オイルヒーターのおすすめ特集!人気メーカーの電気代・特徴を徹底比較

ここ最近オイルヒーターが、かなり注目を集めています。オイルヒーターは部屋を乾燥させることも、火傷の心配もストーブなどに比べて格段に少ないのでおすすめです。実は電気代に関しても、ストーブやエアコンを同じ時間使うよりも実はお得になることも、オイルヒーターには多いのです。そんなおすすめのオイルヒーターの気になる特徴や、電気代の効率などをご紹介していきます。是非参考にして見てくださいね。

オイルヒーターのおすすめ特集!人気メーカーの電気代・特徴を徹底比較

目次

  1. オイルヒーターのおすすめとは?
  2. オイルヒーターは畳数とファンの枚数が重要!
  3. タイマーや省エネ機能がついているオイルヒーターを選ぼう
  4. 電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ10選を紹介!
  5. 1選目:浴室や洗面台におすすめ!「デロンギ オイルヒーター」
  6. 2選目:高い煙突が暖かさのコツ!「オイルヒーター 3〜8畳用ドラゴンデジタル」
  7. 3選目:子供の寝室におすすめ!「エスケイジャパン オイルヒーター」
  8. 4選目:放熱温度を細かく設定「マルチダイナミックヒーター」
  9. 5選目:広いスペースで暖かい!「オイルヒーター 10〜13畳用ドラゴンデジタル」
  10. 6選目:シンプルでもパワフル「山善 オイルヒーター」
  11. 7選目:スタイリッシュデザイン「デロンギ オイルヒーター」
  12. 8選目:足元を温めるのに最適「ミニ オイルヒーター」
  13. 9選目:移動もスイスイ!「YAMAZEN オイルヒーター」
  14. 10選目:様々な場面に対応!「アズイチ オイルヒーター」
  15. 自分におすすめのオイルヒーターを選ぼう

オイルヒーターのおすすめとは?

先ではガスストーブやファンヒーター、エアコンなどの様々な種類の暖房機会が増えています。その中でもオイルヒーターが注目されています。ファンヒーターやハロゲンヒーターなどと違っており、子供の火傷・火災の確率がかなり少なく、密室であればオイルヒーターがとても優秀である事がわかっています。電気代に関しても実はオイルヒーターの方がお得な可能性も出てきているのです。

しかしいきなりオイルヒーターと言われても、選び方に関しても他の面でも分からない部分が多いと思います。具体的な電気代の値段や、メーカーの特徴などを踏まえおすすめな、オイルヒーターがどれかをご紹介していきます。オイルヒーターの上手な選び方や使い方など、実際に今オイルヒーターを使っている方でも、為になる情報をご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

オイルヒーターは畳数とファンの枚数が重要!

オイルヒーターのおすすめな選び方その①

オイルヒーターには二種類のフィンの形が存在しています。「X字型」と「L字型」の二種類があります。この二つはそれぞれ特徴が分かれており、保温する温度帯も違います。X字型は従来のフィンの大きさの二倍もあり、ヒーター温度を60度前後にキープする力があります。それによって使用後の余熱も暖かく、暖房の効率がいいことから電気代にも優しいタイプなのです。

一方L字型は従来のフィンの1.5倍の大きさになっており、平均温度帯は50〜55度というムラがある状態になっています。L字型はフィンの枚数が多いとそのぶん温まりやすく、オイルヒーターを「稼働させている時間帯のみ暖かくなればいい」と思っている方にはおすすめです。X字型に比べると余熱が籠りにくく、冷えやすいので余熱を利用したい場合はフィンの数が多いものを選びましょう。

タイマーや省エネ機能がついているオイルヒーターを選ぼう

オイルヒーターのおすすめな選び方その②

オイルヒーターはじっくりと暖かくなる暖房機械です。気温のムラのある場所に設置してしまうと、効果を全く発揮しません。どちらかというと密封の空間を作ることによって、オイルヒーターによって作り出した暖かい空気を、循環させることで部屋を温めます。ですので窓際や小窓の下に設置して、部屋の温度帯の変化を抑えて使う事が目的として使われるのです。瞬時に暖かくなるのではなく、じんわりと部屋の空気を温めます。

付けっ放しになってしまうと、やはり電気代が高くなってしまうので、オイルヒーターのおすすめの機能としては、タイマーがついているものを選びましょう。消えるタイマーもつけるタイマーも両方ついていると、密室になっている部屋を暖める事ができます。他にもサーモスタットなどがついていると、温度の上がりすぎを防いで自動で停止する機能があるものを選びましょう。

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ10選を紹介!

オイルヒーターには様々な、おすすめなものが登場しています。オイルヒーターは基本的に、空気を乾燥させないことも、おすすめな部分です。子供などが多い場合空気が乾燥する暖房を使いがちですが、ウィルスの繁殖を加速させてしまうので、ストーブやエアコンなどの空気の乾燥をするものではなく、オイルヒーターがとてもおすすめです。

オイルヒーターは使い方をしっかりと行うことで、ストーブやエアコンよりも電気代が安くなります。フィンの効果による余熱や、電気効率がいいことから部屋で使う方が増えています。温度帯も60度が最大温度なので、1〜2秒間違って触ったとしても、火傷する心配がありません。小さい子供などがいる家で空気の乾燥が気になる方が、こぞって使っているおすすめオイルヒーターなどをご紹介していきます。

1選目:浴室や洗面台におすすめ!「デロンギ オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ1選目

こちらのおすすめなオイルヒーターはコンパクトなサイズ感で、「デロンギ」という会社から販売されている「オイルヒーター」という商品名のオイルヒーターです。高さ38.5cm、重さは約5.5kgとなっており、とてもコンパクトで軽量で持ち運びが楽々です。フィンはL字型を使用しており、平均表面温度帯は70度まで上がる設計になっています。ふわっと温まるように設計されており、こだわりの輻射熱と自然対流がおすすめです。

チャイルドロック機能がついており、プラグのロック機能もついているので、子供がいる場所でも安心して使用する事ができます。タイマー機能も2・4・8時間と種類を選べるようになっており、おすすめなオイルヒーターです。ボタンを押すだけで20パーセント消費電力をカットできる、エコモードも搭載しており電気代にも、優しくなっているおすすめオイルヒーターです。

2選目:高い煙突が暖かさのコツ!「オイルヒーター 3〜8畳用ドラゴンデジタル」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ2選目

1200Wの力を誇るおすすめのオイルヒーターです。畳数は3〜8畳となっており、子供の部屋や寝室などに便利に使う事ができるおすすめなオイルヒーターです。ウィンはX字型を採用しており、さらにはフィン自体を長細く煙突のような形にすることによって、熱の電動率や蓄熱率を上昇させ余熱でも、十分に温められるように設計されているおすすめなオイルヒーターです。

表面温度帯も60度にキープできるようになっており、エコモードも搭載されているので電気代にも、優しく暖める事ができるおすすめオイルヒーターです。温度設定・電力レベル調節・タイマー運転・チャイルドロックなど様々な機能がまとめて搭載されているオイルヒーターで、安全機能も素晴らしいことから人気を集めています。安全プラグにセンサーが搭載されているので、コンセントの漏電火災などを未然に防いでくれる機能も備えています。

3選目:子供の寝室におすすめ!「エスケイジャパン オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ3選目

「エスケイジャパン」から販売されている「オイルヒーター」という名前のオイルヒーターです。おすすめな理由としては、自然対流で優しく温度を循環させる事ができるので、子供の部屋にもおすすめなオイルヒーターと言えます。フィンガ7枚も使われているので、ダブル放熱を利用して部屋を効率よく、暖める事ができるおすすめなオイルヒーターです。

子供の部屋においても安全な理由としては、安全機能がしっかりとしている点です。万が一地震などが発生した場合、オイルヒーターなどが倒れる可能性がありそこから火災に、発展する場合も少なくありません。このおすすめなオイルヒーターは倒れた際に自動で電源を切ってくれるスイッチが内蔵されており、低価格なのですが安心できる設計と、温まりやすい設計がおすすめなオイルヒーターです。

4選目:放熱温度を細かく設定「マルチダイナミックヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ4選目

対応畳数は6〜8となっており、広い部屋にも使う事ができます。ただし居間のような空気がよく流動する場所では、あまりおすすめできません。畳数を多めに見積もってオイルヒーターを選ぶ事が重要ですので、家の畳数より大きい畳数設定のオイルヒーターを選びましょう。このマルチダイナミックヒーターは従来のオイルヒーターの、二倍の速度で暖める事ができるおすすめなオイルヒーターです。

遠隔操作用のリモコンを搭載している、めずらしいオイルヒーターです。エコモードも搭載しているので消費電力をしっかりと抑える事ができます。また温度帯もやけどなどを心配する必要のない温度なので、子供がいる部屋でも安心して使う事ができるおすすめなオイルヒーターです。チャイルドロックや安全スイッチなども搭載されており、ストーブなどと比べると、はるかに安全な事がわかると思います。

5選目:広いスペースで暖かい!「オイルヒーター 10〜13畳用ドラゴンデジタル」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ5選目

1500Wの出力を誇っており、10〜13畳の部屋を簡単に暖かくする事ができるオイルヒーターです。サーミスタ機能がついているので、最大温度で稼働しながらも温度が規定に達したら電源をオフにし、余熱稼働を行います。自動で切り替えを行うので、電気代の節約にもとてもおすすめです。カウントダウンタイマーがついているので、生活リズムを記録すれば指定の時間帯に自動で、稼働して自動で停止してくれるようになります。

17kgの重量があるので、子供であれば動かすことは難しい重量です。転倒時に自動で電流をカットしてくれる機能や、チャイルドロックなどの安全機能が全てついているおすすめオイルヒーターです。値段は39449円となっており、表面温度帯も60度をキープしてくれるので、火傷の心配や火災の心配が少ないおすすめのオイルヒーターです。

6選目:シンプルでもパワフル「山善 オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ6選目

こちらのオイルヒーターは「山善」から販売されている「オイルヒーター」という名前のオイルヒーターです。木造であれば6畳に対応しており、コンクリートであれば8畳まで対応しているオイルヒーターとなっています。三段階のパワー調節ができるので、電気代の節約におすすめなオイルヒーターで弱運転なら、1時間当たり14円となっています。余熱を蓄える効果が高いので、しっかりと温めてくれるおすすめオイルヒーターです。

大きさとしては幅53.3×奥行24.2×高さ61.6cmのサイズになっており、何処へでも運べる大きさです。転倒時にはしっかりと電流を遮断してくれる安全設計のほか、表面温度帯も70度となっているので火傷の心配や部屋の乾燥の心配が少ないおすすめオイルヒーターです。小型なので赤ちゃんなどのいるお家に、出産祝いなどとしてプレゼントするもののランキングでも、上位に入っているほど人気のおすすめオイルヒーターです。

7選目:スタイリッシュデザイン「デロンギ オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ7選目

こちらのスタイリッシュな見た目で、グッドデザイン賞を獲得した「デロンギ」から販売されている「オイルヒーター」という商品名のオイルヒーターです。値段は21000円となっており、重さは12kgです。外部に熱を伝えにくくする加工を施されており、そのため表面温度が70度まで上がるように設計されています。対応畳数は10畳となっており、安定したパフォーマンスを期待できるおすすめなオイルヒーターです。

オイルヒーターは基本的にフィンに触るような設計に、されていないためヒィンの角の部分が、尖っていたり手を傷つけてしまう可能性がありました。しかしこのおすすめオイルヒーターはくるみ式という、フィンを内側に巻いて持った際に指を傷つけないように工夫されています。コンセントの接触不良などの火災や、発熱などをいち早くトラッキングする機能もついているので、安心で安全なおすすめオイルヒーターです。

8選目:足元を温めるのに最適「ミニ オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ8選目

こちらのおすすめなオイルヒーターは「アイリスオーヤ」から販売されている「ミニ オイルヒーター」です。小さいスペースに利用すると、ふわっと温かみが伝わってくるおすすめなオイルヒーターです。マンションの玄関などにおいておき、帰宅時間に合わせてタイマーをセットできるので、暖かい部屋に帰ってくることができます。またお風呂場の脱衣所などに設置すると、より効果的に温めて冬の寒さを緩和してくれます。

電力自体はそこまで使用することなく温めてくれるので、電気代もそこまで上がることなく安心して、ピンポイントで、使うことのできるおすすめオイルヒーターです。冬場の寒い狭い場所などで使用すると、その効果と暖かさを実感できます。転倒時も安全設計がしっかりと備わっている、おすすめなオイルヒーターなので、子供がいる場所でも安心して使えますね。

9選目:移動もスイスイ!「YAMAZEN オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ9選目

こちらのおすすめなオイルヒーターは「YAMAZEN」から販売されている「オイルヒーター」です。機能美を重視して作成されているおすすめなオイルヒーターで、出力設定はダイヤルをひねるだけで行える簡単なタイプのオイルヒーターです。目安使用畳数6畳でそこまで広くありませんが、細かく出力を設定できるのでおすすめなオイルヒーターです。電気代などを効率よく落としながら温められます。

本体の重さが11kgもあるオイルヒーターなので、なかなか持ち運びに苦労してしまうのですが、このおすすめなオイルヒーターはキャスターがついていますので、持っていきたい場所にすんなり移動することができます。大きな部屋には適していませんが、マンションの玄関などで冬場に使用してあげると、廊下がふわっと暖かくなるおすすめなオイルヒーターです。

10選目:様々な場面に対応!「アズイチ オイルヒーター」

電気代は?人気メーカーは?特徴別オイルヒーターおすすめ10選目

このおすすめなオイルヒーターは「エーゼンワット」から販売されている「アズイチ オイルヒーター」というオイルヒーターです。対応畳数は6〜10畳となっており、広いスペースにも対応しているおすすめなオイルヒーターとなっています。

部屋の広さに応じて、自由に出力を切り替えることができるので、電気代を抑えたいときなどにおすすめです。生活リズムに合わせたタイマーもセットできるので、使いやすいオイルヒーターとして人気を集めています。

自分におすすめのオイルヒーターを選ぼう

オイルヒーターと一言で言っても、かなりの数が存在しておりその安全機能や、性能は様々です。しかしエアコンやストーブなどと違い、空気を乾燥させることがなくじんわりと温め安全な設計が備わっているので、子供のいる家庭などにもおすすめと言えます。この機会にぜひ、電気代を見直してオイルヒーターを使ってみてはいかがでしょうか?

ヒーターに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbヒーターの電気代を徹底比較!一番安い暖房器具や節約方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbヒーターのおすすめ10選!選び方のポイントやあったかい人気商品を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbこたつのヒーターを交換したい!その種類と取替方法をご紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-11-30 時点

新着一覧