仕事で怒られるのは当たり前?立ち直り方や上手な対処法を徹底解説

会社では怒られるのが当たり前なのでしょうか?仕事でミスをして上司にひどく怒られた次の日、会社に行きたくないと思うことは誰にでもありますね。しかし、考え方によっては怒られるのはステップアップへのチャンスなのです。仕事で怒られたときはどのように立ち直り、ステップアップに繋げていけばよいのでしょうか。仕事で怒られても前向きでいられるための立ち直り方や上手な対処法をまとめました。

仕事で怒られるのは当たり前?立ち直り方や上手な対処法を徹底解説

目次

  1. 仕事で怒られるのは当たり前?
  2. 仕事ではどんなことで怒られるの?
  3. 怒られるのは本当に仕事ができないから?
  4. 一生懸命仕事しているのに怒られる理由
  5. 仕事でよく怒られる人の特徴
  6. 怒られると仕事にも周りにも悪影響を及ぼす!?
  7. ストレスが溜まるのは当たり前!
  8. 仕事で怒られるのは覚悟しよう!立ち直り方を知っていれば大丈夫
  9. 素直に聞くことで対処がしやすい
  10. 怒られるたびに「仕事ができるようになる!」と考える
  11. 理不尽に怒る人を許すおおらかな心を持つ
  12. 周りに相談することも大事!
  13. 謝ることで相手の気持ちを落ち着かせる
  14. 仕事でよく怒られると空気が読めるようになるというメリットも
  15. 【まとめ】怒られる人ほど仕事ができるようになる!

仕事で怒られるのは当たり前?

上司に怒られすぎて会社に行くのが辛い!という人は意外に多いのではないでしょうか。口には出さずとも、社会に出ると人は何かとストレスを抱えているものです。特に、学生時代にあまり怒られる経験がなかった人は、新卒で入った会社で大人の社会の厳しさを知ることになるかも知れません。

しかし、仕事は必ずしも怒られながら覚えていくものなのでしょうか。新卒にしても、中途採用にしても、入社したての頃はわからない仕事に戸惑うものです。「一生懸命しているのに、なんでわかってくれないのだろう」と落ち込む日があっても、上司はそれをなかなか理解してくれないのです。

腹が立ってもキレてはいけない大人の社会。会社は給料を貰い働いているので、なおのこと簡単に辞めることはできません。仕事で怒られるのは当たり前ではないですが、時と場合によっては怒られます。こんなとき自分をコントロールできれば気持ちは楽になるでしょう。怒られたときの立ち直り方や対処法を解説した、会社に行くのが辛い人にぜひ読んでもらいたいまとめです!

Thumb仕事が怖い!会社に不安で行きたくない人の原因や対処法まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

仕事ではどんなことで怒られるの?

どんな業種、職種でも人と関わっている以上は怒られることもありますね。仕事ではどんなことで怒られるのでしょう。仕事で怒られる例を2つご紹介します。

料理人

料理人は美味しい料理を提供するために、非常に厳しい修行を積まなくてはいけません。朝から晩まで下準備や洗い物に追われ休む暇はありません。先輩からの厳しい叱責を受けたり、理不尽に怒られるなんてことも日常茶飯事なのです。

外回り営業マン

外回りの営業マンというのは一見、楽そうに見えるかも知れません。会社を自由に出入りできるし、ノルマさえなんとかなればインターネットカフェで昼寝をしても誰にも怒られないのではと羨ましく思う人もいるでしょう。いえいえ、実はそれほど楽ではないのです。

会社によっては携帯にGPS機能を付けられ、それぞれの営業マンがどこにいるかを監視され追跡されている例もあるのです。GPS機能を外したくても社用携帯なら文句は言えません。嘘みたいな話ですが、本当にあるエピソードなのです。サボっているのがばれたら、帰社したときに大目玉をくらうでしょうね。

Thumb人と関わらない仕事がしたい!正社員雇用はある?取っておくべき資格は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

怒られるのは本当に仕事ができないから?

一言で怒られると言っても、怒られる理由にはいろいろなパターンがあります。怒られたのは本当に仕事ができないからなのか、落ち込む前に一度考えてみるとよいでしょう。例えば上司の話をきちんと聞いておらず、何度も同じミスを繰り返してしまう人は、注意力が散漫になっているのではないでしょうか。

仕事中に居眠りをしたり返事をしなかったりするのは、社会人としてのマナーを知らないせいとも言えます。その他にも社内で私用電話を長時間していたり、約束の時間を守らないのは、仕事ができないのではなく勤務態度の問題になってくるでしょう。

上司が怒る内容がたとえ営業の内容や成績、報告書などの書類作成といった仕事に関係することであっても、自分が怒られるのは他に理由がないかどうか考えてみる方が良いですね。態度を改めルールを守るようにすれば、怒られなくなる可能性もあります。

Thumb会社を休む理由で当日使える言い訳まとめ!やむを得ないと思われるには? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

一生懸命仕事しているのに怒られる理由

仕事が特別できないわけではなく、勤務態度も真面目でマナーを守っているのに怒られるときもあります。上司といえども人間なので、自分の気分次第で人に強く当たることもあるのです。特に上司が女性の場合は感情が表に出やすく、ホルモンバランスが崩れてヒステリックになり理不尽に怒る人がいます。

しかし、人間だから仕方ないなんて簡単に割り切れる心の広い人はなかなか存在しないでしょう。上司から理不尽に怒られストレスを与えられることはパワハラやモラハラに当たるケースもあり、その場合は早急に対処法を考えなくてはいけません。

上司が怒る内容にいつも矛盾があったり、仕事と全く関係ないことを指摘されるようになったら、他の先輩や会社の人事、外部の相談窓口で相談するようにしましょう。ストレスが溜まって会社を辞めたくなる前にきちんと解決しておくことが大切です。

Thumb会社を遅刻する時の理由と言い訳!連絡の仕方や対処法とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

仕事でよく怒られる人の特徴

同じように仕事していてもどうしても怒られやすい人がいます。怒られやすい人の特徴は、自分に自信がなく何も言い返せない性格であることが多いです。おどおどした態度が余計に怒りを買ってしまい、強く怒られてしまうのでしょう。仲の良い同僚が少なく孤立していることも、怒られやすい人の特徴です。

コミュニケーション能力が乏しいのも特徴のひとつです。自分の思っていることが上司にうまく伝えられず、イライラさせてしまうのです。またこういった人は他の人に助けを求めることが難しいので、上司の八つ当たりのターゲットになってしまいがちです。

なんと言っても会社で怒られやすい人は仕事ができないという特徴があります。会社の目的は利益を上げることなので、仕事ができない人は会社にとって必要ない人間とみなされる場合があるのです。仕事ができるようになれば自然とコミュニケーション能力も身に付いてくるはずです。怒られやすい人はまず仕事ができるように努力する必要がありますね。

Thumb社会人のマナーの基本と常識まとめ!ビジネスマンとして最低限のルールは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

怒られると仕事にも周りにも悪影響を及ぼす!?

会社で誰かが怒られると辛いのは怒られた人だけではありません。社内の空気は一瞬にして凍りつき、活気が失われることもあるでしょう。いくら他人でも頭ごなしに怒られている所は見ていてあまり気持ちいいものではありません。他の社員もまた、次は自分が怒られるかもと委縮してしまうと良い仕事ができません。

さらに怒りには連鎖があります。自分が怒られたことを他の人に責任転嫁し、次は自分より立場が下の人に怒りをぶつけるようになるのです。自分が会社で一番新しい社員なら、次の怒りの矛先は取引のある下請け会社の担当者です。そしてそのまた取引先の社員が怒られるという連鎖が始まります。こうなると、立ち直り方を知っている人が、どこかでストップをかけなくてはいけません!

ストレスが溜まるのは当たり前!

仕事で怒られる人が抱えるストレス

日常生活においてストレスが溜まるのはごく自然なことです。仕事でミスをして落ち込むことがあっても、大抵の人は自分なりの対処法を知っておりしばらくすると立ち直るものです。しかし、毎日のように怒られると気持ちをリセットする暇がなく、ストレスからいろいろな症状が現れてきます。

ストレスを溜めひどく落ち込むと脳の機能が低下し、記憶力や判断力が鈍くなります。そうなるとさらに仕事でのミスが増え、また怒られるという悪循環に陥ってしまうのです。また体に現れる症状もあります。頭痛や下痢、胃痛や肩こりもストレスによる症状です。女性なら生理不順になる人もいます。

体調を崩し仕事に集中できず、また失敗して怒られるの繰り返し・・・。ますます会社に行くのが嫌になってしまいます。ひどい場合うつ病を引き起こしてしまい、日常生活を普通に送ることすら難しくなるかもしれません。こうなる前に忙しくてもなんとか気持ちを切り替える時間を作り、ストレス解消するようにしましょう。

Thumb上司が嫌いで会社を辞めたい!ストレスを溜めない対処法や解決策は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

仕事で怒られるのは覚悟しよう!立ち直り方を知っていれば大丈夫

仕事で怒られたときに「また怒られた・・・」と落ち込む必要はありません。仕事では怒られるものだと覚悟しておきましょう。それでもやはり怒られたら落ち込むこともありますね。しかし上手に気持ちを切り替えられたらストレスを溜めずに済みます。怒られたときの対処法を知っていれば何も怖くありません。では怒られたときの立ち直り方にはどんなものがあるか見ていきましょう。

Thumb仕事でよくある悩みランキング女性編!相談の仕方や解決法を徹底解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

素直に聞くことで対処がしやすい

仕事で怒られたときは素直に受け入れよう

怒られたときは頭がいっぱいになり、言われた内容がきちんと整理できていないでしょう。それゆえに余計パニックになり相手に何も伝えられず、結果的に一人で落ち込むのです。怒られたときの立ち直り方は、一度頭の中で相手の言い分を整理して分析してみることです。

冷静になって考えると、自分に悪い所があったから怒られたのだと納得できるかもしれません。「怒られてしまった。どうしよう」と思うのではなく、自分が何を言われたのかに注目すると良いでしょう。悪い点が改善されれば怒られることも減り、スッキリとした気分で会社に行けるようになるはずです。

Thumb仕事でミスが多い人の特徴は?失敗したときの対策や対処法とは | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

怒られるたびに「仕事ができるようになる!」と考える

仕事で怒られると自分が攻撃されたかのような気持ちになり落ち込むことがあります。しかし『怒られる=攻撃』ではないのです。前項で述べたように、怒られた内容をしっかり整理し改善点を見つけ出せば、自分のステップアップに繋がるというメリットもあるのです。つまり考え方によっては、怒る人は自分にチャンスを与えてくれたのです。

怒る人は決して敵ではありません。今までの方法を変えてみるきっかけをくれた味方と考えましょう。前向きに考えることが落ち込むときの立ち直り方です。ダメ出しをされる度に方法を変え、いつか怒られなくなったとき、仕事ができる自分になっている可能性もあるのです。ピンチはチャンス!チャンスをくれた上司に感謝しましょう。

Thumb仕事が遅い人に共通の特徴とは?原因や対処法・早くさせる改善方法を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

理不尽に怒る人を許すおおらかな心を持つ

理不尽に怒る人への対処法は、いっそのこと相手を許してしまうという方法があります。相手は心に余裕がない気の毒な人なのだ、とこちらが大人になれば気が楽になります。「体調が悪いから辛いのかも知れない」とか「こんなに怒ると、自分の評価を下げてしまうのに」と同情してあげることで、相手より優位に立てるのです。

ただし、理不尽に怒る人を許すのはかなりハードルの高い立ち直り方なので、よほど気持ちに余裕がある人でなければ余計にストレスを溜めてしまうかも知れません。しかし、このような考え方を習慣づければ、これから先の人間関係がもっと楽になるはずです。少しずつ、相手を許すという考え方ができるように訓練しておきましょう。

Thumb失敗や挫折した時の名言集!仕事でミスした時の励ましの一言など | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

周りに相談することも大事!

仕事で怒られるのが嫌な人は先輩からアドバイスをもらおう

最も手っ取り早い立ち直り方は、怒られて辛いと誰かに相談することです。同僚や、仲の良い友達に話を聞いてもらうとスッキリするでしょう。落ち込む人がお酒を飲みながら愚痴を言うのも、大人の世界では定番の立ち直り方です。普段、溜め込んでいる憂鬱な気持ちを思い切り発散させましょう。

話を聞いてもらう相手が会社の先輩なら、社内の事情をよく把握している可能性が高いです。あの上司にはこう対応すべきだとか、こういう時は怒っているから近づくななどのアドバイスがもらえるかも知れません。もしくは、自分の間違いに気づかせてくれることもあるでしょう。

落ち込む様子をアピールすると、甘えられてることが嬉しくて味方になってくれる先輩もいるかも知れません。自分の殻に閉じこもっていても何も変わりません。どんどん人に話を聞いてもらい、コミュニケーション能力を高めると怒られる回数が減ることもあるでしょう。

謝ることで相手の気持ちを落ち着かせる

仕事で怒られるのが怖い人は先に謝って逃げてしまうという方法も!

頻繁に怒られていると、だんだん上司が怒るタイミングが掴めてきます。ネチネチと怒られて落ち込むならば、先回りして謝ってしまうのもよい方法です。怒られている最中に深く頭を下げ「本当に申し訳ございませんでした。以後気をつけます」と謝罪するのです。

上司の説教は、部下が自分の非を認めないときに延々と続きます。下手に言い訳しようとしたり、人のせいにしようとすれば「その態度が気に食わない!」となってしまうのです。「また説教が始まったな」と思ったら、先に謝って解放してもらうとストレスも溜まりにくいですね!

Thumb上司と合わない人必見!上手な付き合い方や仕事の進め方・対処法 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

仕事でよく怒られると空気が読めるようになるというメリットも

よく怒られる人はストレスが溜まり辛い思いをしますが、きちんと立ち直り方を知っている人なら、場の空気が読めるようになるというメリットもあります。相手の話をよく聞いて、なぜ怒っているのかを知ることで、相手が何を望んでいるかを察し対策を練ることができます。このように言えば相手は怒り、このように返せば納得するといった会話の微調整ができるようになるのです。

つまり人との心の距離感を的確に掴めるようになるのです。少し言葉を交わすだけで、今は関わってはいけないときだとか、今なら良い返事がもらえるといったタイミングを見計らえるようにもなるでしょう。怒られている間、話を聞くと同時に相手の様子をよく観察しておきましょう。怒られるのは悪いことばかりではないのです。

【まとめ】怒られる人ほど仕事ができるようになる!

仕事で怒られるのに対してマイナスのイメージが強すぎるために、怒られること自体が嫌になってしまう人が多いように思います。しかし「怒られているうちが花」とはよく言ったもので、本当にどうなってもいい人には怒らないのではないでしょうか。

怒る方もエネルギーがいります。怒ることによってスッキリする人なんて本当はいないのです。理不尽に八つ当たりする人だって、スッキリするわけではありません。そのように自分のために怒りのエネルギーを使ってくれている上司に感謝しなくてはいけないのです。

たしかに「怒られることは幸せなことだ!」なんてすぐに切り替えるのは難しいでしょう。なので、お酒を飲むのも良し、カラオケに行くのも良し。会社以外で楽しいことを沢山見つけて自分なりの立ち直り方を探していきましょう。怒られた経験はいつか自分の力になるはずです!

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-17 時点

新着一覧