男役・蘭世惠翔さんについて!本名や芸名の由来は?【宝塚歌劇団】

宝塚の102期生でもある蘭世惠翔さんを知っていますか?蘭世惠翔さんは現在宝塚歌劇団の月組で男役を務めています。そんな蘭世惠翔さんですが、実はとても綺麗で有名な芸能人のお子さんだと言うことが分かりました。蘭世惠翔さんは一体誰の娘で、本名はどんな名前なのか気になる方も多いかもしれません。蘭世惠翔さんの本名から芸名の由来などを調べました。そしてそのかっこいい外見の画像もありますのでチェックしてみてください。

男役・蘭世惠翔さんについて!本名や芸名の由来は?【宝塚歌劇団】

目次

  1. 宝塚の男役!蘭世惠翔さんの素顔に迫る!
  2. 蘭世惠翔さんのプロフィール
  3. 有名人の娘!蘭世惠翔さんの家族とは?
  4. 気になる本名は?蘭世惠翔さんの素顔
  5. 美人な蘭世惠翔さんの宝塚音楽学校入学までの道のり
  6. 気になる蘭世惠翔さんの宝塚音楽学校での成績は?
  7. 芸名の蘭世惠翔の由来はどこから?
  8. 美人でかっこいい蘭世惠翔さんの画像
  9. 蘭世惠翔さんに会える場所は?出演作品と最新スケジュール
  10. これからの活躍が気になる!蘭世惠翔さんを応援しよう!

宝塚の男役!蘭世惠翔さんの素顔に迫る!

現在宝塚歌劇団の月組で男役を演じている蘭世惠翔(らんぜけいと)さんが美人でかっこいいと話題に上がっています。2014年に宝塚音楽学校に入学し、晴れて2016年3月に卒業した蘭世惠翔さんはそのルックスと170㎝の高身長を生かし、今宝塚ファンの人気を集めています。演技にも好評な意見が多い蘭世惠翔さんの魅力に迫ってみました。

また、蘭世惠翔さんは、元有名女優のお子さんであるということも話題に上がっています。一時期、もう一人の大物女優のお子さんとのバレエ学校を巡る戦いもあったようで、話題に欠かない宝塚へのその道のりについてもまとめながら、美人でかっこいい蘭世惠翔さんの詳しい情報とともに画像も集めてみました。

蘭世惠翔さんのプロフィール

蘭世惠翔(らんぜけいと)さんは1997年4月27日生まれの東京都渋谷区出身です。高校は日本女子大学附属高等学校を卒業後、2014年に宝塚音楽学校に入学しました。この2014年前後はとても競争率が高かったようで、2013年に一度落ちてしまったため、再度2014年に受験したようです。

宝塚音楽学校に入学する際に「宝塚らしい男役」になりたいと言っていたようなので、元々男役志望だったのかもしれません。母親が宝塚が大好きで有名だったこともあり、娘には宝塚に入ってほしいという願いもあったようで、幼少期からバレエのレッスンを受けていたという話もあります。そのバレエ団は宝塚に入るには登竜門といわれている「松山バレー団」です。

そんなバレエ団にも所属していた蘭世惠翔さんは2018年現在、誕生日を迎えて21歳になったばかりです。まだあどけなさの残る表情もある蘭世惠翔さんが、どんな男役に成長していくのかもこれから楽しみのひとつかもしれません。2016年3月に102期生として宝塚に入団してようやく1年を迎えたところの蘭世惠翔さん。その素顔を見ていきましょう。

有名人の娘!蘭世惠翔さんの家族とは?

蘭世惠翔さんの身内は凄い!母親はあの君島十和子さん

蘭世惠翔さんは、あの元女優の君島十和子さんと君島明さんの娘だったのです。その美人でかっこいい容姿はご両親から受け継いだものだったんですね!蘭世惠翔さんは宝塚では男役ということですが、色々な画像を見ると、その見た目は女役でも十分いけるような感じがします。身長が170㎝と高いため、男役になったのかもしれません。

君島十和子さんは元女優で、現在はご自身で化粧品のブランド「フェリーチェトワコ・コスメ」を立ち上げ、実業家兼モデルをしてます。51歳とは思えない美貌で世の女性に美しさと希望を与えています。父親の君島誉幸(改名前:明)さんは元皮膚科医で、現在は親から継いだ「KIMIJIMA」ブランドが低迷した後、十和子さんのコスメブランド会社で代表取締役をしています。

ちなみに、君島家には蘭世惠翔さんの下に一人高校生の妹がいます。こちらはまだ一般人の扱いですので、顔の公表はされていませんが、噂によると母親の十和子さんに似てとても美人で女性らしい感じのようです。妹さんも宝塚に入ったら姉妹で男役と女役、なんてことも夢ではないかもしれません。君島家は話題が豊富な一家ではありますが、現在は幸せな環境なのではないでしょうか。

気になる本名は?蘭世惠翔さんの素顔

蘭世惠翔さんの本名に迫る!

蘭世惠翔さんのご両親が分かったところで、本名は一体どんな名前なのか気になるところです。蘭世惠翔さんのご両親が「君島」という姓ですので、もちろん蘭世惠翔さんも君島という苗字です。本名の下の名前は「憂樹」と書いて「ゆうき」と読みます。なんだか男役を彷彿とさせるような本名です。蘭世惠翔さんの本名は君島憂樹さんという名前でした。

蘭世惠翔さんは本名までもかっこいい!

今現在は男役というのもあって、かっこいい感じの格好をしている蘭世惠翔さんですが、本名もとてもかっこいい名前であることが分かりました。いつの日か、宝塚を卒業して、女優として生きるときには、本名の憂樹さんの名前で活躍する日もあるかもしれません。女性としての、かっこいいだけではない、美人な蘭世惠翔さんの姿も見れる日が来ることでしょう。

美人な蘭世惠翔さんの宝塚音楽学校入学までの道のり

1年の苦節を経て入学を果たした蘭世惠翔さん

蘭世惠翔さんは2014年に宝塚音楽学校に入学しました。ちょうどこの前後の時期は、宝塚人気がとても凄い状況で、入るだけでも難しい宝塚ですが、その倍率は凄まじいものだったようです。2013年に一度受験に落ちてしまいますが、その一年の間にとても悔しい思いと苦しいレッスンを重ねたのでしょう。翌年の受験時は過去5年の中で最高の競争率で26.6倍の中、無事に合格しました。

大女優の娘とは永遠のライバルだった?

実は元々1学年下にはあの大女優黒木瞳さんの娘さんがいるのですが、なんと同じ松山バレー団でした。2014年に宝塚音楽学校に入学できなかった蘭世惠翔さんですが、本来ならば、その黒木瞳さんの娘さんと同期になるかも、というような話もあったようです。ですが、黒木さん側に大きな出来事があり、娘さんが海外留学となったため、その話題は消えました。

小さな頃から、きっとライバルという立場にいた蘭世惠翔さんと黒木瞳さんの娘さんですが、もし、2人が今宝塚にいたら、女優の血を引く素晴らしい演技が見られたかもしれません。少し残念に思う人もいるかもしれません。何はともあれ、蘭世惠翔さんはそういった試練も乗り越えて宝塚で活躍し始めたところですので、これからが楽しみです。

気になる蘭世惠翔さんの宝塚音楽学校での成績は?

102期生の中での蘭世惠翔さんの気になる成績は?

蘭世惠翔さんが在籍した宝塚音楽学校の102期生は39名いたようです。その39名の中での成績は13番目で、男役の中では7番目だったようです。それでも、在学中は演劇部門の優秀賞と皆勤賞を取っていたり、卒業間近の文化祭公演では主役を演じたようです。この文化祭公演では「オーロラの歌声」という演目で蘭世惠翔さんは主役のスウェーデン皇太子を演じました。

蘭世惠翔さんの魅力は成績だけでは語れない!

宝塚音楽学校での主役を演じると言うのは、将来を期待されている、という意味もあるようなので、注目されているのがこの情報だけでもよくわかりますね。成績は飛びぬけて凄く良いというわけではないですが、競争率の激しい宝塚に入学し、その成績も中の上であるのは十分凄いことでしょう。

そして、関係者やファンの声にもあるのですが、蘭世惠翔さんのその演技力は舞台上に立った時に発揮されるようでとても華があるようです。華がある人というのは努力で作れるものではなく、限られているので成績には関係なく、これも生まれ持った才能の1つかもしれません。

芸名の蘭世惠翔の由来はどこから?

蘭世惠翔さんの芸名は母と繋がる有名占い師から?

蘭世惠翔さんの芸名の由来や、理由も気になるところです。色々調べたところ、恩師の名前から一文字もらって家族と付けたという宝塚での芸名の「蘭世惠翔(らんぜけいと)」という名前ですが、どうやらここにも宝塚好きの母親、君島十和子さんの力が発揮していました。

それは、占い師として有名なイヴルルド遥華さんと十和子さんが懇意にしていて、そこから芸名に良い名前の画数などを相談して決めたようなのです。蘭世惠翔さんの名前の画数は48画で、これはウルトラ大吉という画数のようです。まさしく、宝塚の男役としてどんどん活躍していって欲しいという親の切なる願いも込められているのかもしれません。

美人でかっこいい蘭世惠翔さんの画像

ここではいくつか蘭世惠翔さんの素顔が見える画像をご紹介します。こちらは男役3人での画像です。みなさんすらっとしていて、一見綺麗な科ををした男の人のようにも見えますが、微笑んでいる笑顔は、女性らしい部分も垣間見えますね。荷物の持ち方やバッグは女性らし物のようです。

女役の方と一緒にいるところをみると、かっこいい男子のようにも見える蘭世惠翔さん。男役だからこそ、男っぽい恰好をしているのかは分かりませんが、綺麗な顔をした男子と思えなくもない見た目ですね。

蘭世惠翔さんに会える場所は?出演作品と最新スケジュール

最初は宝塚では星組に在籍していた蘭世惠翔さんですが、現在は月組に所属しています。月組では2016年に『NOBUNAGA<信長> -下天の夢-』に始まり、『FALSTAFF』やミュージカルの『グランドホテル』などに出演しています。まだ主演とまではいきませんが、少しずつ舞台経験や演技経験を積んでいるところでしょう。画像の公演で蘭世惠翔さんについて書いているファンも多くいました。

最新では、2018年5月上旬まで公演していた『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』の公演に蘭世惠翔さんは出演していました。これから6月には『THE LAST PARTY ~S.Fitzgerald's last day~』や8月からの『エリザベート』でもその姿を見られるようです。興味がある方はチェックしてみてください。

これからの活躍が気になる!蘭世惠翔さんを応援しよう!

素顔はかっこいい美人な蘭世惠翔さんについてまとめてきました。蘭世惠翔さんの母親はあの君島十和子さんで驚いた方も多かったかもしれません。そんな蘭世惠翔さんは、宝塚音楽学校を卒業し、色々な経験を積んでようやく月組でその力を発揮できるよう日々レッスンを積んでいるようです。

成績だけでは語れないその蘭世惠翔さんの魅力は、舞台上で知ることができますので、是非舞台を観るために足を運んでみてください。これからの蘭世惠翔さんの活躍に期待して応援していきましょう!

宝塚に関するその他の記事はこちら

Thumb君島十和子の娘・長女は宝塚?芸名や次女についても調査【画像】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb【帝国劇場】ミュージカル『エリザベート』歴代一覧!【宝塚】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb松岡恵が宝塚に合格!松岡修造の長女で家系図や画像について調査 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]
Thumb松岡修造の長女・恵が宝塚に合格!母親や出身学校はどこ?【画像】 | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-20 時点

新着一覧