朝ごはんのメニューは和食で!簡単でおいしいレシピ・献立の画像まとめ!

一日の始まりの食事である朝ごはんとても大切です。そんな大切な朝ごはんは和食がおすすめです。和食は世界的にも体にいいと言われていて、朝ごはんには持ってこいの食事です。朝は作る人も食べる人もバタバタ忙しい時間帯です。そんな朝はパパっと作れるメニューがいいですよね。朝におすすめの和食の朝ごはんメニューをご紹介いたします。栄養満点の朝ごはんを食べて一日の活力にしましょう!

朝ごはんのメニューは和食で!簡単でおいしいレシピ・献立の画像まとめ!

目次

  1. 朝ごはんは健康にいい和食がおすすめ
  2. 朝ごはんは量よりバランス!
  3. おすすめ!和食の朝ごはんメニューの献立画像
  4. おすすめ!和食の朝ごはんのレシピ!
  5. ご飯に合う!さばの水煮缶の味噌マヨ和え
  6. ホクホクが美味しい!ぶり大根
  7. だしがジュワー!だし巻き卵
  8. パパっと作れる!ほうれん草のお浸し
  9. シャキシャキ触感!なめたけ
  10. 炊飯器にいれるだけ!鮭の炊き込みご飯
  11. 甘みが美味しい!ひじき煮の混ぜご飯
  12. みんな大好き!おにぎり
  13. 食べごたえ抜群!豚汁
  14. 一度食べたらやめられない!納豆汁
  15. 朝ごはんは和食がおすすめ!メニュー画像のまとめ

朝ごはんは健康にいい和食がおすすめ

和食というと、世界的にも健康にいい食事としてユネスコ無形文化遺産にも登録されました。「さしすせそ」と言われる調味料で、素材の味を引き立てる味付けで作る和食は日本人の誇りともいえるのではないでしょうか。

そんな健康にいいとされた和食ですが、和食を食べると心温まる、ほっとした気持ちになることはありませんか。美味しいからだというのはもちろんですが、優しい味付けの和食心が落ち着きます。

一日の中でも一番、活力になる朝ごはんですが、そんな一日の始まりの朝ごはんをぜひ、健康且つ、ほっとする和食でスタートさせてみませんか。おすすめの美味しい朝ごはんの和食メニューや献立をご紹介いたします。

Thumb和食のおかずで人気のメニューは?簡単に作れるレシピを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

朝ごはんは量よりバランス!

和食はよく「一汁三菜」と言われ、ごはんと漬物の他に、お味噌汁などの汁物に、魚やお肉、野菜を使ったおかず三品がバランスがよく体にも良いとされています。

といっても、朝からたくさん食べられない方もいますよね。また、たくさん食べたくても、時間に余裕がなかったりもします。そういうときは「一汁三菜を参考に「おかずを少しずつ」食べるのがいいですよ。

ワンプレートにすると、見た目も華やかになり、食欲がさらにわきます。この画像のような種類の多いおかずにはしなくてもいいですが、朝ごはんをワンプレートで可愛らしく見せるのもおすすめですよ。

Thumb朝ごはん簡単レシピ!おすすめ人気の和食・おかずや時短ワザも紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

おすすめ!和食の朝ごはんメニューの献立画像

和食の朝ごはんを毎日作るとなると、献立に悩んでしまうこともしばしば。毎朝、忙しい朝にパパっと作れて、栄養がたっぷりあるメニューにしたいですよね。そんな朝ごはんにおすすめの和食の画像をご紹介いたします。

和食の朝ごはんといえばやはり「魚料理」ではないでしょうか。白ご飯、サバの塩焼き、赤だしのお味噌汁という定番の朝ごはんですが、これだけあれば満足できますよね。さらに、お漬物や、お野菜などを上手く取り入れて、和食のおかずのバリエーションを増やしています。上記の和食の画像のように全て手間をかけた料理でなくてもいいのです!

こちらの和食の画像は鮭です。サバの塩焼きは和食の朝ごはんの定番ですが、鮭も同じくらい定番で人気があります。鮭の他には、小鉢としてひじきやお漬物、海苔という手軽な献立でも朝ごはんとしては十分です。

お子様から大人まで年齢問わず人気があるのが、卵かけごはん。卵がけごはんは、新鮮な卵をアツアツごはんにのせ、だし醤油を回しかけるだけで簡単にできるので忙しい朝にはおすすめの和食ごはんです。お味噌汁を豚汁にすることによって、お肉や、野菜をふんだんに摂取することができるのでおすすめです。

朝ごはんは食べた方がいいのは分かりますが、朝から食欲がないときもありますよね。そういうときには、こちらの和食の画像のようなお粥がおすすめです。梅粥、卵粥、芋粥などお粥にも種類があるのでぜひ食欲がないときに、お試しください。

白ご飯が苦手な方には、炊き込みご飯がおすすめです。こちらの和食の画像のような炊き込みご飯なら、ご飯自体に味がついていて、にんじんなどの具材が入っているので、おかずが少なくても食が進みます。付け合わせとして、ひじきやきんぴら、お浸しなどを準備するだけで満足感がアップします。

ほんのり甘い味が食欲をそそるひじきご飯もおすすめです。ひじきには栄養がたっぷりあるので、積極的に摂取したい食材です。きんぴらごぼう、お味噌汁、焼魚、デザートとしてヨーグルトという和食の献立は栄養も満足感もあっておすすめです。

お茶碗に白ご飯というと、食べにくいという方には、こちらの画像のようなおにぎりもおすすめです。適度な大きさのおにぎりをつくり、海苔を巻くだけで、食欲がそそりませんか。また、おにぎりにおかずを入れて海苔でサンドする「おにぎらず」も人気です。おかずをサンドするので、時間がない朝にはパパっと食べられるのでいいですよ。

朝から食欲があるときは、こちらの画像のようなネバネバ丼もおすすめです。納豆、オクラは体にいいのはご存知ですよね。どんぶりだと、おかずがご飯の上にのっているので、あとは、お漬物やお味噌汁があれば十分です。スタミナたっぷりのネバネバ丼をぜひお試しください。

上記でおにぎりの献立をご紹介いたしましたが、おにぎりはおにぎりでも、「焼きおにぎり」もおすすめです。醤油やみそベースの味付けで、こんがり焼くだけで美味しさがアップします。トースターを利用すればパパっと作れるのでぜひ、お試しください。

Thumb朝ごはん簡単レシピ!おすすめ人気の和食・おかずや時短ワザも紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

おすすめ!和食の朝ごはんのレシピ!

上記の画像で紹介した通り、やはり朝ごはんは夜ごはんに比べると、種類も量も少ないです。少しの量で栄養満点な美味しい人気の和食レシピをご紹介いたします。ご紹介する和食ごはんは、朝ごはんでなくても夜ごはんやお弁当にもおすすめですので、ぜひ活用してみてください。

ご飯に合う!さばの水煮缶の味噌マヨ和え

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー①

さばは和食の定番の食材です。生のさばより扱いやすく、ダイエット効果があると一時期人気となったサバの水煮缶。そのさばの水煮缶を使った簡単な和食の朝ごはんのレシピをご紹介いたします。ご飯にとても合うので、どんどんご飯が進みます。

材料は、さばの水煮缶、マヨネーズ、白みそ、たまねぎです。まず、たまねぎをみじん切りにし、600Wの電子レンジで1分ほどチンします。次に、白みそ、マヨネーズ、さばの水煮缶の汁をよく混ぜ合わせます。さばの水煮缶を耐熱容器に移し500Wの電子レンジで1分ほどチンします。

ほんのり温かくなったら、あらかじめ合わせておいた味噌マヨをかけて混ぜ合わせればできあがりです。ごはんにかけて食べてもとても美味しいのでぜひ、試してみてくださいね、

ホクホクが美味しい!ぶり大根

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー②

時短で簡単なのに、しっかり味がしみ込んだ和食の定番のぶり大根。生臭さが苦手な方も美味しく食べられるぶり大根のレシピをご紹介いたします。朝からほっこりするぶり大根をぜひ食べてみてください。

材料は、ぶり、大根、しょうが、醤油、みりん、砂糖、粉末だし、水です。まず、ぶりに熱湯をかけて臭みを取っておきます。大根は軽く茹でておきます。鍋に、臭みを取ったぶり、軽く茹でた大根、醤油、みりん、砂糖、粉末だし、水を入れて中火にかけます。

煮汁が半分以上なくなるまで煮詰めればできあがりです。だしがしっかりしみ込んだとてもおいしいぶり大根は、ごはんにも合うのでおすすめです。ぜひお試しください。

だしがジュワー!だし巻き卵

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー③

だしが効いたフワフワのだし巻き卵。和食定食には必ずと言っていいほどありますよね。一度食べると、毎日でも食べたくなるほどおいしいレシピをご紹介いたします。アレンジも自由自在ですのでぜひお試しください。

材料は、卵、醤油、みりん、出汁、塩です。ボウルに卵を割り入れ、卵白を切るようによく泡立てます。だし、醤油、みりん、塩を入れ、さらによく混ぜ合わせます。混ざったら、卵焼き用のフライパンに油を入れ、中火で温めます。

フライパンが温まったら弱火にし、卵の4分の1を流し入れます。お箸で大きく混ぜ合わせ、半熟の状態で向こう側の端に寄せておきます。さらに卵の4分の1を流し入れ初めに流し入れた半熟の卵を手前へと巻いていきます。これを卵がなくなるまで繰り返せばできあがりです。

たったこれだけの作業で、簡単にフワフワでだしがあふれ出るだし巻き卵が作れるのです。朝ごはんだけではなく、お弁当にもピッタリなのでぜひ作ってみてくださいね。

パパっと作れる!ほうれん草のお浸し

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー④

あと一品あれば…と思ったときに、こちらのパパっと作れるほうれん草のお浸しがおすすめです。5分あれば作れるとても簡単なほうれん草のお浸しなのに、美味しいのです!ぜひ作ってみてください。

材料は、ほうれん草、醤油、粉末だし、鰹節です。まず、ほうれん草を茹で、冷水であくを取り、しっかり水気を切っておきます。次に、ボウルに、醤油、粉末だし、3㎝ほどにカットしたほうれん草を入れて混ぜ合わせます。器に盛り、鰹節をかければ、あっという間にできあがりです。お弁当にも入れられるので、ぜひお試しください。

シャキシャキ触感!なめたけ

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー⑤

アレンジがしやすいなめたけ。なめたけの甘辛い味付けが、白ご飯に乗せてたべるととても美味しいですよね。満足に十分に食べたいなら、手作りするのをおすすめします。お好みの味付けにできるのがいいですよ。常備菜にもなるので、ぜひお試しください。

材料は、えのき、醤油、砂糖、みりん、酒です。まず、えのきは石づきを取り、三等分にしておきます。鍋にえのき、醤油、砂糖、みりん、酒を入れ、木べらで焦げないようにかき混ぜます。ぬめりが出てきたらできあがりです。シャキシャキ触感が病みつきになるなめたけをぜひ、ご飯にかけて食べてみてくださいね。

炊飯器にいれるだけ!鮭の炊き込みご飯

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー⑥

白ご飯だと、食べにくい…という方もいますよね。そういう方には、炊き込みご飯がおすすめです。だしと食材の味がきいたご飯はおかずがなくても進みます。炊飯器に具材、だし、お米を入れてスイッチを押すだけで簡単にできるので、おすすめです。

炊き込みご飯といっても色々ありますが、鮭の炊き込みご飯をご紹介いたします。材料は、お米、塩鮭の切り身、しめじ、にんじん、醤油、酒、みりん、白だし、粉末だしです。まず、お米を洗い20分ほど水につけておきます。しめじは汚れをキッチンペーパーで拭き取り、石づきをとっておきます。

にんじんは、千切りにしておきます。炊飯器に洗ったお米を入れ、醤油、酒、みりん、白だし、粉末だしをいれます。水を千までいれ、具材を上にのせます。最後に鮭の切り身をのせ、炊飯器のスイッチを押します。炊けたら、少し蒸らした後、骨と皮を取って、ご飯を混ぜ合わせればできあがりです。

甘みが美味しい!ひじき煮の混ぜご飯

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー⑦

栄養満点のひじきを使ったひじきご飯もおすすめです。ひじきの炊き込みご飯もおいしいですが、今回は和食のひじき煮の混ぜご飯をご紹介いたします。

材料は、乾燥ひじき、にんじん、油揚げ、醤油、みりん、酒、砂糖、粉末和だし、水、温かい白米です。あらかじめ、乾燥ひじきは戻しておきます。にんじんは千切り、油揚げは細切りにしておきます。まず、熱したフライパンににんじんを入れ軽く炒めます。油揚げと戻したひじきを入れさらに炒めます。

醤油、みりん、酒、砂糖、粉末和だし、水を入れ、弱火で煮汁が半分以下になるまで煮詰めればひじき煮のできあがりです。ひじき煮をボウルに移し、粗熱がとれたら、温かい白米を入れ、均一になるように混ぜ合わせればできがりです。煮汁を入れすぎるとベチャベチャになるので注意してくださいね。

みんな大好き!おにぎり

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー

なぜか不思議と、白ご飯をおにぎりにすると食欲がそそると感じたことはありませんか。朝食には食欲がない日でも、おいしくパパっと食べられるおにぎりがおすすめです。そんなおにぎりにも様々な種類があります。おすすめのおにぎりをご紹介いたします。

和風ツナマヨ

ボウルに、油を切ったツナ、マヨネーズ、醤油を入れ混ぜ合わせます。白いごはんの真ん中にたっぷりお好きなりょを入れてしっかり握れば、あっという間にできあがりです。簡単なのに、おいしいツナマヨおにぎりをぜひ作ってみてください。

めんつゆおにぎり

ボウルに、めんつゆ、ごま油、かつお節、ごまを入れしっかり混ぜ合わせます。しっかり混ざったら、調味料が入ったボウルに温かいご飯を入れ均一になるように混ぜます。おにぎりをつくり海苔で巻けばできあがりです、具材がなくてもおいしいおにぎりができるので、ぜひお試しください。

焼きおにぎり

ボウルに、醤油、粉末だし、みりん、ごま油を入れ混ぜ合わせます。その中に温かいご飯を入れしっかり混ぜわせ、適度なサイズのおにぎりを作ります。キッチンへ―パーにのせ、トースターで両面をこんがり焼けばできあがりです。香ばしい香りが食欲がそそります。朝ごはんだけではなく、お弁当にもぴったり!ぜひお試しください。

肉巻きおにぎり

ボウルに、醤油、酒、みりん、砂糖、粉末だしを入れ混ぜ合わせておきます。白ごはんを俵型に握り、牛肉または、豚肉の薄切りでご飯が見えないように巻いていきます。油をひいたフライパンでお肉の色が変わるまでしっかり焼きます。やけたら、あらかじめ合わせておいた調味料を流し入れ、ころころ転がしながら煮詰めればできあがりです。

食べごたえ抜群!豚汁

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー⑨

汁ものだけど、具材がたくさん入っていてそれだけでも満足してしまうトン汁。寒い冬にはもちろんのこと、夏でも食べたくなるトン汁レシピをご紹介いたします。和食の献立には何にでも合うのでぜひ作ってみてください。

材料は、豚バラ肉、ごぼう、たまねぎ、にんじん、大根、こんにゃく、味噌、粉末だし、ごま油、水です。まず、ごぼうは斜め切り、玉ねぎはくし切り、にんじんとだいこんはいちょう切り、こんにゃくは下茹でし手でちぎっておきます。

熱したフライパンにごま油をひき、豚バラ肉を炒めます、色が変わったら他の食材を入れ炒めます。水を入れアクを鶏ながら沸騰させます。粉末だしを入れ、具材が柔らかくなれば、味噌を溶かし入れればできあがりです。

一度食べたらやめられない!納豆汁

和食の朝ごはんの簡単献立メニュー⑩

食べたことがない人にとって、納豆汁と聞くとっておいしいの?と疑問に思ってしまいますよね。一度食べると、無性に食べたくなる納豆汁のレシピをご紹介いたします。朝ごはんにはぴったりですよ。

材料は、納豆、豆腐、大根、しめじ、えのき、味噌、だしの素、水です、納豆はハンドミキサーですりつぶしておきます。豆腐、だいこんは一口サイズに切り、しめじ、えのきは汚れを拭きとっておきます。

鍋に水、だしの素、全ての材料を入れ人に立ちさせたら、味噌を溶き入れます。最後に、弱火にして、ペースト状にした納豆を入れたらできあがりです。白ご飯がすすむ納豆汁をぜひ作ってみてくださいね。

朝ごはんは和食がおすすめ!メニュー画像のまとめ

朝ごはんは一日の中でも一番大切な食事です。一日のスタートを身体にいい和食からはじめませんか。忙しい朝にもパパっと作れて、おいしくササッと食べられる和食の献立、メニューをぜひお試しください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-18 時点

新着一覧