うなぎの焼き方!自宅のフライパン・グリルで美味しく焼くコツは?

自宅で可能なうなぎの焼き方についてまとめました。自宅のフライパンやグリルなどを使う場合、焼き時間や焼き方を工夫することで本格的なうなぎの味を楽しむことができるようになります。美味しいうなぎの焼き方を知っておけば費用をおさえられるのも嬉しいポイント。焼き時間と焼き方のコツをチェックして、自宅のフライパンかグリルを使いながらうなぎを焼いてみませんか?自宅で簡単にできるうなぎの焼き方を見ていきましょう。

うなぎの焼き方!自宅のフライパン・グリルで美味しく焼くコツは?

目次

  1. 自宅で簡単にできるうなぎの焼き方を知りたい!
  2. うなぎは自宅の電子レンジで温めるのはやめた方が良い?
  3. 美味しいうなぎの焼き方に必要な材料
  4. 焼き方の前に知っておきたいうなぎの下準備
  5. 自宅のグリルを使った絶品うなぎの焼き方
  6. フライパンを使った自宅で簡単にできるうなぎの焼き方は?
  7. 自宅のグリルやフライパンを使ったうなぎの焼き方の違いは?
  8. 美味しい焼き方で仕上げたうなぎを丼にしよう
  9. フライパンを使ってうなぎのたれも自宅で手作り
  10. できあがったうなぎのアレンジもバラエティ豊か
  11. お弁当にもぴったりなうなぎおにぎり
  12. 食べ応えのあるうなぎコロッケもおすすめ
  13. スナミナがつくうなぎチャンプルが人気
  14. さっぱり食べたい時はうざくにしてみよう
  15. 焼き時間や焼き方にこだわって美味しいうなぎを焼こう

自宅で簡単にできるうなぎの焼き方を知りたい!

フライパンやグリルを使って美味しいうなぎが焼ける

「美味しいうなぎを食べたい!」と思っても、お店で食べると高価になってしまうので自宅で美味しいうなぎを食べることができたらとても良いのではないでしょうか。自宅のフライパンやグリルだったとしても、焼き方を工夫すれば美味しいうなぎに仕上げることは可能です。焼き時間や基本の焼き方にこだわって、美味しいうなぎを味わいませんか?

フライパンを使うのとグリルを使うのとではうなぎの焼き上がりにも違いがあります。どういったうなぎに仕上げたいかによってぴったりの道具を使ってうなぎを焼いてみてはいかがですか。自宅で美味しいうなぎを焼くことができたら贅沢な気分を楽しむことができるのではないでしょうか。簡単にできるうなぎの焼き方でワンランク上の味を満喫しましょう。

焼き時間や焼き方を工夫して自宅で美味しいうなぎを堪能しよう

「フライパンやグリルを使ったうなぎの焼き方について知りたい!」「自宅でうなぎを焼く場合、焼き時間はどのくらいが良い?」といった場合に最適なうなぎの焼き方をまとめました。うなぎの焼き方にはちょっとしたポイントがあるので、それをしっかりとおさえておくことが大切。スーパーのうなぎも美味しく仕上げることができる焼き方を参考にしていきましょう。

うなぎは自宅の電子レンジで温めるのはやめた方が良い?

電子レンジだと固くなりやすい

スーパーなどでうなぎの蒲焼を購入した時に温める場合、電子レンジを使うことはありませんか?電子レンジを使ってもうなぎを温めることはできますが、電子レンジのデメリットはうなぎの水分が飛んで固くなりやすくなってしまうということです。長い時間電子レンジにかけるとうなぎが固くなり、本来の食感を楽しむことができない場合があるので注意が必要。

フライパンやグリルを使った焼き方で美味しく仕上げよう

せっかく購入したうなぎが固くなってしまってはもったいないのではないでしょうか。そういった失敗を防ぐためにもフライパンやグリルを使ったうなぎの焼き方がおすすめ。あらかじめうなぎの焼き方を知っておけばフライパンやグリルを使った焼き方は簡単に行うことができるので、美味しいうなぎを満喫したい時に取り入れてみてはいかがですか。

Thumbうなぎのカロリー・糖質は一匹あたりどのくらい?ダイエット中もOK? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

美味しいうなぎの焼き方に必要な材料

市販のうなぎやタレ

それでは、美味しいうなぎに仕上げるために必要な材料について見ていきましょう。スーパーなどで購入することができるうなぎの蒲焼の他に、蒲焼のタレを準備しておきましょう。うなぎの蒲焼にはたいていの場合、蒲焼のタレがついているのでそれを活用すれば簡単に美味しいうなぎに仕上げることができます。うなぎの蒲焼が出回る時期に購入してみましょう。

酒やアルミホイル

うなぎの蒲焼を準備できたら、他に酒やアルミホイルを準備しておきます。酒を使うことによって、うなぎのくさみを取り除きふんわりと美味しい状態に仕上げるのが焼き方のポイント。酒があるのとないのとでは仕上がりが変わってくるので、美味しいうなぎにしたい時はぜひ使っておきましょう。その他に風味づけのための山椒やご飯を準備してください。

焼き方の前に知っておきたいうなぎの下準備

お湯でうなぎを洗う

それでは、美味しいうなぎにするための下ごしらえをしていきます。まずはうなぎをお湯で軽く洗いましょう。バッターなどにお湯を注いだらその中にうなぎを入れて湯洗いしていきます。湯洗いをすることによってうなぎの余計な油分やくさみを取り除くのが美味しい焼き方のコツ。

また、タレが付いている場合は湯洗いしておくことでタレを落とします。こうすることで、うなぎを焼いた時にタレで焦げ付くのを防ぐことができるようになるので、簡単にきれいな状態でうなぎを焼くことができるのではないでしょうか。焼いた後に蒲焼のタレをかけるので、下ごしらえの時にうなぎについたタレを落としても問題はありません。

水気を拭き取って酒をふりかける

うなぎの湯洗いが終わったら、キッチンペーパーなどを使って水分を拭き取りましょう。水分を拭き取ることができたら、全体に小さじ2程度の酒をふりかけていきます。酒をうなぎ全体にふりかけることでうなぎの臭みをとり、ふっくらとした状態に仕上げていくことがうなぎの焼き方のポイント。酒を全体にふりかけることができたら、下準備の完了です。

Thumbうなぎの栄養ってどれくらい凄いの?疲労回復に効果があるって本当? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

自宅のグリルを使った絶品うなぎの焼き方

アルミホイルで包んで3分間ほどの時間をかけてグリルで蒸し焼き

下準備を行ったら、いいようなぎを焼いていきましょう。まずはグリルを使った焼き方です。グリルを使った焼き方は関東風のうなぎに仕上がるのが特徴。グリルで焼くためには、うなぎをアルミホイルで包みましょう。アルミホイルにうなぎがくっつくのを防ぐために事前にアルミホイルにはうっすらと油を塗っておくのがポイントになります。

うなぎをアルミホイルで包み終わったら、グリルの中に入れて焼きます。グリルは事前に予熱をしておくことで、ムラなく全体に熱を通すことができるので強火で予熱をしておきましょう。温まったグリルの中でアルミホイルで包んだうなぎを蒸し焼きにしていきます。焼き時間は3分ほど。このくらいの時間蒸し焼きにすることでふっくらと仕上げます。

アルミホイルを取って1分間グリルで加熱する焼き方で完成

3分が経過したら、アルミホイルの上部を取り除きましょう。うなぎの全体に蒲焼のタレを塗ります。全体に塗ることができたら、そのままグリルの中に入れてうなぎの表面を焼いてください。この時の焼き時間は1分ほどです。1分経過して、うなぎの表面がこんがりとしたら関東風のうなぎの蒲焼のできあがり。ちょっとした手間で美味しいうなぎに仕上がります。

フライパンを使った自宅で簡単にできるうなぎの焼き方は?

うなぎの身を下にしてフライパンで1分ほど焼く

グリルを使ったうなぎの焼き方をチェックできたら、続いてフライパンを使ったうなぎの焼き方について見ていきましょう。フライパンを使う場合は、関西風のうなぎに仕上げることがでいます。まずは、フライパンに大さじ3の油を入れて予熱にかけましょう。強火で1分ほど予熱をし、油をしっかりと温めるのが美味しいうなぎに仕上げるポイントです。

油が十分に温まったら、うなぎの身を下にして揚げ焼きにしていきます。焦げないように弱火〜中火に火加減をして調整していきましょう。油で揚げ焼きにすることでうなぎの表面をこうばしく仕上げるのがコツになります。1分ほど揚げ焼きをしたらOK。揚げ焼きをしている時は焦げやすくなるので、逐一様子を見ながら焦げないように気をつけてください。

皮目の部分を30秒ほど焼く

身の部分を揚げ焼きにしたらひっくり返して、30秒ほど皮目も揚げ焼きにします。うなぎの中にはもう熱が通っているので、皮目の部分はパリッと仕上げるために軽く加熱する程度で大丈夫。皮目もこんがりと焼くことができたら、フライパンからうなぎを取り出します。

バッターなどにキッチンペーパーをしいて余計な油分をうなぎから取り除きましょう。うなぎから油分をとったらお好みでタレをつけてうなぎの蒲焼のできあがりです。

自宅のグリルやフライパンを使ったうなぎの焼き方の違いは?

グリルを活用した焼き方はふんわりと仕上がる

それでは、グリルとフライパンで焼いた場合にそれぞれどういった味の違いがあるのでしょうか。グリルで焼いた場合は、関東風のうなぎの蒲焼に仕上がるのが特徴。関東風のうなぎはふんわりととろけるような食感なのがポイントです。ほろほろとした柔らかなうなぎの食感を楽しめるのが魅力。蒸し焼きにすることで、こういったうなぎの食感を引き出します。

フライパンを使った焼き方はパリッとこうばしくなる

フライパンを使った焼き方は関西風のうなぎに仕上がりますが、これはうなぎ全体がこうばしく表面がパリッとした食感になるのが特徴。表面はパリッとしていますが、中はふんわりとした食感となっているので2種類の食感を同時に楽しめるのが魅力です。揚げ焼きにすることで、こうした食感を作り出していくのがポイント。

関西風も関東風もそれぞれに良いところがあるので、お好みに合わせてぴったりの方法で焼いていきましょう。スーパーのうなぎの蒲焼もワンランク上の食感や風味に仕上げることができます。

美味しい焼き方で仕上げたうなぎを丼にしよう

ご飯にたれをかけてうなぎをのせる

できあがったうなぎの蒲焼はそのまま食べるのはもちろんのことご飯にのせて丼にするとボリュームアップして美味しくいただくことができます。焼きたてのうなぎを丼に仕上げていきましょう。

丼にご飯を盛りつけたら蒲焼のタレをご飯にふりかけます。蒲焼のタレは商品によって味が異なりますが、関西風のタレの場合は甘めの味が多いのが特徴。もし、タレの味が好みに合わない場合は手作りのタレを使うのも1つの方法です。蒲焼のタレをご飯にかけたらその上にうなぎをのせましょう。

粉山椒をふりかけて完成

うなぎを上にのせたら、粉山椒をお好みでふりかけてうなぎの蒲焼丼の完成です。粉山椒を加えることで、風味豊かなうなぎの蒲焼に仕上げることができるのがポイント。本格的な風味を楽しむことができるようになります。粉山椒はうなぎの蒲焼に一緒に入っていることも多いので、そういった場合はぜひ活用してみてはいかがですか。

フライパンを使ってうなぎのたれも自宅で手作り

いろいろ使える蒲焼のタレ

添付のうなぎの蒲焼を使うのも良いですが、より自分好みのうなぎの蒲焼に仕上げたい時は自家製のうなぎのタレを活用するのがおすすめ。自家製の蒲焼のタレにすることによって、美味しいうなぎの蒲焼を楽しむことができるようになります。本格的なうなぎの美味しさを楽しみたい時に作ってみてはいかがですか。

うなぎの蒲焼のタレは、うなぎに使うだけでなく焼き鳥や豚丼など、他の肉料理にも使うことができるので多めに作って常備しておくのもおすすめ。お好みで味の調整をしながらうなぎの蒲焼のタレを作っていきましょう。

フライパンで調味料を煮詰めて冷やす

うなぎの蒲焼のタレに必要となるのが、みりん3/4カップ、砂糖大さじ2と1/2、醤油3/4カップになります。基本的に台所に常備している調味料で作ることができるのでうなぎの蒲焼のタレの魅力。みりんをフライパンにれたら中火にかけてアルコールを飛ばしていきましょう。みりんが煮立ってから30秒ほど煮詰めたら大丈夫です。

みりんは強火で煮切るとガスなどに引火する可能性があるため、中火〜弱火で加熱するのがポイント。アルコールが飛んだら、醤油と砂糖を加えてさらに煮詰めていきましょう。5分ほど煮詰めて全体にとろみがついてきたらOKです。フライパンから他の容器に移し、粗熱を冷ましたら蒲焼のタレの完成。とても簡単なのでぜひ作ってみてください。

できあがったうなぎのアレンジもバラエティ豊か

いろいろな方法でアレンジできるうなぎ

うなぎの蒲焼は丼にする他にいろいろな方法で活用することができます。自分にぴったりのアレンジをすることができたら、さまざまなうなぎの味を楽しむことができるのではないでしょうか。

お好みの方法でうなぎを楽しもう

うなぎのアレンジ方法はバリエーション豊か。特売などでうなぎの蒲焼をたくさん購入した場合は、ぜひアレンジを加えて美味しくいただいてみてはいかがですか。

お弁当にもぴったりなうなぎおにぎり

ボリューム感のあるおにぎりに仕上がる

うなぎのアレンジでまずおすすめしたいのがおにぎり。細かく刻んだうなぎの蒲焼とタレをご飯に混ぜ込んだらおにぎりに仕上げていきましょう。しっかりと蒲焼のタレがしみこんだご飯は冷めても美味しく、お弁当に入れるのにぴったりです。

焼きおにぎりにしても美味しい

うなぎの蒲焼おにぎりは焼きおにぎりにするのもおすすめ。表面をこんがりと焼いたら簡単に美味しいうなぎの蒲焼の焼きおにぎりを作ることができます。

うなぎがなかったとしても、うなぎの蒲焼のタレだけを使って美味しいおにぎりを作ることも可能です。うなぎはなくても、似たような風味を楽しめるので節約したい時に取り入れてみてはいかがですか。

食べ応えのあるうなぎコロッケもおすすめ

うなぎの旨味たっぷりのコロッケ

変わったうなぎのアレンジであれば、コロッケもおすすめ。ジャガイモを潰したら刻んだうなぎと蒲焼のタレを加えて混ぜ合わせます。パン粉の衣をつけたら油でこんがりと揚げて完成。美味しいうなぎ風味のコロッケを楽しめます。

チーズを入れても美味しい

うなぎコロッケはチーズを入れるのもおすすめ。とろけるチーズを入れることでボリュームがアップし、さらに美味しくいただけます。

スナミナがつくうなぎチャンプルが人気

ゴーヤと組み合わせて栄養満点

スタミナをつけたい時におすすめなのがうなぎチャンプル。うなぎとゴーヤ、豆腐を炒め合わせてうなぎの蒲焼のタレで味付けをすればすぐに作ることができます。

お酒のおつまみにもぴったり

うなぎにもゴーヤにも豊富な栄養が含まれているので、元気をつけたい時にぴったり。甘辛い蒲焼のタレでお酒との相性もばっちりです。

さっぱり食べたい時はうざくにしてみよう

キュウリと組み合わせたうざく

さっぱりとした風味のうなぎ料理を食べたい時はうざくにしてみてはいかがですか。薄くスライスしたキュウリを塩もみし、うなぎを加えて酢や薄口醤油などで味付けをしたら完成です。

レモンなどを添えてもきれい

見た目にこだわりたいときは、スライスしたレモンや柚子などを飾ると良いかもしれません。爽やかな風味も加わります。

焼き時間や焼き方にこだわって美味しいうなぎを焼こう

自宅で美味しいうなぎを楽しみたい時は、焼き時間や焼き方にこだわるのが重要なポイント。基本的なポイントさえ覚えておけば、そこまで時間をかけずに美味しいうなぎに仕上げることができます。ふんわりほろほろとした食感を楽しめる関東風か、パリッとしたこうばしい風味が魅力の関西風かによって焼き方が異なるためお好みで選択していきましょう。

できあがったうなぎは、丼にして食べる他に余った場合はいろいろなアレンジをすることもできます。ぜひ美味しいうなぎを気軽に満喫してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-18 時点

新着一覧