カラオケが嫌いな人の理由・心理とは?苦手克服法やデートでの上手な断り方

カラオケが嫌い、もしくは苦手な人っていますよね。しかしカラオケは忘年会や打ち上げの二次会だけでなくデートでもよく選ばれるもの。社会人や学生なら避けては通りにくいですね。今回はそんなカラオケが苦手・嫌いという人の、心理や断り方、克服方法などをご紹介します。

カラオケが嫌いな人の理由・心理とは?苦手克服法やデートでの上手な断り方

目次

  1. カラオケが苦手・嫌いな人もいる!
  2. 単純に歌うのが苦手だからカラオケが嫌い
  3. 人前で歌うのが苦手だからカラオケが嫌い
  4. うるさい場所が嫌いだからカラオケも嫌い
  5. 歌が上手いと偉いという空気が苦手だからカラオケが嫌い
  6. 自分の好きなジャンルが歌えないからカラオケが嫌い
  7. カラオケでの変なテンションが苦手だからカラオケが嫌い
  8. 出てくる食べ物やドリンクが嫌いだからカラオケが苦手
  9. たくさんの歌を知らないからカラオケが苦手
  10. どうしても嫌いなカラオケに行かないといけない…そんな時の克服法は?
  11. カラオケが苦手・嫌いな人も最低限の持ち歌を持っておこう
  12. カラオケが苦手・嫌いならデュエットからの曲入れ係に
  13. あり余るカラオケでの苦手な時間はどう過ごす?
  14. カラオケが苦手な人におすすめの断り方は?
  15. 苦手なカラオケを様々な方法で克服しよう

カラオケが苦手・嫌いな人もいる!

カラオケが苦手になる人は様々な心理でカラオケが嫌いになります。稀に食わず嫌いのように、あまり行ったことがないから好きでは無いという人もいますが、最近は行ったことのある人がほとんどですから明確な理由を持っていることでしょう。

行ってもつまらなかったり、様々な嫌な思いをしたりと、それなりに苦手は根づいているはずです。しかし様々なイベントやデートにも使用されるカラオケ、一生避けて通るというのはなかなか難しいですよね。

また、自分がカラオケ好きなのに彼女がカラオケが苦手等という場合、どんな心理なのか知りたいという人もいますよね。そこで今回はカラオケが苦手・嫌いな人について、嫌いな心理や克服方法、お誘いの断り方などをまとめました。

単純に歌うのが苦手だからカラオケが嫌い

カラオケが苦手という人に最も多い心理は、歌を歌うのが苦手だからというものでしょう。カラオケとは当然ですが歌を歌う場所ですね。誰しもわざわざ自分が苦手なことをお金を払ってまでしたいとは思わないはずです。

また歌を歌うことが苦手な人にとって、人前、それも大音量で自分の歌を流されるというのは恥以外の何物でもありません。歌が上手い人がいる場所なら、なおさら比較されるのではと不安を感じることでしょう。

カラオケが嫌いな人は、音を外す度に周りの視線が気になります。しかし何か歌わないといけないという強制感も同時に感じているのです。嫌なことを強制的にさせられる場なんて、好き好んで行く人がいるはずありませんね。

人前で歌うのが苦手だからカラオケが嫌い

カラオケが苦手な人だから全員が歌が苦手とも限りません。カラオケが嫌いだと感じる人の心理として、一人で歌うのであれば問題ないという人もいます。歌うのは好きだけど人前で歌うのが苦手という人のパターンです。

どんなに歌が上手い人でも、緊張していては心理的に負荷が掛かり上手く歌うことはできません。無駄な力が入ってしまいますし、声をいつも通りに出すことができません。そんな状況で上手く歌うのは難しいのです。何よりも謳うことを楽しむことができません。

あまり歌が上手いわけではなくても堂々と胸を張って歌う方が上手く感じますし、声にもハリが出ます。小さな声で自信なさげに歌う様子はお世辞にもかっこいいとは言えませんね。自分で緊張して上手く歌えないと知っているからカラオケを楽しめず苦手に思う人もいるのです。

うるさい場所が嫌いだからカラオケも嫌い

カラオケが嫌いという人の中には、大きな音量が苦手という人もいます。カラオケを思いっきり楽しみたい人や、もともと声量がない人はマイクの音量を大きくしがちです。慣れていれば平気かもしれませんが、普段カラオケに行かない人の心理は「うるさすぎる」かもしれません。

特に打ち上げの二次会ならお酒を飲んでいる人も多いはずです。音楽が頭に響いて頭痛がしたり、イライラすることもあるのではないでしょうか?とはいえ「うるさい」と言うわけにもいかず苦痛の時間を過ごしてしまっているのです。

体調が悪くなるようなことを自らしたいと思う人はいません。この場合、音量を変えてと言えないのであれば克服はとても難しいですね。人それぞれ我慢できないものもありますので、全員で楽しむには思いやりが必要かもしれません。

歌が上手いと偉いという空気が苦手だからカラオケが嫌い

カラオケが苦手な人の中には雰囲気が苦手という人もいます。そんな意見に多いのが、「歌が上手い人は偉い」という、誰が決めたわけでも無い謎の心理が働くことです。普段仕事ができるわけでもないような人が、カラオケでだけなぜか態度が大きくなる、という話も聞きます。

歌のうまさにこだわりが無い人からすると、「歌が上手いから何?」と思ってしまいますね。周りはただ歌が上手いだけの素人の歌を聞いても特にありがたくはありません。「ただ歌が上手いな」で完結してしまいます。

そんな人に「歌が上手いのすごいでしょ」と言わんばかりの態度を取られては、楽しめるものも楽しめません。歌が下手であることをコンプレックスに感じている人であれば、なお心理的なストレスやプレッシャーを感じ、楽しむことはできないでしょう。

自分の好きなジャンルが歌えないからカラオケが嫌い

歌は得意だし、歌を聴くのが好き!という人でも、メンバーによってカラオケが苦手という人は他にもパターンがあります。その一つが、その人がカラオケに行くメンバーと違うジャンルの歌を好んでいる場合です。

レゲエやアニソンなど、少しくせのある歌を好んで聞く人にとっては、自分と歌の趣味がまるで違う人とのカラオケは気を遣うようです。一般的に、最も多くの人に好まれる歌の種類はやはりJ-POPです。

J-POPばかり歌う人の前で一般的でない歌を歌うのはやはり気が引けますし、他の人の歌う曲にもあまり興味がないため聞き入ることはできません。好みが違う人とのカラオケを楽しむことは、なかなか難しいようです。

カラオケでの変なテンションが苦手だからカラオケが嫌い

歌を歌うとなると、普通のテンションでいる人ばかりではありません。音楽とは人間の気持ちを昂ぶらせる効果をもっています。音楽が好きな人ほどそれは顕著に表れます。しかし全員がカラオケを高いテンションで楽しめるわけではないのです。

歌があまり好きで無い人もそうですが、周りの異様なテンションの高さについていけないという人もいます。忘年会や新年会、打ち上げの二次会であればお酒も入るため、尚更テンションの上がり方は通常以上のものでしょう。

そんな周りのテンションについて行くことができない、もしくはついて行けるけど実はそこまで楽しくない、なんて人であれば、カラオケを嫌いになるのも頷けます。調子に乗りすぎてしまう人は注意が必要なのかもしれません。

出てくる食べ物やドリンクが嫌いだからカラオケが苦手

全てのカラオケ店がそうではありませんが、カラオケは飲食店ではないため、フード・ドリンク共にとても美味しい!と言える商品は少ないです。歌うのが好きな人であれば、メインは歌うことですのでメニューは気にしない人も多いでしょう。

しかし元々歌がそんなに好きでは無い、むしろ嫌い!なんて人にとってはフードやドリンクも重要なポイントになります。フードが美味しいお店であれば「楽しめない場所だけど、時間をつぶすにはまあいいか」をいう心理になる人もいるでしょう。

カラオケがあまり好きではないという人こそ、近くにあるカラオケは値段やメニューをしっかり見ておくべきかもしれません。また、カラオケが苦手な人を誘う側の人も、歌う以外の設備が整っている場所を選ぶと、カラオケが苦手な人も時間を過ごしやすいかもしれません。

たくさんの歌を知らないからカラオケが苦手

カラオケに行くとなると、多くは数時間ほど過ごすことになります。そうなるとカラオケが嫌い・苦手という人のほとんどは歌う曲目が無くなってしまいます。全部歌いきってしまったら、何を歌えばいいのか分からなくなってしまいます。

大人数で行く場合であれば「私もういいや」と言っても誰かが歌ってくれるため問題はありません。しかしそれがデートであったり、3人くらいで行く場合は話が大きく変わってしまいます。カラオケデートで片方だけが延々歌っている状況は、どんな空気になるかすぐに想像できてしまいます。

また、相手が一人で歌うことを気にしないとしても、歌えない本人は相手の歌を聴きっぱなし状態になります。よほど歌を聴くのが好きで無い限り、面白いと思う人はいないことでしょう。レパートリーが少ない人とカラオケに行きたい時は、時間配分を考えて計画しましょう。

どうしても嫌いなカラオケに行かないといけない…そんな時の克服法は?

どんなにカラオケが嫌いと言っても、大人になれば付き合いというものがあります。上手い断り方であっても毎回断ってばかりいてはなんだか相手に失礼かな…なんて感じてしまう時もあるかもしれません。しかし突然カラオケ嫌いを克服できるわけでもありません。

歌自体あまり聞かない人であれば、知っている曲が流れるのを楽しむということすら困難でしょう。しかしカラオケについていって、一人だけ楽しくないという空気を出すのも申し訳ない気がしてしまいます。

カラオケを楽しむことが難しい場合でも嫌な時間を上手く乗り切る、カラオケ克服法を知っておきたいことでしょう。そこで次は、カラオケが苦手・嫌いな人でもそこそこに乗り切れる克服法をご紹介します。

カラオケが苦手・嫌いな人も最低限の持ち歌を持っておこう

なんだかおかしくも感じますが、カラオケが苦手な人ほど歌う曲はしっかりと決めておくことをおすすめします。大人数でしかカラオケに行かない、という人であれば、歌える曲を2・3曲用意しておけばおそらく大丈夫かと思います。

全く歌わないのは、やはり空気を壊してしまいがちですので、どんなに歌が苦手な人でもおすすめしません。歌うことが苦手なら、なるべく高低差の無い曲を選び、フルで歌えるように聞き込んでおきましょう。

また、フルで聞き込まなくても構いませんので、予備の曲として、複数の曲をAメロくらいまでは歌えるようにしておくといいかもしれません。メジャーな曲ですと、周りの人と曲が被って歌いづらくなってしまいます。恥ずかしいかもしれませんが、1、2番目くらいに歌っておくと曲被りを意識せずに済むことが多いです。

カラオケが苦手・嫌いならデュエットからの曲入れ係に

下手すぎてみんなの注目を浴びたくないという人には、友達とデュエットをするという方法もおすすめです。もちろんデートや少人数の場合、何度も使える手ではありませんが、大人数でのカラオケでは切り抜ける方法として効果的です。

高くて出ない声や分からないメロディーは相手の人にフォローしてもらうことができますし、一人目立つことも無いため安心感もあります。急にお願いすると、相手と自分の知っている曲が被らなかったりすることもあります。

あらかじめ自分を相手が歌える曲をすりあわせておくと、失敗することがありません。また事前に曲を聴いておくこともできるので、不安な気持ちが少し和らぐかもしれません。全部歌い終えてしまったら曲を入れる係になるといいでしょう。歌わずにカラオケに参加しているという程良いポジションに落ち着くことができるかもしれません。

あり余るカラオケでの苦手な時間はどう過ごす?

カラオケの断り方が分からず、付き合いで毎回ついて行ってしまう人もいることでしょう。しかし歌える歌を全部歌い終わってしまう頃には、ついてすぐの盛り上がった部屋の空気も落ち着いてきているのではないでしょうか?初めからスマホをいじってしまうと空気を悪くする恐れがありますが、この頃になればちらほらとスマホを触る人が出てくる頃でしょう。

カラオケが苦手な人も、スマホを触っていれば苦痛が和らぐのではないでしょうか?あまりにスマホに没頭しているのはNGですが、周りとそこそこに会話をしながらであれば嫌な気持ちになる人はいないはずです。

また、飲み過ぎたといって頻繁にトイレに行くのもいい息抜きになります。そして適度ににこやかにしてさえいればつまらなさそうと思う人もいないはずです。空気を悪くしないように意識しながらですのである程度ストレスを感じるかもしれませんが、最もそつなく過ごす方法と言えるでしょう。

カラオケが苦手な人におすすめの断り方は?

どうしても克服できる気がしない、という人は上手な断り方を知りたいものです。ある程度仲の良い人同士であれば、あらかじめカラオケは好きじゃないからと伝えておくのもいいかもしれません。そうすれば断り方を考えなくてもカラオケに行くことはないでしょう。

しかしそんな簡単な断り方で済むものばかりではないかもしれません。ではどんな断り方をすれば相手に失礼ない断り方ができるのでしょうか。飲み会からのカラオケであるなら、とにかくお酒で酔ったというアピールをするのも一つの手ではあります。

この方法なら体調不良と違い、繰り返し何度も使用可能です。また、次の日に予定があるからというのも断り方としてはいいかもしれません。2度と誘われたくないのであれば、いっそのことカラオケに行っても絶対に歌わないと言ってしまうのもアリかもしれません。

苦手なカラオケを様々な方法で克服しよう

今回はカラオケが嫌い・苦手な人について、その心理やお誘いの断り方、克服方法などをご紹介しました。苦手なものを克服するのはそう簡単なことではありませんね。しかしカラオケと言えばイベントなどの二次会の定番となっています。

会社のメンバーでのカラオケだと、次の日の仕事を理由に断ることは難しいですし、毎回同じ理由で断っていてはカドが立ってしまいます。またイベント一回ごとに断り方を考えるのはなかなか疲れることでしょう。

いっそのこと諦めて自分なりの克服方法を考える方がストレスを感じずに済むかもしれません。何事も慣れと言います。苦手、嫌いを克服してカラオケを楽しんでみるのもあたらしいかもしれません。無理にならない程度に、参考にして楽しい時間を過ごしましょう!

苦手な歌が得意になりたい人におすすめの記事はこちら

Thumbカラオケで歌いやすい曲は?音痴な人でも歌える曲・コツを調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbカラオケバラードの定番は?女性が歌いやすいおすすめ・人気の名曲まとめ

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-21 時点

新着一覧