水のペットボトルは賞味期限どのくらい?開封後に日持ちさせる保存方法は?

ペットボトルの水に賞味期限があるのはご存知ですか?災害時用に備蓄しておきたい物の筆頭の水ですが、賞味期限があると備蓄するのもためらってしまいますね。そんな水のペットボトルの賞味期限について、さらに長持ちさせる方法について調べてみました。

水のペットボトルは賞味期限どのくらい?開封後に日持ちさせる保存方法は?

目次

  1. 普段はあまり意識しない?ペットボトルの水の賞味期限
  2. 水のペットボトルに賞味期限の記載が!
  3. ペットボトルの大きさによって違う賞味期限
  4. 水のペットボトルに賞味期限がある驚きの理由とは!容量
  5. 容量にも理由があった?ペットボトルの水
  6. 賞味期限内の未開封の水のペットボトル:最適な保存方法とは
  7. 開封後はどうなる?賞味期限内のペットボトルの水
  8. 水のペットボトルの保存できる期間は?
  9. 賞味期限内なのに匂い移りしちゃったペットボトルの水!どうしよう?
  10. まとめ:ペットボトルの水の賞味期限!安心な生活を

普段はあまり意識しない?ペットボトルの水の賞味期限

小さなお子さんがいる家庭だけにとどまらず、最近はペットボトルの水を購入して保存しておくご家庭が増えましたよね。スーパーやコンビニでは、数えきれないほどの種類のペットボトルの水が販売されています。

そんなたくさんの種類のペットボトルの水。普段は意識していなかったけれど、ペットボトルの蓋に何やら小さな数字。よく見てみると賞味期限?実はペットボトルの水に賞味期限があることをご存知ない方も多いのではないでしょうか?

水は普段の生活に欠かせないものです。命に直結する問題だけに、水の賞味期限はとても重要な問題ですよね。そんな大事な水のペットボトルの賞味期限についてや、ただしい保存方法を調べてみました。

水のペットボトルに賞味期限の記載が!

賞味期限と消費期限の違いをみなさんご存知でしょうか?いざ、違いを説明しようとすると曖昧ではありませんか?賞味期限とは、未開封の状態ならこの期間は美味しく飲めますよ、という味わいや風味が損なわれる事のない保障期限の事をいいます。一方、消費期限というのは、お弁当やお惣菜など、この期間を過ぎれば食べられませんよ、という期間なんですね。

ペットボトルに記載されているのは、賞味期限ですね。しかも年数と月までの記載となっているものがほとんどです。水の賞味期限は、メーカーによって違いはありますが、1.5リットルや2リットルのボトルで大体2年から5年の物が多いようです。

不思議に思いませんか?月の記載しかなければ、月初めと月末では大体30日の違いがでるし、同じ水なのにメーカーによってかなり賞味期限の長さが違う。実はそれこそが、水のペットボトルに賞味期限が記載されている理由だったんです。

ペットボトルの大きさによって違う賞味期限

年と月までしか賞味期限の記載のないペットボトルの水ですが、賞味期限の月が過ぎてしまえば飲めないの?と疑問に思いますよね。そもそもペットボトルの水は腐らないんじゃ?と思った方もいるはずです。その通りなんです!実はペットボトルに入った水そのものは腐りません。

食品が腐るというのは、食品内で細菌が繁殖した状態の事をいいますが、ペットボトルの水は殺菌されて空気の入らない状態でペットボトルに詰められているため、細菌が繁殖してくさる…という事は理論上はあり得ない事になります。では、その腐らない水のペットボトルに賞味期限が記載されているのはどういう理由なのでしょうか?実はそこには驚きの理由がありました。

Thumb水が腐るってホント?ペットボトルより水道水の方が腐りにくい!理由を徹底解明

水のペットボトルに賞味期限がある驚きの理由とは!容量

理論上腐らないのであれば賞味期限の記載はいらないのでは・・と思いますよね。腐らない水のペットボトルに賞味期限が記載されている理由。なんとそれはペットボトルの使用期限だったんです。水自体の賞味期限ではなく、ペットボトルが水を保存できる期間なんですね。

ペットボトルは未開封の状態でも、わずかに空気を通してしまうんです。そのため、未開封でも水のペットボトルの横に匂いの強いものを置いておいたりすると、ペットボトル内の水に匂いが移ってしまう事もあるそうです。

小さめのペットボトルだと、匂いがわずかに移ってしまった時に水の量が少ない分、味が凝縮されてしまいます。そのため、小さなペットボトルのほうが賞味期限が短く設定されています。また、災害時の備蓄用に販売されている水は、ボトルが頑丈にできているため賞味期限が長く設定されているんです。メーカーによる水の賞味期限がちがう理由は、ボトルの違いだったんですね。

容量にも理由があった?ペットボトルの水

ペットボトルの水に賞味期限がある理由がもう一つあります。ペットボトルはわずかにでも外からの気体を通してしまい匂いうつりがしてしまうという事は、中からも気体を通してしまうんですね。皆さんご存知の通り、水は蒸発すると気体になります。

そのため、未開封でも長期にわたって保存されていた水は蒸発して少なくなっていきます。日本には【計量法】という法律があり、全体の容量の誤差は1%以内でなければ販売できなくなるそうです。その蒸発するであろう量から計算して出された期限が水のペットボトルの賞味期限なんです。

強度のあるペットボトルは空気も通しにくい事から、蒸発によって量が減るもの遅いんです。ペットボトルを触った時に薄さに違いがあるのは皆さん知っているかと思います。安売りの時にまとめ買いをするのなら、触ってみてなるべく頑丈そうなペットボトルを選ぶのがいいかもしれません。

賞味期限内の未開封の水のペットボトル:最適な保存方法とは

さて、水のペットボトルの賞味期限が実はペットボトルが水をおいしく安全に保存できる期間だという事は、ペットボトルの劣化を少しでも防いで、なおかつ水の特徴である匂いが映りやすいという点を気をつけてあげれば、賞味期限を過ぎてもペットボトルの水は飲めるという事です。未開封の水のペットボトルの保存方法を勉強しましょう。

まず、匂いの強い物のそばに置かない事が原則です。食品や日用品を同じ場所にストックしている人も多いようですが、たとえ未開封でも賞味期限内でも、水のペットボトルは洗剤などの横にはおかないようにした方がいいようです。

賞味期限にかかわらず、もう一つ絶対に避けたいのが、直射日光があたる場所での保管です。ペットボトルへのダメージだけではなく、時として火事にもつながってしまいます。まとめ買いしたペットボトルの水を保管する時は、どんな時間帯でも直射日光が当たらない場所にしましょう。

Thumbペットボトル収納アイデア・方法紹介!容器DIYケースで冷蔵庫収納

開封後はどうなる?賞味期限内のペットボトルの水

さて、未開封の水のペットボトルの保存についてはわかりました。では開封後はどうでしょうか?2リットルの大きなペットボトルなどは開封後の保存方法についても気になるかたが多いですよね。

開封後は冷蔵庫で保管するのが原則です。一度でも蓋を開けてしまったペットボトルにはどうしても細菌が入り込んでしまいます。細菌は高温で繁殖するので、少しでも細菌の繁殖をおさえるためには低温での保存が一番なんですね。

水のペットボトルの保存できる期間は?

開封後の水のペットボトルを少しでも長持ちさせる方法。それはペットボトルに直接口を付けないことなんです。直接口を付けて飲んでしまうと、雑菌が入り込み、それだけ水の劣化が早くなります。多少面倒でもグラスに注いで飲むようにしてください。

グラスに注いだあとは、速やかに蓋をしめる事も大事です。外の空気に触れる時間を少なくするんですね。この2点に気をつけて冷蔵庫での保管をすれば、開封後でも水のペットボトルは1週間は美味しく飲めます。1週間を過ぎても冷蔵庫内の匂いなどが移っていなければ飲むのは可能ですが、できれば開封後は1週間以内で使い切るのが理想なようですね。

賞味期限内なのに匂い移りしちゃったペットボトルの水!どうしよう?

冷蔵庫の中で保管しておいたペットボトルの水。もしくは未開封で常備しておいた水に何か匂いが移ってしまった…という事も起こりえますよね。そもそも水は無味無臭なため、他の匂いが移りやすい物質でもあります。でも、匂いが移ったからと言って捨てるにはもったいない。そんな時の水の蘇らせ方があるんです。

一度ペットボトルの水を煮沸して、再度冷やして飲んでみてください。匂いはなくなっているはずです。この時には熱い水をペットボトルに戻すことは避けてくださいね。水筒やガラス容器など、高温に強い容器を使ってください。

そこまでするのは面倒、という方はお料理などに使ってください。匂いが移っていたとしても決して腐っているわけではありません。人体には無害です。その他、植物に使ってみたりお風呂に使ってみたりと、普通の水として使う事は可能です。

まとめ:ペットボトルの水の賞味期限!安心な生活を

水は地球上全ての命の生命活動にかかせない大事なものですよね。そして、何万年も地球上に存在しているほど安定した物質でもあります。

最近では、災害時のために水のペットボトルを用意しているご家庭も多いようです。でも災害はいつ来るかわからないが故に賞味期限のあるものを備蓄しておくのは厄介ですよね。でも正しく保管された水なら、賞味期限が切れていても、量が減っていてペットボトルがへこんでいても、多少他のものの匂いが移っていても、未開封なら腐っている事はありません。

いざ、災害が起こってライフラインがとまり、備蓄しておいたペットボトルの水を飲もうとしたら賞味期限がきれていた。大パニック!という事にならないよう、しっかりと正しい保存方法とペットボトルの水の特性を理解して、どんな時でも対処できる冷静さが大切です。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-10-27 時点

新着一覧