ビールとジンジャーエールでシャンディガフに!割合や作り方は?

ビールは乾杯のドリンクの定番ですが、ビールの苦みが苦手だという人もいるでしょう。ビールが苦手な人には、ビールを使って作るビアカクテルがおすすめです。ビアカクテルは、ビールと他のドリンクを合わせることによってとても飲みやすくなっています。ここでは、ビールとジンジャーエールを合わせたシャンディガフの作り方をご紹介します。ジンジャーエールの割合によって、飲みやすいお好みのシャンディガフが作れますので、ぜひ試してみてくださいね!

ビールとジンジャーエールでシャンディガフに!割合や作り方は?

目次

  1. 意外とビールが苦手な人は多い!
  2. 飲みやすいビアカクテルがおすすめ
  3. ビアカクテルの定番!シャンディガフの作り方
  4. 割合はどれくらいで作る?
  5. グラスはよく冷やしておこう
  6. 本物のビールを使って作ろう
  7. ジンジャーエールの種類を選ぼう
  8. 気になるシャンディガフのカロリー
  9. ジンジャービアとどう違うの?
  10. シャンディガフをアレンジしたビアカクテル
  11. ビールとジンジャーエールは相性ばっちり!

意外とビールが苦手な人は多い!

ビールはやっぱり苦い…

飲み会の乾杯ドリンクといえば、ビールが定番です。しかし、ビールには特有の苦みがあって、この味がどうしても苦手だという人もいます。また、飲めないことはないけれども、ビールの苦みを美味しいと感じないという人も実は多いです。

それでも、大勢の飲み会で乾杯の飲み物を注文する時には、周りに倣って我慢してビールを飲むという人がたくさんいます。最近は、乾杯でビール以外の飲み物を頼めるような空気も広がってきていますが、多くの人がまとめてビールを頼んでいると、やっぱり他の飲み物を頼むのに抵抗を感じる人がいるでしょう。

飲みやすいビアカクテルがおすすめ

ビールが苦手だという人におすすめしたいのが、ビールを使って作るビアカクテルです。ビアカクテルは、ビールに様々なソフトドリンクや他のアルコール類を合わせて作るカクテルです。甘みのあるものと合わせることによって、ビールの苦みが和らいで飲みやすくなるので、ビールが苦手な人にとてもおすすめです。

ビアカクテルには、ビールとトマトジュースを合わせたレッドアイ、ビールとカンパリリキュールを合わせたカンパリビアなど様々な種類がありますが、ここでご紹介するのはビールとジンジャーエールを合わせた「シャンディガフ」です。

シャンディガフはビールにジンジャーエールを合わせているので、出来上がりの色合いがビールとよく似ています。見た目に差が小さいので、みんながビールで乾杯している中でシャンディガフを飲んでいても、あまり浮かないというメリットがあります。では、早速シャンディガフの作り方をご紹介します。

ビアカクテルの定番!シャンディガフの作り方

ビールとジンジャーエールで

シャンディガフの作り方はとても簡単です。作り方は、①冷やしたグラスに、半分までビールを注ぎます。②ジンジャーエールを静かに注ぎ、軽く混ぜたら完成です。材料はビールとジンジャーエールだけですし、手順もとてもシンプルで時間もかかりません!

シャンディガフは、誰にでもすぐに作ることが出来るビアカクテルです。ビールとジンジャーエールを混ぜる時、強くかき混ぜすぎると炭酸が抜けてしまいます。軽く混ぜる程度にして、炭酸が抜けないようにするのが、美味しいシャンディガフを作るためのポイントです。

割合はどれくらいで作る?

ジンジャーエールはどれくらい?

シャンディガフを作るときのビールとジンジャエールの割合は、1:1が丁度いい割合だといわれています。ただ、この割合はハッキリと決められているものではありません。ビールの苦みを抑えて甘みを強くしたい場合には、ジンジャーエールの割合を増やすのがおすすめです。

反対に、甘みを抑えてビールの味を強く出したい場合には、ビールの割合を大目にしましょう。使うビールやジンジャーエールの種類によっても味が変わりますので、材料に合わせた割合のバランスを調整すると良いでしょう。特にジンジャーエールは、種類によって甘みの度合いが変化しますので、シャンディガフの仕上がりにも影響します。

グラスはよく冷やしておこう

ビールとジンジャーエールで美味しいシャンディガフを①

美味しいシャンディガフの作り方のポイントとして、グラスを冷やしておくことがとても大切です。シャンディガフは基本的に氷を入れずに作るビアカクテルです。グラスが冷えていないと、せっかく冷たいビールとジンジャーエールで作っても、グラスに入れた時にぬるくなってしまいます。

また、飲んでいるうちに冷たさが失われるのも早いです。グラスをしっかりと冷やしておけば、冷たくて美味しい状態を保ったままシャンディガフを楽しむことが出来ます。もちろん、材料になるビールとジンジャーエールをよく冷やしておくことも大切です。

事前にグラスを冷やしておかなかった場合には、グラス一杯に氷を入れて一気に冷やし、氷を捨ててからビールとジンジャーエールを入れましょう。そうすれば、しっかりと冷たいシャンディガフが出来ます。この方法でグラスを冷やす場合には、グラスの表面に霜が付くのを冷えたサインと判断しましょう。

本物のビールを使って作ろう

ビールとジンジャーエールで美味しいシャンディガフを②

美味しいシャンディガフの作り方では、ビールの種類の選び方も大切です。ビールには色々な種類があり、発泡酒や第3のビールなどの種類も最近は増えています。しかし、シャンディガフを作る際には、本物のビールを使うことをおすすめします。

仕上がりの味がかなり変わりますので、普段発泡酒や第3のビールを飲んでいるという人も、ぜひビールで作ってみて下さい。また、黒ビールもシャンディガフを作る際にはあまり適さないようです。更に本格的な味わいのシャンディガフを作りたいという人には、イギリス産のビールがおすすめです。シャンディガフは元々イギリスのパブで飲まれていたカクテルが起源になっているためです。

ジンジャーエールの種類を選ぼう

ビールとジンジャーエールで美味しいシャンディガフを③

ビールの種類の次は、ジンジャーエールの種類についてです。ジンジャーエールの味は、ものによって大きく変わります。炭酸が強いものや、甘みが強いもの、逆に甘みよりも辛みが特徴的なものなど、使うジンジャーエールの味によってシャンディガフの味ももちろん変わります。

飲みやすいシャンディガフを作りたい場合には、甘みの強いジンジャーエールを使うのがおすすめです。他にも、「カナダドライ」や「ウィルキンソン・ドライジンジャー」ならさっぱりと軽い味に、「ウィルキンソン」なら炭酸の強い辛口な風味になるでしょう。

気になるシャンディガフのカロリー

お酒を飲むときには、カロリーが気になるところでしょう。飲み会が続くと太りそうな気がしますし、出来るだけヘルシーにお酒を楽しみたいと考える人は多いはずです。シャンディガフのカロリーは、グラス1杯あたり約75キロカロリーです。

これは、他のカクテルなどと比べると比較的低めな数字です。ちなみに、レモンサワーのカロリーはグラス1杯あたり約170キロカロリーです。 低カロリーだからといって沢山飲み過ぎると、もちろんカロリーオーバーになりますが、1杯辺りのカロリーが低いというのは安心できるポイントでしょう。

ジンジャービアとどう違うの?

シャンディガフはビールとジンジャーエールを合わせたビアカクテルです。名前とイメージが似た飲み物として「ジンジャービア」がありますが、これはシャンディガフとどう違うのでしょうか?答えは、アルコール度数の違いです。シャンディガフはビールをジンジャーエールで割った飲み物なので、アルコールを含んだカクテルです。

一方、ジンジャービアは生姜と砂糖と水に、酵母を加えて作られます。この作り方で出来上がるジンジャービアは、アルコール度数が1パーセント未満なので、酒税法上ではノンアルコール飲料に分類されます。このように、アルコール飲料とノンアルコール飲料の違いがあるのです。

シャンディガフをアレンジしたビアカクテル

ジンジャーエールをトマトジュースに

ビールをジンジャーエールで割るとシャンディガフですが、ジンジャーエールを他のものに変えると違ったビアカクテルを作ることが出来ます。例えば、ビールをトマトジュースで割ると「レッドアイ」というビアカクテルになります。

栄養価の高いトマトジュースを使ったヘルシーなカクテルです。使うトマトジュースの味によって仕上がりが大きく変わりますので、ぜひ美味しいトマトジュースを使って作ってみましょう。割合は基本的に1:1がおすすめですが、お好みによってアレンジOKです。

ジンジャーエールをレモネードに

ビールをレモネードで割ると、「パナシェ」というビアカクテルになります。レモネードの甘さがビールの苦みを和らげて、とても爽やかで飲みやすいカクテルです。割合は基本的に1:1がおすすめですが、お好みによってアレンジOKです。レモネードが無ければ、レモン風味の炭酸飲料を使って作ってみましょう。

ジンジャーエールをミントリキュールに

ビールにミントリキュールを加えると、爽やかで美味しい「ミントビア」というビアカクテルになります。暑い夏によく冷やしたミントビアは、爽快感抜群でとてもおすすめです。ミントの葉を添えると、見た目も爽やかになって良いでしょう。また、ミントの葉の飾りは、シャンディガフにも相性が良くておすすめです。

ビールとジンジャーエールは相性ばっちり!

ビールとジンジャーエールを合わせて作るシャンディガフについて解説してきました。作り方はとても簡単なので、誰にでもすぐに作ることが出来るでしょう。シャンディガフはビールとなら、ビールが苦手な人でも美味しく飲むことが出来ますし、ビールでの乾杯に混ざっていても目立ちません。ビールとジンジャーエールを合わせたシャンディガフで、ぜひ楽しい時間を過ごして下さいね!

ビールについて合わせて読みたい記事はこちら

Thumbビールで作るカクテルの種類とレシピ!甘いものや度数が低いものも! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb瓶ビールと生ビールの違いとは?味が違う?どっちのほうが美味しいの? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb発泡酒とビールって何が違うの?味や作り方の違いを徹底調査! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2022-08-17 時点

新着一覧