前髪の種類や作り方まとめ!可愛い切り方・髪型のアレンジを画像で紹介

前髪はその人の印象を大きく変える重要なパーツですので、どのような前髪にするか迷われたことがある方も多いのではないでしょうか。顔の形や髪型によっても似合う前髪の種類は変わってきます。そこで今回は前髪の種類や可愛い前髪の作り方、アレンジ方法をご紹介!また前髪の切り方もご紹介しますので、前髪が伸びる度に美容室に行くのが面倒な方は自分でセルフカットしてみてはいかがでしょうか。たくさんの前髪の画像をご参考に、自分に似合う前髪の種類を見つけてみてくださいね。

前髪の種類や作り方まとめ!可愛い切り方・髪型のアレンジを画像で紹介

目次

  1. 前髪の種類や可愛い前髪の作り方をご紹介!
  2. 前髪の種類はどのように分けられるの?
  3. 自分に似合う前髪の種類の探し方
  4. 目元を強調して目力アップ「ぱっつん前髪」
  5. 男性からの人気が高い「流し前髪」
  6. 韓国で大人気!透け感が魅力的な「シースルーバング」
  7. 大人かっこいいスタイルにおすすめ「かきあげ前髪」
  8. 長めの前髪の定番スタイル「センター分け前髪」
  9. オシャレ女子に大人気!個性的な「眉上バング」
  10. スタイリングが楽にできる「アシメ前髪」
  11. 前髪を切ってもらう時の上手なオーダー方法
  12. セルフカットできる!可愛い前髪の切り方
  13. 簡単にできる可愛い前髪の作り方
  14. 前髪のアレンジを画像でご紹介
  15. 自分に似合う前髪の種類を見つけてみよう!

前髪の種類や可愛い前髪の作り方をご紹介!

前髪は顔の印象や雰囲気を大きく左右するので、自分に似合った前髪を見つけたいと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。しかし前髪にもたくさんの種類があり、さらに次から次へと新しい前髪の種類や流行りのスタイルが変わっていきます。

好きな女優やモデルと同じ前髪にしたいと思っても、顔の形や髪型によって似合う前髪の種類は違いますので、自分に合った前髪の種類を見つけるのがおすすめです。そこで今回は前髪の種類や作り方、可愛い切り方をご紹介します。前髪をアレンジすることによって顔の印象を変えることもできますので、是非ご参考にしてみてくださいね。

前髪の種類はどのように分けられるの?

まず最初に前髪の種類はどのように分けられているかをご紹介していきます。前髪の種類はたくさんありますが、大きく分けると「長さ」「量」「幅」に分けることができます。これらを組み合わせてアレンジすることで様々な前髪の種類が完成するのです。ここでは前髪の種類の基本となる「長さ」「量」「幅」の3つについてご紹介します。

前髪の種類の基本①長さ

最初にご紹介するのは前髪の「長さ」です。前髪の長さは前髪のスタイルを決める中で特に重要になってきます。前髪を長くする場合は、前髪をかきあげたり斜め分けやセンター分けにすることが多いので、落ち着いた大人っぽい印象になります。

一方前髪を短くする場合は目の上や眉ライン、眉毛の上まで切るスタイルなどがあります。まっすぐおろすスタイルもあれば、分けて流すスタイルもありますが、基本的には短めの前髪の方が可愛い印象になることが多いようです。

前髪の種類の基本②量

次は前髪の「量」です。前髪の量を多くして厚めの前髪にするか、少なくして薄めの前髪にするかによっても印象が変わってきます。厚めの前髪は可愛い印象に、薄めの前髪は透け感のある柔らかい印象になることが多いので、自分がなりたい印象に近い方を選ぶのも良いかもしれませんね。

前髪の種類の基本③幅

最後に前髪の「幅」です。前髪の幅は骨格に関係しているので、自分の顔の形によって変えるのがおすすめです。例えば面長の方は横にボリュームが出るように幅を広めにしたり、逆に横にボリュームを出したくない丸顔の方などは幅を狭くすると良いでしょう。

自分に似合う前髪の種類の探し方

自分に似合う前髪の種類を探すポイント①髪型で探す

似合う前髪は人によって違うので、自分に合った前髪の種類を探すポイントを4つご紹介していきます。まず1つめのポイントは髪型です。似合う前髪にするためには全体のバランスを考えることも必要ですので、今自分がしているヘアスタイルに合わせた前髪を考えてみましょう。髪型の画像もたくさんご紹介していますので、ご参考にしてみてくださいね。

自分に似合う前髪の種類を探すポイント②顔の形で探す

2つめのポイントは顔の形です。顔の形は人によって違いますので、同じ前髪をしても顔の形によって印象は変わってきます。前髪の長さや幅が骨格に関係しているので、自分の顔の形に合った前髪を探す時には長さや幅を意識すると良いでしょう。

自分に似合う前髪の種類を探すポイント③おでこの広さで探す

3つめのポイントはおでこの広さです。おでこの広さも前髪に大きく関係していて、おでこは顔の大きさに対して3分の1くらいの広さが理想と言われています。おでこの広さで悩んでいる方は前髪を工夫して理想の広さになるようにしてみましょう。

自分に似合う前髪の種類を探すポイント④雰囲気で探す

4つめのポイントは雰囲気です。前髪はその人の印象や雰囲気を左右しますので、自分の雰囲気に合った前髪にしたり、自分がなりたい雰囲気の前髪を探してみるのもおすすめです。雰囲気を重視して前髪を考える場合は、前髪の長さや量を変えてみてくださいね。

Thumbどんな前髪が自分の顔のタイプに似合う?丸顔やおでこが広い人は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

目元を強調して目力アップ「ぱっつん前髪」

前髪の種類一覧①ぱっつん前髪

ここからは主な前髪の種類について詳しくご紹介していきます。まず最初にご紹介するのは前髪の中で最も一般的なぱっつん前髪です。前髪をおろしまっすぐに切りそろえた前髪で、フルバングと言われることもあります。長さは目の上や眉毛の下くらいにすることが多いようです。

ぱっつん前髪の場合、前髪の量を多めにして厚めの前髪にすることが多いので、目元が強調されて目力が強くなる効果があります。どのようなヘアスタイルにも似合うぱっつん前髪ですが、特にボブスタイルやミディアムヘアの方におすすめの前髪です。

男性からの人気が高い「流し前髪」

前髪の種類一覧②流し前髪

次にご紹介するのは流し前髪です。左右どちらかに自然に前髪を流しているスタイルで、斜め前髪と呼ばれることもあります。女性らしい柔らかい印象になるので、男性から特に人気のある前髪です。少し長めに切った前髪を流れるようにスタイリングするのですが、おでこが三角形になるように前髪を流すと綺麗な流し前髪を作ることができます。

前髪から少し見えるおでこが顔のバランスを良く見せてくれたり、見えていないおでこの部分を綺麗な形に想像させてくれる効果があります。基本的にはどんな方にも似合いますが、特にロングヘアやミディアムヘアなどに似合う前髪です。パーマや髪を巻いたスタイルとの相性も抜群ですので、柔らかい雰囲気を目指している方におすすめの前髪になっています。

Thumb前髪の流し方・流し前髪の作り方・巻き方まとめ【長め・斜め・コテ】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

韓国で大人気!透け感が魅力的な「シースルーバング」

前髪の種類一覧③シースルーバング

次にご紹介するのはシースルーバングです。韓国から流行した前髪で、透け感が特徴的な前髪になっています。韓国のアイドルなどに憧れて真似する方も増えてきているようです。日本では重めの前髪が流行っていましたが、最近では清楚さとセクシーさを兼ね備えたシースルーバングが人気になっています。

ロングやミディアムのヘアスタイルとの相性が良い前髪です。また、おでこが狭い方は前髪で隠してしまいがちですが、前髪でおでこが見えるところと見えないところを作ることでおでこの狭さをカバーすることができます。シースルーバングは透け感を出すことによっておでこの広さを錯覚させる効果があるので、おでこが狭い方におすすめです。

Thumb韓国女性の前髪はシースルーバングが流行り?アレンジや作り方を紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

大人かっこいいスタイルにおすすめ「かきあげ前髪」

前髪の種類一覧④かきあげ前髪

次にご紹介するのはかきあげ前髪です。長めの前髪をかきあげるようにした前髪で、大人かっこいいスタイルを作りあげることができます。スタイリングのポイントは、根元をしっかりと立ち上げるようにすることです。ヘアスプレーなどでしっかりと固めて、時間が経っても崩れないようにしましょう。

ミディアムヘアやボブスタイルとの相性が良く、より大人っぽく色気のあるスタイルになるのでおすすめです。またおでこを見せる前髪ですので、顔がすっきりとした印象になります。丸顔や童顔で悩んでいる方や、大人っぽい前髪にしたいと考えている方は是非挑戦してみてくださいね。

Thumbかきあげ前髪の作り方・やり方まとめ【短い・ボブ・ショート・コテ】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

長めの前髪の定番スタイル「センター分け前髪」

前髪の種類一覧⑤センター分け前髪

次にご紹介するのはセンター分けの前髪です。長く伸ばした前髪を真ん中で分ける髪型で、長い前髪の中で定番の前髪になっています。前髪を真ん中で分けることで、サイドの顔の輪郭をカバーできて小顔効果があります。また顔を縦に長く見せたい方にもおすすめの前髪です。

センター分けの前髪は、ヘアスタイルによって可愛い雰囲気やカジュアルな雰囲気など様々な雰囲気にすることができます。例えば優しい雰囲気にしたい場合は、パーマヘアや巻き髪に合わせると良いでしょう。またパーマヘアや巻き髪でセンター分けの前髪にする場合は、前髪を外巻にすると一体感がでて馴染むのでおすすめです。

Thumb前髪のセンター分けのやり方!似合う・可愛いアレンジのコツとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

オシャレ女子に大人気!個性的な「眉上バング」

前髪の種類一覧⑥眉上バング

次にご紹介するのは眉上バングの前髪です。眉毛よりも上の長さで切った前髪のことで、オン眉と呼ばれることもあります。個性的な前髪ですが、オシャレな女子に人気の前髪です。軽くて動きのある前髪ですので、ボブヘアなどで軽く見せたい方におすすめです。

短くしすぎると個性的になりすぎてしまいますが、長さや切り方を変えると誰でも似合う眉上バングにすることができます。短く切るので迷う方もいると思いますが、前髪を変えたいと思った時には思い切って眉上バングにしてみるのも良いかもしれませんね。

Thumb前髪を眉上にするのがかわいい!大人女子にも人気の髪型とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スタイリングが楽にできる「アシメ前髪」

前髪の種類一覧⑦アシメ前髪

最後にご紹介するのはアシメ前髪です。アシメとはアシンメトリーを略したもので、非対称のことを表しています。名前の通り前髪が左右非対称になるようにした前髪のことです。男性でアシメスタイルにしている方は多いですが、実は女性にも人気の前髪になっています。

女性の場合アシメ前髪はショートヘアにおすすめです。前髪を短い方から長い方に流すようにカットしてもらうと、毎日スタイリングせずにおしゃれな前髪をキープすることができます。スタイリングが苦手な方や、毎日のスタイリングがめんどくさいと思っている方におすすめの前髪です。

Thumb前髪はアシメで決まり!セルフの切り方は?パーマも相性バツグン! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

前髪を切ってもらう時の上手なオーダー方法

自分がしたい前髪を見つけても美容室で上手くオーダーできなければ、思い通りの前髪にすることはできませんよね。そこで今回は美容室で自分がしたい前髪を上手く伝えるポイントをご紹介しますので、ご参考にしてみてくださいね。

上手なオーダー方法①イメージを決める

まず一番大事なのが自分がどんな前髪にしたいのかを決めておくことです。自分がしたい前髪がはっきりと決まっている場合は、その画像を見せると美容師さんに伝わりやすくなります。はっきりと決まっていない場合でもお任せするのではなく、可愛い前髪にしたいのかかっこいい前髪にしたいのかなどの雰囲気やイメージだけでも伝えるようにしましょう。

上手なオーダー方法②髪質や悩みを伝える

次に自分の髪質を伝えましょう。いつも通っている美容室などで、美容師さんが自分の髪質を把握してくれている場合は大丈夫ですが、初めて行く美容室などでは自分の髪質を伝えた方が思い通りの前髪に近づけることができます。髪質だけでなく、悩みやいつものセット方法などを伝えるのも良いかもしれませんね。

上手なオーダー方法③少し長めに切ってもらう

最後のポイントは、イメージしている前髪より少し長めに切ってもらうことです。切りすぎてしまった前髪は戻すことができません。ですので最初は長めに切ってもらって、仕上がりを確認してから長すぎると思ったらもう少し切ってもらうようにお願いしましょう。

セルフカットできる!可愛い前髪の切り方

前髪は伸びるのが早いので、その都度美容室に行って切ってもらうのはお金がかかりますし、わざわざ前髪を切るためだけに美容室に行くのが面倒な方は、自分でセルフカットするのがおすすめです。可愛い前髪の切り方やコツをご紹介するので、是非セルフカットに挑戦してみてくださいね。

セルフカットに必要なアイテム

まずセルフカットをする場合はハサミ、鏡、髪留め、クシを用意しましょう。ハサミは髪の毛を切る用のハサミを使うようにしてください。鏡は全体を確認しやすいように小さいものではなく大きいものを用意した方が失敗しにくくなります。クシは前髪をむらなく梳かせるように目の細かいものがおすすめです。

前髪を切るときのコツ

次に前髪を切るときのコツですが、一番注意していただきたいのは一度に短く切りすぎないことです。毛束を分けながら少しずつ、イメージよりも長く切って整えていきましょう。また、髪が濡れたまま切ると切りすぎの原因になってしまうので、しっかりと乾かして癖も伸ばしておくのがおすすめです。

可愛い前髪の切り方

前髪の切り方ですが、まずは前髪以外の髪の毛を髪留めで留めます。クシでとかしたら髪を3つくらいに分けて少しずつハサミを入れていきましょう。少し長めのところで切ってから、少しずつ整えていくと失敗しにくくなります。縦や斜めにハサミを入れて自然な感じに仕上げるのがおすすめです。前髪の切り方を動画で説明しているものもありますのでご参考にしてみてくださいね。

Thumb【前髪の切り方】女の子必見!斜め・パッツン失敗しないセルフカットに挑戦 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

簡単にできる可愛い前髪の作り方

可愛い前髪の作り方①かきあげ前髪

少し前髪で雰囲気を変えたい時に簡単にできる前髪の作り方をご紹介します。最初はかきあげ前髪の作り方です。まず髪をかきあげて8:2くらいになるように手ぐしで分けます。アイロンを使って根元を立ち上げるように、後ろに流しながら内巻きにして完成です。

可愛い前髪の作り方②短い前髪を長く見せる方法

次は短い前髪を長く見せる方法です。作り方はまず元の前髪の部分を巻いて、見えないようにスプレーで固めます。後ろの髪の毛を前髪のように見せるので、画像のようにジグザグに分け目を取り流します。流した髪をピンで留めると崩れにくくなるのでおすすめです。

前髪のアレンジを画像でご紹介

前髪のアレンジを画像でご紹介①シースルーバング

前髪をアレンジするとよりオシャレな感じになります。今回は画像でアレンジ方法をご紹介します。最初はピンで留めるだけでできるシースルーバングの作り方です。作り方はまずおでこが均等に透けるように、前髪の半分ほどを画像のように上げてピンで留めます。後は透け感をキープできるように、ワックスを指先につけて束を作るように前髪に馴染ませて完成です。

前髪のアレンジを画像でご紹介②片編み込み前髪

次は少し上級編のアレンジで、前髪を片側に編み込んでいくアレンジ方法です。まず前髪を片側から三つ編みにしていき、画像のように途中から片側の髪の毛を取って編み込んでいきます。耳の上あたりまできたら編み込みをほぐし、最後に画像のように横で丸めてピンで留めれば完成です。

自分に似合う前髪の種類を見つけてみよう!

今回は前髪の種類や作り方、可愛い切り方などをご紹介しました。前髪はその人の印象や雰囲気を変える重要なパーツですので、自分に似合う前髪を探してみてはいかがでしょうか。また雰囲気を変えたい時には前髪を切ったり、切らずに簡単にできる前髪の作り方やアレンジ画像をご参考に、様々な前髪に挑戦してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-05-31 時点

新着一覧