筋トレの時間帯とタイミング!効果的なのは朝と夜のどっち?

筋トレの適切な時間帯やタイミングがあることに、気づかずに筋トレを行なっている人はかなり存在しています。ただ闇雲に筋トレを行うだけでは、本当の意味で筋トレの効果を最大にすることはできません。しかしいきなり時間帯や、タイミングと言われてもわからないでしょう。そんな方のために、筋トレの適切な時間帯とタイミングがもたらす効果などの、知識についてご紹介していきます。是非参考にしてみてくださいね。

筋トレの時間帯とタイミング!効果的なのは朝と夜のどっち?

目次

  1. 筋トレの効果的なタイミングと時間帯を知りたい!
  2. 筋トレは時間帯も大事だけどタイミングも重要
  3. 空腹中の時間帯とタイミングの筋トレは危険!
  4. 午前中に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?
  5. 午後に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?
  6. 夜中に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?
  7. 過度な筋トレは身体的にストレスがすごい?
  8. 精神的ストレスのケアも筋トレにはとても重要
  9. 筋トレの正しい頻度と間隔は存在する?
  10. 筋トレは運動強度によって毎日やるか決める
  11. 筋トレの筋肉痛の危険信号とは?
  12. 筋トレはしっかりと休むことが重要!
  13. 筋肉の超回復を使った効率のあげ方
  14. 筋トレ前後の食生活には注意
  15. 自分にあっている時間帯とタイミングで継続することが大切

筋トレの効果的なタイミングと時間帯を知りたい!

筋トレを行なっている方であれば、そのタイミングや時間帯の調節に悩んだことがあるでしょう。時間帯によっても効果が大きく変化する筋トレや運動は、タイミングと時間帯などが重要です。

その時間帯やタイミングの違いによって、どのような効果の差があるのでしょうか?そういった筋トレに関する、知識について詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

筋トレは時間帯も大事だけどタイミングも重要

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その①

筋トレを行うときに、時間帯もタイミングもかなり、重要なことをご存知でしょうか?筋トレは行う時間帯によって、効率や効果が大きく変化します。それを理解した上で筋トレを行うと、より効果的に筋肉をつけることができます。早朝や昼、夜間などどこで一体どのくらいの、筋トレの効果が得られるのかをご説明します。時間帯に関しては、意識して行えている方も多いことでしょう。

時間などがない場合、朝や昼に筋トレを行う方もいるので、時間帯の管理に関しては誰でも意外と、簡単にできてしまうのです。しかしタイミングに関しては、かなりの人ができていないことが多いです。その危険な筋トレのタイミングなどについても詳しくご紹介していきます。間違ったタイミングや時間帯で筋トレをしている方は、せっかく筋トレをしているので効率のいい時間帯に変更しましょう。

空腹中の時間帯とタイミングの筋トレは危険!

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その②

筋トレの正しい時間帯とタイミングとしては、まずダイエットなどを目的としている方にありがちな、パターンをごし紹介します。空腹時の筋トレはとても危険です。筋トレは基本的に莫大なエネルギーを消費しながら、体の筋肉を動かします。その結果消費カロリーよりも、筋肉負担が大きく筋トレ中の力が空腹では、出なくなってしまいます。力が出ないと、筋トレのパフォーマンスが低下します。

パフォーマンスが低下すると、体の動きが鈍くなりいつも通りの、メニューをこなせなくなります。そうなってくると、普段のペースも崩れてしまいストレスも感じます。空腹時には一見ダイエットに向いているように見えますが、代謝機能を低下させて悪循環を発生させてしまいますので、筋トレの2時間前に空腹にならないように、食事で調節するようにしましょう。

午前中に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その③

この時の午前中の定義は(10時)という設定でお話しします。人間の体温は午前中から夕方にかけて、最も高くなるように上昇していきます。夕方を超え日が沈むと体温が低下していき、筋トレには向かなくなっていくのです。午前中の筋トレは、かなり効率がいいです。筋トレのタイミングと時間帯としては、悪くありません。午前中は朝ごはんが程よく消化され、体温が上昇傾向に向かっています。

体内のエネルギーがかなり残っているので、筋トレを行なって効率よく筋肉を鍛えましょう。さらには午前中はテストステロンという筋肉を大きくしてくれるホルモンが、多く分泌されています。そのホルモンを利用してしっかりと筋トレを行いましょう。朝起きてすぐなどの早朝の筋トレは、やり方に少し工夫が必要なのでしっかりと覚えて起きましょう。慣れていないうちは危険です。

午後に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その④

午後の時間帯に行う筋トレのタイミングはかなりベストです。午後の時間帯で一番いい時間帯は、16時〜18時と言われています。もしくは15時でもいいです。それは最も人間の体内に血糖値があり、その影響で眠くなっている時間帯なので、そのときに筋トレを行うタイミングと時間帯を持ってくることによって、血糖値による眠気は解消されデスクワーク中であれば、血流が促進され疲れが取れます。

サラリーマンなどの方には難しいですが、何か少しのアクションを加えるだけでもいいです。グリップなどの握力を使って、握るものを使いデスク上で筋トレを部分的に行うだけでも、体は筋肉が栄養を必要とするため血中のブドウ糖を消費します。その結果眠気が取れだらだらとした作業の時間を、短くしてくれる効果を持っています。筋トレの時間帯と、タイミングとしてはかなりベストで理想的です。

夜中に行う時間帯の筋トレのタイミングと効果とは?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑤

時間がないサラリーマンなど、働いている女性もそうですが、筋トレを行う時間帯が夜しかないという方も多いでしょう。夜中の筋トレの時間帯とタイミングは大丈夫なのでしょうか?結論としては、食事のタイミングによります。食事を食べたすぐの筋トレは、怪我などのリスクを、増やしてしまうのでかなり危険です。食事のタイミングを気をつけることで、夜中でも筋トレを行うことができます。

筋トレを行う原則としては、満腹や空腹時には危険ということと睡眠前に筋トレは身体的に覚醒状態に、向かってしまうため、睡眠の質を低下させてしまいます。その点を考慮して寝る2時間前などに、筋トレを行う方法であれば問題ありません。しっかりと食事と休息の時間の差を利用して、効率よく筋トレを行う必要があるので、少し難しいかもしれませんが、意識すれば誰でもできますので工夫を凝らしましょう。

過度な筋トレは身体的にストレスがすごい?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑥

筋トレの時間帯やタイミングに関しては、上記でご紹介しました。次は筋トレを行うことで発生する、メンタル的ストレスと身体的ストレスについてです。まず先に身体的なストレスについてご説明します。筋トレを行う上で一番大切なことは、自分自身の体にあっているメニューやウェイトを使えているか、とい点がとても重要です。この部分を間違ってしまっていると、筋肉が大きくなる前に体が壊れます。

身体的に筋肉痛が現れる筋トレ方法は、一般的に行なっている方が多いですが、この知識を間違って認識すると筋トレが、筋肉痛が起きることが正義だという、誤った知識の認識になってしまいます。筋肉痛とは筋肉線維の破損が原因で発生する、いわば筋肉の怪我です。それをうまく利用することで、筋肉をつけようという考えが筋トレです。この筋肉痛の認識を間違わないようにして、筋トレを行いましょう。

精神的ストレスのケアも筋トレにはとても重要

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑦

筋トレは自分との戦いなので、しっかりとストレス面でのケアを心がけなければ、いつまでたってストレスによって筋肉を失ってしまいます。筋トレは身体的ストレスと、精神的ストレスが両方発生します。その結果女性などは、息抜きのタイミングがわからず、好きに食べてしまいリバウンドを繰り返して、痩せにくい体を構成してしまっています。しっかりと自分自身のメンタル面もケアしましょう。

メンタル面のケアの方法としては一番いい方法は「チートデイ」を導入することです。テレビで芸能人などが過度のダイエットに耐え抜いていると、美化されていますが専門家の元しっかりと、息抜きを上手に行えているので、あのスタイルを維持できているのです。人間の脳科学的に考えても、報酬のない努力を人間は続けられません。ですので、自分のペースに合わせて、何を食べてもいい日を設定しましょう。

筋トレの正しい頻度と間隔は存在する?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑧

筋トレの知識として初心者の人であれば、毎日行うことが一番と勘違いしている人が多いです。しかし筋トレの場合は、そんなことはありません。筋トレを行なって筋肉を増加させたいのであれば、頻度や間隔はとても重要です。筋肉が大きくなるタイミングは、筋トレを行なった後の24〜73時間に発生する筋肉痛による超再生によって、大きくなるのです。筋トレを続けることが筋肉を、大きくするわけではありません。

基本的には筋トレの期間は1週間のうち2日だけです。そんなに休んでは筋肉が落ちてしまうのでは?と考える方いますが、筋肉は基本的に回復に最低3日はかかります。それを計算して筋肉の状態によって、筋トレメニューを変えることが一番筋肉をつけることができるのです。筋肉痛のタイミングでの筋トレは危険ですので、しっかりと休息を挟んで筋肉を休ませましょう。

筋トレは運動強度によって毎日やるか決める

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑨

筋トレは運動強度によっては、早朝から行なっても問題ない場合があります。基本的に筋肉痛にならないタイプの、軽度の運動強度の運動であれば、怪我の心配が格段に少ないので、起きたすぐの早朝にも、筋トレを取り入れてもいいでしょう。筋トレは時間帯でも重要ですが、主にそのかかる負荷によって、大きくその頻度が変わってきます。軽い汗を書くだけの運動であれば、朝に行なって1日の代謝をあげましょう。

負荷が大きいウェイトなどの筋トレの場合、脳が目覚めるには2時間の時間が必要です。体はすぐに代謝を上昇させてくれるのですが、酸素供給が低下している朝では脳が起きていないので、怪我をする場合が多いです。筋肉に意識を写すことができず、眠気に意識を取られてしまいますので、時間帯は気をつける必要があります。ハードな筋トレを行うのであれば、夕方か昼に行いましょう。

筋トレの筋肉痛の危険信号とは?

筋トレの時間帯朝・夜の変化や効果的なタイミングと筋トレ方法その⑩

筋トレを行なっている方であれば、一度は経験したことがあるかもしれません。筋肉痛は通常筋トレを行なった、次の日にきます。そこからは超回復が始まるので、しっかりとタンパク質を摂取することが重要なのですが、稀にオーバーワークを行なってしまい、筋肉痛が24〜73時間で治らない場合があります。その場合かなり危険なので、筋トレのメニューを見直しましょう。

筋肉に負荷がかかりすぎていると、治りにくい怪我のような状態になってしまいます。ですので、違和感や筋肉の状態の変化に気を配り、しっかり長引く筋肉痛にはメニュー改善が必要になりますので、そういった点にも意識して筋トレを行いましょう。闇雲に行う筋トレは、筋肉がつきそうなタイミングで、体を壊してしまうことが多発します。自分の体格と、筋肉量にあっている筋トレを行いましょう。

筋トレはしっかりと休むことが重要!

筋トレの時間帯によって変化する注意点その①

筋トレ後はしっかりと休む必要があります。筋肉が炎症を起こしており、体が様々な栄養素を欲しています。筋トレを限界まで行なった場合、3日間程間隔を開けて筋トレを再度行いましょう。筋トレが終わった初日の日は、特に負荷をかけた部分に関しては、アイシングを行なって炎症の熱を軽減してあげましょう。これを行うだけで、かなり筋肉痛の治りが早くなり、関節などの怪我を防止できます。

休息中には、筋肉が育ちやすいように高タンパクな食材を、口にするようにしましょう。そうすることで、より効率よく筋肉を構成して大きくしてくれます。さらには余分な脂肪を絞ることができるので、筋肉の大きくなる過程を自分自身で、実感することができるようになります。休息時でも、朝起きた時や寝る前にはプロテインを欠かさず飲むようにしましょう。そういった日々の習慣が重要となってきます。

筋肉の超回復を使った効率のあげ方

筋トレの時間帯によって変化する注意点その②

筋トレを行なっている人であれば「超回復」を知っている方も多いでしょう。しかしその超回復を利用して、筋トレを行なっている方は、本当に一握りでしょう。筋肉の回復によってさらに大きく強くなることを、超回復と言うのですが、この時に十分な栄養素がないと筋肉が細くなってしまいます。超回復での休息中では、しっかりとビタミンやミネラルなどの栄養素に加え、筋肉を作る栄養素をしっかりと摂取しましょう。

筋肉痛は基本的に超回復の傾向なのですが、その筋肉痛が無くなりそうなタイミングで、何日くらいかかったかをメモして起きましょう。そうすることで、メニュー構成によって発生する筋肉痛と、その疲労レベルを可視化することができます。それを元に食べるものを選んだり、次の日の予定を考えて筋トレのメニューを組むことができるので、とてもおすすめな方法です。

筋トレ前後の食生活には注意

筋トレの時間帯によって変化する注意点その③

筋トレの後と前の食事は注意が必要です。基本的に筋トレの2時間前には、食事を済ませておく必要があります。それ以上に時間が早まってしまうと、お腹に消化物が残っている状態で、筋トレを行わなければいけないので、パフォーマンスが低下してしまいます。血液も胃に集まってしまっているので、貧血や酸欠など様々な障害を発生させてしまいます。そういった部分を気をつけて食事をとりましょう。

筋トレ中にもエネルギー補充が必要になる場合があるんでしょう。どんなに栄養摂取をしても、消費してしまえば空腹になるものです。その場合消化にいいゼリーなどを食べるようにしましょう。もしくはチョコなどの、カカオを含んでいるもので、植物性タンパク質を補いつつ集中力を上げる、糖質の摂取も行いましょう。そうすることで、筋肉に悪影響を与えず、エネルギー補充をすることができます。

自分にあっている時間帯とタイミングで継続することが大切

筋トレの時間帯やタイミングはその人の、生活リズムによっても大きく異なっていきますので、あくまで目安として覚えておけばいいですが、食事のタイミングや頻度はとても重要です。しっかりと自分自身が行なっている筋トレのメニューによって頻度やタイミングなどをしっかりと考えて、筋肉に疲労を蓄積させないようにメリハリをつけて、筋トレを頑張りましょう!

筋トレに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb筋トレ用サプリのおすすめ15選!効果的な飲み方やタイミングは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb筋トレとストレッチの順番と効果!筋肉にメリットがあるのは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb筋トレのモチベーションが上がる音楽は?おすすめのやる気が出る方法! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-05-25 時点

新着一覧