寒天の栄養成分&効能を詳しく紹介!便秘解消など驚きの健康効果とは?

寒天の栄養成分と、その効果効能について詳しくご紹介します。寒天には、便秘解消効果やダイエット効果、美肌効果、生活習慣病の予防改善効果など、様々な驚きの健康効果があります。ボリュームはあるけれどカロリーが低いというのも寒天の良いところです。寒天の栄養成分を詳しく知って、その効果効能をぜひ健康に活かしましょう。効果的な食べ方も解説しますので、ぜひ実践してみて下さいね。

寒天の栄養成分&効能を詳しく紹介!便秘解消など驚きの健康効果とは?

目次

  1. 寒天は健康に良い栄養成分が豊富!
  2. ゼラチンと寒天はどう違うの?
  3. 寒天の80パーセントは食物繊維!
  4. 腸内環境を整えて便秘解消
  5. 健康的にダイエットできる
  6. 肌荒れのないキレイな肌を作る
  7. 高血圧の予防・改善を助ける
  8. コレステロール値を下げて健康に
  9. 糖尿病の予防にも効果的
  10. 赤ちゃんの成長を助ける「ガラクトース」
  11. 新陳代謝を促してくれる「ヨウ素」
  12. 昔ながらの棒寒天
  13. そのまま煮溶かして使える粉寒天
  14. さらに便利!糸寒天
  15. ご飯に混ぜて主食をヘルシーに
  16. スープに入れてボリュームアップ
  17. サラダにもプラスして栄養価アップ
  18. ハンバーグも寒天入りで低カロリー
  19. デザートのゼリーも寒天で
  20. 寒天の栄養で体を健康にしよう!

寒天は健康に良い栄養成分が豊富!

意外と栄養豊富な寒天

寒天には味が無くて、見た目に色もついていないので、あまり栄養が豊富なイメージはないかもしれません。しかし、寒天には健康に良い栄養成分が豊富に含まれているんです!ここでは、寒天に含まれる栄養成分とその効果効能について詳しく解説していきます。寒天にどんな健康美容効果があるのかを知り、ぜひ普段の食事に寒天を活かして下さいね。

ゼラチンと寒天はどう違うの?

原料と栄養の効能が違う!

寒天の栄養成分について解説する前に、イメージが似ているゼラチンと寒天がどう違うのかをご説明します。ゼラチンも寒天も、ゼリーやババロアなどを固める時に使われますが、実は内容は全く違うものです。ゼラチンは動物性のたんぱく質から作られているもので、冷やさないと固めることが出来ません。

それに対して寒天は、植物性の海藻から作られているもので、常温でも固まる性質を持っています。ゼラチンと寒天は原料が違うため、含まれている栄養成分も異なります。寒天は海藻が原料なので食物繊維が豊富ですが、ゼラチンには食物繊維は含まれません。

アガーやペクチンはどう違う?

料理やスイーツ作りを良くする人は、ゼラチン以外にも「アガー」や「ペクチン」も固める調理に使う食材としてご存知でしょう。では、これらは寒天とどう違うのでしょうか。アガーも、寒天のように海藻から作られるものです。アガーの原料は、カラギーナンという海藻や、ローカストビーンガムというマメ科の植物です。

冷やさないと固まらないゼラチンや、常温で固まる寒天とは違い、アガーは30~40℃の高温でも固まります。そのため、作ったものを常温においても型崩れしないというメリットがあります。また、固めた時に透明度が高く、水ゼリーを美しく作るのに適しています。プルンとした食感と、冷凍しても食感が変わらないところも良いポイントです、沸騰させると固まらなくなってしまうので、調理の際には注意が必要です。

ペクチンも、固める調理で使われます。ペクチンの特徴は、寒天やゼラチン、アガーでは固められない酸性の強いものでも固められるという点です。乳製品を分離させずに固めることも出来るため、牛乳ゼリーを作るときに使うのもおすすめです。ペクチンはフルーツからとれる多糖類で、フルーツジャムを作るときに煮詰めて固まっていくのはペクチンの作用によるものです。

このように、固める調理に使われるものは実はいろいろな種類があります。それぞれに特長が違いますので、用途に合わせて選ぶと良いでしょう。今回は、寒天の栄養成分と効果についての解説です。寒天は様々な調理に使えますから、ぜひその栄養成分についても知っておきましょう。

寒天の80パーセントは食物繊維!

寒天の栄養成分と効果効能①

ここから、寒天に含まれる栄養成分とその効能について解説していきます。寒天の栄養といえば、代表的なものは食物繊維です。寒天は80パーセントが食物繊維で出来ていて、様々な食材の中でもトップクラスに食物繊維が豊富な食べ物です。

しかも、寒天には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれているので、バランス良くとても良い効果を発揮してくれます。寒天に含まれる食物繊維には、「アガロース」と「アガロペクチン」の2種類があります。アガロースが持つ液体を固める作用と、アガロペクチンが持つ粘弾性によって、ゼリーなどを作ることが出来ます。

食物繊維は、炭水化物・たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルの5大栄養素に続く「第6の栄養素」と呼ばれるほど、体にとって重要なものです。また、寒天は海藻から作られているためカリウムやカルシウム、鉄などのミネラル成分も豊富です。不足しがちな食物繊維やミネラルを補給するのに、寒天はとてもおすすめです。

腸内環境を整えて便秘解消

寒天の栄養成分と効果効能②

寒天に豊富に含まれる食物繊維は、腸内環境を良くしてくれる作用を持っています。食物繊維は、体内に蓄積した老廃物や有害物質を吸着し、便と一緒に体外に排出するというデトックス機能を持つ栄養成分です。腸内で水分を含んで大きく膨らんだ食物繊維は、腸の蠕動運動を活発にする作用と合わせて、便を出しやすくします。

それによって便秘が解消されるため、腸内環境の改善につながります。また、食物繊維は腸内の善玉菌のエサになります。腸内には善玉菌と悪玉菌があり、悪玉菌が優位になると腸内環境が悪くなり、便秘や様々な体調不良・病気の原因になってしまいます。

善玉菌は悪玉菌を退治して腸内環境を健康に保ってくれるため、そのエサになる食物繊維はとても大切な栄養成分です。腸内環境を改善することは、免疫細胞の働きやホルモンの分泌を正常にすることにもつながるため、病気に負けない強い体を作ったり、精神面の健康維持にも効果的です。

健康的にダイエットできる

寒天の栄養成分と効果効能③

腸内環境を改善することは、多くの女性が頭を悩ませるダイエットにもとても良い効果を持ちます。腸は栄養を吸収して不要なものを排出するための大切な器官ですが、腸内環境が悪いとその機能がきちんと働きません。栄養の吸収が十分に出来ないと、せっかく良いものを食べていてもその栄養が活かされません。

栄養不足は代謝が下がる原因になりますので、太りやすく痩せにくい体質になってしまいます。ダイエットにおいて代謝を上げることはとても大切なことです。また、腸内環境が悪くて便秘がちになると、宿便のせいでお腹がポッコリしてしまいます。

ダイエットのために、脂肪を減らすことや筋肉をつけることを頑張る人は多いですが、案外便秘を解消するだけでもウエストがスリムになることは多いです。体を内側から整えて、腸内環境を良くすることは、ダイエットの近道になります。

肌荒れのないキレイな肌を作る

寒天の栄養成分と効果効能④

寒天に含まれる食物繊維による便秘解消効果は、ダイエットだけでなく肌を美しくするのにも効果的です。便秘状態だと、肌を綺麗にするのに必要な栄養素も十分に吸収することが出来ません。便秘を解消して腸内環境を良くすれば、栄養が十分に取れるようになって代謝が上がり、肌も綺麗になります。

吹き出物など繰り返す肌荒れにお悩みの方は、ぜひ腸内環境を整えることを考えましょう。外から使う化粧品でのケアで努力するよりも、内側からケアしていく方が肌荒れの改善は効果が早いですので、高価な化粧品を奮発して買う前に、ぜひ食生活を改善して栄養バランスを良くすることをおすすめします。

高血圧の予防・改善を助ける

寒天の栄養成分と効果効能➄

食物繊維は、体内の塩分濃度の調節に役立つ栄養成分です。それは、食物繊維がカリウムの吸収を助けることによって、ナトリウムとのバランスを正常に保ってくれるからです。

また、水溶性食物繊維に含まれるアルギン酸には、血液中のナトリウムの吸収を抑える働きがあります。これら効果は、高血圧の予防・改善につながります。また、脂質異常や高血糖など、様々な生活習慣病につながるリスクに対処することが出来るでしょう。

コレステロール値を下げて健康に

寒天の栄養成分と効果効能⑥

水溶性食物繊維には粘性があるので、脂肪やコレステロールを吸着して体外に排出するのを助けます。コレステロールというと油っぽいものを食べることによって増えるイメージがありますが、実は体内で自分で生産しているコレステロールもあります。

私たちの体の中では、コレステロールを原料にして胆汁酸を生成しています。食物繊維は胆汁酸も吸収してしまうので、不足した胆汁酸を肝臓で新たに合成することになり、コレステロールの消費量が増えて結果的にコレステロール値の低下につながると考えられています。コレステロール値を下げることは、動脈硬化の予防などに効果的です。

また、寒天に含まれる食物繊維の構成成分であるアガロペクチンも、コレステロールの低下に効果的な栄養成分です。アガロペクチンには血液をサラサラにする作用があり、これも動脈硬化や高脂血症などの生活習慣病の予防に効果的です。

糖尿病の予防にも効果的

寒天の栄養成分と効果効能⑦

食物繊維は、糖尿病の予防にも役立つ栄養成分です。私たちの体は食事をすると血糖値が上がります。血糖値は血液中の糖質量のことで、これをエネルギーに代謝することによって私たちは活動できます。食品の種類によって血糖値の上昇スピードには違いがあります。

血糖値を急上昇させた場合、一度に使い切れなかった糖分が余ってしまうと肥満や糖尿病の原因になってしまいます。また、血糖値の急上昇が続くと、糖の代謝に作用するインスリンを分泌している膵臓に負担がかかってしまい、血糖値の調整機能に障害が出やすくなります。これも糖尿病の原因です。

食物繊維は消化に時間がかかる栄養素なので、血糖値の上昇が緩やかになります。そのため、食物繊維を摂取することは糖尿病の予防に効果的だと考えられます。塩分バランス・コレステロール値・血糖値など、様々な点で寒天は生活習慣病対策に役立ってくれるのです。

赤ちゃんの成長を助ける「ガラクトース」

寒天の栄養成分と効果効能⑧

寒天の健康効果は、食物繊維によるものだけではありません。寒天に含まれる「ガラクトース」という乳糖の構成成分は、乳児の成長のためにとても大切な栄養成分です。ガラクトースは、肝臓でブドウ糖に変換されることによって私たちの体のエネルギー源として働きます。母乳にも含まれている成分で、赤ちゃんの成長を促進するためにとても大切な栄養です。

新陳代謝を促してくれる「ヨウ素」

寒天の栄養成分と効果効能⑨

寒天にはヨウ素も豊富に含まれています。ヨウ素は体に欠かすことのできないミネラル成分で、全身の細胞の新陳代謝を助けています。細胞の新陳代謝は、子どもから大人まで誰の体にとっても健康のために重要なことです。

特に成長期の子どもにとっては、健全な成長のためにとても大切です。ヨウ素の働きは子どもの脳の発達にも深くかかわっています。ヨウ素は過剰摂取に注意すべき栄養成分ですが、日常的な食事で寒天を食べて摂取する分には、過剰になる心配はありません。健康のために、安心して寒天を食べましょう。

昔ながらの棒寒天

同じ栄養でもカタチが違う寒天①

寒天の様々な健康効果について解説してきました。これらの効果効能を知ると、ぜひ寒天を食べたくなります!では、寒天を実際に料理などに活かすために、寒天の種類の違いを知っておきましょう。

寒天は、テングサやオゴノリといった海藻を原料にして、細胞間物質を抽出、濃縮し、冷却、凝固、凍結などの処理をしてから融解、乾燥と様々な工程を経て作られます。完成の形状にはいくつか種類があり、昔ながらの寒天としては角寒天や棒寒天などの固形状になったものが良く知られています。棒寒天は凍結乾燥されているため、料理に使う際には事前に水で戻す必要があります。

戻し方は、水洗いしてから適当な大きさに切り、水に浸けて揉み洗いして、20~30分ほど水に浸します。柔らかく戻ったら、固く絞って水気を切ってから使います。棒寒天には、粉寒天よりもミネラルを多く含むというメリットがあります。

そのまま煮溶かして使える粉寒天

同じ栄養でもカタチが違う寒天②

粉末状になった寒天は、そのまま煮溶かして使うことができるのでとても便利です。使う分だけ測るのも簡単なので、お菓子作りなどでも使いやすいでしょう。レシピによっては、先に溶かしておく必要がある場合もあります。棒寒天に比べるとミネラル分の含有量は劣りますが、食物繊維は豊富です。

さらに便利!糸寒天

同じ栄養でもカタチが違う寒天③

糸寒天は、棒寒天のようなかたまりではなく細くカットされた状態で乾燥されています。スープの具材として使ったり、サラダのトッピングとして使う場合にとても便利な種類です。水で戻す時間を短めにすると、寒天の食感を活かして調理が出来ます。使う料理に合わせて調整すると良いでしょう。

ご飯に混ぜて主食をヘルシーに

効果効能を活かす寒天レシピ①

寒天を日常的に食事に活かしたいなら、ご飯を炊く時に混ぜるのがおすすめです。おかずのレシピに寒天を使おうとすると、その都度レシピを考えたり調べたりしなければいけませんが、ご飯に混ぜるだけなら簡単で、習慣にしやすいです。寒天をご飯に入れるなんて、味が変わったり食感がおかしくなったりしないのかな?と心配する人もいるでしょう。

しかし、その心配はいりません。寒天入りのご飯は、普通のご飯とあまり味は変わりません。むしろ、もちっとした食感になったりツヤが出たりして、普通のご飯よりも美味しくなると評判です。炊き方は簡単で、普段通りにお米を洗って規定量の水を入れ、お好みの量の粉寒天を加えて混ぜて、いつものモードで炊飯スイッチを押すだけです。

粉寒天を入れるタイミングは、お米を洗ってセットした直後でも、炊飯をスタートするタイミングでも、いつでもOKです。粉寒天を入れる量はお好みですが、お米3合に対して粉寒天小さじ2杯を入れると、たっぷりと食物繊維を摂ることが出来ておすすめです。もちろん、初めての人や慣れていない人は、もっと少ない量で試してみても良いでしょう。

いつもご飯を炊く時に粉寒天を入れることを習慣にすれば、日常的に十分な食物繊維を摂れるようになります。体は毎日食べたもので出来ていきますから、栄養バランスを継続して整えることはとても大切です。寒天ご飯は腸内環境を整える食生活のために、とても役立つレシピです。炊き込みご飯を作るときに寒天を入れるアレンジも良いでしょう。

スープに入れてボリュームアップ

効果効能を活かす寒天レシピ②

棒寒天をスープに入れると、カロリーを高くせずにボリュームをアップさせることができるので、ダイエットにとてもおすすめです。インスタントのカップスープを作るとき、水で戻して水気を切った棒寒天を入れれば、ボリュームを増やして食物繊維の量も増やして、健康的にアレンジできます。棒寒天は食べやすい長さにカットして使いましょう。

棒寒天はキッチンばさみで切ってしまえばラクです。カップスープの種類はお好みでOKですが、クリーム系のスープにすると満足感が増します。クリーム系のスープなら、温めた豆乳を加えるのも美味しくて栄養価が高くておすすめです。もちろん、インスタントのスープだけでなく普段作っているスープや味噌汁などに糸寒天を入れるアレンジも良いでしょう。

糸寒天入り中華風スープ

糸寒天を使って美味しい中華風スープのレシピをご紹介します。中華スープに春雨を入れるのはよくあるレシピですが、春雨の代わりに糸寒天を入れるのもおすすめなんです。作り方は、①キクラゲを水で戻して、洗って千切りにします。②お鍋に、水・キクラゲ・酒・しょう油・中華スープの素を入れて火にかけます。

②煮立ったら塩コショウで味付けをして、水溶き片栗粉でとろみをつけます。③溶き卵を回し入れて混ぜます。④糸寒天を入れて軽く混ぜて、寒天が柔らかくなりすぎないうちに火を止めます。小口切りのねぎを散らして完成です。とろみがついていて満足感のあるスープです。

サラダにもプラスして栄養価アップ

効果効能を活かす寒天レシピ③

棒寒天や糸寒天は、サラダに使うのもとてもおすすめです。低カロリーでボリュームもあって、くせが無いので様々なサラダの味を邪魔せずに使えます。ここでは、寒天を使ったシーフードサラダのレシピをご紹介します。彩りが豊かで栄養価も高く、豪華なサラダです。

作り方は、①耐熱容器にシーフードミックスを入れて酒を振りかけて、ラップをかけて電子レンジで加熱します。レモン汁をかけて、冷蔵庫で寝かしておきます。②カットした棒寒天または糸寒天を水で戻し、水気を絞っておきます。

③ボウルに、シーフードミックス・寒天・ベビーリーフ・半分に切ったプチトマトを入れて、好きなドレッシングをかけて和えたら完成です。ドレッシングの種類は、シーザー・フレンチ・和風・胡麻・中華・サウザンなど、様々な種類が合います。

ハンバーグも寒天入りで低カロリー

効果効能を活かす寒天レシピ④

お肉料理に寒天を活かすことも出来ます。子どもから大人までみんなに人気のあるハンバーグも、寒天を活用することによってヘルシーにアレンジできます。このレシピでは、ハンバーグのタネのつなぎに卵を使う所を、代わりに寒天を使っています。コレステロールが気になる方にぜひおすすめな寒天アレンジレシピです。

作り方は、①棒寒天を水で戻し、水気を切ってみじん切りにします。②ボウルに、ひき肉とみじん切りの玉ねぎ、寒天を入れて、塩コショウをふってよく混ぜます。③粘り気が出るまでよく混ぜたら、ハンバーグの形に成形して、手で打って空気を抜きます。

④フライパンにオリーブオイルを熱して、ハンバーグを焼きます。両面に焼き色を付けたら、蓋をして中まで火が通るように蒸し焼きにしましょう。⑤焼き色がついたら、ウスターソース・トマトケチャップ・赤ワイン・砂糖・しょう油・水・バターを入れて、蓋をして煮込みます。

⑥ハンバーグから透明な汁が出てきたら火が通った合図です。ハンバーグだけ先に取り出して、お皿に盛りつけます。⑦フライパンに残ったソースを混ぜながら煮詰め、とろみが出たらハンバーグにかけて完成です。デミグラスソースをかけた濃厚なハンバーグですが、寒天を使うことによって通常よりもヘルシーに仕上がります。

デザートのゼリーも寒天で

効果効能を活かす寒天レシピ➄

寒天の使い方といえば、ゼリーなどのスイーツは定番です。みかんの缶詰を使って簡単に作れる寒天ゼリーをご紹介します。作り方は、①棒寒天を水に浸して柔らかくしておきます。②ゼリーを作りたい容器に、みかんの缶詰の果肉だけを入れます。汁は後で使います。

③お鍋にみかんの缶詰の汁を入れて、水に浸しておいた棒寒天を絞って一緒に入れます。④お鍋に水・砂糖・レモン汁を加えて火にかけ、寒天を溶かします。⑤④を②に流し入れます。ザルなどで漉しながら入れると綺麗にできるのでおすすめです。

粗熱が取れてから、冷蔵庫で冷やしたら完成です。ゼラチンでも同様に作ることが出来ますが、寒天で作った方がヘルシーですし、固まるのも速いです。もちろん、他のフルーツの缶詰を使っても同じ手順で作ることが出来ます。フルーツをミックスしても良いでしょう。

和スイーツの水ようかんも作れる

フルーツゼリーも良いですが、和菓子の方が好きな方には水ようかんもおすすめです。作り方は、①棒寒天を水で戻し、水気を切ってほぐします。②お鍋に寒天と水を入れて沸騰させ、寒天が溶けるまで煮ます。③寒天が溶けたら砂糖を入れて溶かし、さらしあんを加えてよく混ぜます。ダマが無くなるまでよく混ぜましょう。

④バットなど水ようかんを作りたい容器を水で濡らし、③を流し入れます。ザルで漉しながら入れるとなめらかで美味しくなるのでおすすめです。⑤粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やして、固まったら切り分けて完成です。夏場に爽やかに食べられるおすすめの和スイーツです。

寒天の栄養で体を健康にしよう!

寒天の効果効能はスゴイ!

寒天に含まれる栄養素と、栄養成分の効果効能について解説してきました。寒天の代表的な栄養成分である食物繊維は、便秘解消やダイエット、美肌作り、生活習慣病予防など、様々な健康美容効果を持っていると分かりました。また、寒天は他にもガラクトースやヨウ素など大切な栄養成分を含んでいます。

ゼリーやテリーヌなど固める調理法に使うだけでなく、ご飯に混ぜて炊いたり、スープやサラダに使ったりと、色々な活用法がありますから、ぜひ寒天を日常的に料理に活かしたいものです。ご紹介した活用レシピはどれも簡単なものばかりですので、ぜひ参考にして寒天の栄養成分を健康に活かして下さいね。

寒天について合わせて読みたい記事はこちら

Thumb寒天ダイエットの効果は凄いの?口コミや方法・デメリットも調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb寒天ゼリーの簡単レシピ!ダイエットでも飽きないおいしい作り方をご紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb寒天・ゼラチン・アガー・ペクチンの違いや使い方!代用できるの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-27 時点

新着一覧