ウォータータンクでキャンプを快適に!選び方のコツとおすすめアイテムは?

ウォータータンクを使ってキャンプを快適に過ごしたいと思っている方は、かなり多いことでしょう。しかしウォータータンクはその選び方をしっかりと自分自身で、把握しておくことが重要であり、闇雲に決めてしまうと使い勝手が悪く、使わなくなってしまうことも多いアイテムです。そんなウォータータンクを使って、キャンプを快適にするためのおすすめアイテムをご紹介していきますので、是非参考にしてみてくださいね。

ウォータータンクでキャンプを快適に!選び方のコツとおすすめアイテムは?

目次

  1. キャンプを快適に過ごすためのウォータータンクが欲しい!
  2. ウォータータンクのおすすめな選び方とは?
  3. メンテナンスが重要!ウォータータンクの管理方法!
  4. キャンプにおすすめ!ウォータータンクおすすめ10選をご紹介!
  5. 1選目:大容量で十分サイズ「ロゴス 水缶 LLL 抗菌広口水コン16L」 
  6. 2選目:2Way式がおすすめ「ロゴス 広口水コン・2コック 16L」 
  7. 3選目:耐久度も高くおすすめ「アイリスオーヤマ ウォータータンク 10L」
  8. 4選目:折りたたみ式が便利「キャプテンスタッグ 抗菌ライドウォータージャグ 10L」 
  9. 5選目:抗菌加工で安心設計!「ロゴス 水缶 抗菌広口水コンST16」 
  10. 6選目:水漏れ防止!「岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L 蛇口式コック付」 
  11. 7選目:タンクに見えない!「ノースイーグル ウォーターサーバー19L」 
  12. 8選目:空気抜きのせん付き「尾上製作所 ウォータータンク22L コック付」 
  13. 9選目:持ち運びに便利「プラテック 水缶 コック付 BUB 20L」 
  14. 10選目:ホイール付きで一人で運べる「タンゲ化学工業 水専用 コロコロタンク 2000GT-WII 20L」 
  15. ウォーターサーバーを活用して快適にキャンプを過ごそう!

キャンプを快適に過ごすためのウォータータンクが欲しい!

最近ではアウトドアが流行しており、登山やキャンプ・グランピングなど様々な場所で、自然と触れ合う機会が増えています。自然と触れ合うと必然的に増えるのが、汚れでしょう。それを手軽に落とすためのアイテムは、アウトドアではかなり重要です。

キャンプを快適に過ごすためには、水をうまく活用することが重要です。水は何かしらの役に立ちますし、汚れなどを落とす時も、すぐ近くにウォータータンクがあればかなり便利で、時間を短縮して作業を行うことができます。そんなウォータータンク選び方やおすすめの商品をご紹介していきます。

ウォータータンクのおすすめな選び方とは?

容量を確認して購入しよう!

ウォータータンクはかなり容量が大きいものから、かなり容量が小さいものなど様々なものが販売されています。それは自分自身の使用する量に応じて、変更する必要がありあまり大きいと、その使うときに水を汲みにいく労働が大変になります。そういった部分を考え、人数や目的に合わせて水の入る量は気をつける必要がありますので、覚えておきましょう。

素材タイプも意識して選ぼう!

ウォータータンクは基本的に2種類のタンクに分かれます。ウォータータンクはソフトな箱のタイプと、ハードな箱のタイプの2種類が存在しており、それによって使い勝手がかなり変わってきます。使い勝手の良さで家で、小さくたためるソフトもおすすめですが、キャンプで安定して使いたいのであれば、ハードタイプがおすすめです。しっかりと自分自身の使い方にあっている素材の種類をチョイスしましょう。

メンテナンスが重要!ウォータータンクの管理方法!

ウォータータンクは基本的に水をかなり扱うものです。そのためメンテナンスをしっかりと、行わなければ雑菌が繁殖してしまい、汚い水で汚しながら洗い流していると、同じことになってしまいます。

そういった部分をしっかりと考えて、ウォータータンクは定期的に、メンテナンスを行うことが重要です。メンテナンス方法などは熱湯消毒など、様々なものがありますが使用後にしっかりと乾燥させることが一番です。

キャンプにおすすめ!ウォータータンクおすすめ10選をご紹介!

キャンプなどに使う際に、どのようなウォータータンクを選ぶべきかは、先の章でご紹介しました。次の章では具体的にどのような商品が、どのくらいの値段で何リットルほど入るのかなどを、詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

自分自身のキャンプの使い方にあっているウォータータンクを選ぶことが重要と言えます。では、おすすめのウォータータンクをご紹介していきます。

1選目:大容量で十分サイズ「ロゴス 水缶 LLL 抗菌広口水コン16L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク1選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品10選目は、「ロゴス」から販売されている「ロゴス 水缶 LLL 抗菌広口水コン16L」という商品です。「ロゴス 水缶 LLL 抗菌広口水コン16L」に入る水の容量は「(約)16L」となっており、水の入っていない状態で本体重量は「(約)400g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅24×奥行30×高さ27cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅24×奥行22×高さ14cm」です。値段は「1,728円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。水を入れる部分が広いので、手を入れて中をしっかりと綺麗にすることができるタイプの、ウォータータンクです。コスパもいいので壊れたらすぐに買い替えできるほどの値段と言えるでしょう。

2選目:2Way式がおすすめ「ロゴス 広口水コン・2コック 16L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク2選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品2選目は、「ロゴス」から販売されている「ロゴス 広口水コン・2コック 16L」という商品です。「ロゴス 広口水コン・2コック 16L」に入る水の容量は「16L」となっており、「」水の入っていない状態での本体重量は「(約)750g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅27×奥行33.5×高さ28cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅27×奥行27×高さ9cm」です。値段は「654円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。二つの蛇口がついているので、2種類の使い方をして使うことができるタイプのウォータータンクです。一台で複数の人数が使用できるウォータータンクはなかなかないので、アウトドアが好きな方におすすめです。

3選目:耐久度も高くおすすめ「アイリスオーヤマ ウォータータンク 10L」

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク3選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品3選目は、「アイリスオーヤマ」から販売されている「アイリスオーヤマ ウォータータンク 10L」という商品です。「アイリスオーヤマ ウォータータンク 10L」に入る水の容量は「10L」となっており、水の入っていない状態での本体重量は「(約)170g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅22.5×奥行22.5×高さ27cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅20×奥行20×高さ6cm」です。値段は「419円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。このウォータータンクは温度変化にとても強い作りになっています。マイナス20~80度の温度に耐えられる設計になっているので、災害時にも使えるおすすめなウォータータンクと言えます。

4選目:折りたたみ式が便利「キャプテンスタッグ 抗菌ライドウォータージャグ 10L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク4選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品4選目は、「キャプテンスタッグ」から販売されている「キャプテンスタッグ 抗菌ライドウォータージャグ 10L」という商品です。「キャプテンスタッグ 抗菌ライドウォータージャグ 10L」に入る水の容量は「10L」入る設計になっています。折りたたみ式なので、中の清掃が少し難しいです。

「キャプテンスタッグ 抗菌ライドウォータージャグ 10L」水の入っていない状態での本体重量は「120g」となっております。使用中のタンクの大きさは「(約)幅24×奥行24×高さ24cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅20×奥行20×高さ7cm」です。値段は「681円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。

5選目:抗菌加工で安心設計!「ロゴス 水缶 抗菌広口水コンST16」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク5選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品5選目は、「ロゴス」から販売されている「ロゴス 水缶 抗菌広口水コンST16」という商品です。「ロゴス 水缶 抗菌広口水コンST16」に入る水の容量は「(約)16L」となっており、「ロゴス 水缶 抗菌広口水コンST16」水の入っていない状態での本体重量は「(約)360g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅24×奥行27×高さ30.5cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅25×奥行27×高さ14cm」です。値段は「1,570円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。水を入れる部分も広いので、しっかりと使い終わったら乾かすことがとても簡単です。水の出る速度もちょうどよく、丁寧に作られていることがわかるおすすめなウォータータンクでしょう。

6選目:水漏れ防止!「岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L 蛇口式コック付」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク6選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品6選目は、「岩谷マテリアル」から販売されている「岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L 蛇口式コック付」という商品です。「岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L 蛇口式コック付」に入る水の容量は「12L」が入るようになっています。水に臭い移らないタイプなのでおすすめです。

「岩谷マテリアル ウォッシャブルタンク ポリカ 12L 蛇口式コック付」水の入っていない状態での本体重量は「(約)980g」となっております。使用中のタンクの大きさは「(約)幅30×奥行23×高さ29cm」で収納中の場合の大きさは「幅30×奥行23×高さ29cm」です。値段は「2,637円」という価格設定です。部分にも小さいキャップがついているので、キャップをなくす心配や漏れる心配がありません。

7選目:タンクに見えない!「ノースイーグル ウォーターサーバー19L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク7選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品7選目は、「ノースイーグル」から販売されている「ノースイーグル ウォーターサーバー19L」という商品です。「ノースイーグル ウォーターサーバー19L」に入る水の容量は「19L」となっており、「ノースイーグル ウォーターサーバー19L」水の入っていない状態での本体重量は「(約)1,000g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅29.7×奥行30.7×高さ41.2cm」で収納中の場合の大きさは「幅29.7×奥行30.7×高さ41.2cm」です。値段は「2,376円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。足の部分がしっかりとしていることと、蛇口の部分も使いやすいので、テーブルの上においても安定して使うことができるタイプのウォータータンクです。

8選目:空気抜きのせん付き「尾上製作所 ウォータータンク22L コック付」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク8選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品8選目は、「尾上製作所」から販売されている「尾上製作所 ウォータータンク22L コック付」という商品です。「尾上製作所 ウォータータンク22L コック付」に入る水の容量は「22L」となっており、「尾上製作所 ウォータータンク22L コック付」水の入っていない状態での本体重量は「(約)1,000g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅37×奥行24.5×高さ32.5cm」で収納中の場合の大きさは「奥行24.5×高さ32.5cm」です。値段は「955円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。コックの部分の動きもスムーズで、使いやすいタイプですが本体重量が1kgあるので、一人で運ぼうとすると危険です。友人の方と協力して運ぶようにしましょう。

9選目:持ち運びに便利「プラテック 水缶 コック付 BUB 20L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク9選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品9選目は、「プラテック」から販売されている「プラテック 水缶 コック付 BUB 20L」という商品です。「プラテック 水缶 コック付 BUB 20L」に入る水の容量は「20L」となっており、「プラテック 水缶 コック付 BUB 20L」水の入っていない状態での本体重量は「(約)350g」となっております。

使用中のタンクの大きさは「(約)幅22×奥行11×高さ26cm」で収納中の場合の大きさは「奥行11×高さ26cm」です。値段は「838円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。かなりの人数がいても、これ一つで十分なほど機能してくれるウォータータンクです。コックの部分もとても丈夫で、数年使ったくらいでは壊れないという口コミもあり、安定感と耐久性のある商品です。

10選目:ホイール付きで一人で運べる「タンゲ化学工業 水専用 コロコロタンク 2000GT-WII 20L」 

キャンプを快適に出来るおすすめアイテム!ウォータータンク10選目

キャンプを行う際に水はとても重要で、その機材の選び方も重要です。そんなウォータータンクのおすすめな商品10選目は、「タンゲ化学工業」から販売されている「水専用 コロコロタンク 2000GT-WII 20L」という商品です。「水専用 コロコロタンク 2000GT-WII 20L」に入る水の容量は「20L」となっています。

「水専用 コロコロタンク 2000GT-WII 20L」水の入っていない状態での本体重量は「(約)1,930g」となっております。使用中のタンクの大きさは「(約)幅44×奥行25×高さ33cm」で収納中の場合の大きさは「(約)幅24×奥行22×高さ14cm」です。

値段は「4,080円」という価格設定ですので、気になる方は購入してみましょう。本来重量が重たいと、一人で運ぶことはまず不可能な、ウォータータンクなのですがしっかりとタイヤがついているので、一人でも簡単に運ぶことができるおすすめな商品あのです。

ウォーターサーバーを活用して快適にキャンプを過ごそう!

ウォータータンクはキャンプなどを便利にするために、必要なアイテムです。それをしっかりと準備するとしないとでは、かなり片付けの時の速度が変化します。油物や食べた後の洗い物などを、水ですぐにさっと洗えればかなり楽で、よりキャンプを楽しむことができます。ぜひこの機会に、アウトドアが好きな方はウォータータンクを取り入れてみましょう!

キャンプに関する他の記事が気になる方はこちら

Thumbキャンプのメニュー集!おしゃれなアウトドア料理や子供が喜ぶメニューは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbキャンプに薪ストーブで体ポカポカ!おすすめ人気ランキングを紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumbアウトドアソファのおしゃれ特集!室内&キャンプでも使えるおすすめは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-09-19 時点

新着一覧