美味しい豚汁の作り方を紹介!プロの味を簡単に再現できるコツとは?

今回ご紹介するのは、美味しい豚汁の作り方です。豚汁は、豚はもちろん、色々な野菜をたっぷり摂れるメニューになります。ボリュームがあり、ごはんとも良く合う豚汁をおいしく作るコツはどこにあるのでしょうか?そんな基本の美味しい豚汁の簡単でなおかつ、プロ級の作り方をご紹介していきます。基本的な豚汁の作り方だけでなく、さまざまな具を使ったアレンジレシピをお届けしていきます。

美味しい豚汁の作り方を紹介!プロの味を簡単に再現できるコツとは?

目次

  1. 心がポカポカ温まる簡単&美味しい豚汁が作れちゃう!?
  2. みんな大好き!大人気の豚汁とは?
  3. 美味しい豚汁の作り方の前に…コツをチェック!
  4. プロにも負けない!?簡単&美味しい豚汁の作り方【材料編】
  5. 早速簡単で美味しいプロ級の豚汁の作り方をご紹介!
  6. レンジで簡単!シリコンスチーマーで染み込む美味しい豚汁
  7. ダイエット中の方におすすめ!ヘルシー&美味しい豚汁
  8. 彩り豊かなホッとする美味しいつみれ豚汁
  9. ツルンととろろを乗せた新感覚の美味しい豚汁
  10. スーパーフードを豚汁に!?美容に嬉しい&美味しい豚汁
  11. 根菜たっぷり蓮根入りの美味しい豚汁
  12. 酒粕を入れて作ろう!一風変わった美味しい豚汁
  13. 具材大きめ!食べ応えありのゴロゴロ美味しい豚汁
  14. 大きな厚揚げが魅力!具だくさん尾美味しい豚汁
  15. コツを覚えてお家で美味しい豚汁を手作りしよう!

心がポカポカ温まる簡単&美味しい豚汁が作れちゃう!?

今回特集するのは、心がぽかぽかと温まる優しい味の美味しい豚汁の作り方です。豚汁の具材には、豚肉だけでなく、他の具材もたくさん入っています。そんな美味しい豚汁の簡単なのにプロみたいな味わいの作り方をご紹介していきます。さらに、そのコツやたっぷりの具材を使った美味しい豚汁の作り方もチェックしていきましょう。

みんな大好き!大人気の豚汁とは?

まずはプロのような美味しい豚汁の簡単な作り方の前に、豚汁がどんな料理かという部分からご紹介していきましょう。私たちが生活の中で、当たり前ように飲んでいる豚汁は、どんなメニューなのでしょうか?

豚汁は…【豚肉と野菜をたっぷり煮込んだ日本料理】

豚汁は、その名の通り、豚肉と野菜を味噌とだしで煮込んだ日本料理です。ボリューム満点で、味噌汁の種類の中の1つでありますが、豚汁がメインとなる定食メニューもあるほどです。味噌とだしが染み込んだ野菜と豚肉の相性が抜群の大人気のメニューになっています。

美味しい豚汁の魅力は?

豚汁の魅力は、お肉を始めとする他の具材をたっぷりバランス良く摂ることが出来ることです。野菜などをしっかりと煮込んでいるので消化が良くて胃にも優しいメニューです。さらに、温かいメニューなので、身体を中から温めてくれることから健康にもさまざまな効果をくれます。

Thumb豚汁は1杯何カロリー?ダイエット効果はあるの?口コミも紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

美味しい豚汁の作り方の前に…コツをチェック!

次は、プロも驚いてしまうくらいの美味しい豚汁を作るための簡単な作り方のコツをいくつかご紹介していきましょう。このコツを覚えておくといつもよりもさらに美味しい豚汁を作ることが出来ます。早速、美味しい豚汁を作る時のコツを3つご紹介します。

コツ①豚肉に下味をつけておこう!

美味しい豚汁を作るための1つめのコツは、豚肉の下味をつけておくことです。豚肉をそのまま入れるよりも、事前に味噌とお酒で味を染み込ませておくことで、豚肉の中までしっかりと味が浸透し、柔らかくなるのでごはんと合うおかずとしておすすめの豚汁になります。

コツ②時間をかけて具材を炒めよう!

美味しい豚汁を作るための2つめのコツは、時間をかけて具材を炒めることです。ごぼうや人参、大根などの具材を弱火でじっくり炒めることで、野菜の旨味がグッと引き出されて豚汁のうまみが増すそうです。さらに、炒めた具材に味噌を絡めておくと豚肉などとの具材との馴染みも良くなるのでおすすめです。

コツ③最後に味噌を加えよう!

美味しい豚汁を作るための3つめのコツは、具材も柔らかくなった一番最後に味噌を加えることです。味噌を早い段階で入れてしまうと風味が飛ぶので、仕上がる直前に入れてあげることが美味しい豚汁を作るコツです。

プロにも負けない!?簡単&美味しい豚汁の作り方【材料編】

ここからは、プロにも負けない簡単で美味しい豚汁の作り方を具体的にお届けしていきましょう。最初にお届けするのは、豚汁の基本的な作り方です。まずは、簡単に出来る美味しい豚汁を作るための材料からご紹介します。

おいしい豚汁の材料をご紹介!

材料は、2人分の量です。豚肩ロース80g、大根150g、人参100g、ごぼう40g、こんにゃく60g、長ネギ10cm、炒め油適量が豚汁の具材です。次に、豚肉に下味をつける材料として、味噌小さじ1とお酒小さじ1を用意し、野菜の味付けとして味噌大さじ1/2、お酒大さじ1を用意します。

さらに、だし汁3カップ、醤油小さじ1/2、酒大さじ1、みりん大さじ1、おろし生姜ひとかけ、仕上げの味噌大さじ1くらい、ごま油少々が材料です。

早速簡単で美味しいプロ級の豚汁の作り方をご紹介!

先ほどは、美味しい豚汁を作るための材料をお伝えしてきましたが、続いては、その材料を使って作る美味しい豚汁の作り方をご紹介していきます。

作り方①具材の準備をしよう!

鍋にたっぷりのお湯と塩を入れて、こんにゃくを手でちぎりながら入れて下茹でをしてからざるに上げて水で洗い、臭みを取ります。ボウルに豚肉と下味をつける時の味噌とお酒を入れて揉み込み、大根はいちょう切り、人参は半月切り、ごぼうはささがき、長ネギは薄切りにしておきます。

作り方②野菜を炒めよう!

熱した鍋に油を入れて大根、人参、ごぼうを弱めの中火で10分のど炒め、野菜に火が通ってしんなりしてきたら野菜の下味の味噌とお酒の材料を入れて絡めましょう。だし汁、醤油、酒、みりん、おろし生姜を加えて煮立たせ、下味をつけた豚肉を入れます。

作り方③アクを取りながら味噌で仕上げよう!

丁寧にアクを取りながら弱めの中火で10分ほど煮ましょう。長ネギを加えて煮汁の味をみて、味噌で仕上げたら、最後にごま油で風味付けをしたら完成です。

レンジで簡単!シリコンスチーマーで染み込む美味しい豚汁

ここからは、先ほどご紹介した美味しい基本の豚汁の作り方以外にも具材をアレンジしたり、作り方を変えたりしながら作る豚汁の作り方をご紹介していきましょう。まずは鍋でなく、レンジで作るプロもびっくりの豚肉の作り方です。

シリコンスチーマーで作ろう!キャベツ入り豚汁の作り方

材料は、2〜3人分の量です。キャベツ(ざく切り)120g、豚の薄切り肉(一口大)80g、人参(乱切り)30g、ごぼう(斜め薄切り)50g、里芋(5mm厚に切る)100g、生椎茸(切り込みを入れる)小4個、豆腐(さいの目切り)1丁、水600cc、合わせ味噌大さじ2〜3、水100cc、和風だしの素(顆粒)小さじ2を用意しましょう。

今回使用するのは、LLサイズのシリコンスチーマーです。合わせ味噌、水、和風だしの素は事前に混ぜておきましょう。シリコンスチーマーに豆腐以外の水、野菜、調味料を全て入れてフタをせずに600wの電子レンジで10分ほど加熱します。軽く混ぜてから豆腐を入れてフタをせずに再び電子レンジで10分くらい加熱しましょう。器に盛りつけて完成です。

ダイエット中の方におすすめ!ヘルシー&美味しい豚汁

次にお届けするのは、油を使わないヘルシーで美味しい豚汁の作り方です。ごぼうや大根などの根菜類と共に、じゃがいもを入れてさらにボリュームをアップさせてあります。じっくり煮込めばホクホクと柔らかい食べる豚汁が完成します。

油いらずのヘルシー&簡単豚汁の作り方

材料は、中くらいの片手鍋1つ分です。豚肉100g、油揚げ1枚、ごぼう1/3本、大根3cmくらい、人参1/3本、玉ねぎ1/2個、こんにゃく1/2枚、じゃがいも2〜3個、味噌適量を用意しましょう。具材を切って準備していきましょう。豚肉は細切り、油揚げは短冊切り、ごぼうはピーラーでささがき切りにしてから水にさらしてサッとアクを取ります。

大根と人参は、小さいめのいちょう切り、玉ねぎは薄切り、こんにゃくとじゃがいもはサイコロ切りにします。豚肉とじゃがいも以外の材料を鍋に入れて、具材に軽くかぶるくらいの水を入れ、火にかけます。沸騰したらじゃがいもを入れて中火の弱火にして25分間、柔らかくなるまで煮込みましょう。

煮込んでから5分ほど休ませて、別の小鍋に水を入れて沸騰させ、そこへ豚肉を投入して白くなるまでサッと湯がいてザルにあげます。休ませていた鍋に豚肉を入れて味噌を溶かし、再び火にかけて鍋の淵がフツフツして来たら完成です。

彩り豊かなホッとする美味しいつみれ豚汁

3つめにご紹介する美味しい豚汁の作り方は、豚のこま切れの代わりに豚肉で作ったつみれを使った優しい味わいの豚汁です。キャベツやインゲンなど春の野菜もふんだんに使ったホッとするアレンジになっています。

春の彩りつみれ入り豚汁の作り方

材料は、4人分の量です。豚挽き肉100g、木綿豆腐1/2丁、酒大さじ1、しょうがのすりおろし1かけ分、醤油大さじ1/2、片栗粉小さじ1、人参1/2本、インゲン豆6本、玉ねぎ1/2個、キャベツ3〜4枚、新じゃがいも2個、水3カップ、マルコメ液味噌料亭の味大さじ4を用意しましょう。

ボウルに豚ひき肉、木綿豆腐、酒、しょうがのすりおろし、醤油、片栗粉を入れてよく混ぜます。野菜は食べやすい大きさに切っておきましょう。鍋に水3カップ、人参、玉ねぎを入れて沸いてから5分ほど煮込み、肉種をスプーンで丸めながら投入します。さらに、インゲン豆、キャベツも加え、さらに5分ほど煮ましょう。最後にマルコメ液味噌を入れて完成です。

ツルンととろろを乗せた新感覚の美味しい豚汁

次は、豚汁の上にとろろを乗っけた新感覚の豚汁の作り方をお届けします。豚汁は、具材を変えることも出来ますし、アイテムを少し変えるだけでも、プロもびっくりするような新しい豚汁が生まれることがあります。

とろろ乗せ豚汁の作り方

材料は、3人分の量です。豚肉の細切れ200g、人参1/3個、大根小1/3、しめじ50g、もやし20g、だし入り味噌大さじ3、とろろ大さじ2、刻みネギひとつまみを用意しましょう。

鍋に適度に切った人参、大根、しめじ、もやしと野菜の少し上になるくらいの水を入れます。火にかけて、野菜に火が通ったら、味噌を入れて味を調節し、豚肉の細切れを入れを投入しましょう。完成したら器に盛りつけ、とろろと刻みネギをトッピングしたら完成です。

スーパーフードを豚汁に!?美容に嬉しい&美味しい豚汁

次は、スーパーフードであるキヌアを入れた美容にもおすすめの豚汁です。豚肉や野菜もたっぷり使ったボリューム満点の豚汁の作り方です。

豚汁にキヌア!?美容に嬉しい豚汁の作り方

材料は、2〜3人分の量です。豚バラ80g、大根1/6〜1/5本、人参小1本、じゃがいも大1個、えのき1袋、仕上げ用の万能ネギ適量、水600〜700cc、かつおだしの顆粒小さじ2、味噌大さじ3〜4、金のローストキヌア大さじ2〜3、オリーブ油小さじ2を用意しましょう。

大根、人参、じゃがいもを5mmくらいのいちょう切りにし、えのきは長さを半分に切り、豚バラは3cm幅にし、万能ネギは小口切りにします。鍋に油を入れて豚バラの色が完全に変わるまで炒め、野菜を加えてよく混ぜた後、フタをしてトロ火にして4〜5分ほど煮込みます。

水とキヌアを入れてアクを取ったら、顆粒だしとお好みで日本酒大さじ1を足して、10〜15分煮込んだら味噌を溶いて完成です。

根菜たっぷり蓮根入りの美味しい豚汁

次は、根菜をたっぷり使った食べ応え抜群の美味しい豚汁です。人参や大根ではなく、他の材料を使った豚汁になっています。蓮根の食感と味噌の優しいまろやかさが魅力です。

蓮根入りのシャキシャキ&ホクホク豚汁の作り方

材料は、2〜4人分の量です。豚こま肉200g、蓮根100g、えのき1/2株、人参1/3本、大根の葉50g、しらたき200g、だし汁(水とだしの素小さじ1でも大丈夫です。)4カップ、酒1/2カップ、味噌大さじ4を用意しましょう。

蓮根は縦に5mmくらいの厚さに切り、人参をピーラーで削ります。大根の葉とえのきは1cm幅に切ります。しらたきはアクを抜いて適度な長さに切りましょう。鍋にだし汁と酒を入れて、沸騰させ、蓮根、えのき、人参、大根の葉、しらたきを全て加えてアク抜きをします。

軽くフタをして、強めの中火で15分ほど煮詰めたら火を止めます。フタを外して中火にし、豚こま肉を広げながら加えて、アクが出て来たら取りましょう。フタをしてさらに5分間中火にかけます。フタを外して味噌を溶かしたら完成です。

酒粕を入れて作ろう!一風変わった美味しい豚汁

次は、酒粕を入れて作る豚汁のレシピです。風味が増した今までとは違った豚汁になっています。具材を変えたりしながらオリジナルの豚汁が出来そうですね。

酒粕をプラスした風味豊かな豚汁の作り方

材料は、4人分の量です。豚バラの塊200g、里芋6個、ごぼう1本、大根10cm、なめこ1パック、長ネギ2本、油揚げ1枚、酒粕60g、味噌大さじ3、みじん切り生姜大さじ1、塩適量、こしょう適量、酒適量、油適量を用意しましょう。

豚肉を一口サイズに切ってから塩こしょうと酒をまぶして下味をつけておきます。里芋と大根は5mmくらいの厚さの半月切りにし、ごぼうはささがき切りにして、長ネギは3cmほどの筒切り、油揚げは3cmの短冊切りにし、鍋に油を入れて生姜を炒めます。

香りが立って来たら豚肉を炒め、色が変わったら里芋、ごぼう、大根を入れて軽く塩こしょうをし、野菜の色が変わるまで炒めましょう。鍋に6カップを入れて、油揚げとなめこを入れます。野菜が煮えたら酒粕を煮汁で溶いてから加え、煮立つ前に味噌とネギを加えて完成です。

具材大きめ!食べ応えありのゴロゴロ美味しい豚汁

次は、具材を大きく残した「食べる豚汁」の作り方をご紹介します。豚汁は、メインではなく、サブのイメージですが、ここでご紹介する豚汁は、メインに持って来てもおすすめのレシピになっています。

ゴロゴロ具材の豚汁の作り方

材料は、4人分の量です。木綿豆腐1丁、豚バラ薄切り肉100g、人参1/2本、ごぼう1/2本、玉ねぎ中玉1個、里芋の水煮1袋、こんにゃく100g、ごま油お好みで、水700ml、味噌大さじ2、白だし70mlを用意しましょう。豆腐は水切りをし、その間に人参を半月切り、玉ねぎは5mm幅に切って、ごぼうを斜めの薄切りにしたら水にさらします。

里芋の水煮はさっと洗いましょう。豚肉を3cmほどに切ってほぐしておきます。こんにゃくは、食べやすい大きさに切り、お鍋にごま油を少し多めに敷いて、水切りをした木綿豆腐を手で大きめにちぎりながら入れて、水気がなくなったら豚肉を投入し、豆腐の表面がきつね色になるまで炒めましょう。

そこへ人参、玉ねぎを入れて軽く混ぜてからごぼう、水の順番で入れてフタをして15分ほど煮込みます。根菜類に竹串を刺して火が通っているか確認したら味噌と白だしを入れて一煮立ちさせます。味見をしてみて大丈夫であれば完成です。

大きな厚揚げが魅力!具だくさん尾美味しい豚汁

最後にご紹介するプロにも負けない豚汁の作り方は、大きな厚揚げを使った具だくさんの美味しい豚汁です。豆腐を入れた豚汁もいいですが、それを厚揚げにチェンジしてあげるとまろやかな豚汁に仕上がります。

厚揚げたっぷり絶品豚汁の作り方

材料は、4〜6人分の量です。豚バラ肉100g、厚揚げ1/3枚、人参1/2本、玉ねぎ1/4個、じゃがいも1個、ごぼう1/2本、干し椎茸2個、細ネギ1本、生姜大さじ1、オリーブオイル適量、七味お好み量、水800ml、和風だしの素小さじ2、酒大さじ2、砂糖大さじ1/2、みりん大さじ2、醤油大さじ2、合わせ味噌大さじ3、赤みそ小さじ1を用意しましょう。

鍋にオリーブオイルを敷いて豚肉をこんがりと焼きます。油抜きした厚揚げ、人参、ごぼう、じゃがいもを乱切りにして、玉ねぎは薄くスライスしてから豚肉を焼いている鍋にいれ、醤油を加えて一緒に炒めます。水で戻してスライスした干し椎茸を加えて炒めます。

次に水、和風だしの素、酒、砂糖、みりん、醤油を順に加えて、沸騰したら弱火にして10分ほど煮込んで、アクを取り、合わせ味噌と赤みそを溶かします。斜めに切った細ネギを投入し、盛りつけ、お好みで七味をかけて完成です。

コツを覚えてお家で美味しい豚汁を手作りしよう!

豚汁を作る時は、先ほどご紹介したコツを頭に入れながらアレンジをしていくとレシピの幅が大きく広がります。煮込めば煮込むほど、野菜や豚肉に味が染み込んで、さらに美味しい豚汁に変わります。今回ご紹介した豚汁の作り方以外にも色んな具材を使いながらオリジナルなのにプロ級の豚汁を楽しみましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-07 時点

新着一覧