缶詰の開け方を解説!缶切りがない時の裏ワザやスプーンを使う方法とは?

皆さんは、市販の缶詰の開け方をご存知でしょうか。基本的な缶切りを使った簡単な開け方はご存知かもしれませんが、そのほかにもスプーンなどを使った方法もあるのだそうです。ということで今回は、簡単にできる缶詰の様々な開け方を詳しくご紹介していきます。

缶詰の開け方を解説!缶切りがない時の裏ワザやスプーンを使う方法とは?

目次

  1. 誰でも簡単!缶詰の開け方
  2. 缶切りを使った基本的な缶詰の開け方
  3. 慣れないと怖い?缶切りでの缶詰の開け方
  4. 簡単に開けられる?スプーンでの缶詰の開け方
  5. 缶詰はドライバーでも開けられる?ドライバーを使った開け方
  6. ハサミや包丁を使った缶詰の開け方!
  7. 棒で開ける?ピックを使った缶詰の開け方
  8. コンクリートで開ける?屋外での缶詰の開け方!
  9. 10円玉で開ける方法?小銭を使った缶詰の開け方!
  10. 方法色々!缶詰の開け方まとめ

誰でも簡単!缶詰の開け方

皆さんは、市販の缶詰の開け方というのをご存知でしょうか。缶詰の開け方と言えば大抵の方は缶切りを使って開ける様子を想像することでしょう。元々そのために制作されたものですし、それを使用すれば硬い缶詰の蓋も誰であっても簡単に開けることが可能になるので便利です。

しかし、外出先や辺りに缶切りが見当たらない状況で缶詰を開ける時にはどうすれば良いのかというのも、知っておきたいところかもしれません。実は缶切り以外にも開ける方法はたくさんあり、スプーンを使ったりハサミなどでも開けることは可能なのだそうです。ということです今回は、缶詰の簡単にできる様々な開け方についてまとめてみました。

Thumb缶詰の賞味期限切れはいつまで食べられる?安全性や捨て方を徹底調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

缶切りを使った基本的な缶詰の開け方

ではまず最初に、缶切りを使用した缶詰の開け方をご紹介していきます。まず、缶切りの引っ掛ける部分があるのでそこを探し、見つけたら缶詰の淵にその部分を引っ掛けます。うまく固定されたら準備完了なので、缶切りの尖っている部分を缶に押し当てるイメージで、手前に引っ張っていきます。

その缶切りの尖った部分が缶の中に入ったらオーケーです。ここまでやることができれば、あとは缶切りを起こして少し後ろにずらし、もう一度尖っている部分を缶に当てて手前に引っ張ります。傾けて行けば、最初と同じように缶詰の中に入っていくので、これを繰り返せば缶詰を開けることができます。

缶切りをたくさん入れ込んで切り込みを入れていけば、缶詰の蓋はだんだん浮いてきます。十分に缶切りを使って開けられたら、あとは浮いた蓋を開ければ完了します。ちなみに缶詰の蓋の部分は手を切りやすいので、開けるときには充分に注意して下さい。缶切りの尖っている部分を蓋の間に入れて開ければ、怪我をすることなく開けられるのでおすすめです。

Thumb缶詰の美味しいレシピまとめ!簡単アレンジ・本格料理の作り方を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

慣れないと怖い?缶切りでの缶詰の開け方

缶切りを使った基本的な缶詰の開け方をご紹介しました。最近では自販機のアルミ缶のようにプルタブの付いている手だけで開けられるタイプの缶詰めが多く出回っているようなので、もしかしたら缶切りを一度も使ったことがないという方も意外と多いのではないのでしょうか。

缶切りを使った開け方というのは、慣れないうちは少々危険かもしれません。ご紹介したように尖っている部分がありますし、缶詰側も開いていくと開く蓋がギザギザになっていて不用意に触ると指を切ってしまう恐れもあります。もし不器用だと上手く蓋を開けないこともあるようですので、慣れるまでには少し時間が要るようなのです。

簡単に開けられる?スプーンでの缶詰の開け方

もしも辺りに缶切りがないという場合には、身近にある他の物が缶切りの代わりに缶詰を開けられる道具して使うことができます。ほぼ必ず家の中にあるものから、もしあったら缶詰を開けられるものまで色々とあります。そんな中でよく知られているのが、スプーンを使った方法です。

スプーンならばどの家庭にもほぼ必ずありますから、もし缶切りがない時には代わりに使うことができますね。カレーライスを食べるためのもののような大きめのスプーンならなおやりやすいそうです。使い方も簡単で、ご紹介した缶切りでの開け方と同じように穴を開けたいところをスプーンでグッと擦るだけです。

ためらうことはないので、自分が持てる最大の力で小さく擦っていきながら、スプーンの先を缶詰に押し込んでいきます。するとどこかで穴が一つ開きますので、それをとっかかりの穴として使います。後はスプーンを使ってその穴を広げれば、中身を取り出すことができる大きさまで広げることができます。

缶詰はドライバーでも開けられる?ドライバーを使った開け方

ご紹介したスプーンと同じように缶詰を開けるのによく使われているのがドライバーです。これはスプーンと同じく缶詰を開けるときに力を入れやすいのが理由なのだそうで、使うものはマイナスドライバーのような平らな部分があるものが使いやすいとされているようです。

やり方はスプーンと同じく擦っていくだけですが、ドライバーを使う前に、包丁の柄の部分などで缶詰を叩いておき、缶詰を開けやすい状態にさせてからこすると、上手く開けられる確率が高くなるのだそうです。また、ドライバーの柄の部分に輪ゴムなどを巻き付けておくと手が滑らないので、缶詰も開けやすくなります。

ハサミや包丁を使った缶詰の開け方!

続いては、ハサミや包丁といった刃物を利用した缶詰の開け方です。料理に使う果物ナイフやキッチンハサミはさすがに調理のために使うため力も入れやすく、缶きりの代わりに缶詰を空けるのにはうってつけの道具になるでしょう。裁縫で使用するハサミも先が尖っていれば使いやすいです。

開け方はこれも缶切りと同じく、包丁やハサミの先端で缶詰を押して穴をあけます。後は開いた穴を使用したもので広げていけば、缶詰を開けることが可能です。ただし、予想はされるかと思いますがハサミや包丁はご存じのように刃物です。

缶詰もけがをする恐れはありますが、刃物を使用する分その可能性が高まってしまうのは否めません。なので、缶切りなどを使用するよりも一層注意をする必要があります。例えば、包丁で缶詰を開ける時には手元の方の刃の部分で開けていくと、手が滑ったりせずにできます。

棒で開ける?ピックを使った缶詰の開け方

氷を砕くためのアイスピックやたこ焼きをひっくり返すためのピックといった、先端の尖っているものでも缶切りの代わりとして缶詰を開ける方法になりえます。開け方は、まずピックで何か所か細かい穴を開けていって、その上からグッと押していきます。

押して力を加えると、缶詰の蓋が内側にめり込むので開けることができます。ただ、この方法だと蓋の破片が缶詰の中に入ってしまう可能性もありますので、食事にする時にはそういったものが入っていないかを注意することを忘れないでください。

缶切り以外の道具で缶詰を開ける方法をご紹介しました。どんな道具を使うとしても、共通して缶詰に最初に穴を開ける時は一度に穴を開けられるようしっかりと力を入れる必要があります。応用として一定の大きさの穴を開けることができたら、ペンチで挟んで力技で開けるといったことも可能なようです。

コンクリートで開ける?屋外での缶詰の開け方!

アウトドアでキャンプをするなど、屋外でも保存が効く缶詰を利用することはあるでしょう。だけれど肝心の缶切りはなくてどうしよう、といった時にも屋外のみでできる缶詰の開け方があります。その1つが、平らなコンクリートや石を使った開け方です。

平らなコンクリートや石に缶詰をこすりつけても、缶詰を開けることができます。やり方は、缶切りをひっかけるための少しだけ出っ張っている部分を平らで硬いところにゴリゴリとこすりつけます。するとその部分が削れて平らになるので、持つ部分になる側面をギュッと握ります。

その状態で側面をしっかり握ると、蓋の部分が潰れてくれます。そうしたら取り外すこともできるので、蓋を取り外して完了です。注意点として、硬いところにこすりつけている時に缶詰の中にある汁がにじんで出てくるので、場所を選ぶことが必要になります。

10円玉で開ける方法?小銭を使った缶詰の開け方!

屋外で平らなコンクリートや石もない、といったときには、最終手段として小銭を使った缶詰の開け方があります。基本的な方法は今までのものとあまり変わらず、小銭で力を加えて穴をあけていくというものです。力を入れるときに手が滑ることのないよう、軍手を使ったりハンカチで固定させる工程が必要です。

手が滑らないようにできたら、スプーンでの缶詰の開け方と同じように小銭に力を入れていきます。そうすると穴も開くので、後は今までの方法と同じようにその穴を大きくして蓋を開けるだけです。ちなみにこの方法だと、スプーンやハサミを使った開け方よりも手と缶詰が近いので、怪我をしないように気をつける必要性は変わりません。

方法色々!缶詰の開け方まとめ

缶切りを利用した基本的な缶詰の開け方や、それを利用せずにできる簡単な開け方をご紹介しました。手ごろなとことではスプーンやハサミ、包丁といったものでも開けることはできますし、ドライバーやアイスピックなどの道具でも缶詰を開けることは可能なようでした。

また、屋外にいるときにもできる缶詰の開け方をご紹介しました。コンクリートなどを使った方法でもできますし、少々危険ですが10円玉などの小銭でも開けることができるようでした。ただ、どの方法でも缶詰のギザギザになった蓋や利用した刃物で怪我をしないように、手を滑らないようにする工夫などは必要です。もしものときは注意して開けてみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-19 時点

新着一覧