マウスウォッシュに口臭予防効果はある?正しい使い方と危険性を解説

日常的に歯磨きやマウスウォッシュを使用している人は多くいますが、マウスウォッシュについてきちんと知っている方は意外に少ないです。マウスウォッシュの効果や正しい使い方となると、曖昧であったり自己流で使っていると、実は多くの危険があると言われています。今日はマウスウォッシュの効果や正しい使い方を紹介します。マウスウォッシュの正しい使い方など是非参考にしてみて下さい!

マウスウォッシュに口臭予防効果はある?正しい使い方と危険性を解説

目次

  1. マウスウォッシュには色々な効果があるのは本当?正しい使い方や危険は?
  2. 今やマナーの常識!マウスウォッシュとは
  3. マウスウォッシュの代表的な種類は2種類!
  4. 口臭予防以外にも多くの効果がある!マウスウォッシュの効果一覧
  5. マウスウォッシュ最大の効果!口臭予防や対策に
  6. 殺菌作用があるので口腔環境を整える事ができる
  7. 歯周病への効果に特化しているマウスウォッシュは止血や抗炎症効果も
  8. 磨き残した場所もしっかりとメンテナンスする効果がある
  9. マウスウォッシュの意外な効果!歯を綺麗にコーティングする
  10. マウスウォッシュが危険という噂は本当?その理由とは
  11. 酸度が高いので長期間使うと歯の健康に関わる
  12. 多く添加物が使用されているので健康への安全が懸念されている
  13. 殺菌作用が強すぎて常在菌もなくしてしまうことも
  14. 唾液の分泌を少なくするので口臭の原因になってしまう
  15. マウスウォッシュはあくまで予防!プラークをなくすことは不可能
  16. マウスウォッシュの効果的に使うための正しい使い方
  17. 効果的にマウスウォッシュを使う際の注意点
  18. 子供にはマウスウォッシュの過度の使用は禁物!
  19. マウスウォッシュ後に飲食すると効果は低い
  20. マウスウォッシュの回数は1日2回~3回までに抑える
  21. 正しい使用方法でマウスウォッシュの効果を感じよう!

マウスウォッシュには色々な効果があるのは本当?正しい使い方や危険は?

口臭と言えば、誰しもが気にしているマナーの1つですよね。食べ物や生活習慣などで、口臭はきつくなってしまいますのでマウスウォッシュがなくてはならないという人も多いですよね。マウスウォッシュは手軽にいつでも口内を洗浄することが出来ますし、歯周病の予防になったり、歯を白くする効果があるものも販売されていますので、人気が高くなっています。

仕事をしている人や、友人と合う機会が多い人などにとって、簡単に口臭を消す事が出来たり、マナーを守る事が出来ますのでとても便利なアイテムになりますが、その一方でマウスウォッシュによる健康への危険性なども取り上げられたりと、使う人からすると色々な情報があり迷ってしまいますよね。

マウスウォッシュの効果から、正しい使い方まで詳しく紹介します。また、意外と知られていないマウスウォッシュによる危険性もしっかりと解説しますので、是非参考にしてみて下さい。毎日使うマウスウォッシュだからこそ、きちんと知識を持っておくことが大切です。

今やマナーの常識!マウスウォッシュとは

そもそもマウスウォッシュとはどのようなものをさすのでしょうか?マウスウォッシュとは、口の中をすすいで清潔に保つことができる液体のことをさします。マウスウォッシュといっても、色々な効果に特化したアイテムがありますので、今は自分が求めている効果のマウスウォッシュを選ぶことができます。

マウスウォッシュは良く口臭対策として、口に含み数十秒すすぐだけで簡単に効果を得る事が出来ますので、女性だけでなく今は男性も良く使用されているのを目にしますよね。しかし、実はマウスウォッシュには液体歯磨きといわれるものと洗口液と言われるものがあるのをご存知ですか?

マウスウォッシュの代表的な種類は2種類!

手軽に口の中を清潔に保つ事ができるマウスウォッシュですが、代表的な種類は2種類あります。洗口液といわれるマウスウォッシュは、デンタルウォッシュやマウスウォッシュと言われるもので、口の中をゆすぐことで口の中の不快感をなくしたり口内を清潔に保つ効果があります。

洗口液とは別に、歯磨きと同じ目的で使用される液体歯磨きがあります。液体歯磨きになると、歯磨きをする前に歯磨き粉の代わりとして用いることが多く、名前もデンタルリンスと表記されているものが多くなります。こちらは歯磨き粉の代わりになりますので、プラークがつかないように予防としての効果が多くなります。

また細かく分けていくと、マウスウォッシュには美容目的のマウスウォッシュと歯周病などの予防として使われるマウスウォッシュがあります。その際には、美容目的のマウスウォッシュは化粧品、病気の予防目的のマウスウォッシュは医薬部外品として販売されています。

それぞれ、大きな効果の目的の違いがありますので、しっかりと自分の欲しい効果を判断することが大切です。マウスウォッシュの種類を把握しておくと、たくさんあるマウスウォッシュから選ぶのも簡単になりますよ。

口臭予防以外にも多くの効果がある!マウスウォッシュの効果一覧

マウスウォッシュの効果として代表的な効果が口臭予防です。しかし、それ以外のマウスウォッシュの効果はあまり知らないですよね。ではマウスウォッシュの効果とはどのようなものがあるのでしょうか?

マウスウォッシュ最大の効果!口臭予防や対策に

マウスウォッシュといえば、この効果を目的に購入したり使用している人が多いです。口臭予防としてマウスウォッシュは効果的に働いてくれます。マウスウォッシュは口の中の雑菌を殺菌する働きがありますので、口臭を消してくれます。特に臭いのきつい食べ物を食べた時などには効果があります。

また、多くのマウスウォッシュはミントなどの爽快感が強い香りが付いているものも多いので、口の中の不快感にも効果があります。口臭の予防や対策にマウスウォッシュはとても効果があり、携帯しておくと便利です。

殺菌作用があるので口腔環境を整える事ができる

口の中は実はとても雑菌が多くある場所です。虫歯や歯周病や口臭は口の中の雑菌が繁殖しすぎた場合に発生することが多いので、口の中の環境をしっかりと整えておくことが大切です。先程紹介したように、マウスウォッシュには殺菌作用が強くありますので、口腔環境を整えることができます。

歯石などの原因になるプラークの元の細菌も綺麗に殺菌することができますので、特に発生しやすい夜間にしっかりとマウスウォッシュをしておくのがおすすめです。夜間にマウスウォッシュをして殺菌しておくと、翌朝の口臭対策にも繋がりますよ。

歯周病への効果に特化しているマウスウォッシュは止血や抗炎症効果も

マウスウォッシュの中でも、歯周病への効果が高いマウスウォッシュの場合には、止血効果や炎症を抑える効果に特化しているマウスウォッシュがあります。歯周病は主に歯茎が痩せてしまったり、炎症を起こして腫れてしまう症状が見られ、出血も多く見られます。

軽度の歯周病の場合には、マウスウォッシュでしっかりと止血したり炎症を抑えることで、歯周病の改善に繋げる事が出来ますし、症状を緩和させることが出来ます。もちろん、歯周病自体は病院に行かなければ治りませんが、止血などの症状を抑えることができるマウスウォッシュがありますので、効果的に使う必要があります。

磨き残した場所もしっかりとメンテナンスする効果がある

一般的な歯磨きは、自分でしっかりと磨いていると思っていても、歯の隙間は磨き残しがとても多くなります。もちろん磨き残しがあると虫歯の原因になりますので、出来る限り磨き残しがないことがベストです。歯ブラシで届かない場所や舌の上なども、マウスウォッシュがあればしっかりと殺菌しコーティングしてくれます。

普通の歯磨き粉では磨き残しがあり、歯に成分を届ける事が出来なかった場合でもマウスウォッシュで最後にすすいでおくと、歯の隅々までしっかりと殺菌効果などを届ける事が出来ます。

マウスウォッシュの意外な効果!歯を綺麗にコーティングする

歯の悩みで以外に多いのが着色による黄ばみや黒ずみです。会話をしている時に絶対見えてしまう歯が白くあることは憧れになりますが、コーヒーやタバコによる歯の着色はどうにかして阻止しておきたいですね

。一般的に歯を綺麗にする方法としては、歯磨き粉で歯を磨くことが挙げられますが、最後に口を数回すすいでしまう一般的な歯磨きは歯をコーティングする成分の多くが流れてしまいます。

しかし、マウスウォッシュのように使用した後に水ですすぐ必要がないものだと、しっかりと歯を綺麗にする成分が残りますので、歯をコーティングしてくれます。マウスウォッシュの場合、コーヒーなどによるステインなどの着色がつきにくくなる効果の他にも、歯磨きで落としやすくするために汚れを浮かすなど多くの効果があります。

マウスウォッシュが危険という噂は本当?その理由とは

口中の予防などたくさんの効果があるマウスウォッシュですが、今マウスウォッシュは危険性が高いのではと話題になっています。歯磨きをした後や食後のマナーとして定着しているマウスウォッシュですが、一体何が危険になるのでしょうか?

酸度が高いので長期間使うと歯の健康に関わる

マウスウォッシュの効果として口臭などの効果が高い商品が多いですが、そのマウスウォッシュの多くが酸度が高い製品が多くなります。酸度が高いという事は、長い期間に渡って使うことで歯の表面を溶かしてしまい綺麗なコーティングがとれてしまったり、ざらつきが現れる危険があります。

特に酸度が高いマウスウォッシュになると歯茎にもかなりの刺激になりますので、適度な回数を守っていれば良いですが、正しい使い方をしなければ、歯茎も痛めてしまいます。口の中の環境を整えるためのマウスウォッシュが、返って口腔環境のバランスを壊してしまうリスクがあります。

多く添加物が使用されているので健康への安全が懸念されている

マウスウォッシュを使用する前に、後ろの成分表をチェックしたことがありますか?マウスウォッシュには実はたくさんの添加物が使用されており、中にはあまり聞き慣れない成分もあります。もちろんく正式に薬局などで販売されているマウスウォッシュは、国の安全性の基準をクリアしているものになりますので、過度に心配は必要ありませんが、注意をしておく必要はあります。

マウスウォッシュの多くに含まれているラウリル硫酸ナトリウムは刺激が強い成分の代表で、アニオン界面活性剤の1つで、高い洗浄効果があります。マウスウォッシュにとってベストな働きがあるラウリル硫酸ナトリウムですが、比較的リーズナブルな値段で作ることが出来ることも、マウスウォッシュの多くに使われている理由になります。

ラウリル硫酸ナトリウムは、経皮毒として有名な成分で肌に浸透してしまいアレルギーや肌荒れの原因になりやすく、中には体の中に蓄積してしまうと考えられています。また歯磨きの後に使うことで、歯や歯茎についた小さな傷から成分が入ってしまうことも懸念されています。

ラウリル硫酸ナトリウム以外でも、トリクロサンやサッカリンナトリウム、パラベンといった添加物は、発がん性の危険や体の中に障害を残してしまう危険も考えられています。もちろん添加物は出来る限り少ないものがベストですが、今の時代完全に取り除くことはかなり難しくなります。

しかし、摂りすぎたりしないように注意することや、どのような添加物が含まれていてどのような危険があるのかをしっかりと知っておくことは大切です。マウスウォッシュも、添加物自体は含まれていても体に浸透すると考えれるのはごく少量ですので安全面に問題はないと言われています。しっかりと知識を持っておくことが必要です。

殺菌作用が強すぎて常在菌もなくしてしまうことも

マウスウォッシュの効果として口臭や歯周病などの予防などに殺菌作用はとても効果的です。しかし、この殺菌作用が強すぎて逆に口腔環境のバランスを壊してしまう危険も考えられます。口の中には確かにたくさんの、雑菌が繁殖しています。もちろん、虫歯やプラークの原因になる細菌もありますが、雑菌以外にも病原菌に効果的な常在菌も存在します。

その常在菌は殺す必要はなく、常に存在していることで私達の健康が維持されている大切な菌です。しかし、マウスウォッシュを使用していると、全ての雑菌を殺してしまいますので、常在菌も殺してしまい病原菌などに対抗する菌がなくなってしまいます。

人には常在菌によって防衛機能をしっかりとはたしているので、このバランスが崩れてしまうと、本来かかることがないはずの病気にかかってしまったり、歯茎の炎症を悪化させてしまうことも考えられますので、殺菌作用が強いマウスウォッシュは使い方に細心の注意が必要です。

唾液の分泌を少なくするので口臭の原因になってしまう

口臭対策や予防によく使用されるマウスウォッシュですが、実は口臭の原因になってしまう危険があることをご存知ですか?マウスウォッシュの中にはアルコールが含まれているものと、ノンアルコールの含まれていないマウスウォッシュがあります。

その内のアルコールが含まれているマウスウォッシュを長期的に使用していると、口の中の唾液の分泌を減少させてしまう働きがあり、それが原因で口臭を発生させてしまうことがあります。唾液は口の中の不要な雑菌の繁殖を押さえたり、口臭を予防してくれる働きがあるのですが、その唾液が分泌されないとなると、口臭がひどくなってしまいます。

アルコールが含まれているマウスウォッシュは、唾液の分泌を抑えてしまいますので口臭がひどくなり、また口臭予防にマウスウォッシュを使ってしまう悪循環に陥ってしまうリスクがあります。ですので、口臭があまりよくならない場合にはノンアルコールのマウスウォッシュを使用するか、一度マウスウォッシュの使用を中止してみるようにしましょう。

マウスウォッシュはあくまで予防!プラークをなくすことは不可能

マウスウォッシュには歯周病の予防や止血、炎症を抑える効果が含まれたマウスウォッシュがありますが、プラークを治したり、虫歯や歯周病の治療に効果はありません。あくまでも予防や一時的な炎症を抑えるだけで、治す効果は全くありませんので、マウスウォッシュをしているから大丈夫というわけではありません。

マウスウォッシュにはフッ素が含まれていない商品が多いので、虫歯への効果も期待できないので、一度なってしまった歯周病や虫歯は必ず歯医者に行って治療してもらうようにしましょうね。マウスウォッシュはあくまでも予防のためのものになりますので、治療をすることは出来ません。

マウスウォッシュの効果的に使うための正しい使い方

たくさんの効果がある反面、実は危険も多く潜んでいるマウスウォッシュ。そんなマウスウォッシュを効果的に使うためには、正しい使い方をしっかりとしっておく必要があります。マウスウォッシュの正しい使い方は意外と知らない人が多いので、今一度マウスウォッシュの使い方を復習しておきましょう!

効果を得るために必ず虫歯や歯周病は治療しておこう

マウスウォッシュの正しい使い方の前に、効果をきちんと得るためには、先に歯周病や虫歯は治しておくのがおすすめ。マウスウォッシュは殺菌作用がありますが、虫歯や歯周病があると雑菌はどんどん繁殖してしまいます。ですので、まずは歯医者でしっかりと治療いておきましょう。

また、歯石も取り除ける範囲であれば最初に取り除いておくのがベストです。歯石にも多くの細菌が含まれていますので、歯石がある限りどんどん雑菌は繁殖してしまいます。ですので、マウスウォッシュなどをする前に、歯石も取り除きましょう。また歯石も歯医者でしっかりと取り除いてくれますので、一度綺麗にしてもらうのもおすすめですよ。

マウスウォッシュの効果を感じるには歯磨きや丁寧に

マウスウォッシュをする時には、歯磨きを丁寧にしておきましょう。歯磨きの前にマウスウォッシュをする人がいますが、これでは全くマウスウォッシュの効果を得る事が出来ません。マウスウォッシュは殺菌作用などが含まれているので、口の中をしっかりと清潔にしておくことが必須です。

また、意外に忘れがちなのが、舌の上の舌苔と呼ばれる苔のようなものもしっかりと綺麗にしておくことが大切です。舌苔にも多くの雑菌が含まれていますので、専用のブラシなどでとっておくとマウスウォッシュの効果がさらに強くなります。くれぐれも、歯ブラシでこするのはやめましょう。舌が傷ついてしまいますので、専用のブラシを使うようにしましょうね。

マウスウォッシュの正しい使い方としては、歯磨きをきちんとした後に規定量のマウスウォッシュを口に含みます。左右10秒ずつすすぎ全体もすすぎます。その後は、マウスウォッシュを口から出して終わりにします。水ですすぐ必要はありませんので、マウスウォッシュを口から出した後は、何もしなくてOKです。

しかし、ミント感が強すぎて気になる場合などは、軽くすすぐいでも大丈夫です。基本は水ですすがないで良くなりますので、ミントの香りなどが不快に感じる場合のみすすぎましょう。

Thumb歯磨き粉は危険?市販のフッ素入りは使わない方が安全との指摘も! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

効果的にマウスウォッシュを使う際の注意点

マウスウォッシュは正しい使い方をすることで、メリットを多く受ける事が出来ますし、危険を最小限に減らす事が出来ます。しかし、やはりマウスウォッシュを使うからには効果的に使いたいですよね。正しい使い方以外にも、効果的にマウスウォッシュを使うための注意点を紹介します。

子供にはマウスウォッシュの過度の使用は禁物!

マウスウォッシュの多くは大人用になっており、ミントなどの刺激が強いものがあります。しかし、ミントなどの刺激が苦手な人や子供用のマウスウォッシュも近年多くあり、歯磨きの最後に使用しているという人もいるでしょう。しかし、子供にマウスウォッシュは基本的に必要ありません。

また、先程紹介したようにマウスウォッシュにはたくさんの添加物が含まれています。子供の場合マウスウォッシュを間違って飲み込んでしまう危険もありますし、正しい使い方をすることが出来ないことも考えられますので、子供にマウスウォッシュは過度に使用しないようにしましょう。

デンタルフロスをすれば十分虫歯や歯周病の効果がある

子供でマウスウォッシュを多く使用している人の多くは虫歯対策に効果があるためとなりますが、マウスウォッシュにやあまり虫歯の予防に効果的な成分は含まれていません。口臭や歯周病への効果がメインになりますので、子供の場合には歯磨きとデンタルフロスをしておくと、かなり虫歯のリスクを減らす事が出来ます。

歯磨きを丁寧にしっかりして、仕上げにデンタルフロスをしてあげると、特に虫歯には効果的になります。液体歯磨きと称されているものでも、それだけで歯磨きを終えるのはNGです。子供の場合、必ず基本は歯磨きを丁寧にするようにしましょう。

マウスウォッシュ後に飲食すると効果は低い

マウスウォッシュの使い方の注意点として、マウスウォッシュの後の飲食は控えることです。基本的には食後にマウスウォッシュを使う方が多いと思いますが、マウスウォッシュをした後は30分は何も飲まず食べないままでいましょう。マウスウォッシュをした後は口の中は、清潔な状態です。

それが、マウスウォッシュをしてすぐに食べてしまうと、再び雑菌が繁殖してしまいますので、せっかくのマウスウォッシュの効果を得る事が出来ません。ですので、30分はマウスウォッシュをした後、何も食べない、飲まないようにしましょうね。

マウスウォッシュの回数は1日2回~3回までに抑える

マウスウォッシュの回数ですが、基本的にはそれぞれの商品に1日の適正回数が記されています。ですので、それを守って使用することが大切です。マウスウォッシュは清涼感が強い商品もありますので、癖になってしまい過度にしてしまう事もありますが、そうするとリスクも合わせて大きくなりますので、適正回数を守るようにしましょう。

多くのマウスウォッシュは1日の回数は2回~3回程度と表記されていることが多くなります。回数を見ると食後にマウスウォッシュをする程度の回数になりますね。マウスウォッシュは各食事の後にする程度で十分効果を得る事が出来ますよ。

過度にしても効果はあまり変わらない

また、マウスウォッシュを過度に使用しても、口臭予防には効果はあるかもしれませんが、歯周病などへの効果は回数ではあまり変わりません。先程述べたように、マウスウォッシュ自体には歯周病を治す効果はありませんので、必要以上に使いすぎないようにしましょう。

正しい使用方法でマウスウォッシュの効果を感じよう!

口臭予防や歯周病対策など多くの効果が期待できるマウスウォッシュ。もちろん、マウスウォッシュ自体はとても便利なアイテムになりますので、マナーの一環として持っておくのはおすすめです。歯磨きをした後や食後などにマウスウォッシュがあると、恥ずかしい思いをしないですむことがあります。

マウスウォッシュは使用方法を必ずきちんと把握しておくことが大切

しかし、マウスウォッシュは使用方法を先にきちんと知っておくことがとても大切です。マウスウォッシュは多くおの種類もありますので、それぞれの商品のメリット、デメリットを必ず知っておきましょう。使用頻度や正しい使い方は、マウスウォッシュを効果的に使うためにもとても大切になりますので、先にどのような手順でするのかを把握しておきましょう。

また、マウスウォッシュは過度に使用してしまったり、子供に必要以上に使用するのは危険を伴いますので、1日の回数は必ず守りましょう。きちんと守って使用すると、マウスウォッシュはとても効果的なアイテムです。是非、今一度マウスウォッシュの使い方を改めてみて、きちんと効果を得るようにしましょう。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-07-21 時点

新着一覧