幼児向け自転車の人気おすすめまとめ!子供に合ったサイズや選び方も紹介

子供の成長に合わせて必要なものは変わっていきますよね。そんな中でも特に、成長を感じるのが自転車に乗るようになれた時。自転車に乗れるようになると一気に行動範囲が広がりますので、その分しっかりと自転車を選んであげる必要があります。では幼児の自転車の選び方とはどのように選べば良いのでしょうか?今日は自転車の選び方からおすすめの人気の幼児の自転車も合わせて紹介します。

幼児向け自転車の人気おすすめまとめ!子供に合ったサイズや選び方も紹介

目次

  1. 幼児の自転車ってどんな自転車がおすすめ?
  2. 幼児の自転車は選び方が重要
  3. 自転車は必ず適正なサイズを選ぶことが大切
  4. 本人が自転車に乗りたいと思っているかどうか
  5. 補助輪付きの自転車の場合には成長を考えて選ぶ
  6. 幼児の自転車のサイズの目安とは
  7. 幼児の自転車の買い替えの目安は1年半程度
  8. 幼児の自転車のおすすめ!人気の自転車も
  9. おしゃれなデザインが人気!【エーエヌデザインワークス】ジュニアキッズバイク
  10. 王道のタイヤメーカーの自転車【ブリジストン】ビッケ
  11. 安全面に配慮された幼児自転車【マイパラス】子供自転車
  12. 小さめの幼児でもぴったりのサイズが見つかる【ピープル】いきなり自転車
  13. 軽量で運転しやすさはNo1【ルイガノ】サイクルスポットルサイク
  14. カラーが豊富で個性が光る幼児自転車【グラフィス】子供用自転車
  15. 自転車に乗る場合には必ずヘルメットをつけよう
  16. 幼児の自転車は実際に乗ってから決めることが大切!

幼児の自転車ってどんな自転車がおすすめ?

子供が自転車に乗れるようになると、行動範囲が広くなりあちこちに一人で行けるようになります。しかし、その半面、幼児の自転車をきちんと選んであげないと、思わぬ事故にあってしまったり、思うように乗ることが出来ず、自転車を買ったもののそのまま放置なんてこともあります。子供にとってベストの自転車をしっかりと選んであげる必要があります。

しかし、幼児の自転車は選び方やおすすめの自転車が中々わかりにくいですよね。今日は幼児用の自転車にスポットを当てて、選び方からおすすめの人気幼児の自転車を紹介します。子供のためにもしっかりと幼児用の自転車を選んであげましょう!

Thumb子供の自転車でおしゃれ・人気のブランドは?正しい選び方についても解説 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

幼児の自転車は選び方が重要

子供にとって世界が一気に広がる自転車。自転車に乗るとたくさんの場所に行けるようになりますし、楽しみもたくさん増えますね。その半面、親からすると自転車を乗るにあたって心配事は増えてきます。自転車を乗り始めたら、幼児の自転車の購入を検討しますが、その際にやはり大切なことはその子供にとってぴったりの自転車を選んであげることです。

幼児用の自転車はしっかりとその子その子に合った自転車を選んであげないと、転倒したりして危険なことが多くなったり、乗りにくくなり、いつの間にか乗らなくなってしまうこともあります。そうならない為にも、必ず幼児の自転車の選び方を把握しておきましょう。では、どのようなポイントに注意して幼児の自転車を選べば良いのでしょうか?

おすすめの幼児用の人気自転車を調べることは大切ですが、おすすめの幼児用自転車を考える前に、まずは自転車の選び方をしっかりと知っておきましょう!そこで幼児の自転車の選び方を紹介します。しっかりと幼児用の自転車の選び方を知り、ポイントを押さえておきましょう。

自転車は必ず適正なサイズを選ぶことが大切

幼児の自転車を選ぶ時に、最も大切なことは、必ず子供に合った適正な自転車を選んであげるということです。自転車は大きいものを、と思いがちですが実は幼児の自転車はきちんと今ベストの大きさの自転車を購入してあげることが大切です。

幼児の自転車は大きすぎはNG!

幼児の自転車を購入する時に良くある間違いですが、選び方として大きめの自転車を買ってあげるのではなく今の子供の成長に適した大きさの自転車を購入してあげましょう。親からするとすぐに子供は大きくなりますので、出来る限り少しでも大きめの自転車を買って長く乗って欲しいと思いますよね。

しかし、子供からすると自転車が大きすぎると、自転車自体の重さも重くなってしまいこぐことも一苦労になります。また、足が地面がつかない状態の自転車だと、いざという時にブレーキがかけられなかったりしてこけてしまったりします。

今はネットでも簡単に幼児の自転車を購入することが出来ますが、実際に同じ自転車を乗ってみてきちんと足が地面につくことができるかを確認しておくことが大切です。子供の身長なども年齢でかなり個人差が大きいので、必ず実物を乗ってみてから購入するようにしましょう。

本人が自転車に乗りたいと思っているかどうか

子供の自転車の選び方で、意外と見落としがちなのが本人が自転車に乗りたいと思っているかどうかということです。自転車は多くの家庭では4歳前後に購入することが多いですが、年齢にとらわれていたり、周りが次々に購入して練習しているから購入を検討しているという人は多くいます。

しかし、実際には子供が自転車に乗ってみたいか、乗れるようになる練習をしたいかという気持ちが大切です。もちろん、自転車が乗れるようになるために、自転車を側に置いておきいつでも自転車を練習することができる環境にしておくことは大切ですが、子供が怖がっていたり恐怖心が強い場合には、強要しないようにしましょう。

幼児の自転車を買うまでに自転車の練習の手段は色々ある

しかし、自転車を早く乗れるようにあげたいと思うのが親心ですよね。そんな時には、自転車といってもいきなり幼児用の自転車を購入するのではなく、地面を足で蹴って進むストライダーや、サドルの後ろにバーがついていて補助することができる自転車を購入するようにしましょう。

子供のとっては初めての乗り物になりますので、怖がらずの楽しく乗ることが出来るように環境を整えてあげるようにしましょう。幼児用の自転車となると、やはり作りは大人用の自転車とあまり大差はありませんので、恐怖心が強くならないように前もって自転車に慣れるようにしてあげるようにしましょう。

Thumbストライダーは何歳から何歳まで乗れる?注意点やおすすめの自転車を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

補助輪付きの自転車の場合には成長を考えて選ぶ

幼児の自転車を購入するにあたって、補助輪付きの自転車を候補に挙げる人も多いかと思います。補助輪付きの自転車は自転車の不安定さをなくし、しっかりと漕ぐことが出来ますので、自転車に楽に乗れるようになりますし、子供がこけたりする心配も少なくなります。

しかし、補助輪付き自転車の場合、は選ぶときにサイズをしっかりと考える必要があります。補助輪付き自転車だと、乗り始めの時と補助輪を外した時では、子供は大きく身長が変化してしまいますので、補助輪付き自転車がベストサイズになっていると、補助輪を外して自転車に乗る時には小さくなってしまいます。

ですので、補助輪付き自転車を購入するときにはベストサイズよりもワンサイズ大きめの自転車を購入するようにしましょう。14インチがベストの大きさになる場合には16インチの自転車を選ぶようにすると、補助輪を外した時にちょうどよいサイズになります。

幼児の自転車のサイズの目安とは

幼児用の自転車は大人が乗る自転車と同じように自転車のサイズはインチで表されています。そのため、大まかなサイズは目安にすることが出来ます。サイズの目安としては12インチは80~105cm、14インチは95~115cm、16インチは100~120cm、18インチは105~125cmになります。

自転車を購入することが多い4歳だと16インチから18インチがベストになります。子供の慎重は個人差が大きいので、実際に自転車に乗せてみてから、適した大きさの自転車を購入するようにしましょう。

Thumb子供用自転車のサイズの選び方!身長からのおすすめインチの目安を紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

幼児の自転車の買い替えの目安は1年半程度

自転車は子供にとって大きすぎても小さすぎてもいけませんので、適当な時期にきちんと大きさを確認して自転車を買い替えてあげる必要があります。目安としては買い替えの時期は最初に自転車を購入してから約1年半程度になります。

もちろんこの時も、子供の成長は差が大きくなりますので子供の成長をしっかりと見ておくようにしましょう。また、サドルの高さを変えるだけでも十分乗りやすさは代わりますので、自転車を乗っている時に地面に対して膝がまがっていたり、漕いでいる時に膝が外を向いている場合には、サドルをまずあげて調節してみましょう。

幼児の自転車のおすすめ!人気の自転車も

幼児の自転車の選び方のポイントを押さえた上で、幼児の自転車のおすすめを紹介します。今幼児の自転車はおしゃれなデザインのものが多くありますし、それと共に安全面や乗りやすさにも配慮されたモデルが多く登場しています。ですので、選ぶとなるとかなりの種類があり迷ってしまいます。

今日は幼児の自転車のおすすめの人気モデルをまとめてみました。どの幼児自転車もとても人気が高いものになりますので、実際に乗ってみたり、カラーやデザインもしっかりと検討してみてください。

おしゃれなデザインが人気!【エーエヌデザインワークス】ジュニアキッズバイク

幼児用の自転車を選ぶ時に、多くの人が候補に入れるというくらい人気が高いのがエーエヌデザインワークスのジュニアキッズバイクです。エーエヌデザインワークスといえば、パステルカラーがメインの自転車メーカーで、その人気ぷりは言わずと知れたものですよね。

エーエヌデザインワークスの自転車は、パイプキャリアが丸みを帯びていますので、足をふいに降ろしてもひっかかるリスクがかなり低くなり、安全面はしっかりと守られています。また、ハンドルもマウンテンバイクのように前にあるのではなくセミアップになっていますので、運転しやすいのもポイントです。

王道のタイヤメーカーの自転車【ブリジストン】ビッケ

車のタイヤはブリジストンにしているという人も多いのではないでしょうか?ブリジストンは日本を代表するタイヤメーカーですが、実はブリジストンは自転車も多く製造しています。そのブリジストンの中でも代表的なモデルがビッケです。ビッケは大人用の自転車も人気が高いですが、ジュニアや幼児用もとても人気が高くなります。

ビッケは自転車に乗る上で最も大切なブレーキに重点を当てており、手の大きさに合わせてブレーキの位置を調節することが出来ます。手が小さな子供でも大きな子供でもしっかりと、ブレーキを掛けられますので、安心して乗せられます。

また、補助輪が付いているモデルであっても、車輪を外さなくても簡単に補助輪を外す事が出来ますので、いちいち自転車屋さんに行かずとも自宅で簡単に外すことが出来ます。ビッケはカラーも今流行りのカラー展開で、グレーやダークグレーなどスモーキーカラーがありますので、流行に敏感な方から絶大な人気があります。親子で一緒にビッケに乗ることが出来るのも嬉しいポイントですね。

安全面に配慮された幼児自転車【マイパラス】子供自転車

かっこいい自転車となるとおすすめなのがマイパラスの子供自転車です。マイパラスの幼児用の自転車は、BMXタイプのハンドルになっているので見た目もとてもおしゃれになっています。マイパラスの自転車は乗りやすく見た目もオシャレになりますので、人気が高い幼児用の自転車です。

安全面もしっかりと考えられており、フレームバットやハンドルパットを採用したり、チェーンカバーもされていたりと、子供が安全に乗れるように設計されています。子供の自転車デビューにおすすめの自転車です。

小さめの幼児でもぴったりのサイズが見つかる【ピープル】いきなり自転車

体が小さめの子供であったり2歳程度から長く乗れる自転車を購入したい場合にはピープルのいきなり自転車がおすすめです。他の幼児の自転車に比べて小さくなっているので、ぴったりと地面に足をつける事が出来ますし、補助輪や後ろから大人が支える事ができるレバーなども付いており、子供の恐怖心を取り除くにはおすすめの自転車です。

もちろん安全面や乗りやすさはしっかりとされていますので、安心して乗せる事が出来ますよ。ピープルの自転車にはアナトミック型の握りやすいグリップが装備されていますので、しっかりと握る事が出来るのも嬉しいポイントですね。

軽量で運転しやすさはNo1【ルイガノ】サイクルスポットルサイク

ルイガノといえば言わずとしれた人気自転車メーカーです。オシャレなデザインはもちろんのこと、乗りやすさや軽さなどどれをとってもクオリティの高い自転車が人気ですよね。そんなルイガノの幼児の自転車であるサイクルスポットル・サイクはアルミフレームになっており軽さもありますし、もちろんデザインもとてもオシャレです。

ルイガノのサイクルスポットル・サイクはVブレーキというワイヤー式のリムブレーキの中でも最も強力なブレーキを採用していますので、ぴたっとブレーキを掛ける事が出来ますので、安全面も安心して任せる事が出来ます。ルイガノならではのおしゃれなデザインもとても人気が高く、漕ぎ出しもとても軽くなりますので体が小さい子供でもスイスイ漕ぐ事が出来ます。

ルイガノのサイクルスポットル・サイクは、今人気が最も高い幼児用の自転車になります。デザインもシンプルなので、男の子だけでなく女の子にも十分選ぶ事が出来ますよ。もちろん自転車の性能は幼児の自転車の中でもトップクラスになりますので、兄弟で乗ることも出来る自転車です。

カラーが豊富で個性が光る幼児自転車【グラフィス】子供用自転車

幼児の自転車で人気が高いのがグラフィスの幼児用の自転車です。グラフィスも今自転車のメーカーでとても人気が高いメーカーの1つで、おしゃれでありながらも性能も素晴らしい自転車を多く排出されています。グラフィスからも幼児用の自転車を多く販売されていますが、補助輪付きでそのまま乗りたい場合には特にグラフィスはおすすめです。

グラフィスの補助輪付き自転車はとにかくオシャレです。ホワイトをベースにした車体に、タイヤやサドルがビビットカラーではっきりとした色合いになっており、女の子男の子選ばず選ぶことができます。また、車体はスチール製になっていますので、少し重たくなりますが補助輪付きなのでしっかりと安定して走ることが出来ます。

グラフィスの自転車はハンドルカバーがついていたり、サドルもクッション性が高くなりますので、長時間自転車の練習に座っていても、苦痛になりません。デザインも子供がまた乗りたくなるくらい、可愛いものが多く、特におすすめの幼児自転車になります。また、グラフィスの自転車は補助輪付きになりますので、購入する時にはワンサイズ大きめの自転車を選ぶようにすると補助輪を外した時にベストサイズになりますよ。

自転車に乗る場合には必ずヘルメットをつけよう

子供が自転車のレ練習を始めたり、たくさん乗れるようになった場合には必ずヘルメットを着用するようにしましょう。ヘルメットなんて煩わしいと思うかもしれませんが、まだまだ子供が漕ぐことは不安定になりますし、危険と隣合わせですので、ヘルメットは安全に楽しく乗るための必須アイテムです。

幼児自転車と一緒にヘルメットも購入しておこう

今はヘルメットも3000円程度で購入することが出来ますので、自転車を購入する時には一緒に購入するようにしましょう。転倒から頭をしっかり守ってくれますし、危険があっても最小限に抑える事が出来ますので、必ず子供にはヘルメットをつけるように促しましょうね。

Thumb赤ちゃん・乳児用ヘルメット!商品の選び方や子供用自転車も紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

幼児の自転車は実際に乗ってから決めることが大切!

初めての幼児用の自転車となると選ぶことは難しいですが、今はたくさんのカラーやデザインがありますので、選ぶのも楽しくなりますよ。安全面はどのメーカーの幼児用の自転車もしっかりと配慮されていますので、今日紹介したメーカーの自転車はまず心配ありません。

子供と一緒に色々な自転車を乗ってみたり、探してみたりして楽しく自転車を選んでみて下さい。自転車が乗れるようになると子供の世界も一気に広がりますが、安全に楽しく乗れるようにしっかりと適した自転車を選んであげましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-20 時点

新着一覧