スイートポテトのカロリー・糖質・栄養を徹底調査!タルトやパイは高い?

スイートポテトのカロリーや糖質、栄養についてまとめました。普通のスイートポテトだけでなく、タルトやパイのカロリー・糖質・栄養についてもご紹介します。ダイエット中にスイートポテトのタルトやパイを食べる場合、やはりカロリーや糖質が気になることが多くあるのではないでしょうか。スイートポテトのパイやタルトにどのくらいのカロリー&糖質が含まれているのか栄養面からチェックしてみましょう。

スイートポテトのカロリー・糖質・栄養を徹底調査!タルトやパイは高い?

目次

  1. スイートポテトのカロリーや糖質が知りたい!
  2. カロリーが気になる!スイートポテトの材料とは?
  3. スイートポテトのカロリーはどのくらい?
  4. パイやタルトにしたときのスイートポテトのカロリーは?
  5. カロリー以外にも知っておきたいスイートポテトの糖質
  6. 便秘解消に良い栄養がスイートポテトには含まれる?
  7. むくみ解消の栄養もスイートポテトにはある
  8. 糖質の代謝を促す栄養もスイートポテトに含有されている?
  9. 栄養は豊富でもスイートポテトはダイエット中は避けたほうが良い?
  10. ダイエットシュガーを使って砂糖を使わない
  11. 生クリームやバターを使わない方法でスイートポテトを作る
  12. 豆乳を使ってヘルシーなスイートポテトにする
  13. カロリーが上がるパイやタルトにはしない
  14. 食べ方も工夫してスイートポテトを楽しむ
  15. スイートポテトの糖質やカロリーを把握しておこう

スイートポテトのカロリーや糖質が知りたい!

ダイエット中は気になるスイートポテトのカロリー

料理初心者でも簡単に作れておいしく食べることができるスイートポテトですが、ダイエット中はやはりカロリーが気になる方も多いのではないでしょうか。おやつとして食べることが多いスイートポテトだからこそカロリーを把握しておくことが大切になります。カロリーを知っておけば、スイートポテトをどのくらい食べても大丈夫かわかりやすくなるのがポイント。

ダイエット中はスイートポテトのカロリー以外に糖質もおさえておくのがおすすめ。糖質量がどのくらいか知っておけば、カロリーと合わせてスイートポテトを食べても良い分量を割り出しやすくなります。また、スイートポテトにはさまざまな栄養も含まれているので、カロリーや糖質以外にそういったところもチェックしておいしくスイートポテトを食べてみませんか?

カロリーや糖質を栄養面から見てみよう

「スイートポテトのカロリーについて知りたい!」「スイートポテトにはどのくらいの糖質が含まれている?」といった場合にぴったりなスイートポテトのカロリー&糖質についてまとめました。ダイエット中に取り入れておきたいヘルシーなスイートポテトの食べ方やスイートポテトの栄養についてもご紹介します。おいしくスイートポテトを食べる方法をチェックしていきましょう。

Thumb簡単なスイートポテトのレシピ・作り方!レンジでなめらかにするポイントは? | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

カロリーが気になる!スイートポテトの材料とは?

さつまいもを使って作るスイートポテト

スイートポテトのカロリーについて知るためには、スイートポテトを作るのに何を使っているのかを見ておく必要があります。スイートポテトの主原料として使われているのがさつまいも。さつまいものホクホクとした食感となめらかで甘い味わいを楽しむことができるのがスイートポテトです。さつまいもが余った時の消費レシピとしてもスイートポテトが役立つのではないでしょうか。

砂糖や牛乳などが加わる

スイートポテトはさつまいも以外に、牛乳や砂糖、バターといった材料を使用します。さつまいものみならカロリーをおさえられますが、砂糖やバターといったカロリーが高くなりがちな材料を混ぜ入れることでスイートポテトのカロリーはアップ。また、艶出しのために卵黄を表面に塗ることもあります。スイートポテトの原料を把握できたら、カロリーについて見ていきましょう。

スイートポテトのカロリーはどのくらい?

1個あたりのカロリーは110kcalほど

スイートポテトのカロリーは、使用している原料によって変動しますがだいたいのカロリーとしてあげられるのが1個あたり110kcalほどということです。ダイエット中におやつを食べる場合、だいたい100kcalくらいに抑えると他の食事とのカロリーバランスが崩れることがないと言われているので、スイートポテト1個あたりであればそれほど大きな影響はないのではないでしょうか。

100gあたりのカロリーだと220kcalほどになる

ただし、スイートポテトの大きさによってもカロリーは変わってくるので100gあたりだとどのくらいのカロリーになるのか見ていきましょう。スイートポテト100gあたり220kcalとなります。

220kcalまでいくと、おやつとしてはカロリーが多くなりすぎる印象になるのではないでしょうか。このようにあらかじめスイートポテトのカロリーを知っていればどのくらい食べても大丈夫かわかりやすくなります。

パイやタルトにしたときのスイートポテトのカロリーは?

スイートポテトパイのカロリーは100gあたり380kcal

スイートポテトはそのままおいしく食べられるものからパイやタルトにしたものまで幅広い種類があります。こうしたバリエーション豊かなところもスイートポテトの良いところ。パン屋さんなどに行くと、スイートポテト入りのパイを見かけることが多いのではないでしょうか。サクサクとしたパイとなめらかなスイートポテトは相性ぴったりです。

スイートポテトパイは、100gあたり380kcalほどのカロリーになります。やはり、スイートポテト単体で食べるよりもスイートポテトパイにしたほうがカロリーが高くなるのが特徴。パイ生地には小麦粉やバターなどが含まれているので、パイ仕立てにすることでカロリーが一気に高くなります。ダイエット中はスイートポテトパイには注意しておきましょう。

タルトにした場合のカロリーは100gあたり400kcalほど

スイートポテトはタルトにするのにもぴったり。サクサクとしたタルト生地もスイートポテトと相性が良く、とてもおいしくいただくことができます。そんなスイートポテトタルトですが、100gあたりのカロリーは400kcalほど。400kcalというとかなりカロリー数が高いことがわかります。

タルト生地にもバターや砂糖などがたくさん使われているので、スイートポテトと組み合わせることで自然とカロリーが高くなるのがポイント。このように、スイートポテトパイやスイートポテトタルトは高カロリーなおやつと言って良いでしょう。

カロリー以外にも知っておきたいスイートポテトの糖質

摂取しすぎると脂肪になりやすい糖質

ここまでスイートポテトのカロリーを見てきましたが、ダイエットをする上でもう1つチェックしておきたいのが糖質です。糖質はエネルギー源となり、体に必要な栄養とされていますが摂取しすぎることによって体に脂肪として蓄積されやすいのが特徴。適量であれば問題ありませんが、糖質をたくさんとることで太る原因となっていまいます。

最近流行している糖質制限ダイエットは、普段とりすぎている糖質をカットすることで痩せるダイエット方法です。糖質を制限することによって体に蓄積されるのを防ぎ、エネルギーとしてしっかりと消費出来るようにするのがポイント。

糖質制限中も、もちろんエネルギー源として糖質を摂取する必要はあります。1日のうちで体に必要な糖質量は100gほどとされ、ゆるい糖質制限であれば1日あたり130gほどまでだったら糖質を摂取してもOKとされているので取り入れてみてはいかがですか。

スイートポテトの糖質は1個あたり25g

それでは、スイートポテトの糖質量について見ていきましょう。スイートポテトの糖質量は1個あたり25gほどとなります。1日あたり130gを目安に糖質を制限するということを考えると、スイートポテトの糖質は1日の約1/5ほどとなるのではないでしょうか。スイートポテト1個であれば糖質制限中でも他の食事の糖質を控えることでおいしく食べることができます。

便秘解消に良い栄養がスイートポテトには含まれる?

さつまいもの食物繊維が腸内環境を整える

スイートポテトの糖質やカロリーについて見てきましたが、スイートポテトには実はいろいろな栄養が含まれていることをご存知ですか?スイートポテトの原料として使われるさつまいもには体に良い栄養がたくさん含まれているため、健康的におやつを楽しみたい時にもスイートポテトはぴったり。スイートポテトの栄養としてまずあげられるのが食物繊維です。

さつまいもに含まれる食物繊維は、腸内の働きを促進し、老廃物を排出しやすくする働きがあるとされています。食物繊維を日常的に摂取することで腸の働きがスムーズになり、便秘の解消につながるのが特徴。便秘の状態が続くと代謝が落ち、脂肪の燃焼率も下がってしまうのでさつまいものように食物繊維が豊富な食材を活用するのがおすすめです。

ヤラピンにも整腸作用がある

さつまいもには食物繊維以外にも整腸作用のある栄養が含まれています。さつまいもが含有するヤラピンは整腸作用があると言われている栄養。ヤラピンと食物繊維を同時に摂取することによって腸内環境を整える働きを促進することができるとされています。便秘は早めに解消しないと慢性化する可能性もあるので、こういった栄養を取り入れてみてはいかがですか。

むくみ解消の栄養もスイートポテトにはある

さつまいものカリウムはむくみ解消効果のある栄養

スイートポテトに使われるさつまいもには、他にも嬉しい効果を期待できる栄養が含まれています。さつまいもに含まれている栄養としてあげられるのがカリウム。カリウムはむくみを解消する働きがあると言われている栄養です。体重を落としたとしても、顔や脚がむくんでいると太って見えてしまうこともあるためむくみの解消はとても大切なポイント。

利尿作用でむくみを解消

カリウムは体内のナトリウム(塩分)と水分のバランスをとる働きがあると言われています。体内の余計なナトリウムや水分を排出することができる利尿作用があり、すっきりとしたむくみのない体を作るのに最適な栄養。むくみやすいと感じている場合はナトリウムや水分のバランスが取れていない可能性もあるのでカリウムのような栄養をとってみてはいかがですか。

糖質の代謝を促す栄養もスイートポテトに含有されている?

さつまいものビタミンB1は糖質の代謝を促す栄養として知られる

さつまいもにはビタミンB1が含まれているのも嬉しいポイント。ビタミンB1は、糖質の代謝を促す働きがあると言われているビタミンです。スイートポテトには1個あたり25gほどの糖質が含まれていますが、ビタミンB1を摂取することでこうした糖質がエネルギーとして消費されるのを助ける働きを期待できるのが特徴。

体に脂肪をつけたくないときに最適な栄養

糖質は代謝されずに体に残ると脂肪として体に残り、体重が増える原因となります。一度ついた脂肪を落とすのはなかなか大変。そうならないようにビタミンB1のように糖質を代謝する機能を高める栄養を摂取しておくことも大切になります。痩せやすい体作りのために、こうしたビタミン類も活用してみてはいかがですか。

栄養は豊富でもスイートポテトはダイエット中は避けたほうが良い?

スイートポテトの糖質やカロリーは高い

スイートポテトの原料として使われるさつまいもには、健康やダイエットに嬉しい栄養が多く含まれていることがわかりましたが、やはり全体的に見てみるとスイートポテトのカロリーや糖質は少し高めと言えます。そんなスイートポテトであっても、食べ方を工夫すればダイエット中も食べることは可能。

材料を工夫すればスイートポテトを食べることはできる

スイートポテトを食べたいと思った時は市販のものではなく自分で手作りしてみればいかがですか。手作りをすれば何が原料に入っているかわかりやすいですし、カロリーダウンができる工夫をプラスできます。コストもかからないので、経済的。ぜひ工夫をしながら手作りスイートポテトを楽しんでみましょう。

ダイエットシュガーを使って砂糖を使わない

砂糖はスイートポテトのカロリーを上げる

スイートポテトを作る時のポイントとしておすすめなのが砂糖をなるべく使わないようにするということです。砂糖を使うことによってスイートポテトのカロリーはぐっと上がるため、砂糖を控えることによってカロリーダウンすることができるのではないでしょうか。

ダイエットシュガーを使おう

カロリーの低いダイエットシュガーを使ってスイートポテトを作るのがおすすめ。0kcalのダイエットシュガーも多く出ているので、スイートポテト作りに役立ててみてはいかがですか。また、安納いものように甘みの強いさつまいもを使って砂糖は使わない方法もおすすめです。

生クリームやバターを使わない方法でスイートポテトを作る

生クリームやバターを使うスイートポテトもある

スイートポテトのなめらかな食感を作るためにバターや生クリームを使うレシピも多くありますが、やはりバターや生クリームを使うとカロリーがぐっと上がってしまいます。これらの材料はカロリーだけでなく脂質も多く含まれているため注意が必要。

生クリームやバターは使わずにカロリーダウン

ダイエット中にスイートポテトを作る時は生クリームやバターを使うレシピは避けたほうが無難ではないでしょうか。それだとなめらか食感が足りないと感じる場合はココナッツオイルを使うのがおすすめ。良質な脂質を含むココナッツオイルには脂肪燃焼効果も含まれているのでダイエットに最適です。さつまいもとの相性もばっちり。

豆乳を使ってヘルシーなスイートポテトにする

サポニンなどの栄養が豊富な豆乳

豆乳にはダイエットに嬉しい栄養が豊富に含まれています。代謝を促進する栄養など、さまざまな栄養が含まれて健康的。サポニンや大豆ポリフェノールなど美容にも良い栄養が含まれているので、綺麗にダイエットしたい時にぴったりな食材です。

牛乳ではなく豆乳を使ってみよう

スイートポテトを作る時は牛乳を使うのが一般的ですが、その代わりに豆乳を使ってみてはいかがですか。豆乳を使うことで良質なタンパク質も摂取することができるので、牛乳を使ったスイートポテトよりもヘルシーで健康的な仕上がりになると言えます。

カロリーが上がるパイやタルトにはしない

パイやタルトにはたくさんの糖質や脂質が含まれる

パイやタルト仕立てにしないこともダイエット中は大切。バターや小麦粉をたっぷり使ったパイやタルトの場合、スイートポテトのカロリーがぐっと上がってしまうので気をつけましょう。

パイやタルトではなくスイートポテトだけにしよう

パイやタルトにするのではなく、スイートポテト単体を食べるようにしましょう。スイートポテト単体でも十分に食べ応えがありますし、美味しいのでダイエット中はパイやタルトは我慢してスイートポテト本来の美味しさを楽しむようにしましょう。

食べ方も工夫してスイートポテトを楽しむ

早食いをすると食べ過ぎてしまう

どんなに材料を工夫したとしても、スイートポテトを食べ過ぎては意味がありません。早食いをすると満腹感が得られず、ついつい食べ過ぎてしまう原因となるので気をつけましょう。

ゆっくり噛んで腹持ちを良くする

スイートポテトを食べる時はゆっくり味わって食べるようにしましょう。こうすることで甘みもしっかり感じられます。また、さつまいも自体が消化が遅いので満腹感が持続しやすいのも嬉しいポイント。食べ方や材料を工夫して、ダイエット中もおいしくおやつを食べてみてはいかがですか。

Thumb帯広の洋菓子店『クランベリー』のご紹介!大きなスイートポテトが有名&絶品! | 大人女子のライフマガジンPinky[ピンキー]

スイートポテトの糖質やカロリーを把握しておこう

ダイエット中にスイートポテトを食べたくなったら、どのくらいのカロリーや糖質が含まれているのかを把握して、ダイエットに影響が出ない範囲で食べるようにするのがおすすめ。手作りスイートポテトにして材料を工夫し、ヘルシーな味わいを楽しんでみてはいかがですか。

こちらの関連記事もおすすめ

アクセスランキング

2018-06-20 時点

新着一覧