会社を休む時のメールの例文!上司ウケが良い書き方と注意点とは?

会社を休む時は電話したほうが良いと分かっていても、電話だと会社を休むことに対して申し訳ない気持ちや同僚や上司の反応が良くないのでは?と気になったりして電話することを躊躇してしまいますよね。だからと言って、メールで連絡するのは、悪い印象を与えそうですよね。でも、会社を休む時に電話ではなくメールで上手く伝える方法がることを知っていましたか?会社を休む時のメールの例文から上司ウケが良いメールの書き方や注意点などを詳しくご紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

会社を休む時のメールの例文!上司ウケが良い書き方と注意点とは?

目次

  1. 会社を休む時の連絡は電話?メール?
  2. 注意点は?会社を休むメール連絡の場合
  3. 詳しく説明!会社の人達に会社を休むメール連絡するときは
  4. 良い例文!会社の人達に会社を休むメール
  5. 失礼がないようにしよう!上司に会社を休む時のメール連絡
  6. 大事!会社を休むメール連絡後の電話フォロー
  7. 上司に会社を休む印象が良いメール例文は?
  8. メールは早めに!上司に会社を休むメール連絡をする場合
  9. 上司に会社を休む早朝メール例文は?
  10. 会社を休むメールは相手のことを考えた内容でメールしよう‼

会社を休む時の連絡は電話?メール?

会社を休む時は、一般的には電話で伝えることが基本ですよね。会社を休む人は、会社の上司や一緒に働いている人にきちんと自分の状態をはじめ、ご迷惑をかけて申し訳ない気持ちや休む日にしなければならないことの連絡などを電話できちんと伝えることが大切です。

電話で会社を休む連絡をするだけで、一緒に仕事をしている人達には、良い印象を与えますし、会社の上司は、当たり前のことができて当然と考えますが、信頼を損なうことはありません。会社を休む時に電話ではなくてメールでも電話のようにできたらいいですよね。

電話のように会社で一緒に働く人たちや会社の上司に良い印象や信頼を損なわない会社を休む時のメール連絡の良い書き方や例文、注意点などを詳しくご紹介します。会社を休む時の連絡をメールでできるようになりたい人や電話で会社を休む連絡が苦手な人などはぜひ参考にしてください。

注意点は?会社を休むメール連絡の場合

会社を休む時にメール連絡をする場合は、電話のように声を聞くことができないですし、相手が聞きたいことや伝えたいことがあっても会話することができませんよね。ですので、メールで会社を休む連絡をする時の伝える相手に対しての注意点などを例文を含めてご紹介します。

詳しく説明!会社の人達に会社を休むメール連絡するときは

会社で一緒に働いている先輩、後輩、同僚などに会社を休む連絡をメールでする場合の注意点は、自分が休む理由と自分が休む日にしなければいけない仕事の申し送り、代わりに引き受けてくれる人の確保、トラブルがでた時の対処法などをきちんと伝えておくことです。

電話の場合は、話して伝えることができますが、メールの場合は、休む側が一方的に連絡をする形になるので、会社を休む人が、自分が抱えている仕事に対して、色々なことを予測して対処法を伝えておかなければ、たくさんの人に迷惑をかけることになります。

多くのことをメールで伝えるようになるので、メールの書き方の注意点として、相手が読みやすいように工夫して書くようにしましょう。そして、必ず会社を休むことに対してご迷惑をかけて申し訳ない気持ちを忘れずに伝えるようにしましょう。

良い例文!会社の人達に会社を休むメール

会社を休むことを会社の人達にメールする場合、相手は自分が仲が良い人や自分の抱えてる仕事を気持ちよく引き受けてくれる人にメール連絡すると良いですね。会社の人達に会社を休む時のメールの例文を見ていきましょう。

「おはようございます。熱が38度あり体調がすぐれないので病院に行きたいのでお休みをさせてもらえますか?それで、自分が抱えてる仕事で1つだけ、処理してほしい仕事があるのでお願いできますか?」先ずは、このような例文メールを送って返信を待ちましょう。

相手から「大丈夫よ。」などのOKの返答が届いた時は、処理してほしい内容を具体的に書き、もし、スムーズにいかない場合は、自分に連絡してほしいことを書きます。その時の連絡方法は電話なのか、メールなのかをきちんと書いておかないと相手が困ることを覚えておきましょう。

メール例文としては、「会社提出予定の資料が私のPCに入っているので、上司に確認してもらって、大丈夫であれば〇〇会社の△さんにメールで送ってください。お忙しと思いますがよろしくお願いします。もし、何かあればメールで連絡もらえると助かります。」などです。

自分が休む時にお願いする仕事は重要なものだけにして、自分の仕事はなるべく自分で処理をするようにしましょう。急ぎじゃない仕事や次の日にまわしても大丈夫な仕事は、自分で采配して周りに迷惑をかけないようにすることがとても大切なことです。

失礼がないようにしよう!上司に会社を休む時のメール連絡

会社を休む時の連絡を上手にメールでする場合は、失礼がないメールを送るようにしましょう。会社を休むことを上司にメールするには、失礼に当たらないように、悪い印象を与えないようになどとても気を付けてメールをする必要があります。

大事!会社を休むメール連絡後の電話フォロー

会社を休むメールひとつで会社の上司から反感をかってしまい、仕事に故障がでたり、上司との人間関係が悪くなったりすることもありますので注意しましょう。会社を休む連絡をメールで上司にする場合は、メール後、もしくは、時間がある時に電話連絡することをおすすめします。

Thumbメールでの謝罪の仕方は?ビジネスシーンで誠意が伝わる書き方・例文を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

上司に会社を休む印象が良いメール例文は?

会社を休むメールを上司に場合の注意点は、電話ではなくメール連絡で申し訳ない気持ち、自分の状態、ご迷惑をかけて申し訳ない気持ちが伝わるメールを送りましょう。電話連絡を後でするメール例文と電話連絡をしないメール例文とご紹介しますね。

後で電話連絡する場合の例文「おはようごさいます。メールで失礼いたします。本日、体調が悪いので、本日はお休をもらえますでしょうか?今から病院にいきますので、終わりましたら、電話連絡をさせて頂きます。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。」

電話連絡をしない場合のメール例文「おはようございます。メールの連絡で本当に申し訳ございません。今日、対象が優れないのでお休をさせて頂きたいのですが……。今日中に処理する必要がある仕事はありませんが、念のために△さんにも伝えております。」

「午前中、病院に行ってますので、午後からでしたら電話を取ることができますので何かありましたらご連絡をいただけると助かります。本当にご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。」のような会社を休んでもスムーズに仕事ができる状況と申し訳ない気持ちを伝えましょう。

会社の上司に悪い印象を与えないためには、会社を休むことを上司に伝える場合は、体調が優れずに電話するのが大変な場合などはメールでの連絡でも大丈夫ですが、出来るだけ電話連絡をすること、もしくはメールで連絡した後に電話連絡をすることをおすすめします。

メールは早めに!上司に会社を休むメール連絡をする場合

会社を休む連絡をメールで上司にする場合は、なるべく早くメール連絡をするようにしましょう。もし、あなたが上司から頼まれている仕事があって急ぎで対処しないといけない仕事を抱えていたなら、いくら体調が悪いと言っても、とても困ってしまいます。

そのような状況で会社を休む連絡が電話ではなくメールできたら、おそらく上司はあなたを信用できないでしょうし、とても悪い印象を与えますし、怒りをかうことであるでしょう。ですので、そういう状況で会社を休む連絡をメールでする場合は、なるべく早くに連絡するようにしましょう。

上司に会社を休む早朝メール例文は?

「朝早くから連絡して申し訳ありません。朝早いので電話ではなくメールを送らせてもらいました。昨夜から体調が思わしくないので本日は会社をお休みしたいのですが、課長から言われた仕事があるので、指示を頂きたく朝早くに連絡させてもらいました。」

「もし、課長が大丈夫であれば、〇〇さんに今日1日だけ引継ぎをお願いしようと考えております。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。」などとメールすると仕事に対しての責任感があることが分かり、朝早いので電話をしないのはマナーができている印象を与えます。

早めにメールで連絡することで上司が時間の余裕を持って仕事の段取りができるので、上司の気持ちに余裕がでると悪い印象を与えにくくなりますし、怒りがでることもないでしょう。会社を休む前日に明日は会社の出勤は難しいと感じたら会社を休む前日の夜に上司に連絡しても良いですね。

Thumbメールの一斉送信の方法は?ビジネス上のマナーやスマホでのやり方も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

会社を休むメールは相手のことを考えた内容でメールしよう‼

会社を休む時のメールの良い書き方の例文から上司や会社の同僚などにメールを送るときの例文など会社を休む時のメールについて詳しくご紹介しました。当たり前の連絡ツールのメールですが、文章でしか、相手のことが分からないので、間違った印象を受ける場合もあります。

ついつい自分の伝えたいことだけを送ってしまいやすいメールは、メールを受け取る側に嫌な印象を与える場合がありますので、メールを送る側はメールを受け取る側のことをよく考えた内容のメールを送るようにしましょう。

もし、自分が会社を休む人からメールを受け取る場合はどうだろうか?ということをよく考えてメールを送るとメールを受け取る側も悪い印象を抱くことは少ないです。会社を休むことを上司にメールで連絡する場合は、特に年齢が高い上司ほどメール連絡は悪い印象を与えます。

そういう上司は、メールした後に電話連絡をした方が良いことを覚えておいてください。会社を休む連絡をメールでする時の注意点を良く理解して相手に悪い印象を与えないようにして会社を休むようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-24 時点

新着一覧