布団は圧縮袋の収納が一番良い?おすすめランキングと使い方アイデアを紹介!

布団圧縮袋にはかなりの種類が販売されていますが、一体どれがいいのか考えたことがありますか?いきなり布団圧縮袋の、正しい選び方と言われても、わからない方が多いでしょう。使い方も実際間違っている方もとても多く、ダニやカビの繁殖する原因を作る使い方などを行なっている方も多いです。そんな方のために、布団圧縮袋の使い方やおすすめな商品を、ランキング形式でご紹介します!

布団は圧縮袋の収納が一番良い?おすすめランキングと使い方アイデアを紹介!

目次

  1. 布団に使う圧縮袋のおすすめが知りたい!
  2. おすすめな布団圧縮袋の選び方と使い方とは?
  3. 圧縮袋を使って布団を保管するアイデアとは?
  4. 圧縮する際に使う掃除機には気をつけよう!
  5. 布団圧縮袋おすすめランキングをご紹介!
  6. 10位:ダニの増殖を抑える「レック 防ダニふとん圧縮袋 O-848」
  7. 9位:収納ケース同封でお得!「ワイズコーポレーション 圧縮Plus」
  8. 8位:Agの抗菌効果が最強「東和産業 Ag抗菌ふとん圧縮パック」
  9. 7位:コスパも良く繰り返し使える「昭光プラスティック製品 逆止弁付布団圧縮袋」
  10. 6位:丸めて保管できる「オリエント いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」
  11. 5位:色の変化で一目でわかる「レック Ba ふとん圧縮袋 O-852」
  12. 4位:可愛く保存できる「Yitrox 手動ポンプ付きふとん圧縮袋」
  13. 3位:吸引バルブとマチ式の組みわせ「石崎資材 布団圧縮袋LL」
  14. 2位:ジッパーで楽々圧縮「東和産業 らくジッパー」
  15. 1位:掃除機いらずで簡単圧縮「オリエント Q-PON!セット(ふとん用2P)」
  16. 便利だけど布団圧縮袋の使い方には注意しよう!

布団に使う圧縮袋のおすすめが知りたい!

季節の変わり目になると、布団などを模様替えする必要がありますよね。その場合布団はかさばってしまうので、圧縮袋を使って保管している方が多いです。そんな圧縮袋ですが、本当に正しいものを選べていますか?実際使い方が間違っている方は多いです。そんな方のために、布団圧縮袋の選び方や種類などをランキング形式で、詳しくご紹介していきます。今回ご紹介するランキングを参考にして、お気に入りの布団圧縮袋を探しましょう。

おすすめな布団圧縮袋の選び方と使い方とは?

押入れなどの収納場所のサイズを測っておこう

布団圧縮袋には、様々な選ぶ基準が存在しています。それをしっかりと理解して、布団圧縮袋を選ぶ必要があるのですが、まずは自分の家の押入れなどの収納場所に収納できるのかを、しっかりと確認しておかなければ、いくら布団を圧縮して小さくしても、しまって置く場所がありません。布団圧縮袋を購入する前に、しっかりと押入れなどのサイズを測っておきましょう。

耐久性のある圧縮袋や「ダブルジッパー式」がおすすめ

ジップロックのような使い方になっており、簡単に空気を手動で抜く頃ができます。抜いている最中も空気がとても、入りにくくなっているのでやり直す必要がなくなります。ジッパー自体が圧縮袋に付いていると、外れてなくす心配もありませんし、何より使い回しが可能なのでコスト面でもとてもおすすめです。その際は耐久度がしっかりとしている布団圧縮袋を購入しましょう。

「マチ付き」布団圧縮袋が楽でおすすめ

布団圧縮袋などは様々な商品が出ていますが、圧縮袋自体に「マチ付き」があるとかなりおすすめです。マチ付きは空気を入れている最中にも、止めながら部分的に空気を抜くことができるので、気になる部分を押すだけで空気を簡単に抜くことができます。体重をかけて抜いている時に、せっかくロックしたチャック部分が外れることがあるのですが、その手間を解消した商品です。

「バルブ式」は布団圧縮袋で大きさを変化させない!

掃除機などを使って、完全にしまっている状態から空気のみを吸い出す「バルブ式」という、布団圧縮袋も販売されています。確実にしっかりと空気を抜くことができるので、一番時間がかからずかなりおすすめです。一人でも簡単に行うことができるので、主婦などの方は必ずこのバルブ式を購入しているようです。少し値段が張りますが、時短と使い回しが簡単なのでおすすめな布団圧縮袋でしょう。

圧縮袋を使って布団を保管するアイデアとは?

圧縮袋を布団に使った際や、使う際などにどのようなアイデアを使用されていますか?基本的に収納場所のスペースを、有効活用するために布団を圧縮袋に入れて、保管する方が多いはずです。収納自体の仕方が悪いと、布団などを圧縮している意味がありません。そんな時はアイデアを少し絞るだけで、かなり収納が楽になります。その方法を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。

市販で販売されているつっかえ棒などを使用すると、収納などはコンパクトにまとめることができます。たてかけたら、その間につっかえ棒を入れることで、一枚一枚を立てって保管することができるのでおすすめです。ラックの形に合わせて、「コの字」の形になるように、保管するとさらに保管できますので、ぜひ試してみることをお勧めします!

圧縮する際に使う掃除機には気をつけよう!

バルブ式などの布団圧縮袋を使う際、掃除機の吸引方法には注意が必要です。掃除機は基本的に汚れを吸い込んでくれるのですが、電源を切った際に掃除機のパイプ内に残っている汚れが、逆流する場合が多いです。これを布団圧縮袋にやってしまうと、中に掃除機のゴミが入り込んでカビなどの原因になります。そうなると、保存している空いたに、布団がカビてしまい圧縮袋も使えなくなってしまいます。

そう行った問題を避けるためにも、布団圧縮をする際は一度掃除機を丸っと綺麗に、掃除するなどの工夫が必要です。掃除機の埃の中には、ダニなどが大量に繁殖している場合もあり、バルブ式で吸引した際にダニなどが布団の中に移ってしまい、使う頃にはダニの巣になっている事も少なくありません。そう行った使い方の部分でもコツや注意が必要なので、しっかりと覚えておきましょう。

布団圧縮袋おすすめランキングをご紹介!

先の章では布団を圧縮する袋を選び方や、使い方などについてご紹介しました。次の章では具体的な布団圧縮に使える、袋の種類やメーカー・サイズなど詳しい部分をご紹介していきます。これから布団圧縮袋を購入しようと考えている方や、そろそろ買い替えの時期を迎えている方にもおすすめな布団圧縮袋をランキング形式でご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。それではご紹介していきます。

10位:ダニの増殖を抑える「レック 防ダニふとん圧縮袋 O-848」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング10位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング10位の商品は「レック 防ダニふとん圧縮袋 O-848」です。この「レック 防ダニふとん圧縮袋 O-848」は、「レック」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行90×幅120×厚さ1.5cm」となっています。自分の家の押入れなどの、収納場所のサイズを測って使用しましょう!値段は「669円」です。

二層のフィルム設計になっており、そのフィルムと袋の成分にダニの繁殖を防止し、除去する機能がついているのでダニが万が一入ってしまっても安心できる布団圧縮袋です。バルブ式なので、このような効果がついていると、安心して圧縮することができますね。バルブの部分も、色々な掃除機が使えるように万能型になっているので、安心して家の掃除機を使うことができる布団圧縮袋です。

9位:収納ケース同封でお得!「ワイズコーポレーション 圧縮Plus」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング9位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング9位の商品は「ワイズコーポレーション 圧縮Plus」です。この「ワイズコーポレーション 圧縮Plus」は、「ワイズコーポレーション」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行70×幅100×厚さ20cm」となっています。値段は「972円」です。

布団の種類を問わず、羽毛布団などにもしっかりと使用できるようになっています。逆流防止バルブがついているので、掃除機からの埃や汚れを入れないような構造を採用しているので、安心して使うことができます。逆流の心配があるサイクロン式掃除機・循環式掃除機なども、バルブ式に使うことができるので掃除機を選ばないタイプの、布団圧縮袋です。

8位:Agの抗菌効果が最強「東和産業 Ag抗菌ふとん圧縮パック」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング8位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング8位の商品は「東和産業 Ag抗菌ふとん圧縮パック」です。この「東和産業 Ag抗菌ふとん圧縮パック」は「東和産業」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行100×幅110cm」となっています。自分の家の押入れなどの、収納場所のサイズを測って使用しましょう!値段は「864円」です。

銀の抗菌剤が袋自体に、含まれているので雑菌の繁殖やカビなどの心配を無くしてくれる、おすすめな布団圧縮袋です。圧縮後のアレルギーや、肌荒れなどが怒ってしまう方にもおすすめな圧縮袋で、赤ちゃんやお年寄りなどにも安心して使用できる点から、多くの人に支持されている商品です。

7位:コスパも良く繰り返し使える「昭光プラスティック製品 逆止弁付布団圧縮袋」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング7位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング7位の商品は「昭光プラスティック製品 逆止弁付布団圧縮袋」です。この「昭光プラスティック製品 逆止弁付布団圧縮袋」は、「昭光プラスチック製品」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「サイズ:奥行90×幅110cm」となっています。値段は「1,008円」です。

日本製の圧縮袋なので、安心して使うことができます。ダブルチャック式になっているので、安定して空気を抜くことができます。ハイパーノズルがついているので、簡単に圧縮でき失敗も少ないタイプなので、セミダブルのサイズでも、しっかりと収納できる点もおすすめです。

6位:丸めて保管できる「オリエント いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング6位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング6位の商品は「オリエント いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」です。この「オリエント いたわり収納まるめる羽毛ふとん圧縮袋」は、「オリエント」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「幅100×直径30cm(収納時)」となっています。

自分の家の押入れなどの、収納場所のサイズを測って使用しましょう!値段は「598円」です。使用されている素材がしっかりとしているので、安定して布団の状態を悪化させることなく、保存することが可能です。丸めて収納ができるので、かさばることなくおすすめでしょう。

5位:色の変化で一目でわかる「レック Ba ふとん圧縮袋 O-852」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング5位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング5位の商品は「レック Ba ふとん圧縮袋 O-852」です。この「レック Ba ふとん圧縮袋 O-852」は、「レック」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行90×幅120×厚さ1.5cm」となっています。きちんと押し入れやクローゼットを測ってから購入しましょう。値段は「586円」です。

レック Ba ふとん圧縮袋 O-852はチャックを止めて密封した部分が、しっかりとわかるので閉め忘れて翌朝、圧縮袋が膨らんでいる!なんて事を防いでくれる布団圧縮袋として有名です。吸引口には逆流しないように、しっかりと設計されているので安心と言えます。

4位:可愛く保存できる「Yitrox 手動ポンプ付きふとん圧縮袋」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング4位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング4位の商品は「Yitrox 手動ポンプ付きふとん圧縮袋」です。この「Yitrox 手動ポンプ付きふとん圧縮袋」は、「Yitrox」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「(2枚)奥行80×幅100cm・(1枚)奥行60×幅80cm」となっています。値段は「998円」です。

耐オゾン性・耐熱老化性という優れた耐久性能を誇っています。手動のポンプがついているので、掃除機などを出さずに綺麗に収納することができます。さらに5層構造になっているので、長期間保存に向いていますので使わない布団などにおすすめです。

3位:吸引バルブとマチ式の組みわせ「石崎資材 布団圧縮袋LL」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング3位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング3位の商品は「石崎資材 布団圧縮袋LL」です。この「石崎資材 布団圧縮袋LL」は「石崎資材」から発売されています。布団の圧縮時のサイズは「奥行86×幅130×厚さ56cm」となっているそうです。

値段は「948円」となっています。布団圧縮袋LLはバルブの部分がとても薄く作られているので、布団を重ねて使用することが可能な布団圧縮袋です。主婦の方から大人気で、口コミでも好評の布団圧縮袋と言えます。

2位:ジッパーで楽々圧縮「東和産業 らくジッパー」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング2位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング2位の商品は「東和産業 らくジッパー」です。この「東和産業 らくジッパー」は、「東和産業」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行100×幅110」となっています。東和産業 らくジッパーの値段は「980円」です。

ダブルのチャック式になっているので、簡単に開くことがありません。しっかりと密封されていると、型崩れもしにくいので、柔らかい素材の布団におすすめな布団圧縮袋です。気になった方は、東和産業 らくジッパーを購入してみるといいでしょう。

1位:掃除機いらずで簡単圧縮「オリエント Q-PON!セット(ふとん用2P)」

正しい使い方とアイデアが重要!布団圧縮袋おすすめランキング1位

布団などに使用して「冬用」や「夏用」と言った布団の種類を、保管しておく布団圧縮袋のおすすランキング1位の商品は「オリエント Q-PON!セット(ふとん用2P)」です。この「オリエント Q-PON!セット(ふとん用2P)」は、「オリエント」から販売されている商品で、布団の圧縮時のサイズは「奥行92×幅120」となっています。値段は「3,024円」です。

掃除機を使うことで埃や菌が入ってしまう可能性が、気になっている方におすすめな圧縮袋です。付属の圧縮クリーナーがついているので、掃除機を使うことなく綺麗に空気を抜くことができます。

便利だけど布団圧縮袋の使い方には注意しよう!

さまざまな種類の圧縮袋が存在しています。その中で自分の家にある、布団の種類に応じてしっかりと布団圧縮袋を、選ぶ必要があります。カビやダニなどが気になる方は、専用の空気を抜くものがついているタイプを選ぶと、いいでしょう。あなたもこの機会に、ぜひお気にりいの布団圧縮袋を購入してみましょう。

布団に関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbしまむらの布団カバーセットがおすすめ!可愛い・コスパ抜群のデザイン集 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb布団のカビが生えた時は?自分でできる除去方法や予防対策のポイントまとめ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb布団を干す時間はどのくらい?フカフカになる効果的な干し方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-16 時点

新着一覧