牡蠣の下ごしらえで縮ませないための基本を紹介!片栗粉や牛乳の使い方は?

牡蠣の下ごしらえの基本や縮ませない方法についてまとめました。片栗粉や牛乳を使った基本の下ごしらえをすれば牡蠣を縮ませないようにできます。基本の縮ませない下ごしらえの方法をチェックして、片栗粉や牛乳を活用しながら牡蠣を調理していきましょう。

牡蠣の下ごしらえで縮ませないための基本を紹介!片栗粉や牛乳の使い方は?

目次

  1. 縮ませない牡蠣の下ごしらえ方法を知りたい
  2. 片栗粉を使った牡蠣の下ごしらえの基本的な方法
  3. 大根おろしを使って牡蠣をした処理することも可能
  4. 美味しい牡蠣に仕上げるには牛乳で下ごしらえするのがおすすめ
  5. 牡蠣を縮ませないために取り入れたい牡蠣の下ごしらえ
  6. 基本の下ごしらえをした牡蠣の食べ方はさまざま
  7. ジューシーな味わいを楽しめる牡蠣フライ
  8. ご飯と相性ぴったりな牡蠣の佃煮
  9. おかずにぴったりな牡蠣の磯辺焼きもおすすめ
  10. 基本の下ごしらえをチェックして縮まないように牡蠣を調理しよう

縮ませない牡蠣の下ごしらえ方法を知りたい

下ごしらえを怠ると縮みがちな牡蠣

ぷりぷりとした食感とマイルドな味わいが美味しい牡蠣ですが、調理方法を間違えると身が縮んで食感が台無しになってしまうことがあります。自宅で気軽に美味しい牡蠣料理を楽しむためには牡蠣の下ごしらえ方法を工夫することが大切なポイント。牡蠣の下ごしらえの基本を知っておけば、簡単に牡蠣料理を満喫することができるようになります。

牡蠣のプリプリとした食感を生かすことができる下ごしらえは、片栗粉や牛乳など身近な材料を使って行うことができるのが嬉しいポイント。料理初心者でも基本の下ごしらえ方法を取り入れることで簡単に牡蠣を美味しく調理できるようになります。牡蠣の美味しさをしっかりと堪能することができる簡単な下ごしらえの方法をチェックしていきましょう。

基本の下ごしらえをチェックして牡蠣を縮ませないようにしよう

「牡蠣を縮ませないための下ごしらえ方法を知りたい!」「どういった方法であれば牡蠣を縮ませないように調理ができる?」といった場合に最適な牡蠣の下ごしらえ方法についてまとめました。牡蠣の下ごしらえのポイントを把握しておくことで、旬を迎えた牡蠣の美味しさを最大限引き出すことができます。プリプリな牡蠣料理をぜひ楽しんでいきましょう。

Thumb牡蠣の食べ方は殻付きがおいしい!レンジやフライパンで作る簡単レシピ!

片栗粉を使った牡蠣の下ごしらえの基本的な方法

塩と片栗粉で牡蠣を優しく下ごしらえする

それでは、片栗粉を使った牡蠣の下ごしらえ方法について見ていきましょう。牡蠣を下ごしらえするために、片栗粉と塩、水を準備します。片栗粉をボウルに入れたら塩と片栗粉をふりかけて優しく混ぜていきましょう。このとき、牡蠣を揉まないようにするのがポイント。

牡蠣はデリケートなどで力を入れて揉むと食感が悪くなってしまいます。手で軽く混ぜるように優しく塩と片栗粉をなじませましょう。こうすることで牡蠣についた汚れをとることができます。

水で片栗粉と塩を洗い流して水気をとる

10秒ほど片栗粉と塩を牡蠣混ぜたら、水をボウルに入れます。片栗粉と塩の働きで出てきた牡蠣の汚れを浮かせ、塩と片栗粉も洗い流してください。次第に水が汚れてくるので新しい水に取り替えましょう。この作業を2〜3回ほど繰り返し、水に汚れが浮かなくなったらOKです。キッチンペーパーの上に牡蠣を並べて水気を切って牡蠣の下ごしらえは完了です。

大根おろしを使って牡蠣をした処理することも可能

牡蠣と大根おろしを優しく混ぜる

牡蠣は片栗粉&塩以外に大根おろしでも下処理をすることができます。ボウルに牡蠣を入れたら大根おろしを加えて優しく混ぜましょう。塩と片栗粉の時と同じように力を入れず、揉まないようにするのがポイントです。10秒ほど混ぜたら大根おろしの中に汚れが浮いてくるのでそうなったらOK。

流水で洗ってから水気を切る

流水で大根おろしと汚れを洗い流します。キッチンペーパーの上に牡蠣をのせて水気を切ったら下ごしらえの終了です。大根おろしが余った時の活用方法として牡蠣の下ごしらえに使ってみてはいかがですか。

Thumb牡蠣の洗い方を教えて!簡単に塩で洗う方法や大根おろしの使い方を紹介

美味しい牡蠣に仕上げるには牛乳で下ごしらえするのがおすすめ

片栗粉や大根おろしで下ごしらえした牡蠣を牛乳に浸す

牡蠣の美味しさをさらにアップさせたい時に取り入れておきたいのが牛乳を使った下ごしらえ方法です。レバーを調理する時に牛乳に浸す調理方法がありますが、これはレバーの臭みをとるための下ごしらえ。牛乳には食材の臭みをとる効果があると言われているので、牡蠣の独特の臭みを撮りたい場合にも牛乳を使うのが効果的です。

片栗粉&塩か大根おろして牡蠣の下ごしらえをし、汚れを落としたら牛乳に牡蠣を浸しましょう。だいたい30分ほど牡蠣を牛乳に浸しておけばOKです。牛乳に浸し終えたら水で牛乳を洗い流し、水気を切ってください。このひと手間によって牡蠣の美味しさが変わってくるのでぜひ取り入れてみましょう。

くさみがとれてマイルドな牡蠣になる

牛乳に浸した牡蠣は臭みがとれ、マイルドな味わいになるのが特徴。牛乳の効果によって、牡蠣のマイルドさがさらにアップします。美味しい牡蠣料理にこだわりたい時には牛乳も活用してみましょう。

牛乳を使った牡蠣の下ごしらえ方法はネット上でも人気。簡単な一手間で格段に牡蠣の美味しさが変わってくるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

牡蠣を縮ませないために取り入れたい牡蠣の下ごしらえ

汚れを取った牡蠣に片栗粉をまぶす

牡蠣の汚れや臭みを取る下ごしらえが終わったら、続いては牡蠣を縮ませないための下処理も行っていきましょう。臭みや汚れを取った牡蠣はそのまま調理をしても良いですが、調理をする前にひと段階経ることによって縮まないでプリプリの美味しい牡蠣料理を作れるようになります。牡蠣の美味しさを引き出すために取り入れてみましょう。

臭みや汚れを取った牡蠣の水気を切ったら、全体に薄く片栗粉をまぶしましょう。片栗粉をまぶしてコーティングすることにより牡蠣の旨味の流出を防ぎ、プリプリとした食感も残しやすくなります。

熱湯で10秒茹でて冷水で締めると縮まない

鍋にお湯を沸かしたら、そこに片栗粉をまぶした牡蠣を入れます。10秒ほど軽く茹でたら氷を浮かべた冷水に牡蠣を入れてください。牡蠣を冷水でしっかりと冷やしたら取り出して下ごしらえの完了です。こうすることによってプリプリの牡蠣になるので調理する前にぜひやってみましょう。下ごしらえが終わった牡蠣は、あとは通常通りに調理すればOKです。

基本の下ごしらえをした牡蠣の食べ方はさまざま

バリエーション豊かな牡蠣の調理方法

牡蠣料理はバリエーションが豊かなのが嬉しいポイント。鍋の具材として入れたり、炊き込み御飯にしたり、パスタにしたりといったようにいろいろな方法で牡蠣の旨味を楽しむことができるようになります。牡蠣の旬が訪れたら、ぜひ美味しい調理方法で牡蠣を満喫してみてはいかがですか。牡蠣料理の種類を増やしておけば、さまざまな方法で牡蠣の味わいを堪能できます。

美味しい牡蠣料理を楽しもう

臭みや汚れを取り、縮まないように下ごしらえが終わったら牡蠣料理にチャレンジしていきましょう。おすすめしたい牡蠣料理の種類はさまざま。お好みの方法で牡蠣を調理して、旬の美味しさを堪能しましょう。お店で食べるような本格的な牡蠣料理をぜひ満喫してみてはいかがですか。

Thumb牡蠣の正しい焼き方!殻付き牡蠣を魚焼きグリルで簡単に焼く調理方法は?

ジューシーな味わいを楽しめる牡蠣フライ

牡蠣の代表的な料理

美味しい牡蠣料理としておすすめなのが牡蠣フライ。牡蠣のジューシーな美味しさを堪能することができる定番の牡蠣料理です。下ごしらえをした牡蠣に小麦粉や溶き卵、パン粉をまぶしたら油でこんがりするまで揚げて完成。下ごしらえをしているからこそ、プリプリの美味しい牡蠣フライが出来上がります。

パン粉に粉チーズやハーブを入れるのもおすすめ

変わり種の牡蠣フライにしたい時はパン粉に粉チーズやドライバジルなどを加えるのもおすすめの方法。風味が加わり、美味しく牡蠣フライを食べられるようになります。トマトソースとの相性もぴったり。アレンジをしながら牡蠣フライを満喫してみましょう。

ご飯と相性ぴったりな牡蠣の佃煮

牡蠣を調味料で煮詰めるだけ

続いておすすめなのが牡蠣の佃煮。醤油・酒・砂糖・みりん・水を鍋で沸騰させ、千切りにした生姜も加えましょう。煮汁が半分くらいになるまで煮詰めたら、下ごしらえをした牡蠣を加えてさらに煮詰めます。牡蠣にしっかりと熱が通り煮汁が少なくなったら完成。下ごしらえをしておくことでプリプリとした状態を保てます。

ご飯やお酒と相性ぴったり

牡蠣の佃煮はご飯との相性がぴったり。お酒と一緒に食べても美味しいので、いろいろなシーンで役立ちます。濃いめの味付けにすれば日持ちもするので常備菜としても最適。日常的に楽しむ牡蠣料理として取り入れてみてはいかがですか。

おかずにぴったりな牡蠣の磯辺焼きもおすすめ

味噌と海苔の風味が美味しい

牡蠣の磯辺巻きもおすすめの牡蠣料理。牡蠣の下ごしらえが終わったら、全体に味噌を塗りましょう。味噌を塗り終えたら表面に片栗粉をまぶします。フライパンにバターを溶かし入れたら牡蠣がこんがりするまで焼いてください。中まで熱を通してから牡蠣を取り出し、海苔を巻いて完成です。八丁味噌や麦味噌など味噌の種類を変えると味わいも変わるので試してみましょう。

バターで表面をカリッと焼くのがポイント

牡蠣の磯辺焼きはバターで表面をカリッと焼くのがポイントになります。片栗粉をまぶしてあるのでバターで焼くことでカリッとした食感を楽しめるようになるのが魅力。下ごしらえをきっちりやっておけば、焼いても縮まずにプリッとした牡蠣の磯辺焼きにすることができます。ご飯のお供やお酒のおつまみとして取り入れてみてはいかがですか。

Thumb牡蠣のカロリーはどのくらい?栄養豊富で驚きの効果・効能まとめ

基本の下ごしらえをチェックして縮まないように牡蠣を調理しよう

牡蠣の下ごしらえ方法はとてもシンプルです。塩&片栗粉か大根おろしを使って臭みを取っていきましょう。揉み込まずに優しく混ぜるようにするのがポイント。牡蠣の汚れを落としたら、牛乳に浸して臭みを取り、マイルドな味わいに仕上げていきます。最後に片栗粉を薄くまぶして熱湯で10秒ほど茹でましょう。冷水で締めたら下ごしらえの完了です。

下ごしらえが終わった牡蠣の活用方法はバリエーション豊か。お好みの方法で牡蠣を調理していきましょう。牡蠣の食感や味わいを生かした料理を堪能してみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-16 時点

新着一覧