唐辛子の栽培方法まとめ!簡単な育て方のコツ・種まきや苗植えまで解説

唐辛子の育て方や栽培方法について気になっている方も多いでしょう。唐辛子の育て方や栽培方法は、少し変わっておりコツを掴めば誰でも簡単に栽培することができます。そんな唐辛子の栽培方法・育て方について詳しくご紹介していきます。

唐辛子の栽培方法まとめ!簡単な育て方のコツ・種まきや苗植えまで解説

目次

  1. 唐辛子栽培をして家で育てたい!
  2. 唐辛子を栽培するのに必要な道具を揃えることも大切
  3. 種から唐辛子を栽培する正しい育て方とは?
  4. 苗から唐辛子を栽培する育て方も簡単に紹介
  5. 唐辛子は苗の植え付け方もかなり重要!
  6. 支柱を立てる唐辛子の栽培方法と育て方
  7. 唐辛子は摘心と摘葉を行うタイミングに注意!
  8. 唐辛子の追肥の回数とタイミングとは?
  9. 唐辛子に水をあげる頻度や量にも気をつけよう
  10. 収穫時期とは?唐辛子の美味しいに収穫したい!
  11. 病気対策と害虫対策は唐辛子には基本!
  12. 唐辛子を栽培する上で育て方のポイントとは?
  13. 収穫した唐辛子は乾燥させて保存がおすすめ
  14. 唐辛子は生の状態でも保存可能!
  15. 家で簡単に唐辛子を栽培して見よう!

唐辛子栽培をして家で育てたい!

最近では簡単に色々な野菜が、家で育てられる時代になっています。家でもやしや、トマト、レモンなどを育てている家も多いのではないでしょうか?その中でも最近唐辛子の栽培や、育て方が人気を集めています。簡単に栽培しすることができ育て方も簡単なので、誰でも簡単に唐辛子を作ることができます。家で唐辛子を作れたら、まとめて乾燥させて保存しておきましょう。

家庭でも簡単に唐辛子が作れたら、生の唐辛子を使った料理を楽しむこともできます。辛いものが好きな方は、唐辛子を刻んで醤油などと一緒に炒めて、高菜などと混ぜるといいおつまみを作ることも可能です。生唐辛子は買う機会がないので、ぜひ家で栽培してみるといいでしょう。そんな育て方が簡単な唐辛子について、ご紹介していきたいと思います。

唐辛子を栽培するのに必要な道具を揃えることも大切

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその①

唐辛子の正しい育て方や、栽培の方法としては準備がとても重要です。唐辛子は基本的に根が短い植物です。ですので、水切れが良くないと腐ってしまいます。苗から育てる場合もプランターは深めのものを使用して水の切れが、いいものにしてあげましょう。サイズの詳しいセンチとしては「60センチ以上」のものを選ぶようにしましょう。

唐辛子の栽培方法とまず、一番重要なのがやはり土でしょう。土に関しては市販の野菜用の土で構いませんので、用意しておきましょう。自分で唐辛子の栽培用の土を作るのであれば「赤玉土6」:「腐葉土3」:「バーミキュライト1」の割合で用意しておきましょう。その次に、「石灰を用土10リットル」に対して「10グラム」と化学肥料を用土「10リットル」当たり「10〜30グラム」を混ぜると、土が完成します。

種から唐辛子を栽培する正しい育て方とは?

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその②

唐辛子の基本的な育て方は、タネからスタートする場合と苗から育てる場合で大きく違います。まず種から栽培する育て方をご紹介します。3月上旬~4月上旬頃に種まきを行います。この時は苗わけをまだせず、広い状態の土どこに種を蒔きます。発芽後は、葉っぱが一つ二つついている状態で、ポットを小分けにしてあげます。そうすることで、他の根っこと鑑賞することなく、唐辛子の栽培ができます。

ポットに直接埋める場合は、2〜3センチの間隔で種を土に押し込むようにして埋めます。そこで発芽したらいい苗だけを残して、他は間引いてしまうことが大切です。唐辛子の基本的な栽培に関しては、かなりの時間と管理労力がかかります。発芽させる条件としては温度を28度以上に保っておく必要があり、苗が安定するまで80日近くの栽培期間が必要になるのです。

苗から唐辛子を栽培する育て方も簡単に紹介

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその③

苗から唐辛子を栽培する方法をご紹介します。種からの場合い温度管理や、苗の安定などに時間がかかりすぎてしまい、その結果難しくて枯らしてしまう人がほとんどです。そういった部分からも、初心者の方であれば苗からスタートすることがおすすめです。まずホームセンターなどで唐辛子の苗を購入する場合、いい苗を見分けるための見分け方をご紹介します。

まず、色艶が良い本葉が8~10枚程度ついているものを選びましょう。さらに、節間が詰まって全体がしっかりと安定しているものを選びましょう。茎が太いと多くの実をつけることに適していますので、茎の太い唐辛子の苗を購入するようにしましょう。販売されている唐辛子の苗のほとんどが一番花が咲いていない状態です。プランターに移す時は、花が咲いてからにしましょう。

唐辛子は苗の植え付け方もかなり重要!

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその④

唐辛子は基本的に寒さにとても弱いです。暑い環境下を生き抜くための根っこの作りになっているので、プランターなどの安定している場所に移し替える時は、それなりに暖かい時期を選ぶ必要があります。唐辛子の植え方としては深めに、土を干しそこに優しく根っこが崩れないように、はめ込んであげましょう。そうすることで、植えた後も安定してくれるでしょう。

植える感覚としては、他のものと一緒に埋める場合25センチ以上の感覚を離して埋めましょう。近ずぎると風通しも悪く、それによって虫などが湧きやすくなってしまいます。片方が病気になった場合も同様で、近すぎると写ってしまい全ての唐辛子の栽培がダメになってしまいます。植え終わったあとは、たっぷりと水をあげて安定できるようにしてあげましょう。

支柱を立てる唐辛子の栽培方法と育て方

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑤

唐辛子は基本的に、安定した場所に植えたとしても風などで倒れやすい特徴を持っています。育て方としては支柱をしっかりと立て、そこにタコ糸などで結びつけてあげましょう。そうすることで、簡単に倒れなくなり安定してまっすぐに育つことができます。ヒマワリなどのように、太陽の位置によって変えられないので、どの角度でも当たるようにしてあげることが重要です。

支柱と茎の結び方としては、八の字になるように糸などで括り付けてあげましょう。最初のうちは数カ所でいいですが、大きくなっていくると支柱を中心として茎が育つので、どんどんと長くなっていきます。そうなると数カ所を止めてあげないと、上に伸びなくなってしまします。実もつきにくくなってしまうので、しっかりと茎を支えるようにしてあげることが正しい育て方です。

唐辛子は摘心と摘葉を行うタイミングに注意!

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑥

自宅などでプランターを使って唐辛子を栽培する育て方についてですが、摘心と摘葉をしっかりと行うことがとても重要です。一番花として出てきたそれより下の花は、全て積んでしまいましょう。枝も同様です。そうすることによって余分な養分を吸われることなく、しっかりと実を育てることができるようになります。一番花よりも先の花は、放っておいても構いません。

このようにできたタイミングですぐに、唐辛子のために摘み取る育て方が重要です。唐辛子の一番花よりも後ろに出たものを、摘み取らないとどんどんと唐辛子が弱っていってしまいます。それに養分を吸われて、茎などを成長させることができなくなってしまうのです。いらないものはしかりと摘み取るようにしましょう。それが、正しい唐辛子の育て方と言えます。

唐辛子の追肥の回数とタイミングとは?

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑦

肥料を追加するタイミングはさまざまですが、基本的には肥料を追加するタイミングは決まっています。一番花がついたタイミングで1回目の肥料をあげましょう。量としては、一株あたり10グラムほどです。他にも、2週間に一回のタイミング同じ量あげましょう。忘れてしまうと枯れてしまう可能性がありますので、忘れないようにしましょう。

唐辛子の固形の肥料の場合、2週間に1回ですが液体肥料の場合1週間に1回で、水と一緒に与えることが重要です。しっかりと量と回数を守って与えるようにしましょう。そうすることで、枯れることなく安定して、唐辛子を育てることができます。育て方としては肥料のタイミングは夏場などの場合、枯れやすくなってしまいますのでしっかりと注意して管理してあげましょう。

唐辛子に水をあげる頻度や量にも気をつけよう

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑧

唐辛子の育て方として一番重要なことが、水やりです。水を与える時に根がもともと短いので、与え過ぎてしまうと枯れてしまう原因になります。そういった部分を避けるためにも、しっかりと水の量とやり方には注意が必要です。基本的には朝と夕方の2回で大丈夫です。唐辛子の根っこなどが乾燥してしまうと、すぐにダメになってしまいますので、注意しましょう。

唐辛子の持っている土壌を乾燥させないためにも、株元に敷き藁やピートモスを敷いてしっかりと土壌の乾燥対策を行うようにしましょう。勢いよく与え過ぎてしまうと、根っこが短いので枯れてしまう可能性があります。優しく表面にかけるように、水を与えてあげましょう。雑に与えすぎると、土がめくれて大変なことになってしまいます。

収穫時期とは?唐辛子の美味しいに収穫したい!

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑨

唐辛子の収穫のタイミングとはいつなのでしょうか?これはなかなか野菜などを作っている方で、なければわからないですよね。家で野菜などを作っている方であれば、タイミングを合わせて収穫などを行いたいと考えていると思いますが、唐辛子を苗から埋めて2、3ヶ月ほどで収穫時期を迎えます。それに合わせて収穫をすると新鮮で美味しいです。

花が咲いた時であれば、そこから2週間ほどで身がなり収穫時期になります。それを過ぎてしまうと、どんどんと乾燥していき、種を作るために栄養素が種の方に吸い取られてしまいます。そういった部分からもなるべく早く収穫してあげましょう。乾燥させる場合などは、根っこの部分を切り取り逆さまにし吊るして、風通しの良い場所で乾燥させましょう。

病気対策と害虫対策は唐辛子には基本!

唐辛子の簡単な栽培方法と育て方・コツその⑩

唐辛子にも基本的に害虫が寄ってきます。アブラムシやてんとう虫、ハダニなどが発生してます。4~11月に大量発生するアブラムシは、排泄物によって葉っぱが死んでしまいます。他にも唐辛子の実なども影響を受けます。基本的にアブラムシなどは、茎などに針を刺して養分を吸収する特徴を持っています。早めに薬品を買ってきて対策をしましょう。

ハダニなどは水に弱いので、定期的に葉っぱ自体に水を吹きかけ洗い流してあげることがおすすめです。害虫などは見つけたタイミングで駆除するのではなく、しっかりと前もって対策しておくことがとても重要になります。しっかりと覚えて対策をあらかじめ、練っておきましょう。出てきてから慌てるようでは準備不足です。また苗自体の風通しも重要な要素なので注意しましょう。

唐辛子を栽培する上で育て方のポイントとは?

唐辛子を栽培する上でのポイントをご紹介します。過去にナス科の植物を植えた土を使ってしまうと、腐ってしまうので注意が必要です。他のナス科と隣接している場所に植えてしまった場合でも、同じことがおきますのでしっかりと注意しましょう。日当たりが悪いと花がつきづらいのでしっかりと日光の管理をして、万全の状態にしてあげることが、育て方としてかなり重要です。

光合成をしっかりと行えないと、植物は養分を作り出すことができなくなってしまいます。葉緑体の力をしっかりと発揮するためにもしっかりと日光に当てて、しっかりと水分を与えてあげましょう。もともとは暑い地域の植物なので、温度管理がとても大変です。苗から育てた場合はそうでもないですが、しっかりと管理して育ててあげる必要があります。

収穫した唐辛子は乾燥させて保存がおすすめ

唐辛子を簡単に保存するコツその①

唐辛子の保存方法として一番有名なのが、乾燥でしょう。唐辛子を乾燥させることによって、長持ちさせることができます。基本的には採取した唐辛子をそのまま吊るし、乾燥させることが一般的です。風通しの良い場所に置いておき、カラカラになったら密封容器に入れ保存するというやり方です。これが、一番便利で使い勝手がいい保存の方法でしょう。

育て方も重要ですが、保存の方法もとても重要と言えます。しっかりと保存を行わなければせっかく作った唐辛子がダメになってしまいます。乾燥させた唐辛子に関しては、オリーブオイルなどとつけることによって、簡単に唐辛子オイルを作ることができます。パスタなどでも簡単に使うことができ、なおかつ美味しいのでとてもおすすめです。ぜひ試してみましょう。

唐辛子は生の状態でも保存可能!

唐辛子を簡単に保存するコツその②

唐辛子は実は生の状態であっても、保存することが可能です。しっかりと保存することによって生が持っている風海を生かして、料理を行うことができます。生の唐辛子はそこまで辛くなく、すっきりとした辛さを持っていることが特徴です。そういった部分を生かしてお肉料理に使用したり、さらには簡単にできるご飯のお供としても利用することが可能です。

パスタなどに入れるハラペーニョなどと同じ要領で、日本の料理にも使用することができますので色々活用してみましょう。オイルに生の状態で入れることによって、より香りも引き立ちますし何より食感が美味しいので、とてもおすすめです。しかし辛いものが苦手な方であれば、少量で控えておくことをおすすめします。

家で簡単に唐辛子を栽培して見よう!

家で簡単に行える唐辛子栽培ですが、色々と気をつけるべき点は多いと言えます。他の植物と違い根っこも短いので育てるまでに、かなりの時間がかかってしまいます。そういった部分を加味して唐辛子を育ててみましょう。夏場などに育てると、安定して唐辛子を栽培することができますので、ぜひ試してみてください。梅雨などの時期に始めてしまうと、湿気などに弱いので危険です。

自宅で様々な野菜を栽培している方であれば、簡単に育てられると言えます。そんな唐辛子の育て方と保存、栽培方法などについてご紹介しました。種からは育てることが難しいですが、苗からであれば比較的簡単に実をつけることが出来ます。自分で栽培した唐辛子はとても美味しいので、ぜひこの機会にあなたも唐辛子の栽培に挑戦してみてくださいね。

栽培に関するの他の記事が気になる方はこちら

Thumb
Thumbブロッコリーの栽培・育て方のコツ!種まきや苗植え・収穫の注意点は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbごぼうの栽培方法のコツ!種まきや収穫の時期・育て方のポイントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-19 時点

新着一覧