日本酒の糖質って高いの?1合あたりの糖質量やカロリーはどれくらい?

日本酒には糖質が含まれているのですが、それはどのくらいのもので多いのでしょうか?少ないのでしょうか? 1合あたりの糖質量やカロリーが、気になる方も最近では増えてきています。「糖質制限」という言葉が流行っているので、その影響ですね。では実際日本酒は糖質が高いのでしょうか?そういった疑問にお答えしつつ、おすすめな糖質ゼロの日本酒もご紹介していきます。是非参考にしてみてください。

日本酒の糖質って高いの?1合あたりの糖質量やカロリーはどれくらい?

目次

  1. 日本酒の糖質は多い?少ない?
  2. どうやって作られる?日本酒の製造過程とは?
  3. 日本酒に含まれる糖質をはどのくらい?
  4. 糖質の量日本酒に使われる米の純度が関係している?
  5. 一合の日本酒に含まれる糖質とカロリーとは?
  6. 日本酒以外のお酒の糖質量とは?
  7. 日本酒などの糖質量を意識して生活するのはなぜ?
  8. 実は糖質制限中でも飲める日本酒がある!
  9. 日本酒1合のカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキングをご紹介!
  10. 5位:爽やかな美味しさ「月桂冠 糖質ゼロ」
  11. 4位:水のうまさが際立つ「白鶴 糖質ゼロ」
  12. 3位:風味が豊かな日本酒「松竹梅 糖質ゼロ」
  13. 2位:キリッと辛口「大関 糖質ゼロプラス」
  14. 1位:すっきりとした旨み「菊正宗 純米糖質ゼロ」
  15. 糖質を意識して健康的に日本酒を飲もう!

日本酒の糖質は多い?少ない?

日本酒には糖質は多いのでしょうか?少ないのでしょうか?そういった部分から、食品やものを選ぶ傾向が強くなっています。健康志向に向かっている世の中で、成分表を見ることが今の世の中当たり前です。そんな成分表の中に「糖質」という分野が今注目されています。

そんな糖質は日本酒にはどのくらい含まれているのでしょうか?カロリーはどのくらいなのでしょうか?そういった部分をご紹介していきます。

どうやって作られる?日本酒の製造過程とは?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その①

日本酒はなぜ糖質が高いのでしょうか?それは日本酒の製造方法が関係していることです。それによって日本酒の糖質が高くなっているので、そちらの製造方法をご紹介していきます。まず日本酒の原料はお米です。このお米に麹や水などを加えて、醸造されます。酵母の力を使って発酵させそれによって、アルコールを分泌させて、日本酒を作り出してくれます。

日本酒は基本的に米の純度が高くなっているのですが、それによって糖質の量が増加しています。まず麹などの酵母を入れると、お米の中にあるグルテンなどが糖化します。これによってアミノ酸などの旨み成分が出てくると同時に、糖質も増加するので日本酒の糖質量は多くなっているのです。原料自体が穀物で濾過などを行っていないので、糖質が高めになっているのです。覚えておきましょう。

日本酒に含まれる糖質をはどのくらい?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その②

日本酒はその作られる工程によって、いくつかの名称に分かれます。まず「純米酒」と言われる種類ですと、100mlあたり「3.6g」の糖質が含まれています。「純米吟醸酒」に含まれている糖質量は「4.1g」で、「本醸造酒」の場合の糖質量は「4.5g」となっています。それぞれの名前はお米の醸造の仕方で、その名称が大きく変わってきます。発酵させる期間にも影響されていることも多いです。

「純米酒」の作り方は基本的に、米と米麹で作られている日本酒の名前です。「吟醸」は4割以上精白した白米を使用しつつ、5〜10度の低温下の状況で長期間熟成させた日本酒のことで、特別な作り方がされているという意味からも、この名前が作られています。「本醸造」は3割以上精白した白米に対して、醸造したアルコールを加えて熟成させることで、作られている日本酒なのです。

糖質の量日本酒に使われる米の純度が関係している?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その③

日本酒の糖質の量の多さには、日本酒に使われるお米の純度が関係しているのです。お米はもともと穀物で、外皮に包まれています。このしっかりと外皮がついており、軽く脱穀したものが「玄米」です。まだ外皮の薄皮などが残っているので、ミネラルやビタミンなどの栄養素を比較的含んでいるので、最近では健康志向の方の中で人気になっています。また低GI値の食品なので、健康食品としても登録されています。

このお米の外皮や脱穀をしっかりと行い、お米本体である「白米」の部分だけを使用すると、純度の高いでんぷんになりますので、日本酒などに使用することによって糖質量が増えます。逆に玄米などを使ってしまうと、雑味などが出てしまいお米の本来の甘さや香りなどを、楽しむことができなくなってしまうので、しっかりと研磨されたお米が日本酒には使われているのです。

一合の日本酒に含まれる糖質とカロリーとは?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その④

では一体どのくらいの量の糖質やカロリーが含まれているのでしょうか?カロリーとは基本的に熱量なので、糖質などの熱量が高いものがある場合、カロリーもかなり高くなる傾向があります。日本酒一合(180ml)に含まれている糖質量は「約6.5g」となっています。これだけ聞くと、あまりピンと来ないかもしれませんが、角砂糖1個が3〜4gほどなっているので、角砂糖を2個囓っている事と同じ糖質量です。

日本酒は他にも作られ方によっては、お米の純度が高くなり糖質量もかなり増える種類も存在しています。一合(180ml)に含まれているカロリーは、種類にもよりますが「103〜109キロカロリー」となっています。比較的アルコール全般に言える事ですが、蒸留などを行ってアルコールなどの純度を高めていなければ、基本的にはアルコール度数のあるものはカロリーも糖質も多いと考えておくといいでしょう。

日本酒以外のお酒の糖質量とは?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その⑤

日本酒以外のカロリーや糖質はどのようになっているのでしょうか?では日本人の方が一度は飲んだことのあるビールは、どのくらいの糖質量なのでしょうか?ビール100mlに含まれる糖質量は「3.1g」となっています。こうしてみると、日本酒よりも少ないように見えるのですがビールの場合飲む量が、かなり多くなりますよね。ジョッキなどで飲む場合軽く400mlは飲んでいるので、「12g」もの糖質を摂取していることになります。

ビールの場合一杯では終わらないので、好きな方はずっと飲んでいることでしょう。そうなるとビールが太る原因がよくわかりますよね。それに対して、ウィスキーやブランデーなどの「蒸留酒」という種類のお酒は、アルコールの純度を高めるために、不純物(糖質や食物繊維)などを綺麗に取り除いています。これによって糖質自体はゼロなので、安心して飲めます。最近では糖質ゼロのお酒もかなり日本に入ってきていますよ。

日本酒などの糖質量を意識して生活するのはなぜ?

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その⑥

では最近では糖質制限などといった健康方法や、ダイエット方法がはやっているのでしょうか?基本的に最近では、生活習慣病がもたらす病気のリスクが増えてきています。食の文化が多様化しつつ、その管理ができずに体が肥満体型になったり、不健康な食生活を送っても生きて行ける時代です。そのため年間の糖尿病患者や生活習慣病の合併症で、ガンになる方が増えてきています。

糖質自体は人間の体を動かすための、エネルギーなのですが人間の体の中には、脂肪という貯蓄エネルギーも存在しています。この脂肪は基本的に脂が変化したものではなく、「糖質」が変化したものです。体に取り入れたエネルギーである糖質が、燃やしきれないので余った栄養素を硬めて、体の皮膚の下に蓄えるのです。これが糖質をとると太る理由です。重りになった脂肪は運動不足などを招くので、糖質が危険視されているのはそのせいです。

実は糖質制限中でも飲める日本酒がある!

日本酒1合は高糖質で高カロリー?糖質量や体への影響その⑦

糖質が体に与える影響については、上記でご紹介しまいた。最近では病院の治療などでも使用される糖質制限ですが、そんな糖質制限中の方であっても飲めるお酒はかなり存在しています。洋酒に関しては、飲めるものが多くウィスキーや、ウォッカなど蒸留酒は糖質がゼロなので、飲んでも問題ありません。しかし日本人の方であれば日本酒が飲みたくなりますよね。そんな時に飲める日本酒はあるのでしょうか?

実は最近ではかなり多くの糖質ゼロ商品が登場しています。これによって糖質制限中や、糖質を気にして生活されている人でも、飲むことのできる日本酒が数多く登場しています。味わいも普通の日本酒と引けを取らず、旨みやその日本酒の風味をしっかり、と感じることができる商品も数多く登場しています。糖質制限中でも日本酒が飲める世の中の、テクノロジーの進歩に感謝ですね。

日本酒1合のカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキングをご紹介!

糖質制限を意識て過ごしている方は、最近ではかなりの数が存在しています。そんな方はお酒が飲みたくなるときもあるでしょう。そんな時に飲めるお酒を自由に選べたら嬉しいですよね?実は日本酒は糖質制限の方でも飲める、種類が最近かなり登場しています。

そんな糖質制限中の方、もしくはダイエットによって糖質をカットしている方におすすめな日本酒をご紹介していきます。100mlあたりに含まれてるカロリーに関しても、ご紹介していきますので自分自身にあっている、糖質ゼロの日本酒を見つけるための参考にしてみてください。今回ご紹介する以外でも、まだまだたくさんの糖質制限の日本酒は存在していますが、今回はコスパも良く美味しい日本酒をご紹介します!

5位:爽やかな美味しさ「月桂冠 糖質ゼロ」

1合の糖質とカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキング5位

比較的糖質が高めの日本酒ですが、その糖質やカロリーを抑えながら楽しめる糖質ゼロの日本酒ランキング5位は「月桂冠 糖質ゼロ」です。原材料は「米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール」となっていますが、糖質はゼロです。100mlあたりのカロリーは「79Kcal」となっており、アルコール度数は「13~14度」という強さになります。

日本酒の持っている甘さなど感じる「グルコース」や「オリゴ糖」を極限までカットする製法を使われて作られた日本酒です。しかし「アミノ酸」や「有機酸」といった日本酒の持つ、旨み成分の部分はしっかりと残しているので、旨みをしっかりと味わいながらも、爽やかな飲み口の日本酒を作り上げています。比較的家庭料理などにも合うように作られているので、調理酒としても使うことができます。

4位:水のうまさが際立つ「白鶴 糖質ゼロ」

1合の糖質とカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキング4位

比較的糖質が高めの日本酒ですが、その糖質やカロリーを抑えながら楽しめる糖質ゼロの日本酒ランキング4位は「白鶴 糖質ゼロ」です。原材料は「米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール」となっていますが、糖質はゼロです。100mlあたりのカロリーは「76Kcal」となっており、アルコール度数は「13~14度」という強さになります。糖質もカロリーもカットしているので、とてもおすすめな日本酒と言えるでしょう。

清酒特有の風味豊かな味わいをしっかりと残しているので、糖質やカロリーをカットしている日本酒とは思えない味わいを演出しています。オリジナルの酵母製法を使いつつ、六甲の名水を使用しているので口当たりも軽やかで、飲みやすい日本酒です。比較的冷やしても温めても美味しく飲めることから、糖質制限の日本酒の中でもかなりの人気を集めている商品です。気になる方はぜひ飲んでみるといいでしょう。

3位:風味が豊かな日本酒「松竹梅 糖質ゼロ」

1合の糖質とカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキング3位

比較的糖質が高めの日本酒ですが、その糖質やカロリーを抑えながら楽しめる糖質ゼロの日本酒ランキング3位は「松竹梅 糖質ゼロ」です。原材料は「米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール」となっていますが、糖質はゼロです。100mlあたりのカロリーは「77Kcal」となっており、アルコール度数は「13~14度」という強さになります。

さらっとしているので、日本酒初心者でも比較的飲みやすいと言われています。日本酒を飲めるようになりたい方に、とてもおすすめな日本酒です。

2位:キリッと辛口「大関 糖質ゼロプラス」

1合の糖質とカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキング2位

比較的糖質が高めの日本酒ですが、その糖質やカロリーを抑えながら楽しめる糖質ゼロの日本酒ランキング2位は「大関 糖質ゼロプラス」です。原材料は「米(国産)・米こうじ(国産米)・醸造アルコール・スピリッツ・食物繊維・甘味料」となっていますが、糖質はゼロです。100mlあたりのカロリーは「70Kcal」となっており、アルコール度数は「11~12度」という強さになります。

カロリーもとても低いにも関わらず、まろやかな味わいと甘みをしっかりと感じることができる、美味しい糖質制限の日本酒です。2015年のモンドセレクションでも金賞を受賞している経歴を持っており、安定感も素晴らしく安心感もあります。まろやかな味わいから後味がしっかりとキリッと仕上がっているので、比較的飲み続けても飽きない日本酒として、かなり人気を集めている商品です。

1位:すっきりとした旨み「菊正宗 純米糖質ゼロ」

1合の糖質とカロリーを抑える!糖質ゼロ日本酒ランキング1位

比較的糖質が高めの日本酒ですが、その糖質やカロリーを抑えながら楽しめる糖質ゼロの日本酒ランキング1位は「菊正宗 純米糖質ゼロ」です。原材料は「米(国産)・米こうじ(国産米)」となっていますが、糖質はゼロです。100mlあたりのカロリーは「60Kcal」となっており、アルコール度数は「10度」という強さになります。純米酒ならではの旨みや、すっきりさを演出している日本酒です。

業界初の「糖質ゼロの純米酒」を作り出したことで、一躍有名になった日本酒です。味わいとしては、極の超淡麗・超辛口酒となっているので日本料理などにも比較的合いますし、家庭での料理にもとても合う日本酒になります。今回ご紹介した日本酒の中でも、カロリーが一番低く「60Kcal」となっているので、美味しさを感じながらもカロリーや糖質を抑えている商品ですので、気になっている方は購入してみるといいでしょう。

糖質を意識して健康的に日本酒を飲もう!

最近ではかなり健康意識が国民全体に染み付いており、糖質制限という言葉じたが珍しくなくなっています。糖質制限自体はかなり難しく、個人で行うことはよっぽどの意志力がない場合、失敗しリバウンドするといわれています。さらには、不足しているブドウ糖などのエネルギーを補うには、タンパク質をしっかりと確保しなくては、体がエネルギー切れを起こすので、危険とも言われいます。

体が飢餓状態になればエネルギー効率も下がりさらには、脂肪を蓄える体へと変わっていきます。そういった部分を考えてできる範囲で、糖質制限を行うことが重要で成功のポイントです。ダイエットなどの健康法はよくテレビで取り上げられますが、間違った知識として認識する人が多いです。間違った糖質制限は、体に負担をかけ死を加速させますので注意して行い、美味しく日本酒を飲みましょう!

日本酒に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbおすすめの日本酒ランキング!初心者にも人気の美味しい銘柄は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbうまい日本酒ランキング!安いのに美味しいと人気の銘柄は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb美味しい日本酒のランキング!人気・おすすめの注目度が高い銘柄を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-10-17 時点

新着一覧