自分でエアコンを簡単に取り外しできる方法を紹介!工事費用はどのくらい?

引っ越しなどをする時には部屋のエアコンなども取り外して移動させなければいけません。そういったときに業者に頼むのが一般的ですが、料金もかかり少ない額ではありません。こういったときには自分で取り外しができる簡単な方法もあります。そうすれば料金もかからずできますよね。ということで、エアコンを自分で取り外しできる方法や取り付け、工事にかかる料金などをまとめてみました。

自分でエアコンを簡単に取り外しできる方法を紹介!工事費用はどのくらい?

目次

  1. エアコンを自分で取り外したい!
  2. 準備段階!エアコンの取り外しに必要な工具
  3. 側面のカバーを開けてエアコンの取り外し開始!
  4. エアコンの強制冷房運転とポンプダウン
  5. エアコンのバルブを閉めて運転を停止させる!
  6. エアコンの室外機にキャップの取り付けと配管の取り外し!
  7. エアコンの室外機から渡配線を取り外しする作業!
  8. ちょっと力作業かも!室内のエアコンの取り外し作業
  9. エアコンの取り外しと取り付けにかかる料金はいくらくらい?
  10. まとめ:エアコンの取り外しは工具さえあれば難しくない!

エアコンを自分で取り外したい!

新しい新居にひっこしをする時には多くの荷物が出て大変な作業になりますよね。実際に引っ越しをされたことのある方ならばよく分かるでしょうが、その際には部屋に取り付けられているエアコンなども同時に取り外して持っていかなければいけません。

いつも部屋に取り付けられているので感じないでしょうが、エアコンは重たいものです。そんな重たいエアコンを取り外して新居でまた取り付け作業をしなければいけないと思うと気が滅入ってしまうことでしょう。確かにエアコンの取り外しは手間と時間がかかりますが、手順さえ覚えれば女性でもできるくらい簡単なのです。

エアコンの取り外しは業者に依頼するのが一般的なようですが、料金がかかりますしそれも決して少ない金額ではありません。ということで、女性でも簡単にできるエアコンの取り外しの方法や取り付けの際の工事の料金などについてまとめてみました。

Thumbエアコンからの水漏れの原因は?水漏れ対策と修理方法をご紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

準備段階!エアコンの取り外しに必要な工具

ではまず最初に、エアコンの取り外しをするのに必要な工具をご紹介していきます。エアコンの取り外しには相応の工具が必要になりますが、しかし扱いが難しいような特殊な工具は必要ではなく、ホームセンターなどで手軽に手に入るものばかりです。

エアコンの取り外しに必要な工具は主に5つで、ワイドモンキー、ニッパー、プラスドライバー、六角棒レンチ、カッターです。このほかにモンキーレンチとペンチ、マイナスドライバーも必ず要るというわけではありませんが、取り外しがスムーズに進むのであれば揃えておくと良いでしょう。

そして工具ではありませんが、ビニールテープとゴミ袋、パテの3つも準備しておくといいでしょう。ビニールテープはエアコンを移動させて取り付ける時に、配管を束ねたり配管の先にゴミや水などが入らないように塞ぐといった目的でに使用し、ゴミ袋は配管のテープをはがす時にゴミが出るので、用意しておくと便利です。パテは穴を塞ぐ為に使用します。

側面のカバーを開けてエアコンの取り外し開始!

では本題である、エアコンの取り外し方についてご紹介していきます。まずエアコンの取り外しで行うのは、室外機の側面のカバーの取り外しからです。これをプラスドライバーを使って外すと日本の配管がありますので、その横のバルブキャップをモンキースパナなどで取り外します。

力を入れすぎると変形してしまう可能性もあるので注意してください。ある程度スパナなどでキャップを緩められたら、後は手で回して外します。外したバルブキャップはカバーのプラスドライバーと一緒にまた締めるときに使用するので無くさないようにしましょう。

エアコンの強制冷房運転とポンプダウン

エアコンの取り外しをする際には、室内機と配管に残っているフロンガスを室外機に閉じ込めておく作業が必要になります。これをポンプダウンといい、ポンプダウンを行うには冷房運転にした状態でするのが条件になり、冬のサム時期などは冷房運転が始まらないので強制的に冷房にする必要があります。

エアコンで強制冷房運転を行うには室内機の隅にそのためのスイッチがあることが多いですが、エアコンのメーカーによってその方法は様々です。エアコンの説明書にそのやり方は記されているはずですので、それを参考に冷房運転を行うかメーカーに問い合わせればわかるでしょう。

強制冷房運転が始まると室外機のファンが回り始めるので、風が出ているかを確認します。続いて、先ほど外したバルブキャップの配管に太いものと細いものの2つがありますので、そのうちの細いほうのバルブを六角レンチで右に回して締めます。このまま2分から3分ほど放置します。

エアコンのバルブを閉めて運転を停止させる!

室外機の配管の細いほうを閉めるのは、先ほどご紹介したようにフロンガスを室内機から室外機に移動させて閉じ込めさせるための作業になります。その状態で2分から3分ほど放置させたら、もう片方の太いバルブも六角レンチなどを使って締めておきます。

この作業は、細いバルブを閉めてからそのままにしておいた2分から3分ほどの間で、エアコンの室外機に室内機のフロンガスを閉じ込めるのが完了したからです。室外機にガスを閉じ込めることができたならば、受け手側のバルブを閉めて完了です。

エアコンの取り外しをする前は室外機のバルブが両方とも開いている状態、ポンプダウンをする時には両方とも開いている状態にすると覚えれば大丈夫です。バルブを閉めたら、エアコンもリモコンなどで運転を停止させます。コンセントも忘れずに抜き取りましょう。

エアコンの室外機にキャップの取り付けと配管の取り外し!

室内のエアコンを停止させてコンセントも抜き取ったら、室外機のバルブにキャップを取り付けます。側面のカバーを開けた時にバルブのキャップは取り外しておいたままなので、これをまず手で締めておいてからモンキースパナで軽く締めておきます。運ぶときに取れてしまわないように取り付けておきましょう。

キャップを取り付けられたら、そのまま室外機の配管を取り外していきます。モンキースパナで取り外していくのですが、このときにスパナがもう1つあると便利です。配管の片方を抑えたままでもう1つのスパナでナットを緩めていくのですが、スパナが1つだけだと配管の固定ができないので取り外しにくいのです。できれば用意しておいてほしいところです。

エアコンの室外機から渡配線を取り外しする作業!

エアコンの室外機の側面のカバーを取り外したところに配線を固定しているカバーがありますので、これをプラスドライバーで取り外していきます。カバーを取り外したところには黒と白と赤の3つの配線が確認できますので、これを抜き取ります。難しいことはなく、白いスイッチを押しながら抜くだけで簡単に取り外していくことができます。

新しい住居でも今のエアコンを継続して使用するのであれば、傷がつかないようにきれいに配線を抜き取るようにしましょう。ただしもしも室外機などを引っ越しなどでもっていかずに処分するという場合には、この配線はペンチなどで切断してしまっても問題はないそうです。

ちょっと力作業かも!室内のエアコンの取り外し作業

配管は室外機だけでなく室内機にもありますので、モンキースパナを使用して接続しているナットを緩めておきましょう。ちなみに拝観は粘着性のないテープで巻かれているので、カッターなどでテープを切って剥がします。この辺りは力は要らず簡単にできます。2つの配管を外せたら、最後に室内のエアコンを取り外す作業に入ります。

室内のエアコンを取り外すときには、手前に持っていくのではなく少し上に持ち上げるような方法でやると簡単に外せます。この室内機は結構重量があるので、女性が1人でやるというのは少々お勧めできません。2人から3人程度でやれると良いです。

室内のエアコン本体を取り外すと、金属の据付板があります。これをプラスドライバーで外すとボルトの跡や配管の通り道などで穴だらけになりますので、パテで埋めておきます。取り外した配管などは丸めてビニールテープなどがあったらそれでまとめておきます。これでようやくエアコンの取り外しが完了です。

エアコンの取り外しと取り付けにかかる料金はいくらくらい?

エアコンを自分で取り外すときの方法を手順を追ってご紹介しました。自分でできるとお金もかからずに済みますが、時間と手間がかかるのでやはり業者に頼むという方も多いでしょう。エアコンの取り外しと取り付けにかかる料金はどれくらいになるのでしょうか。

まず大手の家電量販店のエアコンの取り外しの標準工事は、平均が4千円から6千円程度になっているそうです。標準工事とは、エアコンの取り外しをする上で必要な最低限の工事のことです。加えて、室外機が特殊な設置方法になっていたりするとベットの料金がかかるようです。

エアコンを取り付けるときにかかる料金は、8千円から1万2千円ほどかかるようです。これは、家電量販店で購入し取り付けも依頼するか、エアコンの本体のみ通販などで購入して工事だけ業者に頼むか、全てネットで済ませるかによって変わってくるので料金の振れ幅も大きくなるようです。

Thumbエアコンの電気代を節約!1ヶ月つけっぱなしとこまめの節電料金を比較! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

まとめ:エアコンの取り外しは工具さえあれば難しくない!

エアコンの取り外しをする手順や業者に頼んだ場合にかかる料金などについてご紹介しました。エアコンの取り外しにはそれなりに多い手順と力作業がありますが、必要な工具さえそろっていれば女性でも意外と簡単に取り外すことができるようでした。

エアコンの取り外しと取り付けを業者に頼む場合の料金についてもご紹介しました。室外機の設置方法や取り付けの時にどう取り付けてもらうかなどによって料金は変わってくるようなので、エアコンの取り外しなどを考えている方は一度検討してみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-12-06 時点

新着一覧