ドライフルーツメーカーの口コミまとめ!おすすめ人気ランキングで徹底比較

ドライフルーツメーカーを購入したいと考えていても、なかなかどんな機械がいいか人から聞くことも少ないでしょう。手軽にドライフルーツが作れ、他の食材も乾燥させて日持ちさせることもできるので、ドライフルーツメーカーはとてもおすすめです。そんなドライフルーツメーカーの選び方や、使う際の注意点などの詳しくご紹介しつつ、商品の大きさ・機能・値段の面で徹底比較して、おすすめをランキング形式でご紹介します。

ドライフルーツメーカーの口コミまとめ!おすすめ人気ランキングで徹底比較

目次

  1. おすすめなドライフルーツメーカーが欲しい!
  2. ドライフルーツメーカーの選び方とは?
  3. 掃除はドライフルーツメーカーには重要!
  4. 人気機能と口コミを比較!ドライフルーツメーカーランキングを紹介!
  5. 10位:高さが変更できる「東京ユニコム 果物野菜乾燥器 からりんこ」
  6. 9位:たっぷり作れる!「マリン商事 ドライフルーツメーカー」
  7. 8位:中の状態を確認し易い「ロイヤル通販 ドライフルーツメーカー A977-S2」
  8. 7位:ワンちゃんのジャーキーも作れる「イーバランス ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM07A」
  9. 6位:食材が分厚くても安心「APIX ドライフードメーカー AFD-550」
  10. 5位:パワフル稼働「nesco Dehydrator FD-75PR」
  11. 4位:自宅でお店クォリティ「東明テック 家庭用食品乾燥機TOHMEI プチマレンギ TTM-435S」
  12. 3位:一台で三役!「ロハススタイルジャパン ドライフードエアー」
  13. 2位:おしゃれな海外メーカー「PRINCESS フードドライヤー」
  14. 1位:失敗しらず!「ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E」
  15. 使い方を正しくドライフルーツメーカーを使おう!

おすすめなドライフルーツメーカーが欲しい!

家で余ったフルーツや野菜などを、乾燥させてドライフルーツを作ることができたらいいなと、考えている方も最近では増えてきているようです。

フルーツを手軽に食べることができ、さらには保存ができるので、食べたい時にヨーグルトに入れても美味しく食べることができるドライフルーツですがその作る機械の選び方や、おすすめな商品をご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドライフルーツメーカーの選び方とは?

タイマー機能があると便利!

ドライフルーツを作る際に必要になる機能は、タイマー機能です。これは付いていないものも、多いですが付いているタイプのドライフルーツメーカーを購入することで、時間を気にせずにドライフルーツを作ることができるので、しっかりと活用することをお勧めします。知らず知らずの間に、乾燥させすぎてしまったり、ムラのある状態に仕上がってしまうと、美味しくないので機能美でも、ドライフルーツメーカーを選びましょう。

温度調節が細かくできるか確認しよう!

ドライフルーツメーカーを使用する際に、様々なフルーツを使ってドライフルーツを、作ることに挑戦することでしょう。そうなってくると、分厚いフルーツや薄いフルーツなど様々ななものがあります。そんな時に役立つものが「温度調節機能」です。これによって、しっかりとフルーツを種類に応じて乾燥させることができるので、とてもおすすめな機能です。購入する際は気にしてみるといいでしょう。

設置場所にも注意しよう!

ドライフルーツメーカーは基本的に、一度セットすると場所を動かすことができません。完成するまでの時間その場所を放置して置く必要があります。ですので、ドライフルーツメーカーの大きさや、置く場所などにはしっかりと気を使って、使用する必要があります。自分の家に置く際は、サイズ感をしっかりと確認して、置く場所を決めてから購入する種類を選ぶようにしましょう。

掃除はドライフルーツメーカーには重要!

ドライフルーツメーカーは基本的に乾燥させることによって、フルーツの賞味期限などの保存期間を延長してくれます。高温の熱風などを利用して、果物などを乾燥させるのでその分フィルターなどが、かなり汚れてきてしまいます。定期的なフィルターの掃除をしないと、本体温度の上昇につながってしまい、壊れやすくなりますのでしっかりとフィルターの清掃を行いましょう。

他にもドライフルーツメーカーは、生のフルーツを台の上に乗せて、熱風を効率よく循環させることによって、ドライフルーツを作ります。そのため台やドライフルーツメーカーの中が、清潔な状態でないと逆にまずいものを、作ってしまうことになります。乾燥させるということは、酸化させることと同じです。不純物が混じっていればそれだけ、味が劣化しますので一回使ったらしっかりと擦り洗いなどをしましょう。

人気機能と口コミを比較!ドライフルーツメーカーランキングを紹介!

ドライフルーツメーカーの選び方や注意する点などご紹介していきました。次ではその具体的なドライフルーツメーカーの選び方と、その商品の詳細を詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。あなたも自宅で簡単にドライフルーツを作ってみましょう!

10位:高さが変更できる「東京ユニコム 果物野菜乾燥器 からりんこ」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング10位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー10位の商品は「東京ユニコム 果物野菜乾燥器 からりんこ」です。この「東京ユニコム 果物野菜乾燥器 からりんこ」は、サイズが「W33×H14〜20cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約2.3kg」で、温度の微調整機能は「なし」となっており、タイマー機能は「なし」です。

消費電力に関しても、「250W」となっており本体価格は「10,800円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。ドライフルーツメーカーの中でも、割と内部の乾燥台部分に高さがあるので、厚く切ったフルーツでもしっかりと乾燥させることができます。機能は素晴らしいのですが、値段の面で不満という口コミが多い商品ですが、機能性はとても優れているのでおすすめしたいドライフルーツメーカーです。

9位:たっぷり作れる!「マリン商事 ドライフルーツメーカー」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング9位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー9位の商品は「マリン商事 ドライフルーツメーカー」です。この「マリン商事 ドライフルーツメーカー」は、サイズが「W32×D34×H26.5cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「2.8kg」で、温度の微調整機能は「35℃~70℃」となっており、タイマー機能は「なし」です。

消費電力に関しても、「245W」となっており本体価格は「4,801円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。本体の説明書には温度帯が細かく設定できるように、記載があるのですが本体には「弱」と「強」の2種類しか、表記がなく少し温度調節にコツがいると、口コミで話題になっています。トレーが五枚付いているので、たっぷり作れるという満足な声もあるので、一度購入してみるといいかもしれませんね。

8位:中の状態を確認し易い「ロイヤル通販 ドライフルーツメーカー A977-S2」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング8位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー8位の商品は「ロイヤル通販 ドライフルーツメーカー A977-S2」です。この「ロイヤル通販 ドライフルーツメーカー A977-S2」は、サイズが「約W30×D30×H30cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約2.6kg」で、温度の微調整機能は「35~70℃」となっており、タイマー機能は「なし」です。

消費電力に関しても、「250W」となっており本体価格は「4,980円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。セットするトレーの枚数を変更できるので、少量からでも作ることができます。またワンちゃんのビーフジャーキーや、乾燥キノコなども簡単に作ることができるので、味噌汁の具などの保存に重宝するタイプのドライフルーツメーカーでしょう。

7位:ワンちゃんのジャーキーも作れる「イーバランス ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM07A」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング7位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー7位の商品は「イーバランス ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM07A」です。この「イーバランス ROOMMATE フードドライヤーミニ EB-RM07A」は、サイズが「27.5×22.8cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約1.8kg」で、温度の微調整機能は「35〜70℃」となっており、タイマー機能は「なし」です。

消費電力に関しても、「250W」となっており本体価格は「4,368円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。本体の中身とてもみやすく、作っているドライフルーツの状態を常に観察して、作成することができるドライフルーツメーカーです。本体重量も軽めになっているので、女性の方でも持ち運びが簡単に行えるドライフルーツメーカーでしょう。

6位:食材が分厚くても安心「APIX ドライフードメーカー AFD-550」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング6位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー6位の商品は「APIX ドライフードメーカー AFD-550」です。この「APIX ドライフードメーカー AFD-550」は、サイズが「約W28×D28×H22~25cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約2.4kg」で、温度の微調整機能は「なし」となっており、タイマー機能は「10時間オフタイマー」です。

消費電力に関しても、「250W」となっており本体価格は「5,238円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。四角い形をしているので、キッチンの隅っこなどにも簡単に設置できる、おすすめなドライフルーツメーカーです。回転させることによって、トレーの高さを変更できるので取り外して、取り付けてという面倒な作業が入らないタイプで口コミでも人気なドライフルーツメーカーです。

5位:パワフル稼働「nesco Dehydrator FD-75PR」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング5位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー5位の商品は「nesco Dehydrator FD-75PR」です。この「nesco Dehydrator FD-75PR」は、サイズが「約W33×D33×H25cm」となっています。本体の重量は「約4kg」で、温度の微調整機能は「35〜71℃」となっており、タイマー機能は「なし」だそうです。

消費電力は「600W」となっており本体価格は「12,060円」です。アメリカ発祥のパワフルな、ドライフルーツメーカーです。ソースやピューレなどを乾燥させて、パウダーに変えることができるトレーなども付いており、様々なものを万能に乾燥させることができます。「パワーがすごい!」や「美味しく作れる!」などの口コミが多いドライフルーツメーカーと言えます。

4位:自宅でお店クォリティ「東明テック 家庭用食品乾燥機TOHMEI プチマレンギ TTM-435S」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング4位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー4位の商品は「東明テック 家庭用食品乾燥機TOHMEI プチマレンギ TTM-435S」です。この「東明テック 家庭用食品乾燥機TOHMEI プチマレンギ TTM-435S」は、サイズが「W43.5×D31×H31cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「5.7kg」で、温度の微調整機能は「35℃~70℃」となっており、タイマー機能は「1~99時間」です。

消費電力に関しても、「530W」となっており本体価格は「26,800円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。温度調節も簡単に行えるのに、しっかりとタイマーを設定できるので、安心して放置しておけるドライフルーツメーカーとして、口コミでかなり人気の商品です。さらに消費電力を抑えるエコモードも付いているので、主婦の方からも便利などと好評な口コミが多く寄せられている商品なのです。

3位:一台で三役!「ロハススタイルジャパン ドライフードエアー」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング3位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー3位の商品は「ロハススタイルジャパン ドライフードエアー」です。この「ロハススタイルジャパン ドライフードエアー」は、サイズが「D35.8×W48.7×H30cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。

本体の重量は「5.82kg」で、温度の微調整機能は「乾燥(送風機能も併用可能) 30℃~68℃、オーブン 100℃~230℃」となっており、タイマー機能は「24時間設定可」です。本体価格は「48,600円」となっています。

オーブンとしても機能しつつ、さらにはドライフルーツメーカーとして動き、電子レンジとしても使えるので、主婦の方で場所を取らずに使えるので、かなり便利で使いやすいなどという口コミもたくさん集まっています。

2位:おしゃれな海外メーカー「PRINCESS フードドライヤー」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング2位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー2位の商品は「PRINCESS フードドライヤー」です。この「PRINCESS フードドライヤー」は、サイズが「W33×D33×H20cm」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約3kg」で、温度の微調整機能は「40〜70℃まで10℃毎」となっており、タイマー機能は「4〜16時間まで2時間毎」です。

消費電力に関しても、「350W」となっており本体価格は「12,830円」と なっています。コンパクトに設計されているドライフルーツメーカーなのですがしっかりと乾燥させてくれる安定感と、そのスタイリッシュなデザイン性でキッチン周りのレイアウトにこだわっている女性から、人気を集めているドライフルーツメーカーです。

1位:失敗しらず!「ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E」

機能と口コミを比較!人気なドライフルーツメーカーおすすめランキング1位

口コミなどで話題な、人気ドライフルーツメーカー1位の商品は「ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E」です。この「ウミダスジャパン フードドライヤー FD880E」は、サイズが「W31×D32×H22~30cm (トレイ直径30cm)」となっていますので、置く場所には注意しましょう。本体の重量は「約2.0kg」で、温度の微調整機能は「38~68℃」となっており、タイマー機能は「12時間まで1時間」です。

消費電力に関しても、「400W」となっており本体価格は「16,800円」なので、気になる方は是非購入してみるといいでしょう。乾燥させるために必要な高さを、四つの支柱で支えることによって温風を効率よく循環させ、ドライフルーツを作ることができるドライフルーツメーカーなのです。動作音も静かで、軽く使いやすい点から口コミでもかなり人気を集め、話題になりメディアにも取り上げられたドライフルーツメーカーです。

使い方を正しくドライフルーツメーカーを使おう!

ドライフルーツメーカーを購入を悩んでいる方は、まずは自分自身の部屋に置くことができるかなどを、しっかりと考えてから購入しましょう。購入することは簡単ですが、場所がない場合使う気が起きなくなってしまいます。そうなると、購入したのに勿体無い事になります。そういった選ぶ際の基準を覚え、自分にあっているドライフルーツメーカーを購入しましょう!

ドライフルーツに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbドライフルーツの簡単な作り方!電子レンジとオーブンで比較してみた! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbドライフルーツダイエットの効果とは?正しい方法を調べてみた! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbドライフルーツのカロリーと栄養を調査!太る原因や美肌効果・効能とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧