フライパンで焼肉が美味しく!家でできる焼き方と3つのコツって?

家のフライパンで美味しい焼肉を作る焼き方のコツについてまとめました。家であったとしてもフライパンでの焼き方のコツを取り入れていけば美味しい焼肉に仕上げることができます。「家でも美味しい焼肉が食べたい!」と思った時は焼き方のコツをチェックして家で焼肉を堪能してみてはいかがですか。家のフライパンを使った焼き方のコツを取り入れて、美味しい焼肉を作っていきましょう。

フライパンで焼肉が美味しく!家でできる焼き方と3つのコツって?

目次

  1. 家のフライパンを使った美味しい焼肉の焼き方を知りたい
  2. 焼肉用の肉は常温に戻すのがフライパンを使った焼き方では大切
  3. 家のフライパンは十分に熱することも焼き方のコツになる
  4. 美味しい焼肉を作るコツとして牛脂を使うことが大切
  5. 3つの焼き方のコツを把握したら家のフライパンで焼肉を作ろう
  6. 家のフライパンに牛脂とニンニクを入れて加熱
  7. 焼肉をフライパンの上にのせて表面を焼く
  8. 余計な脂をとりながら弱火で中まで熱を通して焼肉の完成
  9. 焼肉のたれを手作りしてさらに美味しく仕上げよう
  10. フライパンで作った焼肉は美味しいアレンジもいろいろ
  11. さっぱり食べられる焼肉サラダを家で作ってみよう
  12. リッチな味を楽しめる肉巻き寿司もおすすめ
  13. ボリューム満点な焼肉丼も家で簡単に作れる
  14. 余った焼肉のたれは唐揚げに活用
  15. 家のフライパンで美味しい焼肉を作ろう

家のフライパンを使った美味しい焼肉の焼き方を知りたい

フライパンを活用して美味しい焼肉が作れる

家のフライパンを使えば、簡単に美味しい焼肉を作ることができます。「焼肉はやっぱりお店で食べたほうが美味しいのでは?」と思ってしまいがちですが、ちょっとしたコツを取り入れていけば家のフライパンでも十分に美味しい焼肉を作ることが可能です。家で美味しい焼肉を作ることができたら、贅沢な気持ちを満喫できるのではないでしょうか。

自宅で美味しい焼肉を作ればコストをしっかりと下げられるのも嬉しいポイント。お店で焼肉を食べると、どうしても費用がかさんでしまうことがありますが家で美味しい焼肉を作れれば外食をするよりも費用を節約できるので経済的にも良いのではないでしょうか。いろいろなタイプの焼肉を楽しみながら、家でリッチな食事を満喫してみてはいかがですか。

焼き方の3つのコツを取り入れて美味しい焼肉を堪能しよう

「フライパンを使った焼肉の作り方について知りたい!」「どんなコツを取り入れれば、家のフライパンで美味しい焼肉を作れる?」といった場合にぴったりなフライパンを使った焼肉の作り方についてまとめました。簡単にできるコツを活用するだけでフライパンを使った焼肉を気軽に作れるようになります。ぜひ美味しい焼肉をフライパンで作ってみましょう。

Thumb自宅で焼肉楽しく食べるコツ!煙対策と味をレベルアップさせるポイントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

焼肉用の肉は常温に戻すのがフライパンを使った焼き方では大切

1.焼きムラを作らないことがコツ

それでは、美味しい焼肉をフライパンで作るための3つのコツについてみていきましょう。まず1つめのコツは、フライパンで焼く前に肉を常温に戻すということです。肉を常温に戻すことは焼肉をする上で大切なポイント。冷蔵庫から出した直後の冷たい肉をフライパンで焼くと表面と内部の温度差が生まれ、焼きムラができてしまうことがあります。

焼きムラができると表面は焦げていても中は生焼けだったり、旨味が失われてしまったりといったことが起きてしまいます。フライパンで美味しい焼肉を作るためには、事前に焼肉用の肉を常温に戻しておきましょう。

常温に戻すことでフライパンでムラなく加熱する

フライパンで焼く前に常温に戻しておけば、表面と内部との温度差がなくなり効率的に熱を通すことができるようになります。フライパンで焼きムラを減らすことができれば表面はこんがり、中は旨味たっぷりの焼肉を作れるのではないでしょうか。フライパンで焼く30分前くらいには焼肉用の肉を冷蔵庫から取り出し、常温に戻しておくようにしてください。

家のフライパンは十分に熱することも焼き方のコツになる

2.一気に表面を焼き上げて旨味を閉じ込めるのが焼肉のコツ

2つめのコツとしてあげられるのが、フライパンを十分に熱するということです。美味しい焼肉を作るためにはフライパンを十分に熱して、表面を一気に焼き上げるのがポイント。フライパンが冷たいままだと肉の表面に熱が加わるのに時間がかかり、その間に旨味がフライパンに流出してしまうことがあります。そうならないためにフライパンは熱しておきましょう。

フライパンを事前に熱しておけば、肉の表面を一気に焼き固めることができます。表面を素早く焼き上げることで旨味の流出を防ぐのが焼肉を作るときのコツ。表面はこんがりとしていながらも内部にはしっかりと旨味が残っているのでフライパンで簡単に美味しい焼肉ができあがります。

テフロン加工ではなく鉄製やステンレス製のフライパンがおすすめ

焼肉を作るときにこだわっておきたいのがフライパンの種類。テフロン加工の施してあるフライパンを使うことが多いかもしれませんが、こういったタイプのフライパンを高温で熱するとテフロン加工が台無しになってしまうことがあります。そのため、使用しているフライパンがテフロン加工である場合には高温で熱するのはおすすめできません。

しっかりとフライパンを熱して美味しい焼肉を作るためにおすすめなのが鉄製やステンレス製などの金属製のフライパンです。こうしたフライパンはしっかりと熱しても安全に使うことができ、肉の表面を素早く焼き上げることができるので家でも美味しい焼肉を作りやすいのが嬉しいポイント。フライパンの種類も工夫して美味しい焼肉を作っていきましょう。

Thumb焼肉を家で楽しむ方法まとめ!美味しい焼き方や煙の匂い対策もご紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

美味しい焼肉を作るコツとして牛脂を使うことが大切

3.牛脂を使うコツで風味豊かで美味しい焼肉になる

続いて取り入れておきたい3つめのコツは、フライパンで焼くときに牛脂を使うということです。普通のサラダ油でも良いですが、ワンランク上の焼肉を作りたいときは牛脂を使うのがベスト。牛脂を使うことによって焼肉全体に旨味が加わり、風味豊かな味わいを楽しめるようになります。

牛脂自体にコクが感じられるため、安い肉でもリッチな味わいになるのが特徴です。自宅で簡単に美味しい焼肉をフライパンで作りたいときは、ぜひ牛脂も活用していきましょう。

スーパーなどで無料でもらえることもある

牛脂はスーパーや精肉店などで気軽に手に入れることができます。スーパーでは肉と一緒に牛脂がパッケージングされていることもあるので、ぜひ活用してみてはいかがですか。牛脂を使うのと使わないのとではフライパンで焼いたときの風味が全く異なるので、美味しい焼肉を作りたいときはぜひ試してみてください。牛脂は他の料理にも使えるので便利です。

3つの焼き方のコツを把握したら家のフライパンで焼肉を作ろう

それぞれのコツを取り入れていけば美味しい焼肉になる

「1.肉を常温に戻す」「2.フライパンを十分に熱する」「3.牛脂を使う」といった3つのコツをチェックすることができたら、具体的な焼肉の作り方についてもみていきましょう。これらの3つのコツさえ覚えておけば、フライパンを使って美味しい焼肉を作ることができるので焼肉を食べたいときは活用してみてください。

具体的な焼肉の焼き方をチェックしよう

それでは、フライパンで焼肉を作るときは具体的にどういった方法で焼いていけば良いのでしょうか?具体的な夜勤区の作り方についてチェックしていきましょう。とても簡単な調理工程でフライパンで焼肉を作ることができるので、家で焼肉の美味しさを満喫したいときにチャレンジしてみてください。

Thumbダイエット中でも焼肉が食べたい人へ!太らない食べ方やメニューで糖質制限 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

家のフライパンに牛脂とニンニクを入れて加熱

フライパンを熱したら牛脂を溶かす

それでは、フライパンを使った焼肉の作り方を具体的にみていきましょう。まずはフライパンを加熱していきます。フライパンが十分に温まったら、牛脂を入れましょう。牛脂が全体に行きわたるように、箸などを使って塗り広げていってください。全体にしっかりと牛脂を行き渡らせることによって、焼肉にもコクや風味を与えることができるようになります。

ニンニクを加えて香りを出す

焼肉に風味を出すためにおすすめなのがニンニクを入れる方法。スライスしたニンニクを入れることによって風味が加わり、より美味しい焼肉に仕上がります。牛脂が溶けたらスライスしたニンニクを加えて加熱していきましょう。ニンニクから香りが出てきたらOKです。この段階で常温に戻した焼肉用の肉をフライパンの近くに準備しておきましょう。

焼肉をフライパンの上にのせて表面を焼く

表面は一気に焼いて焦げ目をつける焼き方がおすすめ

焼肉用の肉は重ならないようにフライパンに並べるのがポイント。肉同士が重なっていると均一に熱を通すことができないので、重ならないように気をつけてください。まずは高温で表面を一気に焼き上げていきましょう。焦げ目がついたらひっくり返し、もう片面にも焼き色をつけていきます。これで焼肉の内部に旨味を閉じ込めるのがポイント。

ニンニクが焦げそうな時は肉の上にのせる

焼肉を焼いている途中にニンニクが焦げそうになることがあります。そういった場合は、焦げる前にニンニクを焼肉の上にのせましょう。ニンニクを直接のせることによって風味をしっかりとつけることもできるようになります。このように工夫をしながら美味しい焼肉に仕上がるように焼いていきましょう。

Thumb焼肉はダイエット中もOK!メニューの選び方や食べ方のポイントとは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

余計な脂をとりながら弱火で中まで熱を通して焼肉の完成

焼肉からでてきた余計な脂はフライパンから拭き取る

焼肉の表面を一気に焼き上げたら、フライパンを弱火にします。最後まで強火のままだと加熱しすぎて焼肉がパサパサとした状態になってしまうことがあるので気をつけましょう。弱火にすることで中までじっくりと熱を通し、焼肉の旨味や食感を残した状態で食べることができるようになります。

焼肉を焼いていると、肉から余計な脂が出てくることがよくあります。特に脂身の多い焼肉の場合は余計な脂が出てくる比率も高くなるのでヘルシーに焼肉を楽しみたいときはキッチンペーパーなどで脂を吸い取るのがおすすめ。余計な脂をとることで胃もたれのしない美味しい焼肉に仕上げることができます。フライパンの表面に浮いた脂を吸い取ってください。

弱火で中に熱が通ったら美味しい焼肉の完成

弱火に落としてじっくりと中まで熱を通したら、焼肉のできあがり。たれはお好みで使っていきましょう。市販の焼肉のたれをかけても良いですし、塩胡椒でシンプルにいただくのもおすすめです。焼肉そのものの美味しさを楽しみたいときは塩胡椒で食べても良いかもしれません。タンなどのさっぱり系の焼肉は塩胡椒で食べるのが人気を集めています。

焼肉のたれを手作りしてさらに美味しく仕上げよう

混ぜ合わせるだけで簡単

市販の焼肉のたれの他に、家で焼肉のたれを自家製する方法もあります。焼肉のたれは意外と簡単に作ることができるので、ぜひ焼肉のたれ作りにもチャレンジしてみてはいかがですか。フライパンで美味しい焼肉が作れたら、たれにもこだわってワンランク上の味わいに仕上げていきましょう。

焼肉のたれの作り方はとても簡単。砂糖大さじ3〜4、醤油100ml、豆板醤小さじ1/2、ごま油小さじ1/2、ゴマ大さじ1、生姜のすりおろし一欠片分、ニンニクのすりおろし一欠片分を全て混ぜ合わせるだけであっという間にできあがります。身近な材料を使って簡単に作れるので、焼肉のたれを切らしているときも安心。美味しい焼肉のたれを作っていきましょう。

味の調節はお好みで行おう

焼肉のたれを自分で作るメリットは味の調整ができるところです。甘めの焼肉のたれにしたいときは砂糖を増やし、辛めの焼肉のたれにしたい場合は豆板醤や鷹の爪を加えるなど工夫していきましょう。自分好みの焼肉のたれを作ってみてください。また、砂糖の代わりにすりおろしたりんごを入れても美味しいので、お好みで試してみてください。

Thumb焼肉のたれ人気レシピや簡単な作り方紹介!自家製焼肉たれを作ろう | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

フライパンで作った焼肉は美味しいアレンジもいろいろ

そのまま食べるだけでなくアレンジもたくさん

できあがった焼肉はご飯のお供としてそのまま食べるのはもちろんのこと、お好みに応じてアレンジすることも可能です。焼肉をアレンジすればいろいろな味を楽しむことができるようになるので、とても便利ではないでしょうか。

アレンジして美味しい焼肉を楽しもう

作った焼肉を食べきれないときもアレンジレシピはとても役に立ちます。次の日の焼肉を食べるのに同じ味だと飽きてしまうことがあるのではないでしょうか。ちょっとしたアレンジを加えるだけで焼肉の味が変わってくるので、最後まで美味しく焼肉を食べるためにも取り入れてみましょう。

さっぱり食べられる焼肉サラダを家で作ってみよう

野菜たっぷりで食べやすい

さっぱりと焼肉を食べたいときにぴったりなのが焼肉サラダ。レタスや玉ねぎ、ミニトマトといったお好みの野菜を準備して焼き上げた焼肉と組み合わせていきましょう。ドレッシングはお好みでOK。さっぱりとしたいときは和風ドレッシングにするのも良いですし、濃厚な味を楽しみたいときはシーザードレッシングを使うのもおすすめ。

トッピングはお好みで

トッピングはお好みで変えていきましょう。アボカドを入れると濃厚な味わいを楽しむことができます。紫玉ねぎやキュウリなどでさっぱりといただける焼肉サラダにするのもおすすめ。盛り付けにもこだわると、おしゃれで素敵な焼肉サラダに仕上げることができます。

リッチな味を楽しめる肉巻き寿司もおすすめ

酢飯を肉で巻いて

少し豪華なアレンジにしたいときは肉巻き寿司にしてみてはいかがですか。酢飯を焼肉と海苔で巻くことによって、見た目も豪華な肉巻き寿司になります。おこのみで中にナムルなどを入れると、食感豊かな肉巻き寿司にすることができます。

ホームパーティーなどにもぴったり

肉巻き寿司はホームパーティーなどで出すのにもぴったり。さらに豪華に仕上げたいときは、ウニやイクラといったトッピングを加えると見栄えがよくなります。ぜひ美味しい焼肉を使って作ってみましょう。

ボリューム満点な焼肉丼も家で簡単に作れる

甘辛い味付けがご飯とぴったり

簡単にできる焼肉のアレンジとしてぴったりなのが焼肉丼です。焼きあがった焼肉を焼肉のたれで味付けし、ご飯の上にのせれば完成。焼肉を焼くときに一緒に玉ねぎなどの野菜も一緒に炒めると食べ応えがアップし、栄養価もあげられます。気軽なランチなどに作ってみましょう。

お弁当にもおすすめ

焼肉丼は冷めても美味しいので、お弁当に入れるのもおすすめ。パプリカやピーマンといった具材を加えればカラフルな見た目になるので、きれいなお弁当になるのではないでしょうか。液漏れをふせぐために、焼肉のたれを使う場合はしっかりと水気を飛ばすようにしましょう。

余った焼肉のたれは唐揚げに活用

焼肉のたれは唐揚げの味付けにも最適

焼肉を作るときに焼肉のたれが余ってしまうこともよくあるのではないでしょうか。いろいろな方法で使える焼肉のたれですが、おすすめは唐揚げです。鳥もも肉に焼肉のたれを揉み込み、衣をつけて揚げれば美味しい唐揚げのできあがり。焼肉のたれの旨味が鳥もも肉の美味しさを引き立てます。

冷めても美味しい

焼肉のたれでしっかりと味がついているので、冷めても美味しくいただくことができます。お弁当のおかずとしても取り入れてみてはいかがですか。ジューシーな味わいはそのままに、美味しいお弁当タイムを楽しむことができます。

家のフライパンで美味しい焼肉を作ろう

家のフライパンを使って焼肉を作りたいときは、コツを取り入れていくことが大切。基本的な3つのコツを活用して、美味しい焼肉を自宅で作ってみてはいかがでしょうか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-11-14 時点

新着一覧