筋トレとアルコール・酒の関係は?お酒を摂取するのは筋肉に悪影響?

筋トレを行なっているときにお酒などのアルコールは摂取しても大丈夫なのでしょうか?筋トレを行なっているときに、お酒などのアルコールを摂取するデメリットや、筋肉との関係性はどのようなものがあるのか、気になる方も多いでしょう。そんな方のためにも、筋肉の構造上の影響やアルコールによって発生する悪影響などについて、詳しくご紹介していきます。是非参考にして自分の筋トレライフに、役立ててみてください。

筋トレとアルコール・酒の関係は?お酒を摂取するのは筋肉に悪影響?

目次

  1. 筋トレ中にお酒などのアルコールは危険?
  2. お酒(アルコール)などによる筋トレ中の肥満とは?
  3. 脱水症状が加速する筋トレ中のお酒!
  4. お酒に酔って栄養バランズが乱され筋トレに障害が出る
  5. 筋トレにお酒は睡眠障害と肝臓の負荷率上昇する
  6. お酒(アルコール)が筋肉に与える影響「筋繊維の破壊」
  7. お酒(アルコール)が筋肉に与える影響「筋肉の縮小」
  8. お酒(アルコール)が筋肉に与えるえ影響「テストステロンの減少」
  9. 筋トレをしている人は蒸留酒など糖質が無いお酒を飲もう!
  10. 水とお酒を交互に飲むことが重要!
  11. 食べるおつまみにも気をつけよう!
  12. 量を考えてビールなどだけを飲まない!
  13. 締めの料理は食べないようにしよう!
  14. 万が一二日酔いになってしまったら?
  15. 筋トレ中のお酒(アルコール)は適切に飲もう!

筋トレ中にお酒などのアルコールは危険?

筋トレ中にアルコールなどのお酒を摂取してしまうと、どのような悪影響があるのかご存知でしょうか?筋肉に与えるアルコールの影響は無関係ではないのです。そういった筋トレ中の飲酒について、しっかりと知識を持っておくことで、筋トレの効果を消すことなくお酒を楽しむ方法も存在していますので、そちらもご紹介します。是非お酒が好きで、アルコールなどを摂取している人は知識をつけて筋トレを行いましょう。

お酒(アルコール)などによる筋トレ中の肥満とは?

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その①

お酒に含まれているアルコールはどのくらいあるのでしょうか?まずアルコール1g=7kcalということを、覚えておきましょう。アルコール自体はもともと糖分を含んでいるケースが多いので、肥満につながってしまいます。なぜお酒を筋トレなどをしている時に、とると太るのかを後々ご紹介しますが、基本的にお酒を摂取すると、タンパク質などの分解よりも先にお酒の分解に力をかけるからです。

そのため糖質などが脂肪に変化して、溜め込んでしまいそれによって肥満につながってしまいます。そういった部分からも、アルコール=糖質という知識に繋がり、カロリーオフや糖質ゼロなどのお酒が流行っているのです。タンパク質よりも先にアルコールなどのお酒が、体に残ることを避けるために体は分解を始めるので、残った糖分やタンパク質が脂肪に蓄えられてしまいます。覚えておきましょう。

脱水症状が加速する筋トレ中のお酒!

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その②

アルコールなどのお酒を摂取してしまうと、体の水分量を消費してお酒を分解します。筋トレなどを行うと筋肉が熱を持っているので、水分量を消費してしまいます。さらに筋肉の修復には、エネルギーを必要とします。エネルギーを作り出すのであれば、それ相応の水分も必要になってきます。そういった部分をしっかりと考えて、水分補給をするように心がけましょう。お酒は水分を奪っていきます。

血中にお酒の濃度が濃くなっていると、そのぶん体はその濃度を薄めようと必死に、水分を血液に送り込みます。その結果体の細胞内の水分を、奪っていき脱水症状を引き起こしてしまいます。筋トレを行なっている場合、汗としても水分を消費します。そのためお酒の水分を奪う力と、筋トレの汗などがでることで、脱水症状を引き起こしてしまいますので、水分補給はとても重要です。

お酒に酔って栄養バランズが乱され筋トレに障害が出る

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その③

お酒を摂取することによって、筋トレの後に必要な栄養素のバランスが、崩れてしまうことをご存知でしょうか?お酒に含まれるアルコールは基本的に、体のビタミンの吸収を阻害します。ビタミンB群の吸収を邪魔することによって、肌トラブルが起きても治りにくくなります。筋トレ中であれば、ストレスが少なくとも発生しているので、ビタミンCも消費していることから、肌が乾燥して肌荒れを引き起こしてしまいます。

お酒などの栄養素をしっかりと与えることによって、亜鉛などミネラルの吸収を阻害してしまいます。ビタミンB1は代謝機能を司っています。さらには亜鉛などが体から不足すると、筋トレなどの悪影響を及ぼします。亜鉛は体の動きに悪影響を与えますが、不足すると危険です。筋トレ中であれば、お酒を飲みたくなってしまうのは、仕方ないですが、気を付けてお酒を飲むようにしましょう。

筋トレにお酒は睡眠障害と肝臓の負荷率上昇する

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その④

お酒を飲んでしまうと筋トレに悪影響を及ぼす他に、筋トレで発生した筋肉の疲労を回復するための睡眠にも、悪影響を及ぼしてしまいます。お酒を飲むことによって喉が渇き、体がお酒の分解に力をかけてしまい回復の方に、力を使えなくなってしまいます。筋トレを行なった日に、お酒を飲んでしまうとかなり危険です。筋トレの筋肉疲労が重なってしまうと、お酒の分解に時間がかかります。

筋トレを行うと肝臓の負荷率が上がります。肝臓は基本的にタンパク質を作り出す臓器でもあります。しかしそれと同時に、お酒を分解する場所でもあるのです。お酒を分解する場所と、筋トレによって披露した筋肉回復させるために、タンパク質を作り出す臓器が同じなので、肝臓への負荷率が上がってしまい、それによって肝臓が壊れてしまうことも少なくありません。そういった部分からもお酒と筋トレは危険なのです。

お酒(アルコール)が筋肉に与える影響「筋繊維の破壊」

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その⑤

筋トレ後に大量のアルコールを摂取してしまうと、急性アルコール筋症(ミオパチー)という症状を引き越してしまいます。これは筋肉繊維を小さくして、さらに筋肉を破壊する関係を持っています。お酒を飲むことによって、体内にアセトアルデヒドが多く発生してしまい、それによってかなりの脱水症状を引き起こしてしまいます。その脱水症状を抑えるには、筋肉を減らすことが一番効率が、いいので筋肉破壊が起きるのです。

お酒は他にも臓器に多大な負荷をかけることによって、体の内部から筋繊維を破壊します。そうなってくると内臓内部からの出血などにもつながり、重大な病気が発症してしまいます。そういった部分を回避するためにも、しっかりとお酒と筋トレは考えて行う必要があるのです。知識がない状態で、お酒を飲んで筋トレを行うと、そのぶん体を酷使してしまい、筋トレ中の怪我にも繋がってしまいます。

お酒(アルコール)が筋肉に与える影響「筋肉の縮小」

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その⑥

筋トレ後にアルコールを摂取することで、筋肉が脱水症状から筋肉の縮小に繋がってしまいます。そういった部分を考えて、筋トレを行わなければ意味のないものになってしまうのです。筋トレ後はしっかりと水分補給とエネルギー補給を行わなければ、いけないのですがそういった部分も、意識してお酒を飲むにはそれ相応の、知識を身につけてお酒を飲むことがとても重要です。

筋肉が縮小すると代謝機能が悪化してしまいます。そうなってくると汗などをかきにくくなってしまい、筋トレの効果なども半減してしまいます。そういった部分をしっかりと加味して、お酒を飲むようにしましょう。筋トレとお酒の関係性はとても重要で、しっかりと理解してお酒と筋トレを、組み合わせるようにしましょう。間違った摂取量や筋トレの組み合わせは、体を蝕んで太りやすい体を作ってしまいます。

お酒(アルコール)が筋肉に与えるえ影響「テストステロンの減少」

筋トレ中のお酒(アルコール)が与える筋肉への関係と影響やその摂取方法その⑦

お酒を摂取してしまうことによって、筋肉を増やす効果を持っているテストステロンの増加を、抑えてしまう効果発揮してしまいます。お酒を飲むことによって、筋肉を大きくしてくれる効果を持っているテストステロンを、減らしさらには成長ホルモンが出なくなってしまいますので、筋肉を大きくしたくてもなかなか大きくなってくれないという状況に陥ってしまうのです。なんのために筋トレをしているのかを考えましょう。

お酒を飲むときは種類にも気をつける必要があります。単にお酒の場合はいいですが、「8-プレニルナリンゲニン」という成分を含んでいるお酒を避けましょう。この「8-プレニルナリンゲニン」が含まれているお酒は、主に「ビール」です。ビールを飲むことによって、女性ホルモンの効果と似ている「8-プレニルナリンゲニン」が含まれているので、テストステロンの分泌が減少してしまうという関係性が明らかになっています。

筋トレをしている人は蒸留酒など糖質が無いお酒を飲もう!

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その①

筋トレをしている方は、糖質を含んでいるお酒を飲むことは控えましょう。そうすることで、脂肪を体に貯めることなく、お酒を楽しむことができます。しかしアルコール分が入っていると、太りはしないですがテストステロンの活動は、少なくとも低下する傾向に向かうので、量には気をつける必要がありますので、覚えておきましょう。無理にお酒を飲むと、筋肉にも体にもよくありません。

蒸留酒の種類についてご紹介します。主に洋酒があげられるのですが、バーボンやウィスキー・焼酎・ウォッカなどは基本的にアルコール分だけを、純粋に抽出しているので不純物がなくアルコールのみを、摂取することができます。余分な糖質などは含まれていませんので、肥満などの原因をブロックしながらアルコールを楽しめます。ただしアルコール度数が高いので、お酒の弱い方は控えるようにしましょう。

水とお酒を交互に飲むことが重要!

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その②

筋トレをしている方であれば、お酒を飲んで体に負担をかけることを避けたいと思う方も、多いでしょう。そんな方におすすめなものが、お酒を飲んだらその同量の水を飲む方法をおすすめします。基本的にお酒を飲んでいるときに、水分が不足することで、アルコール濃度が血液内に溜まってしまい、二日酔いなどを引き起こすのです。ですので、悪酔いや次の日の影響を減らすためにも、水を飲みながらお酒を飲みましょう。

チェイサーを挟むことによって、よりお酒を楽しむことができますし、いいお酒であれば一回一回口の中をリセットして、フレッシュな状態でお酒の一番いい味を楽しむことができるので、通の方にもおすすめされている飲み方です。一見するとお酒の弱い人の飲み方に見えるのですが、そんなことはありません。筋トレ中であってもお酒を楽しみたい方には是非おすすめしたい、飲み方なのです。

食べるおつまみにも気をつけよう!

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その③

筋トレ中であれば摂取する栄養素にも、気を使って過ごしている方も多いでしょう。そんな方は基本的にかなり、糖質やタンパク質、脂質など体に入れるものには気を使っていると思いますが、筋トレを始めたばかりの方だと、日々のストレスや運動の習慣化が終わっていないので、甘えから食べ過ぎてしまうケースが少なくありません。そういった部分からも、筋トレ後のおつまみは気をつける必要があります。

筋トレ中であれば、高タンパク低脂質といった、食べ物を好んで食べることをおすすめします。枝豆などの場合は、植物性タンパク質が豊富に含まれているので、かなりおすすめです。他にも冷や奴なども豆腐なので、ダイエットにもかなりおすすめですが、揚げ物などの食品は筋トレをした際は控えましょう。せっかくカロリーを消費して、筋肉を鍛えたのですから、筋肉の栄養になるものを食べるようにしましょう。

量を考えてビールなどだけを飲まない!

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その④

筋トレ中の方であれば、お酒を飲むことはあまりよくありませんが、チートデイなどは飲んでもいい日と決めている方も、少なくないでしょう。そんな方はしっかりとお酒の種類にこだわって、飲むようにしましょう。間違ってもビールだけを飲み続けるなど、そういったことはやめましょう。ビールは基本的にかなりカロリーが高く、穀物を熱して作られているので、糖質も高いです。筋トレの天敵とも言えるでしょう。

ビールには他にも女性ホルモンと似ている成分を、多く含んでいるので摂取することによって、男性ホルモンの分泌が低下してテストステロンが低下します。そうなると成長ホルモンが出にくく筋肉の肥大化を、堰き止めてしまう可能性も大いに出てきます。普段から筋トレを頑張っているのであれば、そういった効果を阻害するお酒の摂取は控えるべきものと言えるでしょう。

締めの料理は食べないようにしよう!

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その⑤

お酒などを飲んでしまった日は、締めの何かを食べたくなってしまう方も多いでしょう。しかし締めの欲求というものは、単純に脳の錯覚なので空腹からきているものではありません。そういった部分を理解してしっかりと、自分自身を規制する必要があります。締めの食べるものは基本的に、炭水化物のものが多いです。しかしそういったものは、脂肪になりやすくとても危険です。

筋トレを頑張った日に、大量のお酒に加え炭水化物を摂取してしまうと、処理しきれなかった糖質が脂肪へと変換されてしまい、筋トレをしているのにもかかわらず、太ってしまうことになります。そういった部分を加味して、体の負荷率を計算してお酒を飲むようにしましょう。締めなどはお酒を飲んでいなくても、飲んでもかなり危険なことなので、しっかりと頑張っている自分を守るように規制しましょう。

万が一二日酔いになってしまったら?

筋トレ中でもお酒を摂取する方法その⑥

万が一アルコールを摂取し過ぎてしまい、筋トレなどを行なった日に二日酔いになってしまった場合、水分補給を徹底する必要があります。明日までにアルコールを残したくないのであれば、徹底的に水分をとりトイレに行く回数を増やす必要がります。しかし闇雲に水分を補給しても、体に吸収されることなく排出されてしまいますので、スポーツ飲料などを飲む必要がります。

アルコールなどを摂取し過ぎてしまった日に関しては、脱水症状に聞くOS1などの経口生理食塩水を飲むようにしましょう。体の水分に近い成分のものを摂取することによって、吸収率が上昇します。それによって翌朝の二日酔いのだるさや、気持ち悪さを軽減することができるはずです。しかしこれも、飲む量によってはかなり量が必要なので、かなりの本数を買って飲んだ後に聞く栄養ドリンクもあるといいでしょう。

筋トレ中のお酒(アルコール)は適切に飲もう!

筋トレ中にアルコールを摂取することは、正直あまりよくありません。しかし普段から筋トレなどの運動を頑張っている方であれば、チートデイなどの日程は必要になります。そういったときにしっかりと精神的ストレスを、緩和することが長続きの秘訣なので、上手にアルコールと向き合うようにしましょう!

筋トレに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumb筋トレの消費カロリーはどのくらい?ダイエット効果を上げる方法は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb筋トレの回数とセット数の決め方!負荷のかけ方で効果的になる? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb筋トレのインターバルはどのくらいが効果的?休憩時間や正しい取り方! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-11-16 時点

新着一覧