前髪が少ない女性向けアレンジ!薄い原因や対処法・可愛い髪型を紹介

髪の悩みは人それぞれです。多すぎても困りますが少ないのも困ります。また、髪型が決まらないだけで憂鬱な気持ちになり、出掛けたくなくなることも。特に前髪は、顔の印象を大きく変えるので少ないことで悩む人も多いです。前髪が少なくなる原因は色々で、人によっても違います。そこで、前髪が少ない人でも簡単にアレンジしてかわいくなれる方法や、対処法などを紹介していきます。悩んでいる人はぜひ参考にしてください。

前髪が少ない女性向けアレンジ!薄い原因や対処法・可愛い髪型を紹介

目次

  1. 少ない前髪に悩む女性は多い?
  2. 前髪が少ないことに気付いたら
  3. 前髪が少ない原因が知りたい!
  4. おでこが気になる少ない前髪の対処法
  5. 少ない前髪をなんとかしたいときのシャンプー
  6. ショートヘアで少ない前髪でも似合う髪型にするなら
  7. 前髪が少ない人におすすめなショートボブ
  8. 少ない前髪だからこそ思い切っておでこを出す髪型に挑戦
  9. 前髪の切り方でコンプレックスを解消しよう!
  10. パーマでふんわりさせれば少ない前髪も気にならない
  11. 前髪が少ない人でも簡単にできるアレンジ
  12. 小物アレンジなら少ない前髪でもOK
  13. ウィッグで少ない前髪をカバーする
  14. 前髪が少ないことに悩んだら美容師に相談しよう
  15. 少ない前髪でも選べる髪型はたくさんある

少ない前髪に悩む女性は多い?

「髪は女の命」と昔から言われ、現代でも髪がきれいなことは美人の条件として挙げられることもあります。ですが、髪のおしゃれのためにカットだけでなく、パーマやカラーリングなど髪に薬剤を付けたり、ドライヤーの熱にさらしたりなど髪を傷めてしまう原因を作ってしまうこともあります。

また、生活環境や年齢などで髪の状態は変わり、男性だけでなく女性も薄毛に悩む人がたくさんいます。全体的に薄くなってしまうこともありますが、特に前髪が少ない状態になってしまうこともあり、髪型が決まらず鏡の見ながらため息をついてしまう人もいるのではないでしょうか。

ですが、原因や対処法がわかれば少ない前髪を取り戻したり、カットやアレンジなどで前髪が少ない状態でも髪型に悩まずに済むようになったりします。そこで、前髪に悩む人や少ない状態になりそうで不安を感じる人へ、対処法やアレンジなどを紹介します。

前髪が少ないことに気付いたら

髪をスタイリングしても、以前と比べて思い通りに決まらなかったり、少ないのに立ち上がらず重く感じたりすることがあります。そんな時、髪そのものを元気にしようとシャンプーを変えたり、ボリュームを出すためにパーマをかけたりなどで対応することがあります。

これは髪を作る毛母細胞そのものが衰えてしまい、髪に栄養を与えられずに髪が細くなり、少ない状態になっていると考えられます。そのままにすれば、さらに髪が細くなり、前髪だけでなく後ろの髪も少ない状態になってしまう可能性も出てしまいます。

ですが、女性の場合は男性と違い、髪の改善がしやすいといわれているため、気付いたときや気になり始めた時にすぐに対処すれば効果が出やすく、前髪のボリュームも戻ってくる可能性が高いといわれています。

前髪が少ない原因が知りたい!

びまん性脱毛症

女性と男性では、少ない前髪になってしまったり髪が薄い状態になってしまう原因が違うといわれています。まず考えられる原因に「びまん性脱毛症」があります。これは、女性特有のもので髪は生えてくるものの、髪の成長期が短くなり、太くならないまま退行期に入り抜けてしまいます。

びまん性脱毛症は原因が確定されていないそうですが、遺伝、加齢、ホルモンの乱れ、運動不足、食生活の乱れ、ストレスなどが挙げられています。加齢や遺伝の場合は対処法を見つけることが難しいと考えられていますが、それ以外なら少ない前髪だけでなく、薄い髪全体を改善することは可能といわれています。

けん引性脱毛症

けん引性脱毛症は、日常的に髪を引っ張ることが多いと毛細血管や毛乳頭に力がかかってしまい、頭皮などが緊張して硬くなり、その結果、髪が抜けやすくなり薄くなってしまう状態を指します。アレンジでポニーテールやひっつめ髪を毎日続けると徐々におでこが広くなったように感じるのはこれが原因と考えられます。

シャンプーやファンデーションも原因になる

メイクをちゃんと落とさないと肌荒れを起こすことはよく知られてしますが、生え際はどうしてもファンデーションなどが残りがちになります。残った化粧品で毛穴が詰まり炎症をおこすこともあるため、前髪が薄くなったり少ない状態になったりします。

シャンプーに配合されている洗浄剤や脱脂剤も薄い髪や少ない前髪の原因になることがあります。すすぎが足りなかったりなどで頭皮に残ってしまい、雑菌が増えるだけでなく、前髪から頭頂部にかけては紫外線を浴びやすいこともあり、頭皮を劣化させるだけでなく、過酸化脂質に変化して髪が薄い状態になってしまうこともあります。

カラーリングなどを頻繁に行う人も要注意!

パーマやカラーリングも髪を薄い状態にしたり、前髪を少ない状態にすることがあります。頻繁にカラーリングなどをすると、毛穴から薬剤が少しずつ皮膚に浸透し、髪だけでなく頭皮も傷めてしまう可能性が高くなるため、抜け毛を起こしやすくなることがあります。

おでこが気になる少ない前髪の対処法

広いおでこが気になり、前髪でカバーしている人もいるのではないでしょうか。ですが、少ない前髪ではカバーしたくても難しくなります。そんなときの対処法をいくつか紹介します。まずひとつめは、サイドにボリュームが出るようにアイロンやカーラーなどでふんわりさせ、顔が縦長に見えてしまうことを防ぐやり方です。

ふたつめは、前髪を斜めに分けて流したり、センター分けにするなどでおでこを三角に見せる対処法です。髪がかかっていない方の目が大きく見える効果が期待できたり、分け目を変えることで顔の印象を変えたりできます。自分に似合うアレンジを見つけてみましょう。

みっつめは、前髪を上げてしまい、あえておでこを出す対処法です。一瞬「え?おでこ出すの」と考えてしまいますが、サイドやトップにボリュームを持たせるようにアレンジすれば、小顔に見せたり、おでこがチャームポイントになったりすることもあります。

おでこを出すアレンジに「ポンパドール」があります。前髪のセンターから適当な幅に髪をとったら、そのまま後ろへ持っていき、後はヘアピンで留めるだけです。やや前に膨らませるようにしたり、カラフルなピンに変えたりするだけで色々な表情のポンパドールになり、ボリュームを出すことで小顔効果も期待できます。

少ない前髪をなんとかしたいときのシャンプー

少ない前髪や薄い髪に悩むと「育毛剤が必要なのでは?」と考えますが、まずはシャンプーを見直してみましょう。よく「シリコン入りはダメ」といわれることがあり、ノンシリコンのシャンプーにこだわる人もいますが、それよりも他の成分や製法を確認するほうが大切です。

特に洗浄基材に何を使用しているかがポイントで、ドラッグストアなどでよく売られている高級アルコール系シャンプーは、頭皮への刺激が強いのであまりおすすめしません。少ない前髪などのために選ぶなら、アミノ酸系シャンプーを選ぶようにしましょう。

シャンプーをやめる対処法もある

シャンプーを使うことをやめることで、髪の毛が増えるということを提唱する医師がいます。実際にその医師がすすめる方法を試した人の動画です。体温とほぼ同じ温度のぬるま水で洗う方法で「湯シャン」と呼ばれ、特に難しいやり方ではありませんが、人によって合う合わないがありますので、興味のある方は視聴してください。

ショートヘアで少ない前髪でも似合う髪型にするなら

どうしてもロングヘアにこだわりのある人にはおすすめできませんが、それ以外なら少ない前髪に悩む人にショートヘアはピッタリです。ですが、前髪を無理に作るために横の髪を前にもってきてショートヘアにするのではなく、前髪を軽くして馴染ませるようにしましょう。

無理に横の髪を前髪にすると、スタイリング直後はそれなりに整いますが、時間と共に髪が元へ戻ってしまい、気付いたときには前髪が薄くなり、より少ない状態になってしまいます。ベリーショートのような前髪も思い切った短く切り込む髪型なら、前髪が透けても違和感のないスタイルなのでおすすめの髪型です。

前髪が少ない人におすすめなショートボブ

髪が少ないせいで前髪が作りにくいなら、逆に前髪を長めに伸ばして、全体を唇から肩くらいまでのボブにする髪型のショートボブがおすすめです。ショートボブは、大人っぽく決めたい人や女性らしいイメージにしたい人にもおすすめです。ですが、髪全体を長くしてしまうと、薄い髪に見え寂しい印象になったり、バランスが悪くなったりするので気を付けましょう。

前髪をしっかり伸ばして、サイドになじむようなショートボブもおすすめです。大人っぽさがありつつ、少年ぽい印象もあり、さわやかな大人の女性を演出することができます。フェイスラインをうまくカバーすることもできる髪型なので、小顔効果も期待できそうです。

少ない前髪だからこそ思い切っておでこを出す髪型に挑戦

前下がりのショートボブも髪の薄い人や前髪の少ない人におすすめです。センター分けやサイド分けにしておでこを出し、大人っぽい印象に見せることができます。グラデーションカットやパーマなどと組み合わせることで、サイドにボリュームを付けることもできるので、おでこの広さをごまかすことも可能になります。

思いっきり前髪をかき上げるオールバックもおすすめ。トップにボリュームが出るようにジェルをうまく使ってかき上げれば、おでこをしっかり出しても違和感がなく、ボブなら下にもある程度ボリュームがあるのでバランスもとれています。

前髪の切り方でコンプレックスを解消しよう!

以前、前髪を水平に切りそろえる「ぱっつん」と呼ばれる髪型にする人もいましたが、さらに眉毛よりも上まで切り込み、真っすぐではなく、ざく切りにする切り方も少ない前髪におすすめな対処法です。ザクザクと切り込んだ髪型のおかげで、軽さを出しおしゃれな雰囲気になるため、逆に薄い前髪の方が似合うともいわれています。

シースルーバングも少ない前髪にピッタリです。芸能人もこの前髪にする人がいるほど人気の髪型で、前髪を透けさせなければならないため、分厚い前髪はカットで調整する必要がありますが、前髪が少なければ普通にカットするだけでシースルーバングになります。

セルフカットでシースルーバングにするなら

自分でシースルーバングに挑戦したい人の参考になる動画です。前髪が少ない人もそうでない人も、自分がどんな髪型にしたいのかをイメージしてカットすると納得できる前髪に仕上がります。興味のある人はぜひ視聴してください。

Thumb前髪を眉上にするのがかわいい!大人女子にも人気の髪型とは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

パーマでふんわりさせれば少ない前髪も気にならない

ロングヘアがゆずれないなら、ミディアムヘアにパーマを組み合わせる髪型がおすすめです。ゆるふわな仕上がりになるようにパーマをかけることでボリュームを出し、さらに前髪を作らずにサイドに軽く流すことで、おでこの広さを目立たせることなく華やかな雰囲気になります。

髪に分け目をきっちり作らずジグザグに分けてパーマをかけ、ナチュラルな仕上がりになる髪型にするのもおすすめです。髪が薄いと分け目が広がって見えることがありますが、ジグザグに分け目を作るノーパートなら、そういった悩み対処することができます。

前髪が少ない人でも簡単にできるアレンジ

一般的によく使われる「アメピン」と呼ばれるピンが1本あればできてしまう簡単アレンジです。ゆるやかな前髪に仕上がり、清楚でやわらかい印象に見えるので、浴衣にもおすすめなアレンジ髪型です。やり方は①前髪を8:2くらいに分け、8の方をおでこにたゆませるように曲線をつくりピンで留めます。②ピンを片手で押さえ、もう少し丸みがでるように前髪を引き出します。

前髪アレンジにくるりんぱもおすすめです。やり方は①前髪と一緒にトップの髪を適量とり、根元から10cmくらい上を細めのシリコンゴムで結びます。②根元側を半分に割り、毛先を上から通してくるりんぱします。くるりんぱした毛先が落ちてこないように耳にかけたり、ピンで留めたりしてください。

編み込み風の前髪アレンジもおすすめです。「編み込みは難しい」と尻込みしがちな人も、動画のやり方なら簡単です。ですが、強くひっぱり過ぎたりすると抜け毛の心配がありますので、気分を変えたいときやデートのときなど、いつもと違う髪型にしたいときだけにしましょう。

小物アレンジなら少ない前髪でもOK

前髪が少ないなら、ヘアバンドやカチューシャなどを使ってアレンジを楽しみましょう。動画は、スカーフを利用してアレンジしていますが、この仕上がりなら前髪が少ない人や薄い人の対処法としてもおすすめで、顔周りがスッキリするので暑い時期にもピッタリです。

キャップやニット帽など、おでこを隠せるタイプの帽子を選んで被ってしまうのも前髪が少ないのが気になるときの対処法になります。時間のないときでもサッと被るだけでOKなので、髪型が決まらずに悩んでいるときにもおすすめです。

ウィッグで少ない前髪をカバーする

どう頑張っても、前髪が決まらずどうしようもない、そんなときは前髪ウィッグを利用しましょう。裏にクリップが付いて簡単に装着でき、慣れれば1~2分で髪型を整えることもできます。手軽に買える既製品から、オーダーメイドまであるので、使用頻度を考えて購入しましょう。

前髪が少ないことに悩んだら美容師に相談しよう

本格的に前髪の育毛を考えるなら、専門医に相談することが一番ですが、まずは気軽に美容師に相談しましょう。髪型や育毛に効果が期待できるシャンプーなど、参考になることを色々と教えてもらえます。行きつけの美容院なら、髪の変化に気付いてアドバイスをもらえたり、こちらから伝える前に悩みをカバーしてくれる髪型にしてくれたりもします。

少ない前髪でも選べる髪型はたくさんある

前髪の少なさが気になり、悩んでしまうこともありますが、現在ロングヘアにしているならミディアムヘアくらいにカットしたり、思い切ってショートヘアにしたりするだけでイメージが変わって少ない前髪が気にならなくなることがあります。

ショートヘアの人でも、小物を利用すれば前髪アレンジも簡単に、しかもおしゃれを楽しむこともできます。ですが、髪が薄かったり少なかったりする原因を見つけてそれに対処しなければ、ずっと悩み続けることになります。育毛剤を利用したり生活を見直したりなども一緒に行うようにして、少ない前髪に対処していきましょう。

前髪に関する記事はこちら

Thumb前髪の種類や作り方まとめ!可愛い切り方・髪型のアレンジを画像で紹介 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2019-08-24 時点

新着一覧