引っ越し時のベッドの解体・処分の費用は?組み立てや運搬料金も調査

引っ越しをするとき困るのは大型家具の処分や、運搬について。特にベッドは、家具の中でも大きく処分に困ります。また、引っ越しが多く慣れている人ならともかく、滅多にすることのない引っ越しは、分からないことだらけですよね。さらに、意外と費用もかかり驚く人も多いはずです。そこで、ベッドの解体・処分の費用から、組み立て運搬料金を調査!どうすればベッドの解体・処分費用を抑えられるのか分かりやすく解説いたします。

引っ越し時のベッドの解体・処分の費用は?組み立てや運搬料金も調査

目次

  1. いざ引っ越し!ベッドの処分や運搬方法は?
  2. 引っ越しのとき、ベッドを処分する方法は?
  3. ベッドを処分するとき、これだけは引っ越し前に確認!
  4. 自治体の粗大ごみとして処分するのは安い?
  5. プロの技に任せるなら、不用品回収業者に!
  6. 引っ越しと同時に処分すれば楽々!
  7. 時間はたっぷりある!一般のごみとして処分する
  8. ベッドをお金にしたい!売ったらどうなる?
  9. ベッドを組み立ては依頼できるの?
  10. 引っ越しのため、解体と組み立てが必要になる場合
  11. 組み立てだけを依頼したい場合
  12. 引っ越しのときにベッドを運搬する費用とは?
  13. そのベッドは解体できる?解体できないベッドの運搬費用
  14. ベッドが家からだせない!引っ越しで追加料金がかかってしまう場合
  15. ベッドの処分や運搬は意外と手間と費用がかかる!
  16. 相談が大事!引っ越し業者頼みではなく自主的に行動しよう!

いざ引っ越し!ベッドの処分や運搬方法は?

引っ越しをする予定のある人、引っ越しいたいと考えている人、ベッドの処分や運搬はどのようにするのかご存知ですか?また、どのくらいの費用が掛かるものなのか想像は付きますか?実は、ベッドの処分や運搬には、解体が必要になったり、特殊な運搬をすることがほとんどです。

引っ越し直前に処分すればいいやと考えていると、部屋の引き渡し当日に困ってしまうことになりかねません。ベッドの処分、運搬方法を考えていなかったために、予想以上に引っ越し費用がかかってしまったという話もあります。誰かに聞こうと思っていても、ベッドは長年使うことが多いので、ベッドの処分や運搬に詳しい人も周り結構いないものです。

そこで今回は、引っ越しのとき困らないためのベッドの処分や運搬方法やそれに伴う費用について徹底解説をいたします。自分に合ったベッドの処分や運搬方法はどれなのか、引っ越し当日になってしまう前にじっくり考えてみましょう。

引っ越しのとき、ベッドを処分する方法は?

引っ越しのときベッドをどうするか?という問題ですが、潔く処分してしまう方が、選択肢も多く、場合によっては引っ越し費用もかからない場合があります。

そこで、まずベッドの処分方法にはどのようなものがあるのがご紹介いたします。ベッドの処分方法には大きく分けて4つです。それは「自治体の粗大ゴミとして処分をする」「民間の不用品回収を利用する」「引っ越し業者に依頼し捨てる」「一般のゴミとして捨てる」です。

これら4つの処分方法から、予算や引っ越しまでの時間を逆算して、より自分に合ったものを選ぶとよいでしょう。

ベッドを処分するとき、これだけは引っ越し前に確認!

では、それぞれの費用や特徴について説明する前に、ベッドを処分をするにあたって気をつけるべきポイントを解説します。使っているベッドのサイズや、素材によって処分をする費用や、そもそも処分が出来るかどうかが異なります。引っ越し間際になって、業者に処分を断られるというようなことがないように、余裕をもってこれから説明する2点について確認しておきましょう。

ベッドのサイズを正しく知ってる?

ベッドの大きさが異なると処分方法や費用も異なります。ですから、処分を依頼するにしても自分で処分をするにしても、引っ越し前にご自身のベッドのサイズを正しく知っておきましょう!ベッドのサイズの目安は以下の通りとなっています。

「セミシングルベッド」は小柄な人や狭い部屋にも置きやすいベッドです。サイズは「横80㎝×縦195㎝」程度です。「シングルベッド」はワンルームや6畳以下のお部屋に置きやすい一人用ベッドです。サイズは「横100㎝×縦195㎝」程度です。

「セミダブルベッド」はシングルベッドより少しゆとりのあるベッドです。サイズは「横120㎝×縦195㎝」程度です。「ダブルベッド」は一人でゆったり2人でコンパクトに使えるベッドです。サイズは「横140㎝×縦195㎝」程度です。

「クイーンサイズベッド」は2人でもゆったり寛げるベッドです。サイズは「横160㎝×縦195㎝」程度です。「キングサイズベッド」は単体のベッドとして一番大きなサイズです。小さな子どもとなら3人で寝る事が出来るベッドです。サイズは「横180㎝×縦195㎝」程度です。

ベッドの素材によって費用が変わる!?

収納付きだったり、折りたたみ式だったり、ベッドの形状は多種多様です。基本的には、どのような形状をしていても、ベッドに使われている素材が木やパイプなどの一般的な素材である場合は、処分の方法はさまざまあります。また、安価で処分できる場合も多いでしょう。

しかし、ベッドマットレスが取り外せないタイプは注意が必要です。なぜなら、ベッドマットレスは「適正処理困難物」として指定されているためです。「適正処理困難物」とは、適正な処理が難しいとされているものです。

ですから、処分をする際処分費用が高くなる場合があり、業者によっては処分を断られる場合もあります。引っ越し日に慌てることが無いように、ベッドの素材もしっかり確認しておりきましょう。

自治体の粗大ごみとして処分するのは安い?

まず最初にご紹介するのは、自治体の粗大ごみとして処分する方法についてです。粗大ごみとして処分する方法は比較的安価です。また、処分してもらうベッドを「回収してもらう方法」と「自分で持ち込む方法」の2種類がありそれぞれ費用が異なり、持ち込みの場合の方が安く処分できます。

費用や、自身で持ち込み可能か等検討し、好きな方を選べる利点がオススメしたいポイントです。しかしながら、回収のタイミングは、当日対応してもらえるわけではありません。また、ある程度の解体や運搬も必要になるため、引っ越し日直前となると難しい方法でもあります。

自宅前まで来て回収してもらう費用、方法は?

自治体によって回収費用は異なりますが、ベッドフレームならおおよそ「1,000円~2,500円」程度で回収してくれます。しかしながら、ベッドマットも一緒に回収してもらう場合、別途「2,000円~3,000円」程度費用がかかります。これは前述したように、ベッドマットが「適正処理困難物」にあたるためです。

比較的安価な処分方法である一方で、家の玄関の前などにベッドを運び出す人手が必要になります。ですから、引っ越し日より余裕をもって準備する必要があります。

粗大ごみの出し方の流れは、自治体の「粗大ごみ受付センター」などに連絡し、「有料粗大ごみ処理券」をベッドに貼ります。指定された日付、時間までに処分したいベッドを玄関前に出しておきましょう。なお、「有料粗大ごみ処理券」はコンビニストアなどで購入することができます。

自分で持ち込む場合の費用は?回収より安いの?

自治体で指定された場所に自分で持ち込む場合は、回収の場合よりも半額程度安くなります。ですので、ベッドフレームは「500円~1,250円」、ベッドマットは「1,000円~1,500円」程度で処分をしてもらえます。

しかし、安価に処分が出来る分手間がかかります。運搬する車の準備はもちろん、回収場所での積み下ろしなども自身でする必要があります。

Thumb引っ越しのゴミの処理・回収はどうする?粗大ごみ・不用品の処分方法まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

プロの技に任せるなら、不用品回収業者に!

粗大ごみ回収の場合、安価でできる一方で、搬出作業や解体作業を自身でする必要があり手間がかかりました。また、いつでも回収してもらえるわけではないので、引っ越し準備期間に限りがある人は利用しにくさもあります。

そんな運搬や解体を自身で出来ない、人手が足りない人は、不用品回収業者に依頼する方法もあります。不用品回収業者であれば、都合の良い日程に回収に来てもらえますし、運搬作業、解体作業もしてもらえます。

不用品回収業者に頼むとやっぱり高い?

ただし、費用は粗大ごみ回収よりも高くなってしまいます。一般的なシングルベッドの場合であれば相場で「3,000円~」キングサイズのベッドやロフトベッド、二段ベッドなどの特殊なものになると「10,000円~」となります。業者や時期によっても相場は異なりますので、まず合い見積もりを取ることをおすすめします。

専門家は技術があり頼もしい!けれど詐欺に注意!

粗大ごみ回収に比べるとそこそこ費用がかかってしまうことが分かりました。しかしながら、専門家による作業なので安心感があります。うっかり搬出中ベッドを落としてしまい、引っ越し前に床に大きな傷をつけてしまった!というような失敗はもちろんありません。

その一方で、「無料で不用品を回収します」といいながら、トラックに運び込んだタイミングで「8,000円です」と言って請求してくるような詐欺まがいの業者がいることも確かです。ですから、必ず信頼できる業者に頼みましょう。

引っ越しと同時に処分すれば楽々!

引っ越し当日まで時間が作れないし、とにかく引っ越し準備を簡単に済ませたい!という人は、引っ越し業者にベッドの処分をお願いする方法もあります。

引っ越し当日に処分が出来て、かつ格安!

引っ越し業者にベッドの処分を頼む場合、引っ越し料金内で対応してくれることがほとんどです。また、わざわざベッドの処分のためだけに不用品回収業者に頼む必要が無いので、楽ですよね。さらに、引っ越し当日までベッドで寝れるのは一番の利点かもしれません。

しかしながら、ベッドの処分を引き受けてくれない引っ越し業者もあります。特に赤帽などの個人でやっている引っ越し業者などは多くの場合、ベッドの処分を引き受けません。または、別途料金がかかり、その金額は不用品回収業者と同じくらい。大手の引っ越し業者に頼む場合もそうですが、一度相談してから引っ越し当日を迎えると安心でしょう。

安く済ませる方法が知りたい!

引っ越し業者にベッドの処分も合わせて依頼すると、格安で引き受けてくれる場合があると解説いたしました。しかしながら、その費用は引っ越し業者によってさまざま。ですからかならず、合い見積もりを取るようにしましょう。

引っ越し業者のWebサイトに行けば、簡単に見積もり依頼をすることができます。また複数の引っ越し業者に、見積もりの依頼を出すことができるWebサイトもあります。ですから、こういったWebサイトを利用し、費用を比較しましょう。

時間はたっぷりある!一般のごみとして処分する

引っ越しまでの時間が十分にあり、とにかく無料で処分がしたい!という人には、一般のごみとして処分する方法がおすすめです。つまり、通常生ごみや空き缶を捨てるように、ベッドも捨てるということです。手間と時間はかかりますが、その分お金をかけずに済ませることができます。

ベッドをばらばらに解体しよう

一般のごみとして捨てるには、まずベッドを解体する必要があります。大きく「フレーム」と「ベッドマット」に分け、さらに細かく解体していきます。

「フレーム」はドライバーや六角レンチを使って解体し、一般ごみとして捨てられるサイズにします。パーツが大きく一般のごみとして捨てられないときは、ごみ処理所に直接持ち込むと良いでしょう。

「ベッドマット」はマットレスをカッターで切り開きます。中からスポンジとスプリングを出しそれぞれに分け、スプリングはニッパーなどで細かく切ります。

道具さえあれば無料で処分完了!

解体に必要な道具が自宅に揃っていれば、手間や時間はかかるものの無料で処分をすることができます。しかしながら、道具が揃っていないなら、この方法はおすすめ出来ません。なぜなら道具を揃える費用を考えると、結局高くついてしまいかねないからです。

ですから、とにかく引っ越しまでに時間があり、かつ必要な道具をすでに持っている人以外は、他の方法でベッドを処分するようにしましょう。

ベッドをお金にしたい!売ったらどうなる?

今まではお金を払って処分する方法をご紹介してきました。けれど中には、ベッドを売って引っ越し資金のたしに少しでもなったら……と考えている人もいるのではないでしょうか?たしかに、引っ越しはお金がかかるので、少しでも費用を浮かせたいですよね。そこで、これからベッドをお金にする方法をご紹介します。

リサイクルショップは意外と売れないって本当?

リサイクルショップでベッドを買い取ってもらえるのでは?と考えている人もいるのではないでしょうか。しかしながら、リサイクルショップではなかなか売れないのが現実。結局、有料で代わりに処分することができますよ、と言われてしまうこともあるでしょう。

引っ越しまで時間があるならネットで販売がおすすめ

引っ越しまで時間があるなら、ネットでの売買がおすすめです。引っ越しシーズンの場合、自分以外にも引っ越しを検討している人も多く、ベッドの需要があります。また、自分の売りたい価格をつける事ができます。販売価格は「1,000円~50,000円」と幅広く、使っているベッドが高級ベッドや新しい場合は、少し強気な価格をつけても良いでしょう。

ただし、運搬方法を事前に考え、取引相手のとのやりとりなどを行わなければなりません。また、必ず買ってもらえる保証もありません。そのため、引っ越し日から逆算し「この日までに売れなかったら粗大ごみとして処分する」など、代替案を考えておくようにしましょう。

ベッドの購入を考えているなら下取りも!

もし新しいベッドの購入を考えているなら、家具屋さんが引き取ってくれる場合もあります。その場合の費用は、家具屋さんによって異なりますので一度話を聞いてみるとよいでしょう。

ベッドを組み立ては依頼できるの?

ベッドを新しく購入した場合や、引っ越し前の家からベッドを持ってくる場合に、ベッドを組み立てることになります。しかしベッドは大きいため、組立てが苦手な人が一人で組み立てることは困難なこともあります。そこで、引っ越しのときベッドの組み立てを依頼する費用を調査しました。

引っ越しのため、解体と組み立てが必要になる場合

引っ越しのとき、ベッドを運搬するために解体をする方法が主流です。なぜなら、引っ越しのとき家から出せなかったり、引っ越し先の家に入らなかったりするためです。ですから解体と組み立てが可能なベッドは、そういった運搬方法をします。

解体と組み立て、誰に依頼すればいい?費用は?

解体と組み立ては基本、引っ越し業者が引き受けてくれます。ですから、引っ越しの費用にベッドの解体と組み立ても含まれていることがほとんどです。大手の引っ越し業者であれば、引っ越しの費用内で行ってくれるでしょう。

しかしながら、赤帽などは引っ越し業者とは異なるため、自身で解体組み立てが必要になることも。引っ越し当日に、「ベッドは運べない」「自分で解体と組み立てをしてください」と言われてしまわないように、事前に問い合わせしましょう。

引っ越し業者に安く依頼する方法はないの?

とにかく安く済ませたい場合は、引っ越し業者数社の見積もりを依頼し比較しましょう。他の引っ越し業者と合い見積もりをしていることを伝えれば、安くしてもらえることもあるでしょう。

組み立てだけを依頼したい場合

新しいベッドを買った。または、引っ越し時解体はできたけど、組み立ては一人ではできない。場合は、組み立てだけを依頼することもできます。

組み立てだけを依頼する場合の費用は「4,500円~20,000円」と幅が広く、見積もりと相談が必要になります。一般的なベッドの場合は比較的安いのですが、他の家具も合わせて組み立てて欲しいとなると、高額になります。

引っ越しのとき解体を自分でするときの注意点

引っ越しのとき、自分でベッドを解体しなければいけない場合は、必ずどこの部品なのか分かるようにしましょう。組立ての説明書が元々ついている場合は、それも探しておきましょう。引っ越しのときに無くしてしまうと大変です。

なぜなら、組み立てを依頼したものの、部品がばらばらに管理されていて一体どこの部品だかわからない。引っ越しのごたごたで部品が足らない。ということが起こらないためです。ベッドは人の体重がかかるもの。部品が一つでも欠けていると危険です。

引っ越しのときにベッドを運搬する費用とは?

先ほど簡単に触れましたが、引っ越しのときベッドを運搬する方法は、基本一度解体し、引っ越し先で組み立てるのが一般的。その場合は、引っ越し費用に含まれているので、引っ越し代金の合い見積もりをし、安い引っ越し業者を検討すればよいのですが、中には、解体できないケースがあります。そう言った場合どうするのか?説明いたします。

そのベッドは解体できる?解体できないベッドの運搬費用

特殊なベッドや、そもそも解体と組み立てをすることを想定していないベッドは、解体し運搬することができません。そう言った引っ越しのとき解体出来ないベッドは、そのまま運搬することになります。

そのままのベッドを運搬する場合、運搬経路も確保でき、搬出口も広ければ、引っ越し業者に任せておけば問題なく引っ越し先へベッドを持って行ってくれます。ですからこの場合、ベッドの運搬は引っ越し費用に含まれているので心配することはありません。ですが、中には追加費用がかかってしまう場合もあるのです。

ベッドが家からだせない!引っ越しで追加料金がかかってしまう場合

タイトルの通り、玄関などの搬出口からベッドを出せなかったり、運搬経路を確保できない場合は追加料金がかかってしまいます。引っ越し当日になって、追加料金が発生してしまうということが発覚すると、他の引っ越し業者と費用を比べる事はできません。場合よっては損をしてしまうこともあります。

ですから、引っ越しの見積もりを出すとき必ず引っ越し業者に搬出、搬入経路の幅とベッドの幅を伝えましょう。

人力で行うベッドの運搬の費用は?

ベッドの場所が2階で、階段などは狭くて引っ越しのときベッドを運びだせない。となった場合、人力で2階の窓などから搬出、搬入を行う方法があります。これは、ベッドを人力で2階の広い窓などから引き上げる方法です。この場合は大体「10,000円~20,000円」程度の費用がかかります。

人力では無理!クレーン車などの特殊な専用車を使う場合

3階以上から、搬出、搬入をする場合人力だと難しいので専用車を使うことがあります。その場合の費用は「30,000円~50,000円」です。引っ越し先の立地や、前後の家との間隔などによって利用する専用車が異なるため、費用にも開きがあります。

しかしながら、こういった専用車がない引っ越し業者もあります。引っ越し当日、うちでは運べませんと言われてしまわないように、専用者があるか確認しておきましょう。

ベッドの処分や運搬は意外と手間と費用がかかる!

ベッドを処分するにしろ、引っ越し先に運搬するにしろ意外と手間と費用がかかることが判明しました。また、運搬よりも処分をしてしまう方が、運搬に比べ費用も手間もかからないことが分かりました。

ですから、引っ越しが今後頻繁にある人などは、もともとベッドは安価なものを選ぶか、引っ越しの時に運搬に困らないものを選ぶのがおすすめです。

相談が大事!引っ越し業者頼みではなく自主的に行動しよう!

ベッドの処分方法、組み立てや運搬費用の相場は、その方法によって大きく異なることが分かりました。また、全てにおいて「引っ越し業者がなんとかしてくれるだろう」「ベッドのサイズとか測るの面倒だからいいや」などと引っ越し業者を頼りにはせず、自主的に行動しなければいけない事も分かりました。

引っ越しのときベッドの処分や運搬を考えており、少しでも安く早く問題を解決したいと思っているなら、自主的に相談したり、自身で方法を考えなければなりません。面倒と感じる引っ越しですが、引っ越しは自分の都合ですることです。ですから、必ず引っ越しに当事者意識をもって臨むようにしましょう!

引っ越しについて他の記事はこちらから

Thumb引っ越しの荷造りのコツを伝授!進まない片付けは何からやればいい? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb引っ越しの手順リスト!片付けや準備・各種手続きなどやること一覧 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb一人暮らしの引っ越し相場は?費用を安く抑えるためポイントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-12-06 時点

新着一覧