エコードットとは何?話題のスピーカーの口コミや効果的な使い方を解説

最近はGooglehomeなど、AIが家庭内の作業を行ってくれるようなものが知られるようになってきました。それと同じようなものに、エコードットというスピーカーがあるようです。海外で有名なのですが日本ではあまり知られていないので、何のことなのか分からないという方もいらっしゃるでしょう。まだ知らない方のために、エコードットとはどういうものなのか?効果的な使い方、口コミなどについてまとめてみました。

エコードットとは何?話題のスピーカーの口コミや効果的な使い方を解説

目次

  1. エコードットとは何?話題のスピーカーを調査!
  2. 海外で話題のエコードットとはどういうもの?
  3. エコードットのオリジナルと派生商品について
  4. エコードットに搭載されている「アレクサ」とは?
  5. 何ができる?エコードットのアレクサの機能
  6. エコードットはIoTで生活を便利にしてくれる!
  7. 人工知能が成長する?凄すぎるエコードット!
  8. 話題のエコードットの使い方
  9. 気になるエコードットの口コミ評価は?
  10. まとめ:便利すぎるエコードット!

エコードットとは何?話題のスピーカーを調査!

最近はGooglehomeなど、生活の中でAIを活用することができるようなものが知られるようになってきました。機器に要件をしゃべりかけるとそれをネットワークを通じて使用者が何もしなくてもAIが実行してくれるなど、利便性の高さが話題になりました。

そんなGooglehomeと似たような機能を持つものに、エコードットというスピーカーがあることをご存知でしょうか。2017年に海外で発売が開始され爆発的な人気となったものらしいですが、日本でその名前を聞くことはあまりないためご存知ないという方も多いかもしれません。

それでは、そんなエコードットとはどんなものなのでしょうか。使い方や効果的な使用方法などもこの機会に知っておきたいですよね。実際に使用してみた人たちの口コミなども気になることでしょう。ということで、エコードットとはどんなものなのかや実際の使い方、効果的な使用方法や口コミなどについてまとめてみました。

海外で話題のエコードットとはどういうもの?

では早速、エコードットとはどういったものなのかということについてご紹介していきます。エコードットとはどういうものかを一言で言い表すと、「話しかければ人工知能がすべてを行ってくれる家庭デバイス」のことです。エコードットでは「アレクサ」という人工知能を利用することができます。

元々は「アマゾンエコー」というスピーカーがオリジナルの製品でしたが、それが派生したものが今回主にご紹介するエコードットになります。エコードットはオリジナルのアマゾンエコーと比べて小型化されていて、スピーカーとしての機能を最小限に抑えられたものなのだそうです。

エコードットのオリジナルと派生商品について

では、エコードットの元となったオリジナルの製品とその派生商品をご紹介しておきます。まずエコードットのオリジナルとなったのはご紹介した通り「アマゾンエコー」になります。価格は日本円で約2万1千円で、下の画像のように細長い筒状のスピーカーの形をしています。

そのアマゾンエコーから派生した製品がエコードットです。アマゾンエコーのサイズ縮小版といってもいいもので、アマゾンエコーに搭載されていたスピーカーとしての機能を小型化のために最小限に抑え、外部のスピーカーと接続をすることを可能にしたモデルになっています。価格は日本円で約1万円でしたが、6千円程度に値下がりしたそうです。

そしてもう1つの派生商品が「アマゾンタップ」というものです。こちらは形自体はアマゾンエコーと似ていますが、製品の名前通りタップをすることでオンとオフを切り替えることができるモデルなのだそうです。こちらは屋外に持ち出すことを想定されたもので、価格は日本円で約1万6千円ほどだそうです。

エコードットに搭載されている「アレクサ」とは?

アマゾンエコーやエコードットには「アレクサ」という人工知能が搭載されているということをご紹介しましたが、ではそのアレクサとはどういったものなのでしょうか。アレクサというのはアマゾンが所有している人工知能のことで、音声を認識して色々な操作を行ってくれるものです。

音声認識ユーザーインタフェースともいうそうで、iPhoneにも「Siri」という人工知能が搭載されていますがそれと似たようなものと考えてよいでしょう。そのSiriと大きく違っている点は、スマホの機能に限らず他のデバイスにも作用することができるというところです。

Siriがスマホの中の機能のみをコントロールすることができるのに対し、エコードットなどは生活空間に設置して効果を発揮することができるので、想定されている使用の方向性は大きく違っていますし、自由度に関しても違いは歴然です。

何ができる?エコードットのアレクサの機能

さて、ではそんなエコードットのアレクサにできることは具体的になんなのでしょうか。これに関しては文章を読むよりも、下の動画を見てみる方が理解が速いかもしれません。エコードットはオリジナルのアマゾンエコーよりも動画内の様々なシーンで使用されているので、分かりやすいでしょう。

アレクサは使用者の色々な質問にSiriのように応答してくれたり、音楽の再生やインターネットのストリーミングサービスを使用したり、ニュースなどの文章を読み上げてくれたり、天気予報の情報など話しかけるだけで色々な情報を音声でこちらに教えてくれるのです。

例えば、エコードットに「アレクサ、エアコンの電源を切って」と話しかければエアコンの電源はオフになり「部屋の電気を消して」といえば部屋の電気が指示通り消えてくれます。更に「今日の天気は?」と聞けば、今日の天気がどんなものかを教えてくれるというわけです。

Thumbスマートスピーカーにできること一覧!各メーカーの機能・特徴を徹底比較 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

エコードットはIoTで生活を便利にしてくれる!

エコードットを今までの製品と組み合わせて使用することで、自宅を簡単にIoTにすることが可能なのです。IoTというのは「Internet Of Things」の略称で、今まではパソコンや周辺機器だけだったネットワークに他の製品を接続することでより大きなネットワークを形成するということです。

近年はテレビやカメラ、オーディオプレイヤーなどはインターネットへの接続が簡単にできるようになりました。ご紹介したようにエアコンの電源を入れたり切ったりといったものもIoTの1つです。最近はそれ以上の様々な物事ができるようになっているようです。

例えば、部屋の中の温度や湿度、気圧といった環境の状況を知ることができるようになったり、センサーで動きを感知したりドアが開けっ放しだったり電気が付けたままということをエコードットが教えてくれるようにもなる可能性があるそうです。

人工知能が成長する?凄すぎるエコードット!

エコードットやアマゾンエコーに搭載されたアレクサがすごいのは、そういった操作をデバイスに音声でやり取りするだけでできるということなんです。自分は少しも動かなくても機会がすべてをやってくれるのですから、これほど便利なことはないですね。すごいのはこれだけではなく、アクセラが成長するということなんです。

アレクサはご紹介したように人工知能です。なので、人間と同じく経験を得るにつれてどんどん成長していくのです。エコードットでアレクサと会話をすればするほど自分のことを覚えてくれ、声の特徴を把握し初期よりもより迅速に対応してくれるなどといったこともあり得るのだそうです。

話題のエコードットの使い方

ではここで、そんなエコードットは実際にどういった使い方をすればいの課などについてご紹介していきます。まずは設定の方法からで、スマホに専用アプリを入れておき、エコードットにWi-Fiを経由して直接スマホと接続させます。

接続ができたら最初に基本的な通信の環境などを設定していき、その後自宅のWi-Fiに接続を切り替えてから、自分のアマゾンのアカウントを入力していきます。そこまでいけば最初の設定は完了です。エコードットを効果的に使うには、先ほどの専用アプリから使いたい拡張機能をインストールしていきます。

これはスマホにおけるアプリ的なものになりますね。音楽サービスやラジオニュースなどがありますので、自分が使いたいものを入れていきます。ニュースを例にしても様々なスキルがありますので、ニュース関連のスキルを複数入れている場合どのニュースから先に読むのかという優先順位もアプリで決めておくと効果的です。

気になるエコードットの口コミ評価は?

エコードットがどんなものかや基本的な使い方などについてご紹介しました。ではそんなエコードットを実際に使用してみた方たちの口コミ評価はどんな感じなのでしょうか。まず日本語の読み上げですが、機械語のように不自然にはならずまともに聞けるようです。

ただし英語が混ざると少々変なことになるようで、例えばスマートフォンを「スマーーートフォン」というなど違和感が生じるという口コミもあるようでした。まだエコードットは世に出回ったばかりですが、この辺りは改善されていくのでしょう。

まとめ:便利すぎるエコードット!

アマゾンのエコードットがどういったものなのかや具体的な使い方と効果的な使用方法、ネット上の口コミなどをご紹介しました。冒頭でもご紹介したように音声でデバイスが操作できるものにはGooglehomeもあります。この2つが競争を繰り広げていくことでしょうね。

またエコードットはスマホでいうアプリのような拡張機能のスキルを入れていくことで使う幅が増えるということもご紹介しました。自分だけのカスタマイズを加えていけば生活がどんどん自動化されて便利になっていくことでしょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2021-05-15 時点

新着一覧