自宅で焼肉楽しく食べるコツ!煙対策と味をレベルアップさせるポイントは?

自宅で焼肉を美味しく食べることが、難しいと思っている方も多いでしょう。しかしそんな自宅焼肉を美味しくする方法やコツは、意外と簡単なのです。自宅で行える焼肉だからこそ出せる美味しさも数多く存在します。自宅焼肉のコツや煙対策についてお紹介します!

自宅で焼肉楽しく食べるコツ!煙対策と味をレベルアップさせるポイントは?

目次

  1. 自宅でも楽しくて美味しい焼肉が食べたい!
  2. 自宅焼肉を楽しくさせるためには焼く機械が重要!
  3. 自宅焼肉の煙を抑えるおすすめなプレートやカセットコンロとは?
  4. お肉の購入場所も自宅で焼肉をやる場合はこだわろう!
  5. 自宅焼肉でホルモンなどを買う場合ブロックで買ってみよう!
  6. 自宅での焼肉はお肉に下味をつけおくとおすすめ!
  7. お肉の部位によって下味のつけ方を変える!
  8. 自宅焼肉では野菜をあらかじめ50度湯煎で美味しく!
  9. お肉の焼き方にこだわると自宅焼肉が楽しくなる
  10. 自宅焼肉では「タレ」を自作するのもあり!
  11. お肉の焼く順番を考えるのも自宅焼肉の楽しみ方
  12. 放置してても美味しくなる!包み焼きも自宅焼肉におすすめ!
  13. 回転ファンで煙をキャッチ「ROOMMATE ルームバイキング じゃんじゃん無煙グリル」
  14. 脂身がジューシーに焼ける「イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる」
  15. 赤外線の旨みがすごい「ザイグル ザイグルプラス 赤外線ロースター」
  16. 素材や機械にこだわって自宅で楽しい焼肉を!

自宅でも楽しくて美味しい焼肉が食べたい!

自宅で美味しい焼肉を食べたいと思っている方は少なくないでしょう。今では家でも簡単に食べることができる焼肉です。お肉に関しても、一般の方でも簡単に美味しいお肉を手に入れることができます。お家で焼肉をすることが好きな方だと、お肉屋さんにお得意様として歓迎されている人もいるほどです。今はどの家庭でもコンロが備わっているので、簡単に焼肉を自宅で食べることができます。

しかし自宅でお肉を焼いて焼肉を作ると、どうしてもお店などで食べるよりも美味しく感じないことが多いですよね。少しのコツを覚えるだけで、かなり自宅焼肉のレベルが上昇するのです。機材の準備段階やお肉自体の選び方なども自宅で焼肉を行うのであれば、重要になってきます。自宅の焼肉をレベルアップさせる方法をご紹介していきます。

自宅焼肉を楽しくさせるためには焼く機械が重要!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その①

自宅で行う焼肉の悪い点として「ホットプレート」などのお肉の脂が溜まってしまい、美味しくない成分が焼けたお肉についてしまっていることも原因の一つなのです。自宅で焼肉を行う場合、まずホットプレートではなくコンロタイプのプレートなど、お肉を脂が適度に下に落ちるようなタイプを使用しましょう。熱の保温率もホットプレートは良くありません。

直火タイプのグリルが、自宅焼肉には相性抜群です。もともとホットプレートとは、鉄板焼きなどの疑似体験できるセットなので、その場合サーロインのブッロクステーキなどを焼くことには適しています。しかし、温度が上がりきらず低い状態の部分が多いので、お肉を単体で焼くことには長けていません。逆に粉物、お好み焼き屋・焼きそばなどにはとても向いている機械なのです。

自宅焼肉の煙を抑えるおすすめなプレートやカセットコンロとは?

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その②

自宅焼肉の一番の悩みが煙ですよね。煙は部屋に染み付いてしまうため、夜中などに行うと寒さの関係もあり換気することが難しい場合が多いはずです。そういった自宅で行う焼肉の場合、無縁のプレートなどを使用しましょう。ホットプーレトでは、どうしても表面に水分が残ってしまい下に落ちて煙を軽減してくれる効果がありません。焼肉店で網を使用しているのは、煙対策のためでもあるのです。

カセットコンロなどにつけることができる、無縁プレートなどを使用することをおすすめします。自宅焼肉などに適しており「サムギョプサル」などを行なっている居酒屋などはコンロタイプの穴あきプレートを使用しています。直火なので熱の伝導性もとても良く、お肉を乗せても温度が下がらないので、何枚乗せても美味しく焼くことができます。お肉は温度がとても重要です。

ホットプレートやフライパンにアルミホイルをひくと煙が出にくい!

自宅にホットプレートしかなくどうしようもない場合は、アルミホイルを弾いてみましょう。そうすることで直接的にプレートとお肉やお肉から出る水分などが、触れることがないので水蒸気の発生を抑えてくれます。また焦げなども、煙の発生を促してしまうのでその防止にもつながります。脂がたまってしまい流れないので、適度に拭き取るめんどくささは残りますが、緊急の場合使える手段です。

お肉の購入場所も自宅で焼肉をやる場合はこだわろう!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その③

自宅でせっかく焼肉を行うのであれば、お肉にこだわってみましょう。一箇所のお肉屋さんなどで必要なお肉を全て購入するのではなく、別々のお肉屋さんで買ってみましょう。お肉屋さんによってかなり味も食感も分厚さも違い、その違いを楽しみながら焼肉が自宅でできます。各部位によっても美味しいお肉屋さんと、そうでないところがあるので、ばらばらに購入することがおすすめです。

お肉を購入した時は冷蔵されているので、少し冷たい状態です。そのまま家に持ち帰って、食べる時は冷蔵庫からすぐ出したものだと常温に戻っていないので、お肉が硬くなってしまいます。それを防ぐためにもお肉を焼く前に、お肉はしっかりと常温に戻してあげましょう。真夏などの場合常温に戻る速さがすごいので、しっかりと忘れないように覚えて管理しましょう。

自宅焼肉でホルモンなどを買う場合ブロックで買ってみよう!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その④

自宅で行う焼肉では、精肉店などで購入する時大体に購入することができます。ホルモンなどを購入する時は、ブロックで購入してみましょう。水分もしっかりと含んでおり、小分けにしたときに焼肉店で食べるものと食感が別次元です。腸などを長い状態で購入して、家に帰ってからハサミで一口大に切り分け、下味別に何種類か分けてみるのも自宅焼肉ならではの楽しみ方です。

センマイなども精肉店にお願いすれば販売してくれます。それを磨いて白センマイにしてもいいですし、味噌と煮込んで味噌煮にしても美味しいです。自宅焼肉の良さは基本的に自由度が高く、楽しみながら行えるバーベキューのような楽しさが売りです。ただ美味しく食べるのもいいですがせっかく美味しいお肉を買ってきているので、普段はできないさまざまな食べ方をしてみましょう。

自宅での焼肉はお肉に下味をつけおくとおすすめ!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑤

自宅で行う焼肉で買ってきたお肉に少しだけでも下味をつけていると、かなり美味しくなります。下味といっても難しいことはする必要はありません。例えばバラ肉であれば水分量が焼くと減ってしまうので、にんにくのすりおろしと、ごま油、酒、塩コショウ、醤油、みりん、を加えて揉み込んで冷蔵庫で寝かせあとは焼くときに常温に戻して焼くだけで、とても美味しくなります。

他にも様々な下味のつけ方もあります。あえて下味をつけないで、ネギを刻んでネギ塩ダレなどのつけダレなどのレパートリーを持たせるのもおすすめです。焼きながら上にネギ塩ダレをかけて、ご飯の上に乗せて食べたりすれば最高ですよね。買ってきたお肉は塩で食べるものや、下味をつけるものなどと袋に分けておくと楽です。お肉の部位によっては、もう一工夫したほうがいいものもありますのでご紹介します。

お肉の部位によって下味のつけ方を変える!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑥

お肉の部位でどうしても筋が多い部分や、筋肉質な部分は噛み切ることが難しく、噛んでいるうちに疲れてしまうことも自宅焼肉ではよくあります。サーロインなどを買う場合これは火を入れると、かなり硬くなってしまいます。なのでローストビーフなどのように、レアな部分を残して柔らかくして食べているのです。このように硬くなってしまう場合、こちらも下味をつけることをおすすめします。

まず自宅焼肉では火入れをし過ぎてしまうことを想定して、玉ねぎとはちみつをペーストにして混ぜておきます。そこに塩コショウなどの下味をつけおいてもいいです。アクセントとして、にんにくを加えておきましょう。それをブッロクのお肉に刷り込んで、漬け込んでおきます。そすることでお肉が柔らかくなり自宅焼肉とは思えないクォリティのお肉になりますよ。

はちみつと玉ねぎのタンパク質分解酵素が働いて、硬いお肉を柔らかくしてくれます。そこに好みで下味をつけてもいいです。そうすることで、焼いたときにすぐに食べることができます。いいサーロインのお肉であれば、レアな状態でも食べられるので、あとはブロックを少な厚さに切って自宅焼肉で頬張りましょう!

自宅焼肉では野菜をあらかじめ50度湯煎で美味しく!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑦

焼肉で全く人気がない「野菜」は、焦げてしまうと誰も食べなくなってしまうので、親たちが渋々食べていることが多くありませんか?その場合焼いて火を入れようとしていると、焦げてしまうので50度のお湯で茹でてあげましょう。そうすると50度の温度帯は野菜の栄養素が活発になり、甘みが増すので焼肉で野菜を使用するときは茹でてから、焼くようにしましょう。

ブロッコリーやキャベツ、人参、玉ねぎは焼肉では王道の野菜です。その野菜たちをしっかりと食べてもらうために、一度焼かずに食べれるように工夫してあげましょう。お肉の油を軽減してくれる野菜は、工夫一つで大人気になります。他にもつけダレの中に、細切りにして混ぜたりサンチュなどの葉彩類に載せるタレとして機能できるように、しっかりと工夫してあげることが重要です。

お肉の焼き方にこだわると自宅焼肉が楽しくなる

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑧

お肉の焼き方に着いても、自宅で行う焼肉であればこだわってみましょう。コンロなどの直火の場合もっとも火力が強い中央と、少し火力が弱い端の方を使い分けることが重要です。バーベキューなどの炭でも同じことが言えるのですが、お肉はずっと高い温度帯においていると表面だけが火が入りすぎてタンパク質が熱凝固してしまいます。その加減が重要なのです。

分厚いお肉などの場合、さっと表面に色がつくくらい中央で焼き色をつけてあげます。そうすることで、表面にコーティングが貼られます。そこから弱い日の方に移してゆっくりと火入れをしてあげることで、柔らかい状態を維持したままお肉を焼くことができます。焼き方を少しこだわるだけでも、お肉は管理美味しくなってくれます。自宅でやる方こそ焼肉の焼き方にこだわってみましょう。

自宅焼肉では「タレ」を自作するのもあり!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑨

自宅焼肉を楽しむ上でやはり外せない醍醐味が「タレ」の作成です。タレをしっかりと作成することによって、より焼肉が美味しくなります。自宅で作る場合本当に調味料の状態がいいので香りも良く、味もしっかりとしています。ですのでそこに好みでネギを刻んで加えたり、梅を加えてさっぱりさせたりなど、様々な工夫をすることができます。

野菜などをを細切りにして、さっぱりするタレなどを作ってもいいでしょう。逆に子供が喜ぶ甘いタレなどを作成してあげると、より喜んでくれるようになります。普段食べない野菜も甘いタレの中に加えることによって、もりもり食べてくれるかもしれません。そういった手間をかけずに作ったタレは、市販のタレよりもはるかに美味しくなります。ぜひ試してみましょう。

お肉の焼く順番を考えるのも自宅焼肉の楽しみ方

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑩

自宅で焼肉をお行うときに困ってしまうのが、お肉を焼く順番です。これを何も考えずに焼いてしまうと、脂が乗っているものと、脂が乗っておらずさっぱりしているものが混ざってしまい、口に入れたときに美味しくなくなってしまいます。それを避けるためにあらかじめ焼肉で焼くお肉の順番を決めておきましょう。子供などがいる場合は尚更です。

自宅焼肉で子供が好きなものを食べたがる場合、野菜と一緒にカルビやはらみなど濃い味付けのしやすいものから焼いて、ソーセージなどの加工肉もこのタイミングで焼いてあげましょう。落ち着いたあたりから、焼く場所を少なくしていき、タレの焦げ目をとり塩などでさっぱり食べられる、タンなどを焼いていきます。順番を決めることによって、大人も楽しめる自宅焼肉になるので工夫してみましょう。

放置してても美味しくなる!包み焼きも自宅焼肉におすすめ!

自宅焼肉でお肉の味を良くするコツ・おすすめ方法・煙対策その⑪

意外とやっていない方が多いですが、アルミホイルに包んだ「放置しておくだけで完成する一品」は、自宅焼肉では最強です。にんにくが好きな男性であれば、向きにんにくに塩コショウとごま油を少し多めに入れておき、火の上で放置しておけば、揚げニンニクの完成です。他にもお肉のタレで焦げ目をつけたくない方は、アルミホイルで包んでホイル焼きにしてあげると、子供も喜びます。

簡単にできるものとしては、アルミホイルに市販で加熱されているハンバーグを入れ、ケチャップやウスターソース、砂糖、塩、酒などでソースを作り加えて包んで放置しておくだけで、デミグラスソースのハンバーグができ子供は大喜びです。ここにチーズなども加えていいですね。アヒージョなども作れるので、アルミホイルは実は自宅焼肉では洗い物を減らす達人なのです。

回転ファンで煙をキャッチ「ROOMMATE ルームバイキング じゃんじゃん無煙グリル」

自宅焼肉を楽しくさせる!おすすめ無煙グリル①

回転するファンによって、煙を常に吸引してくれる特徴を持っている「ROOMMATE ルームバイキング じゃんじゃん無煙グリル」です。回転するファンの吸引力がそこそこあるので、部屋に煙が充満することなく焼肉を自宅で楽しむことができるグリルです。大きさは、「サイズ:幅48.5cm・奥行42・高さ21cm」です。大人数の家族でも使うことができるグリルです。

自宅焼肉ではやはり煙以外にも、食べる量が調節できず焼き過ぎてしまうことも少なくありません。そういった部分からも、あまり大きすぎる焼肉のグリルはやめましょう。むやみにお肉を乗せ過ぎても、火を入れ過ぎて美味しくなくなってしまいます。そうなることを避けるためにも、少しの量を焼いて毎回綺麗に食べきることで、より油の処理も楽になります。

脂身がジューシーに焼ける「イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる」

自宅焼肉を楽しくさせる!おすすめ無煙グリル②

下の水皿に油がしっかりと落ちるようになっており、さらにはその油がグリルの火に当たりにくくなっている「イワタニ スモークレス焼肉グリル やきまる」です。コンロタイプなので、使う場所をどこでも選ぶことが可能で外でも中でも対応できるタイプの、自宅焼肉用にグリルです。自宅焼肉ではホットプレートなどを使用しがちですが、こちらを使えば美味しく自宅焼肉ができるでしょう。

赤外線の旨みがすごい「ザイグル ザイグルプラス 赤外線ロースター」

自宅焼肉楽しくさせる!おすすめ無煙グリル③

自宅の中で行う焼肉で、遠赤外線を使ってお肉を焼くことができる「ザイグル ザイグルプラス 赤外線ロースター」です。上下から遠赤外線を放出することによって、お肉と野菜を美味しく焼くことができます。炭火などでしか出せないものを、自宅の中で使用してゆっくりと焼くことができます。遠赤外線を出す傘の高さも変更できるので、焦げる心配もなく美味しく自宅焼肉に専念できる商品です。

素材や機械にこだわって自宅で楽しい焼肉を!

自宅で行う焼肉では、少しの工夫と遊び心でとても美味しいお肉を食べることが出来ます。家にいるからこそできる味付けなどもあり、これにはまってしまうと食べ放題などの、焼肉店では満足できなくなってしまうでしょう。自分の家でしかできないこだわりの味付けや、工夫を行なって楽しい自宅焼肉をしてみてください。

焼肉に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb焼肉を家で楽しむ方法まとめ!美味しい焼き方や煙の匂い対策もご紹介!
Thumb焼肉デートの服装・髪型ってどうすればいい?女子におすすめコーデ集!
Thumb焼肉はダイエット中もOK!メニューの選び方や食べ方のポイントとは?

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-07-18 時点

新着一覧