座布団カバーの作り方!ファスナーなしが初心者でも簡単に作れる?

座布団カバーは汚れるのを防いだり隠すことができる便利なものです。ファスナー付きの座布団カバーをよく見かけますが、初心者でも簡単に作ることができます。学校で必要になった時や、部屋の模様替えをしたくなった時に簡単な作り方でファスナーなしの座布団カバーの作り方を試してみましょう。この作り方がマスターできたら他の手作りも簡単にできますよ。動画でファスナーなしの座布団カバーをご紹介します。

座布団カバーの作り方!ファスナーなしが初心者でも簡単に作れる?

目次

  1. 座布団カバーで簡単に模様替えができる
  2. 座布団カバーの作りどきは学校や模様替え
  3. 作り方は初心者でも簡単な座布団カバー
  4. 初心者がつまずく作り方[ここに注意]
  5. ファスナーを取り付けた座布団カバー[作り方]
  6. ファスナーの種類と機能で座布団カバーはひと味違う
  7. 売り物と手作りで違う座布団カバーとファスナー部分
  8. 座布団カバーの作り方[いろいろな機能の座布団]
  9. 座布団カバーの作り方がわかれば手作りは簡単!
  10. 簡単な作り方で座布団カバーをいっぱい作れる!

座布団カバーで簡単に模様替えができる

インテリアを簡単に模様替えするのにクッションや座布団の柄を変えるのが簡単です。布の摩擦を防いだり、傷などをオシャレに隠すことができます。素材やデザインは布製だけでなく、毛糸で編んだものやファー素材などがあります。装飾性のあるクッションや座布団カバーもあり、刺しゅうや飾りが付いているものもを見ることができます。

今回は初心者でも簡単にできる布製の座布団カバーの作り方をご紹介します。部屋の模様替えや座布団の保護、お子さんの学校で必要になった時など手作りの座布団カバーを作ってみましょう。購入する座布団カバーとは違った便利な点もありそうです。詳しく作り方を見ていきます。

座布団カバーの作りどきは学校や模様替え

座布団カバーは座布団本体の保護や部屋の模様替えをするのに便利です。作り方も簡単で、ファスナーなしの作り方もあります。簡単な構造なので初心者にもオススメです。ゴムの部分は貼るタイプのものを使うなど便利なアイテムが100均や手芸店で見つけられます。

お客様に座布団があるというお家もありますが、座布団カバーを作る機会はお子さんの学校で必要になるなど多いようです。指定のサイズで作るのにアレンジが効く簡単な座布団カバーの作り方をご紹介します。簡単なので部屋の模様替えや何枚か同じサイズのものが欲しいときにおススメな作り方です。

100円ショップで手に入る素材や道具でも座布団カバーが作れそうです。装飾するものもあり、アイロンで貼るタイプのものなど針を使わなくて良いものがあり便利ですね。せっかく手作りするなら見た目もおしゃれにしてみましょう。ネーム部分や飾りのワッペンはちょっとしくじった部分を隠すのにも使えそうです。

作り方は初心者でも簡単な座布団カバー

キルティングの生地やキャラクターのデザインは、学校の持ち物でよく見かけます。手作りの座布団カバーでもよく見かける材料ですね。お子さんの好みに合った座布団カバーになりそうです。他の持ち物とおそろいにするなど自分のものと分かりやすいです。

ファスナーなしの座布団カバーの作り方は簡単ですよ。ポケットティッシュ入れの作り方でも同じものがあります。初心者や久しぶりに裁縫をやる、急ぎとなると簡単な作り方をしたいですね。

初心者だとファスナーは難しく感じます。その点、この包む形なら簡単にできそうです。ポケットティッシュのカバーと同じデザインですね。ゴムがあれば椅子からずり落ちずに座れますね。学校の持ち物指定で役立つ座布団カバーです。他にもマジックテープやボタンで留めるなど工夫ができます。見た目もよく、実用性もありますので用途によって試してみると良いでしょう。

一般的にクッションや座布団カバーにはファスナー付きのものが多いです。形がシンプルでファスナーがないものと比べ使っていて型崩れしにくいからかもしれません。次ではファスナー付きの座布団カバーの利点をお伝えします。

初心者がつまずく作り方[ここに注意]

座布団カバーは、サイズをしっかり測るのが出来上がりに響いてくるポイントです。測ってから作ればたりなかったり、大きすぎたりしないでしょう。座布団カバーにはキルティングや綿などの生地なら縫うときに伸びがあまりないので縫いやすい素材です。

長さを間違えても手作りなら長さの調整や装飾を足しなどしてフォローもできますね。
気軽に手作りを楽しみましょう。

お気に入りの柄やボタンを選んで座布団カバーを作ることができます。作り方が簡単でも布や装飾品を選べる楽しさがあります。学校で使う座布団カバーの思い入れもひとしおになりそうです。

ファスナーを取り付けた座布団カバー[作り方]

ファスナーを付けると中身の出し入れがしやすく、シンプルな見た目の座布団カバーができそうです。販売されて座布団カバーのようにしっかりした座布団カバーになりそうですね。

クッションにも和風の座布団カバーにもファスナーがついているカバーがあります。よく見かける座布団カバーはファスナーが便利かもしれませんが、金具などが邪魔になったり壊れる原因になるかもしれません。

ペットにはファスナーの金具に悪戯するペットもいそうです。その場合はファスナーのない座布団カバーが良さそうです。ニーズに合った柄やデザインで座布団カバーを手づくりしましょう。シンプルなデザインの座布団カバーでもプリント柄や機能性のある生地で素敵にできあがりそうです。

ファスナーの種類と機能で座布団カバーはひと味違う

まとめて縫ってしまう【作り方】

ファスナーにはフリーサイズのものやデザインのあるものなどがあります。ファスナーチャームは付け替えられるものが多く、チャームは金属のものや透明なものなど迷うほどたくさんあります。

ファスナーの金具をオシャレのすることができますが座布団カバーで使われているものは金具の部分が目立たないものが多いです。座布団カバーで一体化するデザインのものが多く、スッキリと出来上がり販売している座布団カバーの形では一番多い形だと思われます。

中身がボリュームのあるクッションやしっかりした素材の座布団カバーでもファスナーがあれば中身が詰めやすくかたよりにくくなります。ミシンで一気に縫い合わせれば簡単ですね。

片方ずつ丁寧に縫う【作り方】

おしゃれな生地を選んだならファスナーにもこだわってみるとひと味違った出来上がりになりそうです。ファスナーの色や金具部分の色や素材の違いで雰囲気が変わります。チャームやタッセルを付けると和にも洋風にも座布団カバーができますね。

カバーとのサイズ感は使い勝手にも響きます。待ち針や印を書いて丁寧に作ってみましょう。ファスナー付きの座布団カバーに挑戦してみましょう。

売り物と手作りで違う座布団カバーとファスナー部分

中に入り金具部分が気にならないファスナーを使います。チャームなどつけられオシャレなファスナーがあります。デザイン性を増したくなったら使ってみてはいかがでしょうか。

ファスナーを使っても目立たないように作る座布団カバーが多く、生地となじむ色のファスナーが使われています。手作りするときはファスナーをなしにしてそのままか、他の装飾を付けるなど様々な選択肢がありますね。生地とファスナーのデザインを考えるのもおしゃれにできそうです。次では座布団カバーの機能性についても見てみましょう。

座布団カバーの作り方[いろいろな機能の座布団]

クッションや座布団カバーには、毛糸やファーなど手触りの良いものや装飾性のあるものなどみられます。花座布団はかぎ針で編んで作られています。中身のパンヤやクッションを入れずに柔らかく、華やかさがあります。

座布団のやわらかさと座布団カバーが一体になっているのでクッション性があまりないものもあります。中身のパンヤやクッションで好きな厚みにすると使いやすく、おしゃれな雰囲気にできます。普段使うものなら洗濯ができるカバーがあれば便利です。

カバーと中身を分けて洗えると毎日使っても洗濯ができます。ゴムの部分など傷みやすい部分は付け替えたり補強できると良いですね。初心者でもワッペンを貼って補修できるアイテムなどでささっと直してみましょう。

縁起物に座布団はつきものです。ミニチュアの座布団がかわいいですね。買わずに手作りすると好きな色や柄で作れます。端切れの布で作ってみましょう。

座布団カバーの作り方がわかれば手作りは簡単!

カバーがあると便利なものは多いですね。包む形ができると手作りの幅が広がります。お子さんがいると欲しいものは手作りしたくなりそうですね。初心者でもステキな布を見つけたらファスナーなどを縫い付けない作り方で簡単に作品ができそうです。

自分の持ち物を手作りしたものにして身に着けてみませんか。手作りの魅力はサイズ感や好きな機能や装飾を付けられるところです。少しの工夫でオシャレに自分好みのものが作れそうです。

長い座布団や欲しい質感、色の座布団カバーが作れれば購入するよりステキで愛着あるものが作れます。ほころんだり穴が開いても補修して長く使えますね。長く使ったり枚数を増やすときでも作り方を覚えれば、簡単に作れそうです。

簡単な作り方で座布団カバーをいっぱい作れる!

座布団カバーは一色の同じものだけでなく、色を変えたりモダンなデザインのものも見かけるようになりました。座布団カバーの役割は汚れを防いだり洗濯できることで清潔に保てたり日々の生活で使えるものです。シンプルな形で同じデザインを複数作ることが多いアイテムと言えるかもしれません。

統一感や特別感をだして座布団カバーを簡単な作り方でなら初心者にもすぐ作れそうです。部屋に合うものや普段使う持ち物として素敵な座布団カバーを作ってしまいましょう。

もっと手作りの作り方を知りたいあなたへ

Thumbワックスコードでブレスレットを手作りしよう!簡単・楽しい作り方を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbランチョンマットの作り方!手作りの簡単な方法やおしゃれなデザインは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbエプロンを手作りしてみよう!初心者でも簡単にできる作り方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-07 時点

新着一覧