プリンの気になるカロリーは?計算方法とダイエット中の食べ方!

プリンのカロリーの計算方法や糖質量、ダイエット中の食べ方についてまとめました。ダイエット中でもプリンのカロリーや糖質の計算方法を知っていれば、太らない食べ方でプリンをいただくことは可能です。カロリー制限をするあまりに我慢しすぎることはダイエット中のストレスを溜める原因にもなるため気をつけましょう。低カロリーで美味しいプリンを食べられる方法についてチェックして、ダイエットのストレスを減らしてみてはいかがですか。

プリンの気になるカロリーは?計算方法とダイエット中の食べ方!

目次

  1. プリンのカロリーや糖質の計算方法について知りたい
  2. カロリー計算をしてプリンのカロリーを知ろう
  3. ダイエット中はカロリーだけでなくプリンの糖質も要チェック
  4. カロリー以外に知っておきたいプリンの栄養素とは?
  5. プリンは低GI食品にも含まれる?
  6. プリンは材料によってカロリーや糖質の計算が上がる
  7. カロリーを抑えてダイエット中にプリンを楽しむには手作りが最適
  8. ダイエット中におすすめ!低カロリープリンのレシピ
  9. 食べ方を工夫してプリンを美味しく食べよう
  10. お腹いっぱいになるような食べ方はNG
  11. 寝る前ではなく昼間の時間帯に食べるようにする
  12. プリン以外にダイエット中におすすめのおやつならナッツがぴったり
  13. ドライフルーツもダイエット中に役立つおやつ
  14. コンビニで購入するなら0kcalゼリーも最適
  15. プリンのカロリーや糖質を把握してヘルシーな食べ方をしよう

プリンのカロリーや糖質の計算方法について知りたい

ダイエット中は気になるプリンのカロリー&糖質

ダイエット中はいろいろな食品のカロリーが気になるのはよくあることです。おやつの定番として親しまれているプリンも例外ではありません。ダイエット中にプリンを食べたくなってもカロリーが気になってなかなか手を出せないということはありませんか?カロリー以外にプリンの糖質もダイエット中に気にする人も多くいます。

ダイエット中だったとしても、プリンのカロリー計算をしておけば安心して食べることができるのではないでしょうか。どのくらいのカロリーや糖質がプリンに含まれ、どのくらいのカロリー量だったらプリンを食べても良いのかということを把握しておけばダイエット中もカロリーのためにプリンを食べられないストレスを減らすことができるようになります。

計算方法をチェックしてプリンのカロリーを把握しよう

「プリンのカロリーの計算方法について知りたい」「ダイエット中もカロリーを気にしすぎることなくプリンを食べるための食べ方とはどんなもの?」といった場合にぴったりなプリンのカロリー計算や食べ方についてまとめました。プリンのカロリーが気になる場合もプリンの食べ方などを工夫すれば安心。プリンのカロリーをチェックして食べていきましょう。

Thumbプリンの賞味期限と保存方法!手作りの場合の日持ちする期間と見分け方は? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カロリー計算をしてプリンのカロリーを知ろう

卵1個あたりのカロリーは77kcalほど

それでは、プリンのカロリーについて見ていきましょう。プリンの原料としてほとんどの場合に使われるのが卵です。卵を使うことによってなめらかで美味しいプリンに仕上げることができるようになります。そんな卵のカロリーはMサイズで77kcalほど。LサイズやSサイズになるとカロリー数は若干異なりますが、だいたいこのくらいのカロリーになります。

牛乳や砂糖を加えたプリンのカロリーを計算すると?

77kcalほどのカロリーがある卵を使うプリンの総カロリー量はどのくらいになるのか計算していきましょう。プリンの原料として一般的に使われているのが卵に加えて牛乳や砂糖といった材料です。卵のカロリーにこれらの材料のカロリーを加えて計算していくと、プリン1個あたり90gのカロリーは110kcal。110kcalであれば、高すぎるカロリーではないと言えるでしょう。

ダイエット中はカロリーだけでなくプリンの糖質も要チェック

糖質量はカロリー以外にダイエットでは大切なポイント

ダイエット中は、カロリーだけでなく糖質も大切になります。糖質はエネルギー源となる大切な栄養ですが、糖質を摂取しすぎるとエネルギーとして消費することができないために脂肪として溜まってしまう原因となるため気をつけましょう。糖質=太ると言われているのはそのため。適量であればカロリー制限をしながら糖質を摂取することはダイエット中も可能です。

プリンにも糖質が含まれるため、カロリー以外にしっかりとチェックしておきましょう。プリンをダイエット中に食べる場合はプリンで摂取した糖質やカロリー分を消費できるように運動をするか、糖質やカロリーのバランスを取るために他の食事を控えめにすることが大切なポイント。カロリーや糖質の目安をつけるためにもどのくらいの値なのか見ていきましょう。

プリンの糖質を計算してみると?

プリンの原料として使われている卵や砂糖、牛乳といった食材を総合して糖質量を計算してみるとプリン1個あたりの糖質量は12gほどになります。糖質制限中であれば、プリンの糖質量を目安にしながらバランスを取るようにしましょう。このようにカロリーや糖質を把握しておくことによってダイエット中もプリンを食べやすくなるのではないでしょうか。

カロリー以外に知っておきたいプリンの栄養素とは?

卵を使ったプリンはビタミンが豊富

プリンのカロリー以外の栄養についてもチェックしていきましょう。プリンの原料として使われている卵にはいろいろな栄養が含まれていることで知られているため、カロリー以外の栄養も把握しておけば健康的なおやつとして役立てることができるのではないでしょうか。プリンの栄養としてあげられるのがビタミンB群やビタミンE、ビタミンaといったビタミン類です。

卵には豊富なビタミンが含まれており、健康や美容などに役立てることができます。また、牛乳を使用したプリンの場合はカルシウムやマグネシウム、鉄分といったミネラル類も豊富。ダイエットをしているときはカロリー制限をするために栄養が不足することも良くあります。カロリーを気にするのと同時に栄養価もしっかり把握して摂取するようにしましょう。

栄養のあるおやつとしては最適

ビタミンやミネラル類を多く含んだプリンは栄養価の高い健康的なおやつとして活用することができます。ダイエット中はカロリーが気になることがありますが、栄養をとって健康的に痩せることも重要なポイント。プリンであれば1個あたりのカロリーが110kcalと高すぎるカロリーではないので栄養価の高いおやつとして取り入れてみると良いかもしれません。

Thumbプリンが固まらない原因と対処法を紹介!上手に作るポイントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

プリンは低GI食品にも含まれる?

ダイエット中にカロリー以外に重要となる低GI食品

ダイエット中にカロリー以外に把握しておきたいのが低GI食品という言葉。低GI食品とは、血糖値を上げにくい食品のことをさします。人は食事のときに血糖値が急上昇すると体内に脂肪が溜まりやすくなるとされているのが特徴。血糖値が上がりやすい食品としては、白米やパンといった食品をあげることができます。

血糖値を上げにくい低GI食品を取り入れることで、体が脂肪を溜め込みにくい状態を作るのがダイエット中のポイント。ダイエットをしているときはカロリーだけでなく低GI食品であるかどうかも把握しておくと便利ではないでしょうか。低GI食品の代表格と言えば玄米や全粒粉を使ったパンなどがあげられますが、おやつではプリンもそのうちの1つに入ります。

プリンは低GI食品なのでダイエット中にはおすすめのおやつ

低GI食品に含まれるプリンはダイエット中に甘いものが食べたくなったときにぴったりのスイーツではないでしょうか。カロリーが気になる場合でも食べ方を工夫することでダイエット中も安心してプリンを食べることができるようになります。また、ビタミンやミネラルなどの栄養もプリンには豊富なのでカロリー計算をしっかりしておけばおすすめしたいおやつの1つです。

プリンは材料によってカロリーや糖質の計算が上がる

生クリームを使ったプリンはカロリーが高い計算になる

このようにさまざまな栄養が含まれて低GI食品でもあるプリンですが、材料によってはカロリーがさらに高くなることがあります。プリンはなめらかな食感にするために生クリームを使うことがよくありますが、生クリームは高カロリーなのが特徴的。生クリームが入ったプリンは全体的にカロリーが高めになるため、プリンを食べるときは材料に気をつけましょう。

ダイエット中にプリンのカロリーを抑えるには食べ方を工夫しよう

ダイエット中もヘルシーにプリンを食べたいと感じているときは、カロリーを抑える食べ方を工夫していくことが重要になります。どういった方法であればカロリーを抑えながら美味しくプリンを食べることができるのか知っておけば、ダイエット中もストレスを溜めることなく美味しくプリンをいただけるのではないでしょうか。

Thumb豆腐プリンはヘルシーでおすすめ!ダイエット中もOKの手作りスイーツ | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カロリーを抑えてダイエット中にプリンを楽しむには手作りが最適

市販のプリンはカロリーが高くなりがち

ダイエット中には避けておいたほうが良いのが市販のプリン。ダイエット用に開発されたプリンなら良いですが、ほとんどの場合、市販のプリンはカロリーが高くなります。また、生クリームなど高カロリーな材料を使っている場合も多くダイエットの妨げになる可能性もあるためダイエットをしているときは市販のプリンではなく手作りプリンがおすすめ。

手作りをすればプリンのカロリーや糖質が抑えられる

手作りプリンであればどういった原料を使っているのか自分で把握することができますし、カロリーを抑えるための工夫もすることができます。保存料などを使わない手作りプリンなら体にも良く、ダイエット中も美味しくいただけるのではないでしょうか。カロリーを抑えるための工夫を加えながらプリンを手作りして、美味しくいただいていきましょう。

ダイエット中におすすめ!低カロリープリンのレシピ

ダイエットシュガーや低脂肪牛乳などを準備

それでは、低カロリーに仕上げることができるプリンのレシピについて見ていきましょう。低カロリープリンに必要な材料は、低脂肪牛乳350ml、ダイエットシュガー大さじ1、卵3個になります。カロリーの低い低脂肪牛乳やダイエットシュガーを使用することでカロリーをぐっと抑えられるのがレシピのポイント。風味づけにバニラエッセンスを草得るのがおすすめです。

プリンの材料を混ぜて蒸すだけ

ボウルに全ての材料を入れてしっかりと混ぜ合わせましょう。材料が混ぜ合わさったら、こし器を使ってこしていきます。こすことでなめらかな食感のプリンに仕上げるのがポイント。4つの耐熱容器にそれぞれプリン液を流し入れたら、2cmくらいの高さまで水を注いだフライパンに並べます。

蓋をしてから強火にかけ、沸騰したら弱火にしましょう。弱火にしてから2分ほど加熱したら火を止めてプリンを10分放置しておきます。予熱でプリンの中まで熱が通ったら低カロリープリンのできあがり。簡単に作れるので、ぜひカロリー控えめなプリンを楽しんでみてはいかがですか。

Thumb豆乳を使ったプリンレシピ!人気のレシピやレンジだけで作れる簡単レシピを紹介! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

食べ方を工夫してプリンを美味しく食べよう

ダイエット中は食べ方を工夫する必要がある

低カロリーな手作りプリンを取り入れるのと同時に、プリンの食べ方を工夫するのも重要なポイント。食べ方を工夫することによって、ダイエット中であってもカロリーの影響をなるべくおさえながらプリンを食べることができるようになります。

食べ方のポイントさえ抑えておけばおやつも楽しめる

食べ方を工夫していけば、ダイエット中はプリン以外のおやつも楽しむことができるのではないでしょうか。ダイエット中はカロリー制限をするために空腹でストレスが溜まりがちですが、ストレスが溜まりすぎると暴飲暴食の原因となってしまうため注意が必要です。カロリーを気にするのと同時に美味しくプリンを食べられる工夫をしていきましょう。

お腹いっぱいになるような食べ方はNG

ヘルシーなプリンでも食べすぎるとカロリーオーバーになる

ダイエット中にまず気をつけておきたいのが食べすぎないということ。カロリーを抑えたプリンだったとしても、食べすぎればカロリーオーバーになってしまいます。早食いをして次から次へと食べたいという気持ちになったらせっかくカロリーを抑えていても意味がないので、食べ過ぎないように意識しながらプリンをいただくようにしましょう。

ゆっくりいただく食べ方で満足感を得よう

プリンを食べすぎてカロリーオーバーにならないように、少しずつゆっくり食べる方法がおすすめです。少しずつ食べていけばゆっくりとプリンを味わうことができ、満腹中枢も刺激することができるのがポイント。プリンを食べるときは時間をかけて味わうようにしましょう。

寝る前ではなく昼間の時間帯に食べるようにする

代謝が落ちている夜の時間帯は食べ過ぎに注意

夕飯を食べた後に「何か甘いものが食べたいな」と思っておやつを食べてしまうことはありませんか?夜の時間帯は代謝が落ちているので、余計なカロリーを摂取すると脂肪として残りやすくなってしまいます。そのため、低カロリープリンだったとしても夕食後や寝る前に食べるのはおすすめできません。

午後3時くらいに食べるのがおすすめ

プリンをおやつとして食べるときは、お昼ご飯と夕飯の合間にあたる午後3時くらいの時間帯がおすすめ。このくらいの時間帯に食べることで空腹をおさえることができるのに加え、昼間のうちにプリンで摂取したカロリーを消費することができるようになります。このようにプリンを食べる方法や時間帯を工夫してダイエット中も美味しく食べてみましょう。

プリン以外にダイエット中におすすめのおやつならナッツがぴったり

栄養豊富なナッツ類

ダイエット中におすすめのおやつは低カロリープリン以外にもいろいろあります。まずおすすめなのがナッツ類。栄養が豊富でビタミン類やミネラルなどを摂取できるため、きれいに痩せたいときにおすすめです。

20粒ほどを目安に

ナッツ類をおやつとして食べるときは20粒くらいを目安にすることでカロリーのとりすぎを防ぐことができるようになります。保存袋などに小分けにして食べ過ぎを防いでみてはいかがですか。

ドライフルーツもダイエット中に役立つおやつ

甘みがあって栄養が豊富

甘くて栄養豊富なおやつとしてあげられるのがドライフルーツです。フルーツの甘みがぎゅっと詰まったドライフルーツはダイエット中のおやつに最適。いろいろな栄養をとれるので健康的にダイエットをしたいときに取り入れてみては以下ですか。

ゆっくりと噛みしめながら食べよう

ドライフルーツも食べすぎるとカロリーオーバーになることがあります。噛みごたえがあるので、ゆっくり噛んで食べるように意識してみましょう。食べ方を工夫することによって、ダイエット中も安心して食べることができます。

コンビニで購入するなら0kcalゼリーも最適

0kcalで食べられるゼリーが人気

コンビニで手に入れることができるおやつとしておすすめなのが0kcalゼリー。0kcalなのに食べ応えがあるので、ダイエット中の空腹をしのぐのにぴったりではないでしょうか。食べたとしても罪悪感がないので美味しくいただくことができます。

寒天も役立ててみよう

0kcalゼリー以外では寒天もおすすめ。0kcalに近いカロリーの寒天はダイエット中の強い味方です。コンビニなどで寒天スイーツを購入するのも良いですし、寒天を使って手作りおやつを作るのもおすすめ。ダイエットシュガーを使って甘みを加えていけば、美味しい寒天スイーツになります。

プリンのカロリーや糖質を把握してヘルシーな食べ方をしよう

プリンをダイエット中も美味しく食べたいときはカロリーや糖質量を把握して、どのくらいの分量であれば食べても大丈夫なのか知っておくことが大切になります。プリンをおやつに食べる場合は、自分でカロリーを調整することができる手作りプリンがおすすめ。また、食べ方も工夫しながらヘルシーにプリンをいただいてみてください。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-06-19 時点

新着一覧