部分をご説明しながら、塩の違いについて詳しくご紹介していきます。

天然塩の違いとは?

天然塩の見分け方や違い

塩の製作工程で加熱処理など、人工的な加工を行なっていない塩を基本的に「天然塩」と言います。古くから伝わる伝統的な方法で、海水などを乾燥させ余分な水分を蒸発させることで、結晶化させて作ったものが天然塩と言われています。しかし塩の名前の違いを明確に示す、学術的な根拠は存在していないのです。呼び名も地方などによっても大きく異なり、自然塩や粗塩などとも呼ばれたりしています。

天然塩の塩化ナトリウム含有量は80パーセントくらいしかなく、塩の成分としては成分濃度が低いのです。他の成分として、マグネシウムやカリウムを多く含んでいます。それによって精製塩にはない風味を、楽しむことができるのでかなりおすすめです。塩味の他に様々な味覚要素を天然塩を含んでいます。

精製塩の違いとは?

精製塩の見分け方と違い

精製塩の特徴としてかなり塩分濃度が高くなるように、加工調整されていることが特徴として挙げられます。塩化ナトリウムの濃度を、限りなく100パーセントに近い濃度に調節されています。ミネラルなどがほぼ取り除かれているので、単純に塩分が高くなっています。精製塩はミネラルを含んでいると、不具合が生じる漬物などに使用されます。

精製塩はかなりナトリウム濃度が高くなっています。そのため摂取しすぎると血中の水分濃度を、低下させてしまいます。そうすると血液がドロドロになってしまい、心筋梗塞や動脈硬化の危険性が上昇します。ですので塩分の取りすぎはとても危険です。血圧が上昇してしまい、心臓などの心肺機能にも負担をかけてしまうので、健康志向の方は天然塩を選ぶのです。

天然塩と精製塩は見分けることができるの?

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな見分け方その①

天然塩と精製塩を見極めることはできるのでしょうか?実際見極め方としては、見た目での判断はかなり難しいものになります。粒の大きさに関しては、ほとんど同じです。しかし作られる伝統的な方法によって、粒の大きさが大きいものもありますので、一概に粒の大きさで天然塩と精製塩を見極めることがかなり難しいです。

精製塩と天然塩を簡単に見分ける方法として、成分表を見ることによって把握することができます。精製塩は成分表に「天日塩」と書かれていることが多く、天然塩の場合「海水」などと記載がある場合が多いです。製作工程の部分では、精製塩は「立釜式」と書かれており、天然塩の場合「再生自然塩」と記載されています。天然塩と精製塩は作る工程が、大きく違うので見極めるポイントになります。

味の違いが大きい?!精製塩と天然塩の味の見分け方とは?

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな見分け方その②

精製塩と天然塩の見分け方の方法として、味がはっきりと違う部分でも見分けることができます。まず精製塩に関しては、イオンなどの力を使って不純物を綺麗に取り除き、塩化ナトリウムだけを残しているので口入れた時に、塩の味である塩辛さが印象に残る味となっています。口入れる量を少なくして、塩を少し舐めただけで辛いのですぐに精製塩だとわかります。

天然塩の見分け方として、まず一番は苦みや甘味が存在していることです。塩化ナトリウムだけでなく、天然塩を構成する要素として、マグネシウムやカルシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。カルシウムは少し甘く感じ、カリウムは酸っぱさがでてきます。岩塩などの独特な風味を持つものは、鉄分やマグネシウムを多く含有しているので、精製塩とは味が大きく異なりる為見分け方としてはおすすめです。

精製塩よりも天然塩の方が体にいい?メリットとは?

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな見分け方その③

天然塩と精製塩の違いをご紹介しました。次に精製塩と天然塩のメリットをご紹介します。まず塩化ナトリウムの濃度が高い精製塩は不純物が少ないので、野菜などを塩もみしたりする際におすすめです。天然塩を漬物などに使うと、塩化ナトリウムだけでなく他のミネラルが配合されていると、野菜の水分をうまく引き出すことができず、失敗に繋がってしまいます。

天然塩の特徴としては、塩を単体で摂取してるにも関わらず、ミネラルがしっかりと補給できることです。塩化ナトリウムは基本的に体の浸透圧を、調節してくれる効果を持っています。しかし摂取しすぎると、脱水症状などを引き起こしてミネラル不足を起こしてしまうのですが、天然塩はミネラルも一緒に取れるのでそういった心配が少なく、健康的に塩を使えます。

ミネラルが70種類以上含まれている天然塩「皇帝塩」

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな塩その①

天然塩の種類にはいくつかのものがありますが、市販で販売されている天然塩のおすすめをご紹介します。「皇帝塩」は、海水を自然の力だけで塩に再結晶化させているので、ミネラルがそのまま塩に溶け込んでいます。その為甘みや苦み、まろやかさを持ち合わせている天然塩になります。食べるだけでもかなり健康的な天然塩と言われており、リピーターが後を断ちません。

中国の歴代皇帝が健康管理のために、摂取していたと言われている塩になります。アルカリ性なのですが、そのphが人間の血液に近いものとなっているので、人が口から摂取した時に効率よくミネラルを吸収することができます。それによって、かなり体にいいようです。直接口入れても口当たりが優しく、70種類ものミネラルが含まれているので、サラダにかけても健康的です。

粒子が細かく使いやすい!天然塩「真生塩」

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな塩その②

この市販の天然塩は、オーストラリア、メキシコの天日塩を使って作成された天然塩です。サラサラとして溶けやすい特徴を持っており、それによって料理に使っても違和感なく、優しい塩味を出すことができます。にがり成分自体あまり人間の体にはよくないのですが、その部分にも気を使って製作されている天然塩になります。摂取しても安全な事が分かる事から、市販の天然塩でかなりの人気です。

この天然塩のにがり成分の濃度は、 約0.0084パーセントです。基本的ににがりなどのミネラルの機能は、体の関節や筋肉の動きを行う時に、その命令を早く伝えるためには必要不可欠な栄養素なのです。ミネラルが不足してしまうと、体が動きにくくなってしまいます。しかしその反動で、タンパク質を固める性質をにがりなどのミネラルは持っています。この市販の天然塩はにがり成分が低いので体にも優しいです。

結晶が大きく甘味が強い!天然塩「海の晶 ほししお」

天然塩と精製塩の市販品のおすすめな塩その③

この天然塩はかなり稀少性が高い事から、市販で高い値段で販売されています。240g900円となっており、普段何かの下処理などで使用するのもいいですが、塩を使って旨味を出すときなどに使用するといいでしょう。日本の気候では天然塩の乾燥方法は、自然の力だけでは無理と言われています。しかし独自の製法を使い、自然の力だけで作り上げた塩が「海の晶 ほししお」です。

ザラメ状の結晶の形をしている天然塩で、優しくゆっくり溶けながらその風味を残していきます。ミネラルのバランスが絶妙なので、まろやかな口触りを保ちながらも、しっかりと塩味は付与してくれるので、かなり料理などに深みを出す時に使いやすい塩になります。しかしグラム単位の値段がとても高く、少し手が出しにくい市販の天然塩になります。

違いを理解して精製塩と天然塩を上手に使ってみよう!

天然塩と精製塩の違いについてご紹介しました。塩と一言に行っても、なかなか数が多くその含有成分は伝統的な作り方によってかなり変わってきます。自分自身がどう行った特徴を生かして、料理や漬物などを作りたいかを決めておく事が重要です。闇雲にミネラルが豊富な物を入れてしまうと、料理によっては邪魔してしまう事も少なくありません。

市販の精製塩と市販の天然塩の違いをしっかりと理解して、自分自身の料理スタイルや下処理の数などを考えて塩の種類を選ぶ事がおすすめです。この機会にぜひ、天然塩を食べた事がない方は食べて、使ってみてはいかがでしょうか?

塩についての他の記事が気になる方はこちら!

Thumb塩のおすすめランキング!天然・国産から海外の人気商品まで厳選紹介
Thumb盛り塩の正しいやり方は?置き場所や捨て方・注意点も詳しく解説
Thumbトリュフ塩の簡単・おすすめレシピを紹介!ひと振りで本格的な味に

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧