少女漫画のおすすめ・完結済みまとめ!一気読みできる面白い・恋愛作品

読むだけで恋する気持ちを楽しむことが出来る少女漫画ですが、最近では若手の俳優さんや女優さんが少女漫画の実写化を演じることが多く注目を集めている少女漫画が多いです。面白い少女漫画から少し切ない気持ちになる恋愛少女漫画、キュンキュンしてしまう少女漫画などをまとめました。既に完結しているおすすめの少女漫画なので一気読みすることができます。男性にも読みやすいおすすめの完結済み少女漫画もあるので是非チェックしてみてくださいね。

少女漫画のおすすめ・完結済みまとめ!一気読みできる面白い・恋愛作品

目次

  1. 一気読みできる!おすすめの完結済少女漫画を紹介!
  2. 切ないすれ違いを描いた完結少女漫画「僕らがいた」
  3. 男性でも読みやすいおすすめの完結少女漫画「Orange」
  4. たくさんの感情が渦巻く完結少女漫画「砂時計」
  5. 不思議現象!おすすめの少女漫画「宇宙を駆けるよだか」
  6. オニムバス形式で描かれた完結少女漫画「潔く柔く」
  7. 甘酸っぱい青春が味わえる!「アオハライド」
  8. ナチュラルな恋愛を描いたおすすめ少女漫画「たいようのいえ」
  9. ハラハラ感が味わえる少女漫画「ライアー×ライアー」
  10. 働く女性におすすめの少女漫画「午前3時の無法地帯」
  11. テンポがよく読みやすい少女漫画「ラブ★コン」
  12. キュンキュンできるおすすめの完結少女漫画「先輩と彼女」
  13. 優等生×不良のおすすめ恋愛コメディ「となりの怪物くん」
  14. 学園での恋を描いたおすすめ少女漫画「ひるなかの流星」
  15. おすすめの完結少女漫画で胸キュンを味わうことができる

一気読みできる!おすすめの完結済少女漫画を紹介!

読むだけで、胸がキュンキュンするのを味わうことが出来る少女漫画ですが女性をはじめ最近では男性でも読みやすい少女漫画が増えています。また、人気の少女漫画は実写化もされているものが多く気軽に親しみやすいです。そこで既に完結していて一気読みすることができるおすすめの少女漫画を紹介していきます。完結少女漫画を探している方は必見です。

切ないすれ違いを描いた完結少女漫画「僕らがいた」

小学館「ベツコミ」にて2002年より10年間連載されていた完結少女漫画です。作者は小畑友紀さん。少女漫画の累計の売上を1000万部を超えている人気少女漫画になります。全部で16巻になっていて、少女漫画の中でもわりと長めですが絵がシンプルでテンポもよいので一気読みしやすい少女漫画です。舞台は高校に入学した主人公サイド、転校してしまった矢野サイド、矢野のことを好きな女子サイドとくるくる視点が変わる書き方なのも面白いです。

七海と矢野との気持ちのすれ違いがもどかしい

主人公の七海と付き合うことになった彼氏矢野との恋愛のすれ違いがかなりもどかしい少女漫画になっています。高校生から大人になるまでの過程と一緒に恋愛の様子を描いていて、途中目を背けたくなるような不幸な事故もあり2人の恋愛の先が気になって一気読みしてしまう人が続出しています。イベントごとの思い出もかなり切ないので是非読んで欲しいおすすめの少女漫画です。

アニメ化や実写映画もされているおすすめの完結少女漫画

2006年にアニメ化されていて、第26話まで放送されています。キャラクターボイスは、七海がささきのぞみさん、矢野が矢崎広さんが務めています。また少女漫画の完結と同じ年に放映された実写映画では前篇、後篇と分けて放映されていて主人公の七海を吉高由里子さん、矢野を生田斗真さんが演じたことでも話題になりました。映画からこの作品に入った人も多いです。

男性でも読みやすいおすすめの完結少女漫画「Orange」

集英社の「別冊マーガレット」にて2012年に連載、その後「月刊アクション」にて2014年から2015年まで連載されていた完結済少女漫画です。全部で6巻となっているので一気読みしやすいです。本編が不定期連載に変わっている作品なので、話数はあまり多くないですが連載終了までスロウペースで進みました。世界でも既刊されている人気少女漫画です。作者は高野苺さん。

恋愛系の少女漫画には珍しいSF要素を取り入れた作品

主人公の女子高生、菜穂にある日届いた一通の手紙から話が始まります。その手紙の内容は10年後の自分から送られてきている内容で東京から転校してくる「成瀬翔」の命を救うために行動して欲しいという内容でした。不思議な手紙の通りに出来事が起きていきます。そして、10年後にももういない翔のために菜穂が行動を起こしていくというあらすじになっています。

アニメ化や実写映画化でも話題になった完結少女漫画

2015年に実写映画化がされています。主人公の菜穂は土屋太鳳さん、翔は山崎賢人さん。少女漫画の実際の舞台である長野県松本市にて撮影が行われました。実際に少女漫画の展開とは少し変更されているので、照らし合わせて楽しむことができます。また2016年にアニメ化もされており菜穂を花澤香菜さん、山下誠一郎さんがキャラクターボイスを務めました。

たくさんの感情が渦巻く完結少女漫画「砂時計」

小学館「Betsucomi」にて2003年から2006年まで連載されていた少女漫画になります。作者は芦原妃名子さん。砂時計のように少女時代から大人になっていくまで主人公と主人公の恋愛や心情を細かく書いている作品になっています。大人になるにつれ変わっていく心境や起きる出来事が切なく感情が渦巻いていきます。恋愛だけでなく人間ドラマも感じられる面白い少女漫画です。

過去にあった切ない事件が関連していく少女漫画

12歳の時にあった母親の自殺という切ない事件をトラウマになっている主人公の杏は、恋愛をしても友達ができてもどこか失う怖さを胸に持ちながら過ごしていくことになります。少女漫画の中では26歳になるまでを描いていますが杏の切ない気持ちが反映されているところは読んでいる方も悲しくなります。最終的に杏は幸せになれるのか気になって一気読みしてしまう少女漫画です。

実写ドラマ化、実写映画化もされている人気少女漫画

2007年にTBS系にて実写ドラマ化、2008年に実写映画化がされています。ドラマ版、映画版によって少しずつ設定が変更されています。また、実写ドラマ化では少女時代、学生時代、大人時代と時代が流れていく中でキャストが変わっていくところも見所です。実写映画版では主人公の杏を中高生時代を夏帆さん、大人時代を松下奈緒さんが演じています。

不思議現象!おすすめの少女漫画「宇宙を駆けるよだか」

集英社「別冊マーガレット」にて2014年から2015年まで連載されていた少女漫画です。作者は川端志季さん。全3巻で話がテンポよく進んでいくので一気読みしやすいです。また恋愛要素だけでなくSFっぽい不思議な要素を取り入れているので面白い少女漫画になります。2018年に「Nerflix」にて実写ドラマ化が決定している作品です。

外見と人間の中身を考えさせられるおすすめの完結少女漫画

主人公のあゆみは外見も中身もよい女子高生。外見も中身もよい彼氏が出来ます。デートの待ち合わせをしている途中にクラスメイトから電話が掛かってきます。そのクラスメイトの自殺現場を目撃してしまったことで、クラスの冴えない女子と入れ替わってしまいます。見た目が変わっても同じ人を好きになるのかなど人間を考えさせられる面白い要素が入っている少女漫画です。

オニムバス形式で描かれた完結少女漫画「潔く柔く」

集英社「Cookie」にて2004年から2010年まで連載されていた完結少女漫画になります。作者はいくえみ綾さん。全13巻が既刊されていて一気読みしやすいです。話によって視点が変わるオニムバス形式で書かれている少女漫画なので、それぞれキャラクターに感情移入をしながら読むことができる面白い少女漫画になっています。恋愛を中心に人間の成長も描いている作品です。

2013年に実写映画化されたことでも話題になった完結少女漫画

「潔く柔く」の実写映画化では、主人公の瀬戸カンナを長澤まさみさん、赤沢禄を岡田将生さんが演じました。主人公のカンナ視点で描かれている「カンナ篇」をピックアップして実写映画化されている作品なので少女漫画を読んだあとは一緒に楽しんで欲しいおすすめの実写映画になります。他にも中村蒼さんや波瑠さんなどの人気俳優陣もキャストとして出演しています。

甘酸っぱい青春が味わえる!「アオハライド」

集英社「別冊マーガレット」にて2011年から2015年まで連載されていた少女漫画作品です。作者は咲坂伊緒さん。「青春(アオハル)+ライド(乗る)」という意味でタイトルが付けられています。男性が苦手な双葉が中学時代に恋した相手と高校にて再会。当時の面影は全くなくなっている彼と双葉の恋愛様子を描いた漫画になっています。甘酸っぱい感情が渦巻くおすすめ作品。

2014年にアニメ化、実写映画化が公開されて話題に

咲坂伊緒さんの少女漫画作品は「アオハライド」以外にも多く実写化されていますが、「アオハライド」もアニメ化、実写映画化されています。アニメ版では双葉を内田真礼さん、馬渕洸を梶裕貴さんがキャラクターボイスを務めています。実写化では双葉を本田翼さん、馬渕洸を東出昌大さんが演じていることでも話題になりました。少女漫画系映画でもヒット作品です。

ナチュラルな恋愛を描いたおすすめ少女漫画「たいようのいえ」

講談社「デザート」にて2010年から2015年まで連載されていた少女漫画です。作者はタアモさん。オリジナルの長期連載ながら「講談社漫画賞」も受賞している作品です。全部で12巻です。家に自分の居場所がない主人公の真魚が幼馴染の基の家で一緒に住む事になるところから始まります。人間の思いのすれ違いや恋愛の様子をうまく描いている面白い作品になります。

人気声優陣によってドラマCD化されている

「たいようのいえ」のコミックスには特装版としてドラマCDが付属されています。ドラマCDでは少女漫画のシーンを人気声優陣によってドラマ化されています。主人公の真魚は悠木碧さん、基を中村悠一さん、大樹を細谷佳正さんが演じています。声が吹き込まれることで主人公たちが生きているように感じられて面白いので少女漫画と合わせて聴いて欲しいです。

ハラハラ感が味わえる少女漫画「ライアー×ライアー」

講談社「デザート」にて2010年から2017年まで不定期連載されていた少女漫画です。全部で10巻です。作者は金田一蓮十郎さん。20歳になってふざけて制服を着ているところを血のつながっていない弟に見られてしまい、とっさに仮名をいい誤魔化したところに義弟に恋されてしまうところから物語が始まります。家族と彼女との接し方がリアルに書かれていて面白い少女漫画です。

湊とみなの入れ替わりがとても面白い

大学生の主人公湊と、女子高生の姿をした湊の仮の姿「みな」をうまく使い分けて弟の透と接していく姿がとても可愛くて面白い少女漫画になっています。また度々漫画の中で湊が異常な掃除好きを公言しており、そのキッカケも義弟によるものだったことが判明。湊と義弟の透との関係性も徐々に変わっていくので注目して読んで欲しいポイントです。

働く女性におすすめの少女漫画「午前3時の無法地帯」

祥伝社「FEELYOUNG」にて連載されていた少女漫画です。作者のねむようこさんの実体験を元に作られている作品で、イラストレーターを夢見ているがパチンコ専門のデザイン事務所で働いている新卒のももこを描いた内容になっています。いわゆる「ブラック会社」で働きながらも恋愛をしたり、仕事にやりがいを見出したりして成長していくももこの様子を見ることができます。

主演本田翼さんで「BeeTV」にてドラマ化された作品

2012年に「BeeTV」にて実写ドラマ化がされています。主人公のももこを本田翼さん、多賀谷をオダギリジョーさんが演じています。漫画のようにテンポよく進んでいき、全12話で完結しているので少女漫画と合わせて楽しんで欲しい作品です。あまり原作との相違点もないので、気にせず楽しむことができます。

テンポがよく読みやすい少女漫画「ラブ★コン」

集英社「別冊マーガレット」にて2001年から2006年まで連載されていた少女漫画です。作者は中原アヤさん。大阪の高校を舞台にした内容で、身長170cmの主人公小泉リサと身長156cmの大谷敦士のデコボコの恋愛模様を描いた作品になっています。大阪弁で漫才のように進んでいくので一気読みしやすく読みやすい作品です。思わずリサの恋を応援したくなります。

アニメ化、実写映画化もされている人気のおすすめ作品

2006年に実写映画化、2007年にはアニメ化されています。主人公の小泉リサを藤澤恵麻さん、大谷敦士を小池徹平さんが演じていて漫画から飛び出してきたようなテンポのいい2人を見ることができるおすすめの作品になっています。アニメ版では、小泉リサを岡村明美さん、大谷敦士を永田彬さんがキャラクターボイスを演じています。

キュンキュンできるおすすめの完結少女漫画「先輩と彼女」

「別冊フレンド」にて約1年間連載されていて2巻合計で100万部を越える発行部数を誇る人気の完結少女漫画になります。完結済で全2巻なので一気読みしやすいです。主人公の都築りかが、入学した高校である先輩に一目惚れをしてある部活に入ります。ですが既に思い人がいる先輩の気持ちに気づき切ない恋がスタートしてしまいます。一生懸命な恋を描いた少女漫画です。

完結後10年の時を経て実写化されたことで話題になった少女漫画

人気の少女漫画作品ということもあり、以前から実写映画化やドラマ化の話は多かったと言われている作品ですがプロデューサーの熱烈な交渉によって実写化が実現したと言われています。実写映画では、今話題の若手俳優の志尊淳さんが「美野原圭吾」役を芳根京子さんが「都築りか」役として出演しています。少女漫画に忠実に再現された作品なので合わせておすすめしたい作品です。

優等生×不良のおすすめ恋愛コメディ「となりの怪物くん」

講談社「デザート」にて2008年から2013年まで連載されていた少女漫画です。作者はろびこさん。「ドライアイス」と言われるほど他人に興味がなく、勉強一筋の水谷雫と入学式初日から人を殴って謹慎処分を受けた不良少年吉田春と正反対の2人が出会ってしまったことによって起きる恋愛物語です。初めての感情を得る雫と周りを振り回す春の恋愛の進展が気になります。

2012年にアニメ化、2018年に実写映画化が公開された

2012年に水谷雫を戸松遥さん、吉田春を鈴木達央さんがキャラクターボイスを演じました。また2018年には実写映画化がされており、水谷雫を土屋太鳳さん、吉田春を菅田将暉さんが演じていることでも話題になりました。少女漫画とは少し変更されていますが、2人の雰囲気を感じることができるアニメ、実写作品になっています。

学園での恋を描いたおすすめ少女漫画「ひるなかの流星」

集英社「マーガレット」にて2011年から2014年まで連載されていた少女漫画です。作者はやまもり三香さん。田舎で暮らしていた主人公が親の転勤をキッカケに都会に引っ越すことに。広い東京で偶然あった人は、転校先の学校の担任の先生だったことが判明します。先生に恋する禁断の恋愛にハラハラドキドキするおすすめの少女漫画になっています。

おすすめの完結少女漫画で胸キュンを味わうことができる

面白い少女漫画や、恋愛系で胸がキュンキュンする少女漫画までおすすめの完結少女漫画を紹介してきました。男性にも読みやすいものが多いので、連休に少女漫画を一気読みしたい!という方は是非完結済の少女漫画をチョイスするのがおすすめです。読み終えたら実写映画や実写ドラマ、アニメなどのおすすめ少女漫画の派生作品も合わせてチェックしてみてくださいね。

他の少女漫画に関連する記事はこちら!

Thumb少女漫画でキュンキュンしたい!胸キュンシーン満載の恋愛作品まとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbラブコメ漫画のおすすめランキング!完結済みから最近のものまで | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧