ラーメンを食べてもダイエット成功?太りにくい食べ方や痩せるレシピとは?

ダイエット中のラーメンの食べ方や太りにくい方法、痩せるレシピについてまとめました。ダイエット中も安心してラーメンを食べるには太りにくい方法を取り入れて、痩せる食べ方を取り入れることが大切。太らないラーメンレシピでダイエットを乗り越えましょう。

ラーメンを食べてもダイエット成功?太りにくい食べ方や痩せるレシピとは?

目次

  1. ダイエット中に太りにくいラーメンの食べ方を知りたい
  2. どうしてラーメンはダイエットの妨げになる?
  3. ラーメン大好きな人は我慢しすぎないことがダイエットのコツ
  4. 太りにくい食べ方をダイエット中に実践するにはラーメンの種類が大切
  5. カップラーメンでダイエット中に気をつけておきたいポイント
  6. 太りにくい時間帯にラーメンを取り入れる食べ方がおすすめ
  7. トッピングを工夫してダイエット中もラーメンを楽しもう
  8. スープは全部飲まないラーメンの食べ方が太りにくい
  9. 辛いラーメンで代謝を上げて痩せるダイエットにつなげよう
  10. 自宅で太りにくいラーメンレシピを取り入れる
  11. もやしを増量して麺を少なくするラーメンレシピがダイエットに最適
  12. 糖質0の麺を使う方法でラーメンレシピのカロリーをカット
  13. しらたきをラーメンの麺代わりにする方法も痩せるために活用
  14. 痩せる運動をしてラーメンのカロリーを消費しよう
  15. 太りにくいラーメンの食べ方で痩せるダイエットにつなげよう

ダイエット中に太りにくいラーメンの食べ方を知りたい

ラーメンはダイエット中に避けがち

美味しくて人気のラーメンですが、ダイエット中は「太るから」と避けがちですよね。ラーメンにはいろいろな理由で太る要素が含まれているため、ダイエットをしているからこそラーメンを食べるのをやめる人も多くいます。しかし、ラーメンを食べるのを我慢すれば我慢するほどストレスが溜まってしまってダイエットがつらくなるのも問題。

なるべく我慢を減らしてダイエットを続けるためには、ラーメンを食べても太りにくい方法を取り入れることが大切になります。太りにくい方法さえ覚えておけば、ラーメンを食べたとしてもダイエットで痩せることは可能。ちょっとした工夫してダイエット中もストレスを溜めることなくラーメンを満喫することができるので、ぜひ取り入れてみてはいかがですか。

太りにくいレシピや痩せる方法をチェックしよう

「ラーメンを食べる時に気をつけておきたいポイントについて知りたい!」「ダイエット中はどういったところに気をつけてラーメンを食べれば良い?」という場合に役立つダイエット中のラーメンの食べ方についてまとめました。ダイエットをしている時もラーメンを食べたい場合は太りにくい方法を活用してみましょう。ダイエット中も美味しくラーメンを食べてみてはいかがですか。

どうしてラーメンはダイエットの妨げになる?

糖質が多いラーメン

それでは、どうしてラーメンはダイエットの妨げになってしまうのでしょうか?ラーメンが太る大きな要因としてあげることができるのが糖質。糖質はからだのエネルギー源となる三大栄養素の1つですが、糖質を摂取しすぎることによって体内に蓄積されて脂肪になります。これが太る原因となるため、糖質=太るというイメージがついているのではないでしょうか。

ラーメンは麺の他にスープにも糖質が含まれていることが多いので全体的に見て糖質量が多い食べ物と言えます。また、糖質が吸収されやすく、血糖値も上昇しやすいため脂肪を溜め込みやすいのもラーメンのデメリット。そのため、ダイエット中にラーメンを食べる時はカロリーだけでなく糖質も意識しておくことが大切なポイントになります。

ラーメンスープやトッピングによって脂質も多くなる

ラーメンには糖質だけでなく脂質も多く含まれています。豚骨など動物性の脂をたくさん使ったラーメンスープだと脂質の量はぐっと上がるのでダイエット中は気をつけましょう。また、チャーシューをはじめとしたラーメンのトッピングにも脂質の分量が多いものがほとんどなのでトッピングも工夫してダイエット中にラーメンを食べることが大切になります。

Thumbラーメンが太る理由は?太りにくい食べ方など原因と対処法まとめ

ラーメン大好きな人は我慢しすぎないことがダイエットのコツ

好きなラーメンを我慢しすぎるとストレスになる

このようにラーメンには太る要因となるものがたくさん含まれていますが、ラーメン好きな人がダイエットのためにラーメンを我慢しすぎるとストレスになります。ストレスはダイエットの大敵。ラーメンを食べなくてストレスを溜めることによって、どんどん食べたい欲が高まり、結果的にラーメンの暴食につながってしまう可能性があるため気をつけましょう。

ストレスを溜めずに上手にラーメンを食べよう

ダイエットをしていたとしてもラーメンが食べられないことに対してストレスが溜まっていると、やる気がなくなる可能性もあります。ダイエットを続けるためにはストレスを溜めないことが大切。もし、ラーメンのように好きな食べ物があるのであればダイエットの息抜きとして食べるのもストレスを溜めないための効果的な方法ではないでしょうか。

ラーメンの太らない食べ方の工夫をしていけば、ダイエット中も安心して食べることができます。毎日ラーメンを食べているとさすがに太る原因になってしまいますが、2週間に1回、1ヶ月に1回といったように自分へのご褒美として太らない食べ方を実践しながらラーメンを食べるなら大丈夫ではないでしょうか。工夫して美味しくラーメンを食べてみましょう。

太りにくい食べ方をダイエット中に実践するにはラーメンの種類が大切

背脂がたくさん入っているラーメンはダイエット中はNG

ダイエット中にまず気をつけておきたいのがラーメンのスープの種類。ラーメンと一口に言っても、豚骨や味噌、塩、醤油といったようにさまざまな種類のスープがあります。

スープの種類によってカロリーや糖質、脂質の量も異なってくるのでぜひ気をつけておきましょう。ダイエット中は背脂をたくさん使ったラーメンは避けたほうが無難。背脂が入っているだけでカロリーが高くなり、脂質の量もぐっと多くなります。

脂質が少ないスープのラーメンを食べる方法で太りにくい食べ方を実践

ダイエット中は脂質の少ないラーメンのスープを選ぶのがおすすめ。醤油ラーメンや塩ラーメンといったラーメンは脂質の量が比較的少なく、ダイエット中に食べるのに適しています。豚骨類はカロリーも脂質も高くなるので避けておきましょう。ラーメン店などでラーメンを選ぶ時は、まずこのことを念頭に置いてラーメンを食べてみてください。

カップラーメンでダイエット中に気をつけておきたいポイント

ノンフライ麺を選ぶ方法でカロリーダウン

手軽に食べることができるカップラーメンも時折食べたくなることがあるのではないでしょうか。カップラーメンを食べる場合も、気をつけておきたいポイントがいくつかあります。まずダイエット中に気をつけておきたいのがカップラーメンがノンフライ麺を使っているか否か。カップラーメンの中には揚げた麺を使用している商品もあり、カロリーや脂質が高くなっています。

ノンフライ麺であれば麺の加工に油を使っていないので、カロリーや脂質の量を抑えられるのが嬉しいポイント。カップラーメンを選ぶ時はノンフライか否かをチェックしておきましょう。

その他の成分もチェックする食べ方を取り入れよう

カップラーメンの良いところはカロリーをはじめとした成分表示がされているということです。ノンフライ麺か否か以外に、カロリーはどのくらいか、糖質はどの程度含まれているかなどを成分表示を見て把握しておきましょう。最近のヘルシー志向の風潮が影響して、カップラーメンも低カロリー・ノンフライ・全粒粉麺といった健康的な種類が増えているので便利です。

Thumbインスタントラーメン売上ランキング!おすすめの美味しい袋麺の評価は

太りにくい時間帯にラーメンを取り入れる食べ方がおすすめ

エネルギーを代謝しやすい昼の時間帯がダイエット中にぴったり

ラーメンを食べる時は時間帯も工夫していきましょう。人は起床してから徐々に体内の代謝が上がり、エネルギーを消費していきます。ラーメンを食べる時はエネルギーを消費しやすい時間帯を選ぶことによって、摂取した糖質や脂質を代謝することができるので食べる時間帯も意識してみてください。

ラーメンを食べるのであれば、代謝率が上がっている昼間の時間帯がおすすめ。ランチの時間帯にラーメンを食べることで1日のうちにカロリーを消費し、ラーメンによるダイエットの影響を最小限にしておきましょう。

夜にラーメンを食べる方法は痩せるためにはNG

ダイエット中におすすめできないのは夜の時間帯にラーメンを食べること。夜は1日のうちで最も代謝が下がりやすい時間帯になるので、ラーメンを食べると摂取したカロリーを消費できない可能性が高くなります。エネルギー消費できなかったカロリーは脂肪として蓄積されてしまうため、夜中のラーメンはおすすめできません。ラーメンを食べたい時は昼を中心にしてみましょう。

トッピングを工夫してダイエット中もラーメンを楽しもう

ワカメやもやし、キクラゲなど低カロリーなトッピングが最適

ラーメンを食べる時はトッピングにも一工夫。ワカメやもやし、キクラゲなど低カロリーでダイエットにぴったりな食材をトッピングに使うことでヘルシーにラーメンを食べることができます。ワカメやもやしのような食物繊維の多いトッピングを取り入れれば便秘解消にもつなげられるのが嬉しいポイント。トッピングを先に食べて満腹感を得やすくするのもコツです。

脂身の多いチャーシューを入れる方法は避けよう

ダイエット中に避けておきたいのは脂身の多いチャーシュー。脂身がたっぷりついたチャーシューはどうしてもカロリーが高くなってしまいますし、脂質が体内に蓄積されやすくなっていまいます。もしタンパク質系の食材をトッピングしたいのであれば卵がおすすめ。卵は良質なタンパク質を含み、ビタミン類も豊富なのでダイエット中に食べるのに最適です。

Thumbラーメンのトッピングの人気ランキング!おすすめの美味しいレシピも紹介

スープは全部飲まないラーメンの食べ方が太りにくい

スープを飲み干す方法はダイエット中は避けよう

ラーメンを食べる時に気をつけておきたいのがスープ。ラーメンのスープは意外とカロリーが高いのでダイエット中は注意が必要です。醤油ラーメンや塩ラーメンであったとしても、スープを作る過程で油を入れていることがほとんどなのでラーメンのスープを飲み干すとかなりのカロリーを摂取してしまう可能性があるため気をつけておきましょう。

スープを残してカロリーダウンする食べ方がおすすめ

ラーメンを食べる時はスープはなるべく残します。スープを飲みたかったとしても、レンゲで1〜2口くらいにしておきましょう。トッピングや麺を食べることによって満足感は十分に得られます。ラーメンの種類にもよりますがスープを飲み干さないことによって200kcalくらいのカロリーはカットできるとも言われているので、ダイエット中は取り入れてみてください。

辛いラーメンで代謝を上げて痩せるダイエットにつなげよう

唐辛子入りの辛いラーメンレシピは代謝をアップさせる

ダイエット中のラーメンの種類としておすすめしたいのが唐辛子が入った辛いラーメン。唐辛子に含まれるカプサイシンは代謝を上げる作用のある栄養です。辛いラーメンを食べて代謝を上げることによって、エネルギーも消費しやすくなるのでダイエット中に最適ではないでしょうか。辛いものが大丈夫な場合は辛いラーメンも候補に入れてみましょう。

辛さの程度はお好みで調整

あまりにも辛いラーメンだと体に良くない影響を与えてしまう可能性もあるため、辛さはお好みで調整しましょう。自分が美味しいと感じられる辛さでOKです。このように外でラーメンを食べる場合もちょっとした工夫をすることでダイエット中も安心していただけるのでぜひ取り入れてみてください。

自宅で太りにくいラーメンレシピを取り入れる

自家製ラーメンレシピならカロリーを抑える方法を取り入れやすい

お店でラーメンを食べる時はもちろんのこと、自宅でラーメンを作って食べたいという場合もあります。自宅でラーメンを作る場合は外食するよりもカロリーダウンしやすいのが嬉しいポイント。自分なりの工夫をプラスしたレシピであれば、ラーメンのカロリーや糖質をカットして美味しくいただくことができます。

カロリーや糖質を抑えた太りにくいラーメンレシピを活用しよう

ラーメンの糖質やカロリーをカットできるレシピのコツはさまざま。自分にとって美味しく食べられる方法で取り入れてみましょう。自宅でも簡単にお腹を満たすことができて美味しいラーメンを作ることができたらとても便利ではないでしょうか。太りにくい工夫をしながら自家製ラーメンを食べてみてください。

もやしを増量して麺を少なくするラーメンレシピがダイエットに最適

低カロリーで安価なもやしは痩せるダイエットレシピにおすすめ

自家製ラーメンでまずおすすめしたいのがもやし。もやしは低カロリーな食材として知られているため、自家製ラーメンのトッピングにするのに最適です。もやしの量を増やしておけば満腹感を得られながらもカロリーは大幅カットすることが可能。また、もやしは安価なので気軽に手に入れられるのも嬉しいポイントです。

麺の量を半分にしてもやしを増やす

ラーメンの麺の分量を普段の半分にして、その分もやしの量を増やしましょう。もやしを麺に見立ててラーメンに入れることによって視覚的にも満足感のあるラーメンに仕上げることができます。もやし以外にも入れられる野菜があったらトッピングに使うのがおすすめ。野菜たっぷりのラーメンなら栄養バランスもとりやすく、ダイエットの役に立ちます。

糖質0の麺を使う方法でラーメンレシピのカロリーをカット

カロリーが低く糖質が0の麺をダイエットレシピに活用

続いておすすめしたいのが糖質0の麺。近年の糖質制限ダイエットブームにより、糖質の含有率0の麺もスーパーなどで気軽に購入できるようになりました。自家製ラーメンを作る時は糖質0の麺を使ってヘルシーにラーメンをいただいてみてはいかがですか。

食べ応えは普通の麺と遜色ない

実際に糖質0のラーメンを食べてみた人の口コミを見てみると、想像以上に美味しかったという声が多く見られました。普通のラーメンと同じような食べ応えで糖質も0であればダイエットに最適ではないでしょうか。糖質0の麺はラーメン以外にも使えるのでストックしておくと便利です。

しらたきをラーメンの麺代わりにする方法も痩せるために活用

麺代わりとして使えるしらたき

しっかりカロリーカットしたい時におすすめなのがしらたきラーメン。下茹でして適当な大きさにカットしたしらたきをラーメンの麺代わりに使う方法です。カロリーがほとんどなく、麺のような食感を楽しめるしらたきはダイエットの強い味方。

食物繊維が豊富なのも魅力

しらたきには食物繊維も豊富に含まれています。腸内の環境を整えて老廃物を排出しやすくする食物繊維はダイエット中にぜひとっておきたい栄養。そういった意味でもしらたきラーメンがおすすめです。

痩せる運動をしてラーメンのカロリーを消費しよう

どんなラーメンを食べた後でも運動することは大切

どんなラーメンを食べたとしても、カロリーを消費するために運動をすることは大切です。ラーメンを食べた日はいつも以上に運動をするように心がけることが重要なポイント。

体を動かすことを意識して痩せる工夫をしよう

ランニングやウォーキング、筋トレなど体を動かすことを意識してみましょう。運動する時間がないときも、いつもより長めに歩いたり、階段を使ったりすることで運動になります。ラーメンを食べた後は体内に残さないように運動をしてエネルギー消費してください。

太りにくいラーメンの食べ方で痩せるダイエットにつなげよう

「ダイエット中でもラーメンを食べたい!」と言う気持ちになったら太りにくい工夫をすることが大切なポイント。ラーメンの種類やトッピングをヘルシーなものにしたり、食べ方を工夫することでダイエット中でもラーメンを食べることができます。自宅でラーメンを作る時は麺の糖質をオフできるようにするなど、お好みの方法でヘルシーなラーメンを楽しんでみてください。

他にもラーメンダイエットに関する記事はこちら!

Thumb人気・有名店のラーメンカロリーまとめ【ラーメン二郎や天下一品など】

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-13 時点

新着一覧