手洗い用洗剤のおすすめランキング!洗濯のコツも併せて紹介!

皆さんは衣類の洗濯表示によって洗濯の方法を変えていますか?洗濯機で洗えばすべて自動でしてくれて楽ですが、衣類を長持ちさせるためには洗濯表示に合った洗濯方法をすることが大切です。特に洗濯表示に手洗いの表示があるものやお気に入りの衣類は、専用の洗剤を使って手洗いで洗濯しましょう。今回は、手洗い用洗剤のおすすめランキングや手洗い洗濯のコツをご紹介しますので、手洗い洗濯で大切な衣類を洗濯してみてくださいね。

手洗い用洗剤のおすすめランキング!洗濯のコツも併せて紹介!

目次

  1. 手洗い用洗剤のおすすめランキングをご紹介!
  2. 手洗い用洗剤を選ぶポイント
  3. 5位:おしゃれ着洗いにも安心「エマール おしゃれ着用洗剤」
  4. 4位:敏感肌の方におすすめ「エコベール デリケートウォッシュ」
  5. 3位:ドライマークの衣類が洗える「ドライニング 衣類用液体洗剤」
  6. 2位:プロ向けの手洗い洗剤「ブランドケア ウールシャンプー」
  7. 1位:ダメージをケアしてくれる洗剤「アクロン おしゃれ着用洗剤」
  8. 手洗い洗濯の手順を覚えよう!
  9. 手洗い洗濯を上手にするためのコツ
  10. 大切な衣類は手洗い洗濯してみよう!

手洗い用洗剤のおすすめランキングをご紹介!

衣類を長持ちさせるには、洗濯表示に合った洗濯方法や洗剤選びが大切なのを知っていますか?中でも洗濯表示に手洗いの表示があるものや大切にしている衣類などは、手洗いでの洗濯がおすすめです。洗濯機にも衣類にできるだけ負荷がかからないように洗う手洗いコースなどがありますが、機械で洗うので手洗いに比べるとダメージは大きくなってしまいます。

手洗いで洗濯する場合は普段洗濯機で使っている洗剤ではなく、手洗いやおしゃれ着専用の洗剤を使うのがおすすめです。そこで今回は手洗い用洗剤のおすすめランキングや手洗い洗濯のコツについてご紹介します。お気に入りの衣類を洗濯によるダメージから守るために、是非手洗い洗濯をしてみてくださいね。

手洗い用洗剤を選ぶポイント

手洗いで洗濯する場合は専用の洗剤を使うことが多いのですが、たくさんあるので迷われる方も多いのではないでしょうか。使う洗剤は用途や衣類の汚れによっても変わってきます。そこで今回は手洗い用洗剤を選ぶポイントをご紹介しますので、ご参考にしてみてくださいね。

洗剤の成分で選ぶ

最初のポイントは洗剤の成分です。手洗いの場合は中性洗剤か弱アルカリ性洗剤を選びましょう。特に中性洗剤は衣類の生地を傷めにくいので、おしゃれ着の手洗いに適しています。生地を傷めにくいため他の成分の洗剤よりも洗浄力は低いですが、ウールやシルクなどのデリケートな素材や、洗濯表示に手洗いの表示がある衣類は中性洗剤で洗うのがおすすめです。

一方、弱アルカリ性洗剤は洗浄力が高いので、作業着やユニフォームなどの手洗いにおすすめです。汚れをしっかりと落としてくれるので、洗浄力が必要な場合は弱アルカリ性の洗剤を選びましょう。しかし、おしゃれ着やデリケートな素材に使用すると生地が傷んだり縮んだりすることもありますので、注意してくださいね。

粉末か液体かで選ぶ

次のポイントは粉末洗剤と液体洗剤の違いですが、これは衣類の汚れによって使い分けるようにしましょう。まず粉末洗剤は汚れがひどい時に使うのがおすすめです。洗浄力が高いので、しつこい汚れもしっかりと落としてくれます。粉末で溶けにくいので、洗剤をお湯に溶かしてから使うのがポイントです。

一方、液体洗剤は普段の汚れを落としたい時に使いましょう。粉末洗剤よりも洗浄力は高くありませんが、軽い汚れであれば液体洗剤で十分落とすことができます。簡単に手洗いできて洗剤の種類もたくさんあるので、液体洗剤は普段の手洗いにおすすめです。

Thumb洗濯洗剤ランキングに人気の商品はどれ?粉末と液体どっちが便利? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

5位:おしゃれ着洗いにも安心「エマール おしゃれ着用洗剤」

手洗い用洗剤のおすすめランキング5位

最初にご紹介する手洗い用洗剤は花王の「エマール おしゃれ着用洗剤」です。中性洗剤ですので、おしゃれ着のダメージを防ぎながら優しく洗うことができます。色褪せや縮みを防いでくれるだけでなく、汚れやにおいをしかっりと落としてくれる洗剤です。

香りもリフレッシュグリーンとアロマティックブーケの2種類がありますが、どちらもほのかな香りで人気です。また、手に入れやすい価格になっていて薬局などで簡単に買うことができるので、リピーターが多い洗剤にもなっています。

4位:敏感肌の方におすすめ「エコベール デリケートウォッシュ」

手洗い用洗剤のおすすめランキング4位

次にご紹介する手洗い用洗剤はエコベールの「デリケートウォッシュ おしゃれ着用洗剤」です。洗浄力の高い弱アルカリ性の洗剤なのですが、植物とミネラルから作られているので環境にも手肌にも優しい洗剤になっています。敏感肌の人や赤ちゃんの肌着などにも使えておすすめです。

弱アルカリ性洗剤ですが、ウールやシルクなどのデリケートな素材の衣類にも使用することができる優れものです。しっかりと汚れを落としてくれて色合いや生地も守ってくれるので、今までクリーニングに出していた衣類も自宅で洗えると人気の洗剤になっています。

3位:ドライマークの衣類が洗える「ドライニング 衣類用液体洗剤」

手洗い用洗剤のおすすめランキング3位

次にご紹介する手洗い用洗剤は「ドライニング 衣類用液体洗剤」です。ドライマークの衣類が洗えることで人気の洗剤ですが、ヤシ油とオレンジオイルが配合されていて手肌にもやさしい洗剤になっています。柔軟剤を使用しなくてもふんわりと仕上がるので、手洗い洗濯におすすめです。

セーターやスーツ、コートなどもクリーニングに出さなくても自宅で手洗い洗濯することができます。また、デリケートな衣類の手洗い洗濯以外にも、シミ抜きや襟・袖の部分洗いにも役立ちますので、洗濯で幅広く使うことができる便利な洗剤です。

2位:プロ向けの手洗い洗剤「ブランドケア ウールシャンプー」

手洗い用洗剤のおすすめランキング2位

次にご紹介する手洗い用洗剤はブランドケアの「ダライマーク用洗濯洗剤 ウールシャンプー」です。ウールのスーツやコート、カシミアやアンゴラなどの高級繊維を自宅で洗濯することができます。他のおしゃれ着洗剤では洗うことができないと言われているキュプラ裏地のスーツも洗うことができる洗剤です。

プロ向けに開発された洗剤ですので、ご自宅でもプロ並みの仕上がりになります。スーツなどもシワなく洗うことができるので、洗濯後も吊って乾かすだけで面倒なアイロンがけが必要ないのも人気の理由の1つです。

1位:ダメージをケアしてくれる洗剤「アクロン おしゃれ着用洗剤」

手洗い用洗剤のおすすめランキング1位

最後にご紹介する手洗い用洗剤はライオンの「アクロン おしゃれ着用洗剤」です。ダメージケアしてくれる中性洗剤で、洗濯時の色褪せや型崩れを防いだり、着用後のヨレや伸びを整えてくれる効果もあります。また、ニットのこすれによる毛玉も防いでくれる便利な洗剤です。

アクロンはフローラルブーケの香りと微香タイプのナチュラルソープの香りがあります。フローラルブーケはおしゃれ着洗い用に、微香タイプのナチュラルソープは洗い上がりに匂いが残らないのでスーツなどの洗濯用にと分けて使っている方も多いようです。

手洗い洗濯の手順を覚えよう!

手洗い洗濯に必要なアイテム

手洗い洗濯の手順をご紹介していきます。まず最初に、ランキングでご紹介したような手洗い用やおしゃれ着洗い用の洗剤と桶を用意してください。桶は水を溜める用ですので大きなバケツや洗面台のシンクでも大丈夫です。また、手荒れが気になる方はゴム手袋などを用意した方が良いでしょう。

洗濯液の作り方

まずは用意した桶に、手洗いする衣類が浸る量のぬるま湯を入れてください。そこに決められた量の洗剤を入れます。洗剤の量は商品や水の量によっても違いますので、パッケージの裏に記載されている量を参考に洗剤液を作ってくださいね。洗剤の量を増やせば汚れが落ちやすくなるということではないので、洗剤の量は必ず記載されている量を守るようにしましょう。

手洗いの基本[押し洗い]

準備ができたら次は手洗いの手順を確認していきましょう。手洗いの方法はいくつかあり、洗う素材や汚れによって洗い方を変える必要があります。今回は全体を洗う時の手洗いの基本となる押し洗いの方法をご紹介します。

まず手洗いする衣類を、汚れている面を表にして桶に入るような大きさに畳みます。畳むことができたら準備した洗濯液が入った桶に入れてください。手のひらで底に沈めるようにゆっくりと押し、その後放して衣類が浮いてくるのを待ちます。そして浮いてきたらまた押してを繰り返し20回程してください。揉んだりこすったりしないように注意しましょう。

洗う作業が終わったら次にすすぎをします。桶の水を新しいぬるま湯に張り替え、洗った時と同じように押したり浮かしたりを繰り返してください。2~3回水を替えながら泡が出なくなるまですすぎの作業を繰り返しましょう。泡が出なくなったらバスタオルで衣類を包み水気を取ってください。

衣類の乾かし方

洗い終わったらしっかりと乾かさないとニオイが残ってしまいます。洗濯機を使用する場合は、バスタオルに挟んで洗濯ネットに入れてから、15秒~30秒ほど脱水にかけましょう。長時間脱水するとシワになるので注意が必要です。薄手のものはバスタオルに挟んで軽くたたけば脱水できます。最後に表示に合った干し方をして完成です。

Thumb洗濯の「手洗い」知ってますか?基本の方法をマスターしておきましょう! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

手洗い洗濯を上手にするためのコツ

水の温度に注意

手洗い洗濯を上手にするためのコツは2つあります。まず1つめは水の温度です。水の温度は熱すぎても冷たすぎても衣類に負担をかけてしまいますので、手洗いの場合は30℃くらいのぬるま湯を使うようにしてください。また、洗い始めからすすぎ終わりまで同じ温度を保つのが理想ですので、温度が変わらないように短時間で手洗いすることを心がけましょう。

柔軟剤を入れるタイミング

手洗い洗濯を上手にするためのコツ2つめは、柔軟剤を入れるタイミングです。柔軟剤を使用する場合は一番最後に入れるようにしましょう。途中で柔軟剤を入れると柔軟剤が流れてしまい効果がなくなります。すすぎの一番最後に、綺麗なぬるま湯に柔軟剤を溶かしてから衣類を入れるのがおすすめです。ちょっとしたコツで手洗いの仕上がりが変わりますので、注意してみてくださいね。

Thumb柔軟剤を入れるタイミングで効果的なのは?手動と全自動の違いは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

大切な衣類は手洗い洗濯してみよう!

今回は手洗い用洗剤のランキングや手洗い洗濯のコツについてご紹介しました。お気に入りの衣類は長く大切にしたいですが、毎回クリーニングに出すのは面倒ですしお金もかかってしまいます。そんな方には自宅でできる手洗いがおすすめですので、是非試してみてくださいね。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2020-07-06 時点

新着一覧