水の硬度は高いほうが良い?軟水と硬水おすすめのミネラルウォーターを紹介!

水の硬度の違いが大きいと、味も大きく変化することをご存知でしょうか?硬水と軟水にはそれぞれの特徴があり、その特徴に合った使い方が重要です。しかし自分自身に合っている水の硬度がわからない方も多いでしょう。そんな方の為に硬水や軟水をランキングでご紹介していきます。

水の硬度は高いほうが良い?軟水と硬水おすすめのミネラルウォーターを紹介!

目次

  1. 水の硬度はどれがおすすめ?
  2. 水の軟水の硬度の特徴とは?
  3. 硬水のもつ硬度の特徴とは?
  4. 軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターをランキングで紹介!
  5. 10位:硬度が低く飲む温泉と言われている!「マグナ 温泉水 MgNa1800」
  6. 9位:硬度が高く料理に最適!「エスオーシー 鹿児島垂水 温泉水99」
  7. 8位:飲みやすい硬水で有名「伊藤園 エビアン」
  8. 7位:ダイエットや便秘に効果的な硬度「ポッカサッポロ コントレックス」
  9. 6位:硬度が低い海外の美味しい軟水「キリン ボルヴィック」
  10. 5位:安くても美味しい「大塚食品 クリスタルガイザー」
  11. 4位:日本の代表ミネラルウォーター「サントリー 南アルプスの天然水」
  12. 3位:日本の名水100選に選ばれた「コカ・コーラ 森の水だより 大山山麓」
  13. 2位:程よい硬度でご飯時の飲み物として最適「ペリエ(perrier)」
  14. 1位:硬度が軽くて美味しく軽い!「コカ・コーラ い・ろ・は・す」
  15. 自分にあった硬度の水を飲み続けよう!

水の硬度はどれがおすすめ?

水には「硬度」と言われるいわばミネラルの含有量を表す基準値が設けられています。その基準値が高ければ良いと、いうわけではなく、どのような目的を持って水を飲んだり、使用したりするかによって使い方が変わってきます。日本では山水や雪解け水が地形の特徴柄「軟水」が主流です。その「軟水」や「硬水」などの硬度の違いは、飲んだ時に感じる味覚の違いも大きいです。

水の硬度の高さだけで選ぶのではなく、一体硬度が高いとどのようなメリットがあり、どのようなデメリットが存在しているのかを、しっかりと理解した上でミネラルウォーターを選ぶ必要があります。人によって飲みやすい、飲みにくいという基準は異なっています。ですので数あるミネラルウォーターを今回ランキングでご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

水の軟水の硬度の特徴とは?

水の硬度の違いとその特徴その①

水の硬度で「軟水」と言われるもの硬度が120mg/l未満のものをさします。この硬度は水の中に含まれるミネラルの含有量を表しています。マグネシウムやカルシウムなどのミネラルをどれだけ多く含んでいるか、またどれだけ少なく含んでいるかを表す基準なのです。日本は主に軟水がメインの国なので、硬度100mg/l以下であれば軟水にジャンル分けされます。これより高い場合は硬水として商品に登録されます。

ミネラルウォーターに含有されている主な、ミネラル成分は「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」があります。日々の生活でミネラルを補うことはなかなか難しく、不足してしまうと体に様々な不調を発生させてしまいます。そんな普段摂取が難しい場合、ミネラルウォーターがおすすめです。

軟水のメリットとは?

軟水のメリットは、まず飲み口が軽くごくごくと飲むことができる部分が最大の利点です。他にも日本は緑茶などの水の味を生かした飲み物が多いです。水が軽く綺麗でないと、これは実現できません。赤ちゃんなども安心して飲むことができ、料理などにも使うことができる万能な水が軟水なのです。日本のお米は日本の軟水と相性が良く、軟水を使って炊くことでふっくらと仕上がります。

茶葉を使った紅茶なども、しっかりと滑らかに抽出してくれるのでとても美味しいとして、世界からも注目を集めている日本の水です。日本では東京のお水が一番美味しいと言われており、「日本の名水100選」などの部門が誕生しているほど、水の国なのです。水をあまり飲まない人でも、しっかりと自分の好きな水を見つけることで、ごくごく飲めるようになります。

硬水のもつ硬度の特徴とは?

水の硬度のとその特徴その②

硬水の硬度は120mg/l以上と、ミネラル含有量が多くなっています。ミネラルをたくさん含んでいるので、普段の健康的な生活を送る上で必要な栄養素を、水で補うことができる点が一番メリットでしょう。日本は山の高さが極端に変化している地形なので、地中に水が滞在している時間が短いのです。そのため、軟水が多くとれる特徴を持っています。

海外は基本的に地形がら、地中に水が滞在する時間が長くなっています。それと同時に地中にはミネラルを多く含む石灰岩などが多く存在しているので、硬水が誕生しやすいのです。地形や土地の影響から、その国から湧き上がる天然の水の硬度が決まるのです。どちらがいいというものはなく、使い分けて飲み分けることが大切なのです。

硬水のメリットとは?

硬水は基本的にミネラルを多く含んでいるのですが、ミネラルを消費するシーンによく向いています。例えばダイエットや運動などを行なっているときは、汗などによってミネラルが外に排出されてしまいます。体のミネラルが不足すると、筋肉の痙攣や骨を動かす軟骨の不具合などが生じてしまい、怪我に繋がってしまいます。そういったことを避けるために、硬水が役に立ちます。

海外の場合日本などのように、お茶や水を頻繁に飲まない文化の国だと水は硬水なので、コーヒーやパスタなどを茹でる時によく使用されます。コーヒーは日本で作った場合香りが良くまろやかな味わいになります。これは、水の影響で軟水を使っているからです。海外の場合硬水を使うので、香りが少なく苦味がシャープに伝わります。好みは分かれますが、コーヒーなどに硬水は適しています。

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターをランキングで紹介!

軟水や硬水には大きな違いがあります。日本人の場合かなりの人が軟水に慣れてしまっているので、硬水などは飲みにくい印象を受ける方が多いでしょう。しかし硬水は便秘などを解消してくれる効果を持っており、使い分けることで健康的な毎日を送ることを手助けしてくれます。

水の違いを理解して、しっかりと使い分けることが現代社会においては重要です。硬水や軟水の違いについてご紹介した後は、おすすめな水をランキングでご紹介していきます。自分自身に合う水をしっかりと見つけて、毎日飲み続けてみましょう。

10位:硬度が低く飲む温泉と言われている!「マグナ 温泉水 MgNa1800」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング10位

長湯温泉からとれる「飲む温泉」と言われている日本でも珍しい高硬度の水です。この温泉水は「飲んで効き、長湯して効く長湯のお湯は、心臓胃腸に血の薬」とも言われているほど、健康に効果のある硬水です。九州の大分県でとれる温泉水で、不足しているミネラルを簡単に補給することができる「マグナ 温泉水 MgNa1800」です。ミネラルが不足している現代人にはおすすめな商品です。

海外の硬度やミネラルが豊富な水は「飲む野菜」とも言われるようで、この温泉水は「硬度900」と、とても高い硬度を誇っています。料理に使うことはもちろん、朝の寝起きなどはミネラルが不足している状態なので、コップ一杯飲むだけで、その日の体の筋肉の動きを正常に戻すことができます。ポトフや煮込み料理に使えるおすすめな万能硬水です。

9位:硬度が高く料理に最適!「エスオーシー 鹿児島垂水 温泉水99」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング9位

こちらのお水は硬度9.5~9.9mg/lととても低い数値の「軟水」です。硬度がとても低いので、口当たりが滑らかで飲みやすいという方が続出しており、この水のファンが後を絶たない状況になっています。この温泉水は九州の鹿児島でとれるお水で「天然アルカリイオン水」と呼ばれていることで有名です。柔らかいので、温泉で使っても肌にも良く、潤いを与えてくれる特徴を持っています。

硬度が低いので体への浸透率がとても高く、水分摂取量を簡単に増やすことができます。2リットルのペットボトルで販売されているので、日本の家庭料理などにとても使い勝手のいい水です。これでお米や出汁の効いている料理を作ると、ワンランク上の味を簡単に出すことができると有名です。値段もそこまで高くないので気になる方は購入してみましょう。

8位:飲みやすい硬水で有名「伊藤園 エビアン」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング8位

原産国はフランスでこちらの水は「硬水」です。硬度は304mg/lとなっており、日本の水に比べるとはるかにミネラルの含有量は多いのですが、飲み始めるとごくごく飲めてしまう不思議な硬水です。飲み口はさっぱりとしており、ミネラルが配合されているのでほんのり甘みも感じます。ミネラルの雑味もないので、普段からでも飲めるおすすめな硬水です。

フランスのエビアン近郊にあるカシャ水源からとれる水で、1826年にはサヴォイア公国政府によってボトル入りの飲料水として販売されたことから、その人気が爆発しました。海外の人も飲みやすいので好んで飲んでいる水です。ボトルの種類がかなりたくさん販売されており、自分の飲めるサイズにあったものを購入することができる硬水です。

7位:ダイエットや便秘に効果的な硬度「ポッカサッポロ コントレックス」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング7位

こちらの水も、フランスでとれるミネラルウォーターです。水の硬度は1,468mg/lとなっており、「硬水」です。硬水の中でも超硬水の部類にジャンルわけされるほどのミネラル含有量を誇っています。ダイエットなど便秘を解消したい方におすすめな硬水です。飲んだ時にほとんどの方は、美味しくないと感じてしまうでしょう。それほど癖が強く、ミネラルの濃いお水です。

ダイエットなどを行なっている方は、食事を規制することが多く食制限とまでは行かずとも、普段よりも食べているものが不足することは事実です。そういった部分からも、しっかりとミネラルを摂ることができる「ポッカサッポロ コントレックス」はおすすめです。ミネラルが不足すると、ダイエット中の運動時に筋肉の痙攣が起こるなどの障害が出るので、しっかりと補給しましょう。

6位:硬度が低い海外の美味しい軟水「キリン ボルヴィック」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング6位

フランスから採取されているミネラルウォーターです。硬度は「60mg/l」と日本人でもゴクゴク飲むことのできる水として、国内でも人気を集めています。常温でも癖がなく美味しく飲めることで有名な、「キリン ボルヴィック」です。海外の軟水が好きな人が好んで飲んでいることで、かなり有名になったお水です。

5位:安くても美味しい「大塚食品 クリスタルガイザー」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング5位

購入するときの値段も安く、飲みやすいことで、日本人にも親しまれているアメリカのミネラルウォーターです。硬度は38mg/lとなっており「軟水」です。家庭でも箱買いをしている人がかなり多い「大塚食品 クリスタルガイザー」です。容器もコンパクトで見た目からも水の美味しさが伝わってくることから、自販機などにも販売されているほど有名なお水です。

通販であれば1000円で48本など、まとめて購入できる点がとても強く主婦の味方としても大活躍している、ミネラルウォーターです。容器も柔らかいので簡単に潰すことができ、ペットボトルの日などにもまとめて大量に出すことができる点も、おすすめできるポイントです。

4位:日本の代表ミネラルウォーター「サントリー 南アルプスの天然水」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング4位

日本の代表的なお水といえば「サントリー 南アルプスの天然水」です。硬度は30mg/lで「軟水」です。この水は「南アルプス」として名前が載っていますが、その一箇所だけで水が採取されるわけではなく「奥大山」と「阿蘇山」の三箇所で水を集めてこの「サントリー 南アルプスの天然水」が作られています。天然地下水を直接採水した後、空気に触れる前にボトリングしているので、とても新鮮でおすすめな水です。

サントリーが水にこだわっており、サントリーのウイスキーもかなり有名です。日本のウイスキーは水が美味しいことから、かなりの高い評価を世界から受けています。綺麗な水から作られるお酒は、世界でもトップクラスの品質を持っています。そのサントリーが販売している天然水なので、安心感も安定感も違いますね。

3位:日本の名水100選に選ばれた「コカ・コーラ 森の水だより 大山山麓」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング3位

日本の名水にも選ばれている「コカ・コーラ 森の水だより 大山山麓」です。水の硬度は40.7mg/lとなっており、「軟水」です。日本はもともと軟水の国なのですが、その中でも美味しく癖がなくまろやかな水にのみ「名水」の名前が与えられます。安心感も安定感があるので、安心して子供に飲ませることができ、主婦の方から人気を集めています。

2位:程よい硬度でご飯時の飲み物として最適「ペリエ(perrier)」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング2位

フランスの南フランスのヴェルジェーズで採水される硬度が400mg/lもある「硬水」です。天然の炭酸が含まれているミネラルウォーターです。この炭酸と硬水の口当たりの良さが、食事の場面を彩ってくれます。油物などの際にとてもよく合う飲み物で、味の濃いものとも相性がいいです。日本でも食事時に愛用して飲んでいる人も多いと言われるほどの人気を集めています。

人口の炭酸などと違い、天然の炭酸は粒が大きいです。口の中で爽やかに弾ける硬水の香りと、炭酸の刺激が食を弾ませます。海外ではお酒を飲まない方の食事時の、飲み物として親しまれています。値段は普通のお水よりも少しだけ高いですが、食事時にのみ飲むものとして購入しておくのがおすすめです。

1位:硬度が軽くて美味しく軽い!「コカ・コーラ い・ろ・は・す」

軟水・硬水のおすすめミネラルウォーターランキング1位

日本の方で飲んだことがない方はいないほどの有名な水「コカ・コーラ い・ろ・は・す」です。硬度は27.7~40.6mg/lとなっており「軟水」です。最近では様々なフレーバーが登場しており、炭酸飲料としても活躍している日本の代表的なお水です。ペットボトルを絞れることから、かなり有名になりそのペットボトルを潰したいがために、購入する人も続出したお水です。

今ではかなりの人気を誇っています。採水している場所は日本各地に存在しており、北海道、山梨、静岡、鳥取、宮崎、愛媛など様々な場所で「コカ・コーラ い・ろ・は・す」が作られています。口当たりもとても軽く、柔らかい飲み心地がとても美味しい軟水です。容器も可愛く植物由来の素材が使われているので、自然にも優しいお水です。

自分にあった硬度の水を飲み続けよう!

硬水と軟水ではどちらがいいということも、硬度が高いから美味しいということもありません。好みがあり飲みやすさや、飲みにくさには様々な個人の感想が多いです。自分自身にあっている軟水と硬水を見つけることによって、日々の健康を手助けする道具として機能してくれるでしょう。ぜひこの機会に、ランキングでご紹介した水から美味しいと思う水を探してみてください。

水に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb水のペットボトルは賞味期限どのくらい?開封後に日持ちさせる保存方法は?
Thumb水を毎日2リットル飲むダイエットは効果ある?正しい飲み方を紹介!
Thumb水素水の人気ランキング・比較まとめ!おすすめ商品の口コミなども紹介

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧