美味しい魚の煮付けレシピ!簡単に焼き方を美味しく料理するコツとは?

美味しい魚の煮付けの簡単レシピや、美味しい魚の焼き方についてまとめました。美味しい魚を調理するためには、簡単な煮付けのレシピや焼き方を把握しておくことが大切。レシピのコツを取り入れておけば、簡単に美味しい魚の煮付けや焼き魚を作ることができるようになります。簡単にできる魚の焼き方や煮付けの方法をチェックして、普段の食卓に美味しい魚のレシピを活用していきましょう。

美味しい魚の煮付けレシピ!簡単に焼き方を美味しく料理するコツとは?

目次

  1. 美味しい魚の煮付けのレシピや簡単な焼き方を知りたい
  2. 新鮮で美味しい魚の見分け方とは?
  3. 切り身の魚が美味しいかどうか見極めるには?
  4. 魚の煮付けレシピに必要な簡単な下ごしらえ
  5. 本格的な美味しい魚の煮付けにするための霜降りの方法
  6. 味の染み込んだ美味しい魚の煮付けにするには?
  7. 一緒に魚の煮付けに入れる食材を下ごしらえしよう
  8. とても簡単!美味しい魚の煮付けのレシピ
  9. 簡単に美味しい魚の煮付けを作るためのレシピのポイント
  10. 焼き魚を美味しい状態にするには塩振りが大切
  11. パリッとした皮目に仕上げるために取り入れたいレシピのコツ
  12. 網の乗せ方を工夫した焼き方で美味しい焼き魚を作ろう
  13. 中火で短時間で仕上げる焼き方レシピで美味しい焼き魚にする
  14. 片面グリルで美味しい焼き魚を作る焼き方レシピ
  15. 簡単な方法で美味しい魚料理を作ろう

美味しい魚の煮付けのレシピや簡単な焼き方を知りたい

魚料理を作るときはレシピのポイントをおさえることが大切

煮魚や焼き魚など、美味しい魚料理を作るためには魚の処理の方法や調理方法などレシピのポイントをおさえることが重要になります。間違った魚の調理方法を取り入れると、魚のくさみが残ったり、風味が悪くなったりして美味しい魚料理は作れないため気をつけましょう。レシピの基本を覚えておけば、美味しい魚料理を簡単に作れるようになります。

魚料理はハードルが高いからあまり作らない、という場合も初歩的なレシピのコツさえ覚えておけば日常的に美味しい魚料理を作ることができるようになります。栄養豊富な魚は健康的な生活に欠かせないので、美味しい魚の調理方法をチェックしてヘルシーな食卓作りを楽しんでみませんか?焼き魚や煮魚といった魚料理のレシピを見ていきましょう。

焼き方や煮付けの方法をチェックして美味しい魚料理を作ろう

「煮魚や焼き魚といった魚料理の美味しい調理方法について知りたい!」「美味しい魚料理を作るためには、どういった調理方法を取り入れれば良い?」といった場合にぴったりな魚料理の作り方についてまとめました。美味しい魚料理を作るためにはレシピのポイントをおさえておくことが大切。普段の食卓に美味しい魚料理を出せるようにチャレンジしてみましょう。

Thumb魚の冷凍保存のコツ教えます!賞味期限や上手な解凍の仕方とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

新鮮で美味しい魚の見分け方とは?

黒目がきれいで透明感がある

美味しい魚料理を作るためには、美味しい魚を見分ける必要があります。魚を一尾まるごと購入する場合、まず見ておきたいのが目の部分。魚の黒目がきれいな状態で透明感のある場合は新鮮な証拠です。逆に魚の目が濁って血がにじんでいる様子が見られたら、鮮度が落ちている魚なので気をつけましょう。目がきれいさを基準に魚を選んでみてください。

色や模様が鮮やか

魚の表面の色や模様がくっきりと鮮やかになっていることも魚を選ぶ上では重要なポイント。色や模様がきれいな状態がキープされているということは、水揚げされてからさほど時間が経っていない魚であるということになります。色や模様がぼやけていたり、鮮やかさに欠ける場合は鮮度が落ちている魚の可能性があるため気をつけましょう。

魚の腹の部分を見るのも重要なポイント。腹の部分には脂が乗りやすいので、腹の部分がふっくらとした状態のものが美味しい魚と言われています。このように魚を見分けるのにはいろいろなポイントがあるので、数ある中から美味しい魚を選びたいときはしっかりとポイントをおさえて魚を選んでみてください。

切り身の魚が美味しいかどうか見極めるには?

皮の模様がしっかりと見える

魚を丸ごと一尾ではなく切り身で購入する場合の見分け方についても見ていきましょう。魚を切り身で購入するときも、魚の皮の色や模様を見てみましょう。切り身であったとしても、模様や色味が鮮やかできれいな魚の方が新鮮で美味しい魚と言われています。切り身の皮の様子を見て、美味しい魚かどうかを見極めて見るようにしてみてください。

なめらかな切り口で身が張り出ている

切り身の場合は、切り口も見ておきましょう。切り口がなめらかな魚の切り身の方が美味しいと言われています。切り口が乱れていたり、魚の繊維が乱れている場合は美味しくない可能性があるため気をつけてください。また、身の部分が皮から張り出ていることも大切なポイント。張り出ている切り身は新鮮で美味しい魚である可能性が高くなります。

魚の煮付けレシピに必要な簡単な下ごしらえ

美味しい魚の煮付けにするためにウロコをとる

それでは、まずは美味しい魚の煮付けの作り方について見ていきましょう。魚の煮付けを美味しく作るためには、まずは下ごしらえをしっかりと行うことが重要になります。魚の下ごしらえがきっちりできていないと食感が悪くなったり、くさみの原因になる場合もあるので気をつけてください。

まずは魚のうろこをとっていきます。尾の方からはじめて、頭の方に向かって包丁を使ってうろこを取っていきましょう。腹びれの下など、うろこの処理が甘くなりがちなところもしっかりと取っていくことによって口当たりの良い煮魚に仕上げることができるようになります。

内臓を取り出して軽く洗う

うろこを取ることができたら、内臓を取り出していきましょう。腹の部分に包丁を入れて、内臓やえらを取り出していきます。内臓を取ることによってくさみをなくし、おいしい魚の煮付けに仕上げることができるようになるため必ず行いましょう。内臓が残ったままだと、苦味などの原因になる場合もあります。内臓を取ったら流水で魚を軽く洗ってください。

本格的な美味しい魚の煮付けにするための霜降りの方法

90℃くらいのお湯に魚を入れて霜降りにする

煮魚をより美味しく作るために取り入れておきたいのが霜降り。煮魚を作る前にお湯につけることによって、魚の血合いや汚れを固めて落としやすくする工程です。霜降りをすることによって、魚本来の美味しさのみを感じられるようになるので、ワンランク上の煮魚を作りたいときはぜひ行ってみてください。

お湯を沸かして沸騰させたら、水を加えて90℃くらいの温度に下げましょう。お湯の中に内臓を取り出して軽く洗った魚を入れます。尾びれが立ち、魚の表面が縮まった状態になったらOK。霜降りの完了です。

水の中でぬめりやうろこなどを取り除く

霜降りが終わったら、水の中に入れてぬめりや汚れなどを取り除いていきます。うろこが残っている場合は、このときにきれいに落としておいてください。表面だけでなく腹の中もしっかりと洗ってきれいな状態にするのがポイントです。これで魚の下ごしらえは終わりとなるので、美味しい煮魚を作りたいときにぜひ取り入れていきましょう。

味の染み込んだ美味しい魚の煮付けにするには?

味をしっかり染み込ませるために切れ目を軽く入れる

魚の下ごしらえが終わったら、キッチンペーパーを使って魚について水気をとっていきましょう。魚に煮汁が染み込みやすくするために魚の表面に切り込みを入れます。表となる面には2本、裏となる面には1本切れ込みを入れてください。裏となる部分はお皿からは見えないので、横に1本切れ込みを入れればOK。表は見た目がきれいになるように切れ込みを2本入れます。

切れ込みを入れることで煮崩れも防げる

切れ込みを入れることは味が染み込みやすくなるだけでなく、身崩れも防ぐことができるのがポイント。柔らかい魚の場合、煮ているうちに身崩れをしてしまうことがあります。切れ込みを入れることで、こうしたことも防ぐことができるのできれいな状態の煮魚を作りたいときは、こうした工夫をしていきましょう。

一緒に魚の煮付けに入れる食材を下ごしらえしよう

生姜は繊維を断つように千切りに

魚の煮付けに欠かせないのが生姜。生姜を入れることで魚のくさみを和らげ、美味しい煮魚を作りやすくなります。生姜は千切りにして入れるのがおすすめ。千切りにすることで煮魚と一緒に食べやすくなります。また、繊維を断つようにきることで歯触りも良くなるのでそういったことを意識しながら生姜を千切りにするようにしておきましょう。

根菜類やネギも入れると美味しい

魚と生姜だけでも良いですが、ついでに根菜類を一緒に煮込むのもおすすめ。ゴボウや大根といった根菜類を一緒に入れると魚の旨味がしみてとても美味しくなります。大根を入れる場合は下ゆでをしておきましょう。また、ネギも煮魚と相性ぴったり。ネギの甘みが煮汁に移って美味しい煮魚を作れるようになります。

とても簡単!美味しい魚の煮付けのレシピ

生姜と調味料を煮立たせて魚を加える

鍋の中に調味料を入れていきます。みりん・砂糖・醤油・酒・水を鍋に入れたら、千切りにした生姜も入れましょう。コンロに火をつけて沸騰するまで待ちます。沸騰したら魚を加えて落し蓋をし、中火くらいにしてください。根菜類を入れる場合は、魚と入れるのと同じタイミングで入れます。4〜5分ほど加熱をして、中まで熱を通していきましょう。

煮汁を煮詰めたら美味しい煮付けの完成

5分ほど経過したら落し蓋を取って煮汁を煮詰めていきます。魚に煮汁をかけながら煮詰めていきましょう。煮汁がとろっとしてきたらOKです。煮汁と一緒に魚を器に盛り付けて完成。お好みで白髪ネギをトッピングするなど飾り付けをすると見た目もきれいな煮魚に仕上がります。意外と簡単なので、ぜひチャレンジしてみてください。

Thumb夏が旬の魚には何がある?美味しい食べ方やおすすめレシピを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

簡単に美味しい魚の煮付けを作るためのレシピのポイント

調味料を沸騰させてから魚を入れる

煮魚を作る上でおさえておきたいのが、煮汁を沸騰させてから魚を入れるということです。こうすることによって素早く表面を固め、魚の内部にある旨味を逃さずに調理できるとされているのでぜひ覚えておきましょう。ただし、脂分の多い鯖などの青魚は煮汁が冷たい状態から加熱をすることもあるため、魚のタイプに合わせて調理方法を変えても大丈夫です。

煮汁を残すように煮詰める

煮魚を作る場合、魚を煮汁に浸しながら食べることをイメージしながら作りましょう。調味料を完全に魚にしみこませるのではなく、食べる段階で煮汁に魚を浸して味を楽しむようにするのが煮魚の基本です。そのため、煮汁は単体でなめたときに少し味が濃いと感じるくらいがちょうど良いのではないでしょうか。煮汁はしっかりと残し、仕上げに魚にかけるようにしましょう。

焼き魚を美味しい状態にするには塩振りが大切

塩振りをする焼き方で魚のくさみを取り除く

続いて焼き魚の美味しい調理方法について見ていきましょう。焼き魚を美味しく仕上げるのに大切なポイントになるのが振り塩。あらかじめ魚の全体に塩をふりかけておくことによって、魚のくさみをとって美味しい焼き魚に仕上げることができるようになります。高い位置から塩をまんべんなく振りかけてください。

キッチンペーパーで水分を拭き取る

振り塩をしてから30分ほど経過したら、魚の表面から水分が出てきます。水分が出てきたらキッチンペーパーで拭き取っておきましょう。くさみがしっかりと取れて、美味しい焼き魚に仕上げられます。

パリッとした皮目に仕上げるために取り入れたいレシピのコツ

強火でグリルを予熱しておく

皮がパリッとして中がふっくらとした美味しい焼き魚に仕上げるのにおすすめなのがあらかじめグリルを強火で加熱しておく方法です。魚は素早く焼くことによって旨味を逃さずに美味しく仕上げられるのがポイント。予熱をしておくことで加熱するまでの時間を短くすることができ、皮もパリッと仕上がりやすくなります。

加熱可能なアルミホイルなどを活用

焼き魚を作るときにやりがちな失敗が網に皮がくっついてしまうというトラブルではないでしょうか。せっかく美味しそうに皮が焼けたとしても網についてしまっては意味がありません。それを防ぐために加熱可能なくっつかないタイプのアルミホイルを網の上にしくのがおすすめ。こうしておけばグリルを洗う手間も省けるので便利です。

網の乗せ方を工夫した焼き方で美味しい焼き魚を作ろう

魚の尾は手前側にする

魚をグリルに置く位置も意外と大切になります。魚をグリルに置く場合、尾の部分は手前側にくるようにしましょう。一般的にグリルの奥の方が高温になりやすく、そちら側に尾を向けるとすぐに焦げてしまうことがあります。尾を手前にすることで焦げるのを防ぎ、均一に熱を通していくのがポイント。

中央は避ける焼き方で焼きムラを防ぐ

魚を焼くときにグリルの真ん中に置きがちですが、グリルの真ん中は火力が強すぎる場合があるので端の方に置くのがおすすめ。ただしグリルによって加熱のクセがあると思うので、いろいろ試してベストな位置を見つけておくのも良いかもしれません。

Thumb簡単でおいしい魚料理の作リ方!下処理なし!フライパン人気レシピ15選! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

中火で短時間で仕上げる焼き方レシピで美味しい焼き魚にする

中火にすることで旨味をキープ

焼き魚を作るときにおすすめしたいのが中火。弱火で時間をかけて焼いていると旨味や水分が抜けて魚のふっくらとした食感が損なわれてしまうことがあります。また、強火だと焦げやすくなるので注意が必要。中火であれば素早く中に熱を通しながら水分や旨味が流出する前に焼き上げることができるので、美味しい焼き魚を作るときのベストな火加減になります。

魚のタイプによって異なる焼き時間

それでは、魚はどれくらい焼いたら良いのでしょうか?魚の種類や大きさによって異なりますが、一尾まるごとの場合は10分ほど焼きます。切り身の場合は5分ほど加熱しましょう。加熱しすぎると旨味が損なわれる原因となります。焼けているかどうか不安なときは火を止めて予熱に任せましょう。加熱を続けるよりも予熱調理をした方が美味しい焼き魚になります。

片面グリルで美味しい焼き魚を作る焼き方レシピ

裏になる部分を最初に焼く

両面グリルであれば、簡単に両面を焼くことができるのでとても便利。しかし、コンロによっては片面グリルの場合があるためその時の焼き方について見ていきましょう。片面グリルの場合、裏になる面を最初に表に出して焼いていきます。こうすることでひっくり返した時に表が出てお皿に移しやすくなるのがポイント。

1回のみひっくり返す焼き方で身崩れを防ぐ

片面グリルで焼き魚を作る時は、ひっくり返すのは1回のみにしましょう。何回もひっくり返すと身崩れの原因となります。一尾の場合は5分ほどで、切り身の場合は2分ほどでひっくり返してもう片面も焼いてください。これで焼き魚の完成です。基本的なポイントをおさえて、美味しい焼き魚を作ってみてはいかがですか。

Thumb魚焼きグリルの使い方・活用方法まとめ!水やアルミホイルを使うといい? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

簡単な方法で美味しい魚料理を作ろう

「魚料理はハードルが高い……」というイメージがあるかもしれませんが、基本的な調理のポイントを覚えておけばそれほど難しいことではありません。下ごしらえをきっちり行うことで魚のくさみなどはきれいに取ることができ、美味しく食べることができます。

煮魚を作る時は沸騰した状態で魚を入れ、旨味を逃さないようにするのがポイント。また、霜降りを行って汚れなどを取るようにしておきましょう。焼き魚の場合は振り塩をしてくさみを取っていくのがレシピのコツになります。中火で旨味をキープしながら焼くと皮はパリッと、中はふっくらとした仕上がりになるやすいのでぜひこだわって調理してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-10 時点

新着一覧