仕事が嫌いな人の特徴・理由まとめ!対処法や辞めたい人に送る名言集

「仕事が好きですか」と聞かれて、心から「仕事が好きです」と言える人はどれだけいるでしょうか。ラッシュ時の電車に乗っているサラリーマンの死んだような表情を見ると、とても好きで仕事に言っているようには見えません。しかし生きていくためにはお金が必要ですから、「仕事が嫌いでもお金のために仕方なく働いている」という人は多いでしょう。でも社会人になったばかりの時は、仕事に希望を持っていたこともあったでしょう。人は、どのような理由で仕事を嫌いになってしまうのか、また対処法はあるのかについてまとめてみました。

仕事が嫌いな人の特徴・理由まとめ!対処法や辞めたい人に送る名言集

目次

  1. 「仕事が嫌い」と言いながら仕方なく働く人は多い
  2. 嫌いな仕事を続ける理由は?
  3. 分かりやすい!仕事が嫌いな人の特徴5つ
  4. 仕事を嫌いになってしまう理由は人それぞれ
  5. 残業が多すぎてプライベートな時間がない
  6. 職場に嫌いな上司がいるため仕事がやりにくい
  7. 大きなミスをして仕事に自信が持てなくなった
  8. 給料が安すぎて仕事が嫌いになってしまった
  9. 仕事が嫌いな時の対処法は?
  10. お金のためと割り切って嫌いな仕事を我慢する
  11. 自分にとっては嫌いな仕事でも誰かの役に立っている
  12. プライベートを充実させて嫌いな仕事を忘れる時間を作る
  13. もう無理!仕事を辞めたくなった人へ送る名言集
  14. どうしても仕事が嫌いなら転職も対処法の一つ
  15. 仕事が嫌いでも自分を責めないことが大切

「仕事が嫌い」と言いながら仕方なく働く人は多い

「働くことは好きだが今の仕事は嫌い」という人もいれば、「働くこと自体が嫌い」という人もいるでしょう。人は大人になれば働いてお金を稼ぐことが当然のこととなっていますが、自分の仕事が心から好きと言える人はとても少ないのです。今回は、仕事が嫌いな人の特徴と、仕事が嫌いになってしまったときの対処法、勇気をくれる名言をご紹介します。

嫌いな仕事を続ける理由は?

「仕事が嫌い」と感じているにも関わらず、多くの人は仕事を辞めることなく毎日嫌な気持ちを引きずって会社に通っています。時には「仕事を辞めたい」と思ったこともあるでしょう。そこまでして仕事を続ける理由は、「生活のため」という答えが最も多いです。あるいは、家族がいる人が働く理由は、家族を養うためという人がほとんどでしょう。

そのため、仕事を選ぶ時も給料の額で選んだり、休みが何日あるかという理由で選ぶ人が多く、「本当にやりたい仕事」を選ぶ人は少ないのではないでしょうか。もともと好きでもない仕事を選んでしまったことが、ちょっとしたことで仕事が嫌いになってしまうのかもしれません特徴に繋がっているのかもしれません。

分かりやすい!仕事が嫌いな人の特徴5つ

仕事が嫌いな人は、本人は意識していなくても仕事の態度に嫌々やっているという雰囲気が表れてしまうものです。見るからにわかりやすい特徴もあり、周囲から孤立していく人が多いです。自分自身で会社の居場所を無くして、ますます仕事が嫌いになるという悪循環から抜け出せなくなってしまうのです。

職場の仲間に溶け込もうとしない

仕事が嫌いな人は、職場で働いている仲間と仲よくしようとしないという特徴があります。みんなで話していても会話にに参加しようとせず、会社の飲み会なども理由をつけて断わることが多いのも特徴の一つです。「早く仕事を辞めたい」と考えている場合も多く、どうせ辞める職場なのだから仲良くしても意味がないと考える特徴があります。

このような人を寄せ付けない特徴のため、周囲の人はだんだん距離を置くようになります。職場で孤立することによってますます仕事が嫌いになり、「仕事を辞めたい」という気持ちを持ち続けながら仕方なく働いているという人が多いのです。

新しい仕事を覚えようとしない

仕事が嫌いな人は、仕事に興味がないので新しい仕事を覚えようという気持ちがありません。「新しい仕事を覚えてしまうと仕事が増える」と考えて、あえて仕事を覚えないというズルい人もいるでしょう。必要最低限の仕事以外はしようとせず、勉強会や研修会に参加することもほとんどありません。

些細なことですぐに仕事を休む

仕事が嫌いな人は、お腹が痛いとか微熱があるなど些細なことですぐに仕事を休もうとします。基本的に、仕事に行きたくないと考えているので、遅刻が多かったり、時間ぎりぎりに出社することも多いでしょう。仕事に対する責任感も薄く、大事な仕事の予定が入っていても平気で休んでしまい、他の人が尻ぬぐいをする羽目になることも多いでしょう。

残業を頼むと不機嫌になる

仕事が嫌いな人は、仕事が終わったらできるだけ早く職場から去りたいと考えています。そのため、仕事が嫌いな人が自主的に残業をすることはほとんどなく、残業を頼むと不機嫌になることも多いです。職場の人に好かれようという気持ちがないので、露骨に嫌な顔をする人もいるでしょう。

いつもイライラしている

仕事が嫌いな人は、いつも不機嫌でイライラしながら仕事をしていることが多いです。職場の誰かがミスをするとキツイ言葉をかけたり、平気で傷つける言葉を言ったりする人もいます。特に、誰かのミスで自分が残業しなければならない状況になったときは、いつまでも根に持ってネチネチと文句を言うでしょう。

仕事を嫌いになってしまう理由は人それぞれ

最初はやる気満々で会社に入ったのに、いつの間にか仕事が嫌いになっしまったという人も多いでしょう。仕事が嫌いになってしまうのは、働いている会社に問題がある場合や、人間関係が原因の場合など人によってさまざまな理由があります。

Thumbもう仕事したくない時は病気?それとも鬱?原因と対処法まとめ! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

残業が多すぎてプライベートな時間がない

残業が多くなると、自分のプライベートの時間が削られてしまうので「毎日仕事に行って帰ってきた寝るだけ」という生活になってしまいます。プライベートの時間を大切にしている人にとっては、自分の時間が取れないということが大きなストレスとなってしまいます。

残業で帰りが遅くなると、寝る時間も遅くなりますから、朝起きるのが辛くなってしまいます。疲れが抜けない状態で満員電車に乗っていると、「なんのために働いているのだろう」という疑問が心に浮かんでも無理はないかもしれません。

職場に嫌いな上司がいるため仕事がやりにくい

仕事に不満がなくても、職場に嫌いな上司や先輩がいると仕事が非常にやりにくくなります。職場の人間関係が原因で仕事が嫌いになってしまう人は非常に多く、この理由が原因で仕事を辞めてしまう人も多いです。嫌いな相手が同僚などであれば、できるだけかかわらないようにするという対処法もありますが、上司の場合はそうはいきません。

「この人嫌だな」と思って接していると、何となくその気持ちは相手に伝わるものです。自分が嫌いな人からは、多くの場合相手からも悪印象を持たれています。そうなるとますます関係は悪化し、「上司の顔を見るのが嫌で仕事に行きたくない」ということになってしまうのです。

Thumb上司と合わない人必見!上手な付き合い方や仕事の進め方・対処法 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

大きなミスをして仕事に自信が持てなくなった

仕事で大きなミスをしてしまったり、ミスが連続してしまうと、「自分にはこの仕事が向いていないのではないか」と自信を失ってしまう場合があります。このタイプは、もともとまじめな性格で完璧主義な性格の人が多いです。

ミスをするとモチベーションが下がり、その後もミスを繰り返してしまうということはよくあることです。ミスしたことを教訓にして、次に活かそうというポジティブな考え方ができる人もいれば、落ち込んで仕事が嫌いになってしまう人もいるのです。

給料が安すぎて仕事が嫌いになってしまった

給料が安いということは、会社を辞める理由でも上位に入ります。「仕事量と給料が見合っていない」と感じたり、「このままこの職場にいて昇給する見込みがあるのだろうか」という不安を感じると、どんどん仕事へのモチベーションが下がっていくものです。

給料が上がるということは、自分の能力が会社に認められたという証となりますから、いつまでたっても給料が上がらない自分を「会社から正当な評価をされていない」と感じるようになってしまいます。

仕事が嫌いな時の対処法は?

どんなに仕事が嫌いだと思っても、「今すぐ仕事を辞めたい」と言っても源氏的には難しいでしょう。仕事を辞めたい思っても転職先がすぐに見つかるとは限りません。結局、今の仕事を続けるしかないという状況の人もいるでしょう。仕事が嫌いな時、心が少しでも軽くなる対処法をいくつか紹介します。

お金のためと割り切って嫌いな仕事を我慢する

仕事が嫌いな人は、「仕事はお金のため」と割り切ることも対処法の一つです。そうは言っても、嫌いなものは嫌いなので、「嫌いな仕事をしている対価としてお金をもらっている」と考えてみましょう。誰でも好きな仕事でお金を稼ぎたいと思うものですが、どんな仕事も楽しいだけで稼げるということはありません。

世界で活躍するスポーツ選手も、毎日辛い練習をしているからこそ表舞台に立つことができるのです。スポーツ選手の目標が「練習してオリンピックに出る」ということなら、「嫌いな仕事をしてお金をもらう」というのが目標でもいいのではないでしょうか。見方を変えれば、嫌いな仕事でも「目標を達成するためのタスクの一つ」と考えることができるでしょう。

自分にとっては嫌いな仕事でも誰かの役に立っている

毎日単調な仕事をしていると、自分の仕事が人の役に立っていることを実感するのが難しくなってしまいます。しかし、どんな仕事も人の役に立つから成り立っているのであって、無駄な仕事など一つもありません。物を作る仕事なら、それを使う人の役に立ちますし、事務作業ならその書類一枚で誰かが救われるかもしれません。

「仕事にやりがいを感じない」という人は、自分の仕事の先にユーザーがいるということを忘れてしまっている人が多いです。「人の役に立とう」という気持ちで仕事をすれば、嫌いな仕事にも愛着がわいてくるかもしれません。辞めたいほど仕事が嫌いという人は、、仕事に対する見方を変えるのも対処法の一つです。

プライベートを充実させて嫌いな仕事を忘れる時間を作る

仕事が嫌いで仕方ないという人は、プライベートの時間を充実させて仕事のことを全く考えない時間を作るのも対処法の一つです。何か夢中になれる趣味を作ったり、旅行に行くのもいいでしょう。「1週間頑張ったら〇〇に行こう」という目標があれば、嫌いな仕事も頑張れるでしょう。

趣味をするにしても、旅行に行くにしてもお金が必要ですから、「趣味のためのお金を稼ぐ」という目標を立てて無心に仕事をするのもいいでしょう。自分の欲を仕事の原動力にすれば、「仕事が嫌い」という気持ちも薄れていくのではないでしょうか。また、仕事を頑張ったら自分にご褒美をあげるというのも、対処法の一つです。

もう無理!仕事を辞めたくなった人へ送る名言集

仕事が嫌いで、「もう頑張れない」というとき、何気なく見た一文が妙に心にしみた経験はありませんか。仕事が原因で心が弱っているときは、偉人達の名言に勇気をもらったりやる気を取り戻すことが良くあります。そこで、仕事が嫌いで「もう辞めたい」と思っている人のために、元気をくれる名言を集めてみました。

嫌いな仕事ができるのは能力の一つ

プロ野球選手のイチローの言葉で、「嫌いな仕事」に対する姿勢について語った言葉があります。自分の仕事が嫌いな人は、自己評価が低い特徴がある人が多いですが、「自分には嫌な仕事ができる能力がある」と思えば自信を持つことができるのではないでしょうか。

嫌いなことをやれといわれてやれる能力は、後で必ず生きてきます

「嫌いな仕事ができる能力」が身に付けば、今後どのような仕事に就いても忍耐強くこなすことができるでしょう。目の前のことから逃げずに戦う姿は、世界中に感動を与えるスポーツ選手の特徴と似ていますね。

現在の状況にも美点はある

仕事が嫌いな人の特徴は、「もっといいい職場で働きたい」「自分にぴったりの仕事がどこかにあるのではないか」と考える傾向があることです。確かに、他にもっと条件がいい職場があるのかもしれません。しかし、今置かれた状況に美点を見つけられない人は、どこに行っても不満を持つでしょう。

美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ

上の名言は、有名な画家のフィンセント・ファン・ゴッホが残した名言です。「嫌いだ」と思っていた仕事にも、必ず美点はあるはずです。嫌いなことか逃げるのではなく、どこかにいいところはないか探してみると今の仕事もそう悪いものではないと気が付くでしょう。

あなたが仕事をする目的は?

任天堂株式会社代表取締役社長を務めた岩田聡は、「なぜゲームを作るのか」という問いに対して答えたのが、以下の名言です。仕事が嫌いな人は、仕事をする目的を「自分のキャリアのため」「出世してお金持ちになるため」といった基準で考えている人が多いのではないでしょうか。

人が喜んでくれるのがたまらなくうれしい。それが生きがいです

仕事というのは本来、各自が自分の能力を活かして誰かの役に立つことが目的のはずです。仕事の成功というのは、人が喜んでくれることを一生懸命やった先にあるご褒美のようなもの。自分の成功だけを見ていては、仕事の本質を見失ってしまうでしょう。

他人はみんなエライ人!

「経営の神様」と呼ばれる、パナソニック創業者の松下幸之助は、人間関係を円滑にするためのヒントとなる名言を残してくれています。

すべての人を 自分より偉いと思って仕事をすれば、 必ずうまくいくし、 とてつもなく大きな仕事ができるものだ。 - 松下幸之助 -

人間関係に悩んでいる人は、相手の悪い部分しか目に入らなくなっているのではないでしょうか。たとえ自分にとって嫌な上司でも、会社に認められる部分があったから昇進したのですし、一家の大黒柱として立派に家族を養っているかもしれません。人間関係を円滑にするコツは、自分の我を捨てて相手のいい部分を見てあげようと努力することです。

誰も評価してくれなくても自分自身を褒めてあげよう

元プロテニスプレイヤーの松岡修造は、カレンダーを出すなど熱い名言をたくさん残しています。その中で、仕事がうまくいかなくて「もう辞めたい」と思っている人に送りたい名言をご紹介します。

「やってられないよ」と思ったとき、 「でも俺、頑張ってるよな」 とつぶやいてみてください。 「頑張ってる私って、結構いいな」と、 自分を好きになってください。 その方が生きやすくなるとは思いませんか? - 松岡修造 -

会社に評価されないと、「どうせ何をやってもムダだからいっそ辞めたい」とふてくされてしまいがちです。しかし、頑張ったことは自分が一番よく分かっているはず。誰にも評価されなくても、自分だけは自分自身を褒めてあげましょう。誰も見ていないと思っても、必ずあなたの頑張りを見ている人はいます。すぐに結果は出なくても、努力し続けていれば必ず報われます。

Thumb仕事に向いてないと思ったら?辞めるかどうかの判断基準や対処策は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

どうしても仕事が嫌いなら転職も対処法の一つ

仕事が嫌いな理由の中には、「職場の上司からパワハラを受けている」「自分に合わない仕事のせいで病気になりそうだ」など深刻なものもあります。この場合は、無理に我慢せずに思い切って転職するというのも対処法の一つです。

「仕事を辞めたい」と伝えるのは勇気がいるかもしれませんが、我慢しすぎて体を壊してしまったら元も子もありません。いざという時、自分の身を守れるのは自分しかいませんから、限界を感じたら転職を考えてみるのもいいでしょう。

仕事が嫌いでも自分を責めないことが大切

仕事が嫌いな人は、自分自身を責めてしまう人も多いです。その結果自分に自信が持てなくなり、不満を抱えながら仕事を続けているという人もいるのではないでしょうか。

そういう場合は、まず自分自身を許してあげることが必要です。「仕事が嫌い」という自分も、「仕事を辞めたい」という自分も丸ごと受け入れて、「自分がんばってるじゃない」と自分を褒めてあげましょう。自分を受け入れられることができれば、自ずと自分が進むべき道も見えてくるでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-26 時点

新着一覧