革靴用の防水スプレーまとめ!おすすめのアイテムと使い方を徹底解説

革靴に使用する防水スプレーに関して、どんな理由で革靴に防水スプレーを使用するかご存知でしょうか?単に水を弾くためだけに、防水スプレーを使うと思っていませんか?実は革靴のケアの方法として、防水スプレーは撥水効果だけが目的ではなく、他にもたくさんの意味があって使用されています。そんな革靴に使う防水スプレーの使い方や、おすすめアイテムなどをご紹介しますので、是非参考にしてみてください。

革靴用の防水スプレーまとめ!おすすめのアイテムと使い方を徹底解説

目次

  1. 革靴におすすめの防水スプレーはどれ?
  2. 防水スプレーはどんな種類がある?
  3. 革靴への防水スプレーの正しい使い方とは?
  4. 革靴におすすめの使い方!防水スプレーアイテムおすすめをご紹介!
  5. 1選目:使いやすい吹きかけタイプ「ネバーウェットネオ 325ml」
  6. 2選目:最強の防水バリア「クレップ プロテクト Spray 200ml」
  7. 3選目:繊維をコーティング「is-fit 防水スプレー オールマイティ仕様 300ml」
  8. 4選目:寒い冬でも大丈夫!「ヴィオラ 防水スプレー」
  9. 5選目:フッ素系でコスパ最強「コニシ 防水スプレー ハイパワー」
  10. 6選目:通気性を守りながら防水「ジェイソンマーク リペル 8オンス」
  11. 7選目:微細な凹凸で防水「コロニル 万能防水スプレー ナノプロ 300ml」
  12. 8選目:万能防水コーティング「コロニル 防水スプレー ウォーターストップ」
  13. 9選目:匂いをつけて防水できる「タピール防水スプレー」
  14. 10選目:幅広い素材に使用可能「アメダス 防水スプレー 420ml」
  15. 革靴はしっかりと防水スプレーでカバーしよう!

革靴におすすめの防水スプレーはどれ?

革靴を長持ちさせるために、防水スプレーは必須だということをご存知でしょうか?ぼ「防水スプレー」という名前なので、梅雨や雨の酷くなる時期だけにつけている方も多いでしょう。しかし革靴の場合、防水スプレーの革靴に与える効果は、水を弾くだけではないのです。そのため防水スプレーは革靴にとって、とても重要なアイテムでありむしろ必需品といっても過言ではありません。

働いている多くのサラリーマンや、おしゃれなファッションをこだわっている方などしか、革靴の手入れに触れることはないはずです。最近ではカジュアルな革靴がたくさん販売されているので、前よりも革靴に対する知識が増えていますが、それでも防水スプレーを使用するほどこだわっている人は、男女ともにまだまだ少ないです。そんな革靴の防水スプレーの正しい付け方や、おすすめな防水スプレーをまとめてご紹介します。

防水スプレーはどんな種類がある?

「防水スプレー」と聞くと、一見水を弾くだけの加工に思われがちなのですが、実はそうではありません。車など家のフローリングにコーティングするものと同じだと、思っていただけるとわかりやすいでしょう。使用する頻度が少なかったり、全く革靴に防水スプレーを使用していないと、どんどんと革靴がボロボロになってしまいます。色も変化して、風合いもなくただ小汚くなりますので、しっかりとケアをしましょう。

革靴に使える「シリコン系」の防水スプレー

防水スプレーには二種類の種類があります。革靴に向いているタイプとは、どちらなのでしょうか?その部分についても詳しくご紹介していきます。まず革靴に使用する防水スプレーで「シリコン系」と言われるものがあります。シリコン系の防水スプレーとは、吹きかけた場所に対してシリコンの膜を形成して、その結果防水効果が生まれるというものです。

値段も安価で手に入れやすく、使用方法も簡単です。革靴などの繊維は凸凹しているので、その凸凹に入り込んで表面を平らにすることで、水の付着する面積を無くし流れるように、滑らせて防水をします。ビニール傘などにされているコーティングと同じものです。ただし空気のでる穴などすべて埋めて、表面を平らにするので革靴などの他に、ゴアテックス生地には向いていないとされています。

革靴に使える「フッ素系」の防水スプレー

革靴に使用する防水スプレーのうち「フッ素系」は、シリコン系に比べると防水力がはるかに高いです。フッ素樹脂を革靴などの生地に、浸透させることで生地の繊維自体に防水加工を施すものになります。フッ素系の特徴として、革靴などに使用した場合、速乾性がなく一日ほど乾燥させる必要があるので、すぐには使えません。成分によっては、革靴を変色させてしまうものもあるので注意しましょう。

革靴への防水スプレーの正しい使い方とは?

革靴への防水スプレーの正しい使い方をご紹介します。すぐに革靴などに防水スプレーを吹きかけてはいけません。まずは革靴を綺麗にしましょう。豚毛などのように柔らかい質感のブラシを使用して、撫でるように革靴の表面の汚れを落としてあげましょう。落ちにくい部分に関しては、力を加えるのではなく細かく動かして、毛先でなぞる回数を増やしてみましょう。

次にマイクロファイバー系の付近などを使って、表面の油汚れなどをクリームを使って綺麗に落としていきます。オイルなどを使って落としてもいいです。水垢や泥など目には見えない、微細な汚れを拭き取ることが重要です。普段から綺麗に革靴を手入れしている人でも、この作業は毎回行いましょう。綺麗に汚れを落としたら、革靴が割れたりしないように、水分と油分を補給してあげます。

もしこの時に、革靴の色と同じ色のクリームがあるのであれば塗って、保湿と光沢を出してあげるといいでしょう。クリームなどを使用したら、サイドブラッシングをかけます。余分な水分や油分を含むクリームが残っていると、シミの原因になるので、ブラッシングしましょう。ここでやっと防水スプレーを使用します。防水スプレーをしっかりと満遍なく振りかけます。

フッ素系防水スプレーが革靴にはおすすめですので、使用した場合しっかりと一日置き乾かします。そこからブラッシングを行なって、余分なフッ素コーテングを落とし滑らかにしてあげれば完成です。単純に防水スプレーを振ればいいというものではないので、しっかりとその部分を理解して防水スプレーを選びましょう。

革靴におすすめの使い方!防水スプレーアイテムおすすめをご紹介!

革靴に使用する防水スプレーの使い方は、上記でご紹介しました。次は「どの防水スプレーがいいのか?」という部分がきになるでしょう。かなりの数の防水スプレー様々なメーカーから販売されているので、なかなかおすすめを個人で探すことは骨が折れますよね。そんな方のために、革靴におすすめな防水スプレーを10選ご紹介します!是非参考にしてみてくださいね。

1選目:使いやすい吹きかけタイプ「ネバーウェットネオ 325ml」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー1選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、1選目は「ネバーウェットネオ 325ml」です。使用可能な素材は「布」、「革」、「スウェード」、「キャンパス生地」、「エネメル」となっています。こちらの「ネバーウェットネオ 325ml」は、ガススプレー式ではなくポンプ型の霧吹きタイプの、革靴用防水スプレーです。革生地に対して、しっかりと浸透させることができるタイプです。

革生地の表面に超撥水性のコートを形成して、外からの水や汚れを防いでくれるようになっています。革生地の通気性をしっかりとキープした状態で、防水加工を施してくれるので革生地が劣化することなく、安心して使うことがでいます。革生地以外にも使用できるので、とてもおすすめです。値段は2749円となっています。

2選目:最強の防水バリア「クレップ プロテクト Spray 200ml」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー2選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、2選目は「クレップ プロテクト Spray 200ml」です。使用可能な素材は「布」、「革」、「スウェード」、「キャンパス生地」となっています。イギリスのまだ若いブランドから販売されている、防水スプレーです。スプレー缶の本体のデザインがおしゃれなことから、人気を集めているブランドです。

透明な保護するバリア剤を含んでいるので、しっかりと防水機能を発揮してくれるのですが、使う素材によっては防水効果が強すぎるので、劣化してしまうものもあるようです。防水スプレー自体にしっかりと、対応している革素材の靴に使用しましょう。値段は2376円となっています。

3選目:繊維をコーティング「is-fit 防水スプレー オールマイティ仕様 300ml」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー3選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、3選目は「is-fit 防水スプレー オールマイティ仕様 300ml」です。使用可能な素材は「布」、「革」、「キャンパス」、「スウェード」となっています。フッ素系の防水スプレーで、繊維一つ一つに浸透して防水効果を与えてくれます。乾くまでに時間がかかりますので、しっかりと使用後は乾かしましょう。通気性をしっかりと確保しながら防水できるのでおすすめです。

使うものを選ばずに使用できるおすすめな防水スプレーです。レインコートや傘にも使用できるので、一本持っているとかなり便利ですので、革靴に使用するものとは別に購入していてもいいでしょう。値段は一本1410円となっています。値段も安く使いやすいので、迷ったら購入することもありかもしれませんね。

4選目:寒い冬でも大丈夫!「ヴィオラ 防水スプレー」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー4選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、4選目は「ヴィオラ 防水スプレー」です。使用可能な素材は「革」、「キャンパス生地」、「スウェード」、「ゴアテックス」となっています。炭酸ガスを使用しているので、寒い冬場でも安定して使用することができる、おすすめな防水スプレーです。フッ素系の防水スプレーなので、革素材に対しても安心して使うことができます。

雪国などに住んでいる方であれば、かなりおすすめで寒い季節や場所できる「レザー」、「スエード」、「シープスキン革」にも使用することができ、「ムートン生地」にも使用できる点から、女性に幅広く支持を集めている防水スプレーです。見た目のデザインも凝っているので、玄関に置いておいても馴染んでくれます。値段は1944円となっています。

5選目:フッ素系でコスパ最強「コニシ 防水スプレー ハイパワー」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー5選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、5選目は「コニシ 防水スプレー ハイパワー」です。使用可能な素材は「革」、「布」、「スウェード」となっています。こちらの防水スプレーはフッ素系防水スプレーで、通気性を阻害せずしっかりと空気を通してくれるので、下駄箱などのなかでカビる心配もありません。コスパも要領もいい「コニシ 防水スプレー ハイパワー」です。

値段もかなり安いのですが、容量の多さからもかなりの人気を集めている商品です。容量は傘4本分に使用できるほどの量なので、かなり広範囲にも使用できます。値段は587円とかなり安くなっていますので、勿体ぶらずにたっぷりと衣類などにも、使用することができる防水スプレーです。

6選目:通気性を守りながら防水「ジェイソンマーク リペル 8オンス」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー6選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、6選目は「ジェイソンマーク リペル 8オンス」です。使用可能な素材は「布」、「革」、「ゴアテックス」、「キャンパス生地」となっています。スニーカーアクセサリーを販売していることで有名な、「ジェイソンマーク」から販売されている防水スプレーです。靴にとても優しく使用できるので、革生地などにがとてもおすすめです。値段は2300円となっています。

7選目:微細な凹凸で防水「コロニル 万能防水スプレー ナノプロ 300ml」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー7選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、7選目は「コロニル 万能防水スプレー ナノプロ 300ml」です。使用可能な素材は「布」、「革」、「ゴアテックス」、「キャンパス生地」となっています。靴のブランドを取り扱っている場所にもおいてあるので、とても安心感のある防水スプレーです。ナノレベルで革の繊維に、防水加工ができるので、かなりおすすめな防水スプレーです。

何にでも使用できる万能感は、かなりの使い勝手の良さです。使用するたびにコーティングを強化してくれるので、使用頻度を決めて定期的に、ケアを行うとしっかりと汚れや雨などの水をしっかりと弾いてくれます。値段は2592円となっており、少し高いですが何にでも使えるのでかなりおすすめです。

8選目:万能防水コーティング「コロニル 防水スプレー ウォーターストップ」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー8選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、8選目は「コロニル 防水スプレー ウォーターストップ」です。使用可能な素材は「革」、「キャンパス生地」、「ゴアテックス」となっています。こちらの「コロニル 防水スプレー ウォーターストップ」は、革の生地しっかりと浸透しつつも、表面に微細な凹凸を作ることによって、水や汚れとの設置面積を減らし、汚れることを防いでくれます。

撥水効果はとても強いので、革靴などに使うことはもちろんですが、スキーウェアやスノボーなどの大きなものにも、使用できるのでおすすめです。他にも山などに行かれる方であれば、カバンやその他の登山用品にしっかりと防水スプレーをかけていくことで、チリや土などの汚れからも守ってくれるので、とてもおすすめな防水スプレーです。値段は1900円となっています。

9選目:匂いをつけて防水できる「タピール防水スプレー」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー9選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、9選目は「タピール防水スプレー」です。使用可能な素材は「革」、「スウェード」、「ゴアテックス」となっています。この「タピール防水スプレー」は匂いに特徴を持っている防水スプレーです。吹きかけるタイプになっており、その分しっかりと繊維をコーティングすることができるので、撥水能力にはとても優れています。

天然素材のみで作られており、オーガニック志向の方であればとてもおすすめできる商品です。防水スプレーの嫌な匂いは一切せず、天然のものを使っているので柑橘系のいい匂いを感じながら、革靴をメンテナンスすることができます。防水スプレーの匂いが苦手で、気分が悪くなってしまう方にとてもおすすめな、防水スプレーになります。革生地に使用したら、しっかりと乾かしましょう。

10選目:幅広い素材に使用可能「アメダス 防水スプレー 420ml」

革靴におすすめアイテムの使い方!防水スプレー10選目

革靴や他の素地にも使用できる防水スプレーおすすめ10選のうちの、10選目は「アメダス 防水スプレー 420m」です。使用可能な素材は「革」、「布」、「合皮」、「キャンパス生地」となっています。靴や衣類の防水スプレーといったら、「アメダス 防水スプレー 420m」と言われるほど有名な、防水スプレーです。フッ素加工を施せる防水スプレーなので、安定した撥水効果を感じることができるのでおすすめです。値段は1639円です。

革靴はしっかりと防水スプレーでカバーしよう!

革靴などの素材のものは普段からのケアが重要です。靴の状態は営業などをやっている方であれば、その重要さを理解していることでしょう。仕事ができる人は、靴などが重要です。家におしゃれ用としての革靴がある方は、しっかりとこれを機にケアを行なってみてください。革靴は履くことがいちばんのメンテナンスなので、定期的に履いてあげましょう。

革靴に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb革靴の手入れや磨き方を紹介!正しい方法と手順・必要な道具は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb革靴のカビの取り方を詳しく紹介!効果的な除去方法や対策・予防法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb革靴の傷を自分で修理・補修する方法!簡単3ステップでキレイに修復? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-15 時点

新着一覧